Azure Stack Integrated systems を検討・導入する際のポイント / the points when considering and deploying Azure Stack

Azure Stack Integrated systems を検討・導入する際のポイント / the points when considering and deploying Azure Stack

A6eac912214bea58f22ef8d33137eca1?s=128

kongou-ae

June 29, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2.

    自己紹介 松本雄介 • 三井情報株式会社 • Azure, Azure Stack のプリセールス・設計・構築・運用・技術評価に従事 •

    IaaS と Network が得意分野。PaaS がんばってます • Azure Stack integrated system を導入して、1年半ほど絶賛運用中 • 日本のお客様のご要望を本社開発チームにフィードバック
  2. 4.

    自己紹介 Azure Stack Integrated system の情報を発信中 @kongou_ae • Azure Stack

    Advent Calendar • 網羅的に。全部読んでいただければ Azure Stack の概要はばっちり • なれる!Azure Stack Operator • Azure Stack の運用にフォーカスした資料 • 個人ブログ • 5/30時点で Azure Stack カテゴリのエントリは68個 • Microsoft MVP for Microsoft Azure (2019/5~)
  3. 5.

    セッションの対象とゴール 対象 • Azure Stack Integrated system に興味・関心のある方 • Azure

    Stack Integrated system の導入を検討する(かもしれない)方 • Azure Stack Integrated system を導入する予定のある方 ゴール • 2019年6月において、Azure Stack Integrated system を検討・導入するう えで大事なポイントを理解する
  4. 6.

    もくじ • Azure Stack Integrated system とは • 直近のいい感じアップデート •

    今後の予定 • 検討時のポイント • 導入時のポイント
  5. 7.

    諸注意 Azure Stack という表記 • Azure Stack という記載は Azure Stack

    Integrated system を表します • 資料内に Azure Stack HCI は一切登場しません お断り • Azure Stack 1905 Update 時点の公開情報をもとにしたセッションです • 本セッションの内容は、所属組織を代表するものではありません
  6. 9.

    Azure Stack Integrated system とは Azure Stack Integrated system は

    Azure の拡張機能 • “Azure innovation anywhere” • Azure と一貫性を持った仕組みがオンプレミスで動作する
  7. 10.
  8. 11.

    Azure Stack Integrated system は Azure の拡張機能 Azure Stack Integrated

    system とは Compute Virtual machine App Service plan VM scale set Availability set Disk Snapshot Image Function App Service Web Network Virtual network Load balancer Public IP address Network interface Connection Virtual network gateway Local network gateway DNS zone Route table Template Storage account Service Fabric Cluster Security Key vault Storage Kubernetes Cluster
  9. 12.

    Azure Stack Integrated system は Azure の拡張機能 Azure Stack Integrated

    system とは Compute Virtual machine App Service plan VM scale set Availability set Disk Snapshot Image Function App Service Web Network Virtual network Load balancer Public IP address Network interface Connection Virtual network gateway Local network gateway DNS zone Route table Template Storage account Service Fabric Cluster Security Key vault Storage Kubernetes Cluster • PaaS ではない • 利用者が ARM テンプレートを使って自分の IaaS としてデプ ロイする
  10. 13.

    Azure Stack Integrated system とは 検証済みアプライアンス • Microsoft と OEM

    パートナによって、ハードウェア構成と各種パラメー タが事前に決められている Host Node 4~16台 HLH 1台 ToR Switch 2台 BMC Switch 1台 検証済み パラメータ 標準パターン
  11. 14.

    Azure Stack Integrated system とは 検証済みアプライアンス • 利用者が自由に決められる範囲はごくわずか • 認証方式

    • 命名関連(内部ドメイン名、外部ドメイン名、サーバのNaming prefix) • ネットワーク周り(サブネット、BGP ASN) • 参照するDNSとNTP、syslog
  12. 17.

    直近のいい感じアップデート Express Update の導入(1903 Update) • Full Update • Host

    Node の Windows Update を含むアップデート • 4Nodeだと20時間から40時間ほどかかる
  13. 18.

    直近のいい感じアップデート Express Update の導入(1903 Update) • Full Update • Host

    Node の Windows Update を含むアップデート • 4Nodeだと20時間から40時間ほどかかる • Express Update • Host Node の Windows Update を含まないアップデート • 4Nodeだと10時間から20時間ほどで終わる
  14. 23.

    直近のいい感じアップデート 内部のドメインコントローラが2台から3台に(1905 Update) • アップデート・メンテナンス中の可用性が大幅に向上 • これまで:DC×2、ERCS×3 Host Node#1 DC#1

    ERCS#1 Host Node#2 DC#2 ERCS#2 Host Node#3 Host Node#4 ERCS#3 Infrastructure Role Instances メンテナンス中 クラスタ上で動作 単一サーバ上で動作
  15. 24.

    直近のいい感じアップデート 内部のドメインコントローラが2台から3台に(1905 Update) • アップデート・メンテナンス中の可用性が大幅に向上 • これまで:DC×2、ERCS×3 Host Node#1 DC#1

    ERCS#1 Host Node#2 DC#2 ERCS#2 Host Node#3 Host Node#4 ERCS#3 Infrastructure Role Instances メンテナンス中 クラスタ上で動作 単一サーバ上で動作
  16. 26.

    直近のいい感じアップデート 内部のドメインコントローラが2台から3台に(1905 Update) • アップデート・メンテナンス中の可用性が大幅に向上 • 1905以降:DC×3、ERCS×3 Host Node#1 DC#1

    ERCS#1 Host Node#2 DC#2 ERCS#2 Host Node#3 Host Node#4 ERCS#3 Infrastructure Role Instances メンテナンス中 クラスタ上で動作 単一サーバ上で動作 DC#3
  17. 30.

    今後の予定 IoT Hub Event Hub Stream Analytics Kubernetes Service Private

    Preview In-development Multi Scale unit N Series VM (GPU) Support web Proxy
  18. 32.
  19. 33.

    検討時のポイント①:Azure との適合率を測る 従来の仮想基盤と Azure Stack の間には「断絶」がある • 単なる基盤の入れ替えではなく、Azure という文化圏への移行 •

    従来の仮想基盤の実装・考え方をそのまま引っ越せない可能性がある Microsoft Azure Microsoft Azure Stack Hyper-V Azure文化圏 仮想基盤文化圏 !?
  20. 35.

    検討時のポイント①:Azure との適合率を測る Azure Stack を使いこなせるかは Azure との適合率次第 • 適合= Azure

    の特徴をポジティブ・ネガティブのどちらで捉えるか Azure の特徴 ポジティブ ネガティブ 新しいサービスがリリースされ続ける 便利なサービスを増やしてくれる 新しいことを学び続けなければならない サービスが改善され続ける Microsoftが勝手に改善してくれる Microsoftの都合で変化を求められる サービスの仕様が明確 検討事項が少なくて済む Azure にあわせなければならない
  21. 36.

    検討時のポイント①:Azure との適合率を測る Azure Stack を使いこなせるかは Azure との適合率次第 • 適合= Azure

    の特徴をポジティブ・ネガティブのどちらで捉えるか Azure の特徴 ポジティブ ネガティブ 新しいサービスがリリースされ続ける 便利なサービスを増やしてくれる 新しいことを学び続けなければならない サービスが改善され続ける Microsoftが勝手に改善してくれる Microsoftの都合で変化を求められる サービスの仕様が明確 検討事項が少なくて済む Azure にあわせなければならない
  22. 37.

    検討時のポイント①:Azure との適合率を測る Azure Stack を使いこなせるかは Azure との適合率次第 • 適合= Azure

    の特徴をポジティブ・ネガティブのどちらで捉えるか Azure の特徴 ポジティブ ネガティブ 新しいサービスがリリースされ続ける 便利なサービスを増やしてくれる 新しいことを学び続けなければならない サービスが改善され続ける Microsoftが勝手に改善してくれる Microsoftの都合で変化を求められる サービスの仕様が明確 検討事項が少なくて済む Azure にあわせなければならない
  23. 38.

    検討時のポイント①:Azure との適合率を測る Azure Stack を使いこなせるかは Azure との適合率次第 • 適合= Azure

    の特徴をポジティブ・ネガティブのどちらで捉えるか • Public な Azure を利用して、組織が Azure に適合するかを確認する Azure の特徴 ポジティブ ネガティブ 新しいサービスがリリースされ続ける 便利なサービスを増やしてくれる 新しいことを学び続けなければならない サービスが改善され続ける Microsoftが勝手に改善してくれる Microsoftの都合で変化を求められる サービスの仕様が明確 検討事項が少なくて済む Azure にあわせなければならない
  24. 39.

    検討時のポイント①:Azure との適合率を測る Azure Stack を使いこなせるかは Azure との適合率次第 • 「オンプレでも Azure

    したい!」とポジティブな場合、今すぐ買う • Azure の印象が強烈にネガティブな場合、踏みとどまる or 覚悟を決める Azure の特徴 ポジティブ ネガティブ 新しいサービスがリリースされ続ける 便利なサービスを増やしてくれる 新しいことを学び続けなければならない サービスが改善され続ける Microsoftが勝手に改善してくれる Microsoftの都合で変化を求められる サービスの仕様が明確 検討事項が少なくて済む Azure にあわせなければならない
  25. 40.

    検討時のポイント②:まずは Connected を検討する Azure Stack を Azure と連携させるかを決めなけばならない • Connected

    vs Disconnected • Azure Stack の「クラウドらしさ」は Connected で発揮される • Azure Active Directory による高度な認証 • マルチテナント • 利用料金の従量課金 • シンプルな運用
  26. 41.

    検討時のポイント②:まずは Connected を検討する Connected が必須な部分は基盤側だけ • Connected が必要なサブネットと接続先の FQDN は決まっている

    • テナントの Virtual Machine のインターネット接続は必須ではない • DMZ 的なネットワークに Azure Stack と踏み台を置くことで、基盤の Connected と Virtual Machine の Disconnected を両立させる
  27. 53.

    検討時のポイント③:Azure と違う部分を理解する 新しい VPN Gateway がリリースされていない • 1本あたり 200Mbps 以上のスループットが欲しい場合は

    NVA を使う SKU スループット Azure Azure Stack Basic 100 Mbps 〇 〇 Standard 100 Mbps × 〇 Highspeed 200 Mbps × 〇 VpnGw01 650 Mbps 〇 × VpnGw02 1 Gbps 〇 × VpnGw03 1.25 Gbps 〇 ×
  28. 54.

    検討時のポイント③:Azure と違う部分を理解する 新しい VPN Gateway がリリースされていない • 様々なベンダの仮想アプライアンスが Azure Stack

    をサポート • BYOLのみ • API と連携した冗長化機能が Azure Stack をサポートするか要確認 Barracuda CloudGen Firewall for Azure Arista vEOS Router F5 BIG-IP VE FortiGate NGFW VM-Series Next-Generation Firewall Check Point vSEC
  29. 55.

    検討時のポイント③:Azure と違う部分を理解する VPN Gateway がマルチテナント • Azure Stack 全体で 2Gbps

    の上限が存在する • 2 Gbps を超えそうな場合は NVA を使う or システムのデザインを変更 VNet 基盤 GW GW GW GW VNet 基盤 GW GW Azure Azure Stack GW
  30. 56.

    検討時のポイント③:Azure と違う部分を理解する VPN Gateway に頼らないデザインを検討する • 何が何でも VPN をやめて、高トラフィックな処理を Public

    Load Balancer や Public IP address に分散する Azure Stack Public VIPs Virtual Network On-premise 認証・運用監視 クライアント Dst Nexthop 0.0.0.0/0 Internet 認証・運用監視 VPN GW
  31. 58.

    検討時のポイント③:Virtual Machine の IOPS Premium Disk の IOPS の 仕様が全く違う

    • Azure Stack の Virtual Machine で 高 IOPS が必要な場合は、SありVMに たくさんDiskを積んでストライプする Azure Azure Stack IOPSの値 保証 上限・保証なし インスタンスあたりの上限 サイズを大きくすればIOPSも増える Sありタイプ:Disk1本あたり 2300 IOPS Sなしタイプ:Disk1本あたり 500 IOPS ※Diskの種類・容量は関係ない Diskあたりの上限 容量を大きくすればIOPSも増える
  32. 59.

    検討時のポイント③:Virtual Machine の IOPS ケース①:DS2_v2 に 200GB の Premium SSD

    を1本マウント 6,400 IOPS Azure 1,100 IOPS or ⇒ 1,100 IOPS 保証 Sあり型番 Azure Stack 2,300 IOPS then ⇒ 2,300 IOPS 上限
  33. 60.

    検討時のポイント③:Virtual Machine の IOPS ケース②:DS12v2 に 31G の Standard HDD

    を12本ストライプ 12,800 IOPS Azure 500×12 IOPS or ⇒ 6,000 IOPS 保証 Sあり型番 Azure Stack 2,300×12 IOPS then ⇒ 27,600 IOPS 上限
  34. 62.

    検討時のポイント③:Azure と違う部分を理解する 仕様の違いに目を通す • Azure Stack で仮想マシンを操作する際の考慮事項 • Azure Stack

    マネージド ディスク: 相違点と考慮事項 • Azure Stack ストレージ:相違点と考慮事項 • Azure Stack ネットワークに関する考慮事項 • Azure Stack 上の Azure Monitor
  35. 63.

    検討時のポイント④:証明書の更新を考慮する 公的認証局の証明書 vs 内部認証局の証明書 • 公的証明書の期限は最長でも2年 • 期限を迎える前に証明書を更新して、Azure Stack 上の証明書をローテー

    ションしなければならない • 所謂「5年一括契約」な場合、更新のコストを見込んでおく • 利用者が単独組織の場合は、内部認証局も選択肢になりうる
  36. 67.

    導入時のポイント①:事前の準備をしっかりと 忘れ物をするとデプロイが始まらない=納期が遅れる • ドメイン名 • サーバ証明書 • Azure サブスクリプション •

    ラック・電源 • DNS、NTPへの到達性 • インターネットへの到達性 受発注を伴うため時間がかかる 見積取得、社内処理、発注・・・
  37. 69.

    導入時のポイント①:事前の準備をしっかりと 忘れ物をするとデプロイが始まらない=納期が遅れる • ドメイン名 • サーバ証明書 • Azure サブスクリプション •

    ラック・電源 • DNS、NTPへの到達性 • インターネットへの到達性 他部門作業のため時間がかかる 申請から10営業日・・・
  38. 71.
  39. 72.

    導入時のポイント②:Azure Stack の理解者を育成する Azure Stack の進化を理解する人材を育てる 価値 時間 Azure Stack

    のもたらす価値 利用できている価値 ✓ 導入直後には Azure Stack を使いこなせていた ✓ Azure Stack の進化を組織に展開できていない。 もったいない状態
  40. 73.

    導入時のポイント②:Azure Stack の理解者を育成する Azure Stack の進化を理解する人材を育てる 価値 時間 Azure Stack

    のもたらす価値 利用できている価値 ✓ 導入直後には Azure Stack を使いこなせていた ✓ Azure Stack の進化を組織に展開できていない。 もったいない状態 価値 時間 Azure Stack のもたらす価値 利用できている価値 ✓ 良き Azure Stack Operator がいる状態 ✓ Azure Stack の進化を組織に展開できている。 Azure Stack を使いこなしている良い状態 or
  41. 74.
  42. 75.

    まとめ • 検討時のポイント ① Azure との適合率を測る ② まずは Connected を検討する

    ③ Azure と違う部分を理解する ④ 証明書の更新を考慮する • 導入時のポイント ① 事前の準備をしっかりと ② Azure Stack の理解者を育成する