20190705_VMwareDevOpsMeetup.pdf

 20190705_VMwareDevOpsMeetup.pdf

Ccb58352bdd1be66ebb2daf12ba1b993?s=128

MasahiroIrie

July 05, 2019
Tweet

Transcript

  1. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 2019年7月5日

    入江 正博 OVF Environment を使って VM デプロイ
  2. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 自己紹介

    2 入江 正博 @IrieMasahiro • ヤフー株式会社 プライベートクラウドチーム • VMUG インフラ仮想部会 • vExpert 2019
  3. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 色々なところにVMを立てる

    3 • 仮想マシン作成、インストールメディアを接続 して OS インストール → vSphere (Web) Clinet で作業… • デプロイツール (Packer, Ansible etc.) → 導入コスト、学習コスト… • OVA インポート → よさげ → でも NW 設定とかはコンソール?
  4. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. Self-Configuration

    and the OVF Environment 4 https://blogs.vmware.com/vapp/2009/07/selfconfi guration-and-the-ovf-environment.html • OVF Environment を使った VM カスタマイズの話 • VM を立てるときに NW 設定やアプリ設定を OVF Environment として VM 外部から渡せる → OVA アプライアンスでよくある • 準備しておくもの • OVF プロパティ定義 • OVF Environment トランスポート設定 • VM 内で設定を行っていく glue code
  5. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 要は

    5 vApp オプションから設定 (もしくは OVFファイルを直書き)
  6. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 要は

    6 # vmtoolsd --cmd 'info-get guestinfo.ovfenv' <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <Environment xmlns="http://schemas.dmtf.org/ovf/environment/1" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" [中略] <PropertySection> <Property oe:key="key1" oe:value="test"/> </PropertySection> <ve:EthernetAdapterSection> <ve:Adapter ve:mac="00:50:56:a7:94:d9" ve:network="VM Network" ve:unitNumber="7"/> </ve:EthernetAdapterSection> vmtoolsd で OVF プロパティが取得できるので、 その値で OS 側の設定を行う glue code を仕込めば良い。 (daemon として起動していなくても OK)
  7. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 実装例

    7 vCenter Server Appliance
  8. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. OVF

    プロパティ 8
  9. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. vCSA

    での流れ 9 • systemd の init script の一つ • /etc/init.d/vaos → /opt/vmware/share/vami/vami_ovf_env を 呼び出し NW 設定などを行う。 → /opt/vmware/bin/ovfenv を呼び出し。 OVF プロパティ周りを扱うラッパー → vmware-rpctool ‘info-get guestinfo.ovfEnv’ (※) を 発行し、 OVF プロパティを取得 → その他でも都度都度 OVF プロパティ取得して設定 ※ open-vm-tools に同梱。 OVF プロパティの RPC 部分のみの実装?
  10. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 試しに

    10 Photon OS で 実装してみた
  11. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. Photon

    OS で self-configuration 11 • Python で 100行くらい → https://vhoge.hateblo.jp/entry/2019/06/25/020111 • vmtoolsd を実行し、XML 文字列を取得 • Hostname / IP / NW Prefix / GW / DNS を設定 → OVF プロパティとしても定義 • systemd で systemd-networkd の起動前に仕込む • OVA 化は OVF Export で
  12. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. OVF

    プロパティ 12
  13. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. 面倒なところ

    13 • XML が 面倒な 厳格な形式なので OVF プ ロパティの値の取得に一手間 • key も value も attribute • namespace 指定 <Property oe:key="ip" oe:value="192.168.0.100"/> ↑コレ ↑コレ ET.find("oe:PropertySection/oe:Property[@oe:key='ip']",{'oe': 'http://schemas.dmtf.org/ovf/environment/1'}).attrib["{http:/ /schemas.dmtf.org/ovf/environment/1}value"]) • ElementTree で ↑ の IP を取得すると
  14. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. VM

    量産体制 14 • ovftool で CLI から OVF インポート • OVF プロパティは prop オプションで指定 % ovftool -n=‘photon-vm’ ¥ -ds=datastore1 ¥ -dm=thin ¥ --net:’VM Network=VM Network’ ¥ --prop:hostname=photon.test ¥ --prop:ip=192.168.0.100 ¥ --prop:prefix=24 ¥ --prop:gateway=192.168.0.1 ¥ --prop:dns=192.168.0.3 ¥ --noSSLVerify ¥ --powerOn ¥ --allowExtraConfig ¥ --acceptAllEulas ¥ ./photoninit.ova ¥ 'vi://vcsa.test/dc01/host/cluster01/host01'
  15. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. まとめ

    15 • Self-configuration な OVA を作るには • OVF プロパティ定義 • OVF Environment トランスポート設定 • OVF Environment をもとに設定するコード • OVF Environment は vmtoolsd コマンド にオプションつけて取得 • XML の Value 取得に一癖 • 量産するなら OVF Tool
  16. Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved. EOP