IoTデバイスマップ大解説

 IoTデバイスマップ大解説

Df24915d508e0f89ea1868c1b9819443?s=128

masashiokawa

June 26, 2018
Tweet

Transcript

  1. IoTデバイスマップ大解説! 2018/06/26 オオカワマサシ #d_empower

  2. プログラム 2 • オープニング • IoTデバイスマップについて • バスルーム&リビングルームIoT • ヘルス/フィットネス・ガレージIoT

    • ウェアラブル/パーソナルIoT • シアタールーム・プライベートルームIoT • キッチン・エントランスIoT • オフィス・その他IoT • 自社事業・製品・サービス紹介LT!(飛び入り!) #d_empower
  3. 自己紹介 3 #d_empower 【専門領域/テーマ】  研究:BtoBサービスイノベーション(特に製造業)  デジタル化を伴う産業構造転換(いわゆるDX)調査、提言  デジタル新サービス開発代行(ユーザー起点、Agile、UX)

    【プロジェクト実績(民間、官公庁)】  民間:(普通の)BtoB向けコンサル全般(製造業、SCMなど)  民間:BtoB新サービス開発(戦略、組織、業務、IT)  経産省「IoT国際標準化/ユースケース調査」(2015-2016)  経産省「中堅・中小製造業IoT導入手法調査(2016)  経産省「第4次産業革命クリエイティブ研究会」(2016-2017)  RRI「IoTユースケースマップ」(2016、2017)  東商「ものづくり企業の現状・課題に関する調査」(2017-2018)  日商「中小企業活力増強のためのITサービス・レシピ」(2018)  総務省「情報通信分野における国際的な研究開発の在り方に係る調査研 究」有識者(2018) 【情報発信(講演、執筆)】  講演:経済産業省、日本経団連、経済同友会、日本商工会議所、各地商 工会議所、自治体、学会、業界団体、カンファレンス  出版:IoTまるわかり、ビジュアル解説IoT入門 (ともに三菱総合研究所編、日本経済新聞出版社)  寄稿:読売新聞朝刊、日経新聞朝刊、朝日新聞朝刊、日刊工業新聞、読 売オンライン(帝京大学入試問題)プレジデント(特集監修)、日経 ビッグデータ(連載)、週刊東洋経済、日経コンピュータ、日経 Biz Gate、学会誌、専門誌 大川真史(おおかわまさし) ウイングアーク1st(株) Connected Industriesエヴァンジェリスト @masashiokawa masashi.okawa1 @masashiokawa 【外部活動】  明治大学 サービス創新研究所 客員研究員  東京商工会議所「ものづくり企業の現状・課題に関する調査」WG座長  ロボット革命イニシアチブ協議会(RRI) 中堅中小AG メンバー  RRI(W/経産省/日商/ITCA等)スマートものづくり応援ツール 審査員  エンタープライズIoTLT 主催者(日本最大IoTコミュニティIoTLT分科会)  ヘルスケアIoTLT 主催者(日本最大IoTコミュニティIoTLT分科会)  M5Stack User Group Japan 言い出しっぺ(Founder)  D Empowerment Lab 主催者(Data、Design、Digitalをエンパワーする実験室)
  4. 申込者アンケート 4 #d_empower IoTデバイス マップってど うやって作っ たの?, 45, 22% 家庭で使えそ

    うなIoTデバ イスって何が あるの?, 51, 24% 仕事や職場で 使えそうな IoTデバイ スってある の?, 72, 35% これから自分 でも作って 売ってみたい なぁ, 36, 17% 何となく, 2, 1% その他, 3, 1%
  5. IoTの歴史・背景 5 • 1999年P&GのKevin Ashtonさんが社内でRFIDを 説明するために使ったのが最初らしい #d_empower http://www.rfidjournal.com/articles/view?4986

  6. IoTの歴史・背景 6 #d_empower 現在 21世紀 インターネット 普及前 ~1980年代 産業構造の変化(産業のサービス化) 「モノがつながる」のコンセプト

    CPS、RFID、M2M ユビキタス・コンピューティング (パロアルト研究所) テレ・オートメーション (ニコラ・テスラ) 「 Innovate America」 (パルミサーノ・レポート) マス・カスタマイゼーション 脱工業化社会(ベル) 第三の波(トフラー) IT技術の進展 デバイス センサー クラウド ビッグデータ 高速通信網 AI/機械学習 イノベーションの新潮流 出所:三菱総合研究所 カスタマー・ジャーニー オープン・イノベーション リーン・スタートアップ コ・クリエーション マーケティング3.0 デザイン思考 プラットフォーム戦略 UI/UX シングルボードコンピュータ
  7. IoTの歴史・背景 7 #d_empower 0 10 20 30 40 50 60

    70 80 90 100 1986年 1991年 1996年 2001年 2006年 2011年 2016年 PC普及率 スマホ普及率 PC-9801 1982年発売 Macintosh 1984年発売 iPhone3G 2008年発売 Windows95 1995年発売 デジタル体験の新世界 (第4次産業革命) パソコン、スマートフォンの世帯普及率 コンピュータがある生活 (第3次産業革命) 出所:情報通信白書より講演者作成 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/
  8. IoTの歴史・背景 8 • イノベーションとしてのIoT本(2014年11月) #d_empower

  9. IoTの歴史・背景 9 • 研究対象としてのIoT(2014年12月) #d_empower

  10. IoTの歴史・背景 10 • Connpass史上最古のIoTイベント(2014年10月) #d_empower

  11. IoTの歴史・背景 11 • ラズパイとアルドゥイーノ #d_empower Arduinoプロジェクトは2005年にイタリ アで始まり、当時入手可能だった他の学 生向けのロボット製造用コントロールデ バイスよりも安価なプロトタイピング・ システムを製造することを目的にスター

    トした。設計グループは多くの競合製品 よりも遥かに安価で簡単に使用できるプ ラットフォームの開発に成功した。 Arduinoボードは、2008年10月までに5 万ユニット以上が、2011年2月で約15万 台、2013年で約70万台(公式分のみ。 加えて、非公式クローンが同数以上販売 されていると予測されている)販売され ている。 Arduinoプロジェクトは2006年度のアル ス・エレクトロニカ賞で名誉言及を受け ている。 Raspberry Piは、かつてイギ リスで教育用コンピュータ として普及したエイコーン 社「BBC Micro(1981 年)」の再来として、学校 で基本的なコンピュータ科 学の教育を促進することを 意図している。 2013年10月31日までに累計 200万台[8]、2014年6月11日 までに累計300万台[9]、2015 年2月18日までに累計500万 台[10]、2015年10月13日まで に累計700万台[11]、2016年2 月29日までに累計800万台 [12]、2016年9月8日までに累 計1,000万台[13]、2016年11月 25日までに累計1,100万台[1] が販売された。
  12. プログラム 12 • IoTデバイスマップについて • バスルーム&リビングルームIoT • ヘルス/フィットネス・ガレージIoT • ウェアラブル/パーソナルIoT

    • シアタールーム・プライベートルームIoT • キッチン・エントランスIoT • オフィス・その他IoT • 自社事業・製品・サービス紹介LT!(飛び入り!) #d_empower