Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プレゼン初心者にありがちなアンチパターン

 プレゼン初心者にありがちなアンチパターン

「DevRel Meetup in Tokyo #7」の発表資料となります。

B31b322f3c5ee83743da0e8bd6891f8a?s=128

横田真俊(wslash)

April 09, 2016
Tweet

Transcript

  1. (C)Copyright 1996-2014 SAKURA Internet Inc. さくらインターネット 横田真俊(@wslash) 2016/01/22 プレゼン初心者に ありがちな

    アンチパターン 2016/04/06 横田真俊(@wslash)
  2. 2 氏名 横田真俊(@Wslash) 「プレゼン技術研究会」の もう1人の主催者です 会社関連とそれ以外も含めて 年に50回程度の講演・ハンズオン を行っております

  3. 年に50回 365日/50回 = 約7.3日に1回 だいたい週に1回はプレゼンしてます 3

  4. 「DockerとDocker Machineをインス トールして利用ができるようになる」 のが目標 4 今回は色々とプレゼンをしている中で 「初心者にありがちなアンチパターン」 をご紹介いたします

  5. • 自分の 5 いきなりパワポで作りはじめる

  6. 「スライドの内容を考える事」≠「スライドを作る事」 まずはテキストエディタ等で全体のシナリオを作ってみて そこからPowerPointを起動する 6

  7. • 自分の 7 「自分の喋りたい事」しか言わない

  8. 例えば ・自己紹介が長い ・自分の自慢話が多い ・講演とは関係ない自分の趣味の話 ・講演とは関係ない今期のアニメの話 ・「自分の喋りたい事」しか言わない 8

  9. 「自分が喋りたい事」≠「聞き手が関心がある事」 聞き手は本当にあなたが喋りたい事を求めているのか? 9

  10. ひたすら「自己自慢」をするよりも 「なぜ自分がここにいるのか?」 「自分は皆さんにどのような価値があるのか?」 を紹介した方が良い。 10

  11. • 自分の 11 文字が小さい

  12. 【今日のテーマ】 ・話の骨子を決める ・テキストエディッタでつくる ・話をまとめてみる 12

  13. 大きめの文字で、1枚の情報を少なくして表示する 小さい文字でも20ポイントぐらいにしておきたい 13

  14. • 自分の 14 標準のテンプレートを 表紙として使う

  15. 15

  16. アンチパターン 16

  17. 17

  18. 18

  19. これはヒドイ でも表紙がダメでも中身が良ければ いいんじゃない? 19

  20. 1番長く見られるスライドだから 表紙はプレゼンが始まる前に投影される ネットに公開される時に1番最初に出てくる 20

  21. 21

  22. ◦パワポのテンプレ集はやめといた方が良い ◦一番投影時間が長いので、こだわる ◦表紙は有料サイトで見つけるのが早い 22

  23. • 自分の 23 話慣れていない

  24. 「話慣れ」していると色々対応ができる 変な緊張しなくなり、自信を持ってはなせるようになる 24

  25. どうすれば「慣れる」のか? 25

  26. 26 http://infrapre.connpass.com/

  27. ご静聴ありがとうございました 次回の「プレゼン技術研究会」で お目にかかりましょう 27