Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

プログラミング教育実践に向けて

Naoki Kato
September 13, 2023

 プログラミング教育実践に向けて

町田市立木曽境川小学校校内研修
2023年9月13日

Naoki Kato

September 13, 2023
Tweet

More Decks by Naoki Kato

Other Decks in Education

Transcript

  1. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    町田市立木曽境川小学校 校内研修会 20230913
    プログラミング教育実践に向けて
    東京学芸大学
    ICTセンター 教育情報化研究チーム
    加藤直樹

    View full-size slide

  2. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 自己紹介
    加藤直樹
    東京学芸大学 ICTセンター 教育情報化研究チーム
    専門:情報工学 Human Computer Interaction
    特にペン入力
    ペン入力I/Fの教育への利用
    文科省:GIGAスクールにおける学びの充実事業
    ・学校DX戦略アドバイザー (H28-)
    :デジタル教科書・教材の通信環境調査研究
    ・事業推進委員会 座長 (R5)

    View full-size slide

  3. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 自己紹介
    加藤直樹
    東京学芸大学 ICTセンター 教育情報化研究チーム
    専門:情報工学 Human Computer Interaction
    特にペン入力
    ペン入力I/Fの教育への利用

    View full-size slide

  4. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    プログラミング教育の背景
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  5. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の背景
    産業(工業)革命:社会の確実な変化
    画像引用:SCF2015webサイト http://scf.jp/ja/essay/a005.php
    →石炭→石油・電気
    農業→軽工業→重工業
    労働力:人→コンピュータ
    判断:人→コンピュータ
    AI,IoT?

    View full-size slide

  6. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の背景
    国家戦略(IT総合戦略本部)
    (H26~H28/2016.4)
    l 一定数の突出した能力を有するIT人材育成
    l 新たな産業をリードする高度なIT人材育成
    (参考)人材育成におけるプログラミング教育の位置付け等に係る調査報告書
    現社会
    Industry4.0
    (第四次産業革命)
    高度なIT利活用社会
    (超スマート社会)

    View full-size slide

  7. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の背景
    近い将来すべての人に求められるもの
    高度IT人材
    ミドルIT人材
    課題
    発見
    解決
    新たな価値の創造 高度情報通信技術
    AI技術
    活用
    こういうこと
    ができる
    依頼

    View full-size slide

  8. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の背景
    世界中でプログラミング教育
    l イスラエル
    n 2000年,高校で「Computer Science」
    l ハンガリー
    n 2003年 「Informatica」6~10歳で必修
    l イングランド(英国)
    n 2014年 「Computing」5~13歳で必修
    l フィンランド
    n 2016年から必修化(教科横断型)
    l オーストラリア
    n 2016年「Digital Technologies」

    View full-size slide

  9. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の背景
    国家戦略(IT総合戦略本部)
    (H26~H28/2016.4)
    l 一定数の突出した能力を有するIT人材育成
    l 新たな産業をリードする高度なIT人材育成

    l あらゆる国民層に対して
    ITに係る能力を醸成するための取組
    l 特に若年層に対するプログラミング教育
    (参考)人材育成におけるプログラミング教育の位置付け等に係る調査報告書
    現社会
    Industry4.0
    (第四次産業革命)
    高度なIT利活用社会
    (超スマート社会)

    View full-size slide

  10. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の背景
    情報活用能力としてのプログラミング
    情報活用能力
    言語能力
    問題発見・解決能力
    基盤的な力
    人間性
    学びに向
    かう力
    思考力
    判断力
    表現力
    知識
    技能
    創造
    協働
    自立
    技術分野
    情報に関する技術
    プログラミング教育
    基本的な操作
    情報モラル
    情報化と社会・産業
    2021-
    2022-
    2020-
    情報Ⅰ(必修)
    情報Ⅱ
    AI・Data Science教育

    View full-size slide

  11. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    プログラミング教育の目的
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  12. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    中高におけるプログラミング教育
    技術分野
    情報に関する技術
    プログラミング教育
    基本的な操作
    情報モラル
    情報化と社会・産業
    2021-
    2022-
    2020-
    情報Ⅰ(必修)
    情報Ⅱ
    AI・Data Science教育
    プログラミング
    が学習項目

    View full-size slide

  13. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    小学校におけるプログラミング教育
    技術分野
    情報に関する技術
    プログラミング教育
    基本的な操作
    情報モラル
    情報化と社会・産業
    2021-
    2022-
    2020-
    情報Ⅰ(必修)
    情報Ⅱ
    AI・Data Science教育

    View full-size slide

  14. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    学習指導要領での記載
    各教科等の特質に応じて,
    を,計画的に実施
    第3 1 (3)
    イ 児童がプログラミングを体験しながら,
    コンピュータに意図した処理
    を行わせるために必要な論理的思考力
    を身に付けるための学習活動
    (小学校学習指導要領 p.8)

    View full-size slide

  15. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    学習指導要領での記載の意味
    第3 1 (3)
    イ 児童がプログラミングを体験しながら,
    コンピュータに意図した処理
    を行わせるために必要な論理的思考力
    を身に付けるための学習活動
    (小学校学習指導要領 p.8)
    プログラミング 論理的に考える力
    のために
    導入の背景

    View full-size slide

  16. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    学習指導要領からプログラミング的思考へ
    自分が意図する一連の活動を実現するために、
    どのような動きの組合せが必要であり、
    一つ一つの動きに対応した記号を、
    どのように組み合わせたらいいのか、
    記号の組合せをどのように改善していけば、
    より意図した活動に近づくのか、
    といったことを論理的に考えていく力
    (小学校学習指導要領解説 p.85)
    プログラミング
    するときの一連の活動
    を 論理的に考える力

    View full-size slide

  17. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    プログラミング的思考
    大きく複雑な
    高度情報化社会における 高度情報化社会における
    大きな武器である










    分解
    構造化
    手順化
    評価
    順序
    分岐
    反復
    並列
    演繹・帰納(類推,仮説)
    問題 Computer
    高速化・自動化
    論理的思考・パタン認識







    アルゴリズム的思考

    View full-size slide

  18. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    プログラミング的思考の大きな特徴
    1辺5cmの正三角形を描く手順
    定規を水平に置いて,目盛の0
    から5のところまで,定規の縁
    に鉛筆の先を当てながら動か
    して直線分を引きなさい.描
    いた線分の一端に分度器の…
    ごく限られた命令(記号)
    無数の語(記号)
    かなり自由な
    文法 厳格な文法

    View full-size slide

  19. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    学習指導要領での記載
    各教科等の特質に応じて,
    を,計画的に実施
    第3 1 (3)
    イ 児童がプログラミングを体験しながら,
    コンピュータに意図した処理
    を行わせるために必要な論理的思考力
    を身に付けるための学習活動
    (小学校学習指導要領 p.8)

    View full-size slide

  20. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    プログラミング体験が重要な理由
    l プログラミング体験は楽しい→主体性へ
    l 試行錯誤が容易
    n 自分の考えが正しいかが確認できる
    n 間違ってたら容易に修正に挑戦できる
    コンピュータに・・・
    必要な論理的思考力
    効果的に!
    論理的思考への一番の手立て

    View full-size slide

  21. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    コンピュータプログラミングの特徴
    いわゆるアンプラグドだと
    誰が正しいか
    確かめる?
    間違った動き
    やり直しが
    面倒
    実行・確認が
    容易
    やり直しが
    容易
    プログラム通り
    に動く

    View full-size slide

  22. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    もう一つの育む力
    l これにも体験が必須
    プログラムの働きやよさ,情報社会がコンピュータをはじめと
    する情報技術によって支えられていることなどに気付き,身近
    な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピュータ等を上手
    に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育む
    こと (小学校学習指導要領解説 p.85)
    すごい やってみる
    のような態度

    View full-size slide

  23. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の目的
    小学校におけるプログラミング教育
    技術分野
    情報に関する技術
    プログラミング教育
    基本的な操作
    情報モラル
    情報化と社会・産業
    2021-
    2022-
    2020-
    情報Ⅰ(必修)
    情報Ⅱ
    AI・Data Science教育
    中高の学習に向けた
    プログラミングのための
    基本力(論理的思考等)
    の育成や
    興味関心を持たせること

    View full-size slide

  24. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    小学校における
    プログラミング教育の展開
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  25. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 小学校におけるプログラミング教育の展開
    学習指導要領で例示された単元
    情報化社会に関する
    探究的課題の中での
    プログラミング
    正多角形と円
    電気の利用
    総合 教科

    View full-size slide

  26. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 小学校におけるプログラミング教育の展開
    教科書にも掲載
    右上:大日本図書webサイトより:https://www.dainippon-tosho.co.jp/introduction2020/sansu/ex_programming.html
    左下:大日本図書webサイトより:https://www.dainippon-tosho.co.jp/introduction2020/rika/programming.html

    View full-size slide

  27. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 小学校におけるプログラミング教育の展開
    算数科
    第3 指導計画の作成と内容の取り扱い
    2 (2)
    プログラミングを体験しながら論理的思考
    力を身に付けるための学習活動を行う場合
    には,児童の負担に配慮しつつ,
    ・・・正多角形の作図を行う学習に関連し
    て,正確な繰り返し作業を行う必要があり,
    更に一部を変えることでいろいろな正多角
    形を同様に考えることができる場面などで
    取り扱うこと。
    (小学校学習指導要領 p.75)

    View full-size slide

  28. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 小学校におけるプログラミング教育の展開
    正多角形と円のベストプログラミング
    多角形と円

    View full-size slide

  29. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 小学校におけるプログラミング教育の展開
    理科
    第3 指導計画の作成と内容の取り扱い
    2 (2)
    プログラミングを体験しながら論理的思考
    力を身に付けるための学習活動を行う場合
    には,児童の負担に配慮しつつ,
    ・・・電気の性質や働きを利用した道具が
    あることを捉える学習など,与えた条件に
    応じて動作していることを考察し,更に条
    件を変えることにより,動作が変化するこ
    とについて考える場面で取り扱うものとす

    (小学校学習指導要領 p.93)

    View full-size slide

  30. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 小学校におけるプログラミング教育の展開
    電気の利用では創造的なプログラミングへ
    写真:前原小、6年生がフィジカルコンピューティングで「電気」を学ぶ ICT教育ニュース 2017年10月30日
    入力
    明るさ
    温度
    加速度
    方位
    ボタン
    湿度
    気圧
    酸素濃度

    出力



    動力

    人がそばにいて
    温度が高いと
    温度に応じて
    回る扇風機
    自分たちで発想した
    アイデアを
    自分たちで
    作り上げていく

    View full-size slide

  31. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の展開
    授業づくりの基本:系統的な学び
    創造的プログラミング






    情報化社会に関する
    探究的課題の中での
    プログラミング
    プログラミング
    導入
    操作練習
    教科の学びに
    絡めた
    プログラミング
    総合 教科 課程外
    正多角形と円
    電気の利用
    楽しく創造的な
    活動にするには

    View full-size slide

  32. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU プログラミング教育の展開
    実施に必要な力を育てる必要性
    最低限の基本的なことができて
    はじめてゲームが楽しめる

    View full-size slide

  33. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU おわりに
    モデルカリキュラム

    図形
    形 数
    数 m
    mi
    ic
    cr
    ro
    o:
    :b
    bi
    it
    t ロ
    ロボ
    ボッ
    ット
    ト系
    系 v
    vi
    is
    sc
    cu
    ui
    it
    t
    6 電気の性質と働き 光のパレード
    5 正多角形と円 整数の性質 楽器を作ろう
    自動運転カー
    を作ろう

    平行四辺形と
    ひし形 大きな数を読

    信号機を作ろう
    四角形と三角
    形(角度)
    電気の働き

    数の大小 方位磁針を作ろう
    割り算の余り 太陽と地面の様子

    正方形と長方

    数を読む
    イルミネーション
    を作ろう
    スイミー

    たしざん
    ひきざん ゴールをめざ

    きせつをえ
    がこう
    かずをかぞえ

    View full-size slide

  34. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    VISCUITを用いた実践例
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  35. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    低学年でのプログラミング教育
    創造的プログラミング
    総合 教科 課程外
    プログラミング
    導入
    操作練習

    View full-size slide

  36. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    Viscuitとは

    View full-size slide

  37. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    きせつをえがこう 低学年生活・図工
    https://scrapbox.io/IML-Lab/きせつをえがこう
    お絵かき
    (ICT活用)
    状態遷移
    (プログラミング)
    小平第七小学校

    View full-size slide

  38. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    スイミー 2年国語
    https://scrapbox.io/IML-Lab/スイミー
    小平第七小学校
    印象に
    残った場面


    View full-size slide

  39. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    ピクトアニメーション 3年国語→総合,図工
    絵文字(ピクトグラム)
    :メッセージ伝達を直感的に行う技法
    アニメーションへ拡張

    View full-size slide

  40. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    漢字作りゲーム 中高学年国語

    View full-size slide

  41. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU Viscuitを用いた実践例
    自然の変化を表わそう 中学年理科
    東大和市立第二小学校

    View full-size slide

  42. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    図形を描くプログラミング実践例
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  43. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    多角形と円に向けて系統的な学び
    創造的プログラミング
    図形の学びに
    絡めた
    プログラミング
    総合 教科 課程外
    正多角形と円

    View full-size slide

  44. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    2年:正方形と長方形(準備)
    https://scrapbox.io/IML-Lab/正方形と長方形
    順次

    View full-size slide

  45. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    2年:正方形と長方形 +発展
    順次
    回数指定
    繰り返し

    View full-size slide

  46. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    4年:平行四辺形とひし形(角度の導入)
    https://scrapbox.io/IML-Lab/四角形と三角形%EF%BC%88角度%EF%BC%89
    順次
    回数指定
    繰り返し

    View full-size slide

  47. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    4年:平行四辺形とひし形
    https://scrapbox.io/IML-Lab/平行四辺形とひし形
    順次
    回数指定
    繰り返し

    View full-size slide

  48. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    正多角形と円(1/2)
    https://scrapbox.io/IML-Lab/正多角形と円
    正方形(一斉)
    三角形(個別)
    (できた子は六角形)
    回る角度の確認

    View full-size slide

  49. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 図形を描くプログラミング実践例
    正多角形と円(2/2)
    https://scrapbox.io/IML-Lab/正多角形と円
    順次
    回数指定
    繰り返し
    変数
    四則演算

    View full-size slide

  50. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    数を扱うプログラミング実践例
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  51. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    整数の性質に向けて系統的な学び
    創造的プログラミング
    数の学びに
    絡めた
    プログラミング
    総合 教科 課程外
    整数の性質

    View full-size slide

  52. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    かずをかぞえる
    https://scrapbox.io/IML-Lab/かずをかぞえる
    順次
    「いち」の次は「に」であること
    「いち」が1であること
    がわかっているかを
    確認できます

    View full-size slide

  53. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    たし算,ひき算
    https://scrapbox.io/IML-Lab/たしざん https://scrapbox.io/IML-Lab/ひきざん
    変数(利用)
    四則演算
    順次
    Scratchにおける
    四則演算ブロックの
    導入です

    View full-size slide

  54. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    たし算,ひき算(発展)
    https://scrapbox.io/IML-Lab/たしざん https://scrapbox.io/IML-Lab/ひきざん
    条件分岐
    変数(利用)
    四則演算
    順次
    条件式(等号)
    こたえも入れさせて
    それがあっているかを
    判定するプログラムにします

    View full-size slide

  55. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    数を読む
    https://scrapbox.io/IML-Lab/数を読む
    1年:2桁
    2年:4桁
    3年:8桁
    変数(利用)
    順次
    数の読み方を確認できます

    View full-size slide

  56. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    数の大小
    https://scrapbox.io/IML-Lab/数の大小
    変数(利用)
    順次
    条件分岐
    条件式(不等号)
    変数(代入)
    不等号を使って
    数の大小を比較する
    導入になります

    View full-size slide

  57. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    わり算の余り
    https://scrapbox.io/IML-Lab/わり算のあまり
    剰余演算
    変数(利用)
    順次
    変数(代入)
    Scratchにおける
    (あまりを求める)剰余演算
    の導入になります
    わられる数,わる数,商と
    あまりの関係を確認できます

    View full-size slide

  58. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    偶数と奇数の判定
    https://scrapbox.io/IML-Lab/偶数と奇数
    偶数と奇数の定義を確認できます
    ただし新しい考え方を使います
    剰余演算
    変数(利用)
    順次
    条件分岐(等号)

    View full-size slide

  59. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    偶数からの倍数
    https://scrapbox.io/IML-Lab/倍数と公倍数
    回数指定繰返し
    変数(加算)
    変数(利用)
    変数(代入)
    剰余演算
    条件付実行(等号)
    順次

    View full-size slide

  60. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 数を扱うプログラミング実践例
    倍数からの公倍数からの最小公倍数
    https://scrapbox.io/IML-Lab/倍数と公倍数
    回数指定繰返し
    変数(加算)
    変数(利用)
    変数(代入)
    剰余演算
    条件付実行(等号)
    順次

    View full-size slide

  61. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    理科でプログラミングの実践例
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  62. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    電気の性質と働きに向けた系統的な学び
    創造的プログラミング
    micro:bitを
    より活用する
    プログラミング
    総合 教科 課程外
    電気の性質と働き

    View full-size slide

  63. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    太陽と地面の様子(3年)
    条件分岐,条件式(不等式)
    変数
    温度計 温度センサ

    View full-size slide

  64. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    電流の働き(4年)
    l 強弱スイッチ(連続)
    変数,条件付き実行

    View full-size slide

  65. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    体のつくり(6年)

    View full-size slide

  66. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    体のつくり(6年)
    写真:小平市立小平第七小学校

    View full-size slide

  67. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    電気の利用(6年)

    湿度
    明るさ
    温度
    傾き
    方位
    加速度
    ボタン
    LED
    電気で動くデバイス
    人感
    ダイヤル
    酸素濃度

    etc

    View full-size slide

  68. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    micro:bitを用いた
    その他のプログラミング実践例
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  69. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU micro:bitを利用したその他のプログラミング実践例
    micro:bit活用に向けた系統的な学び
    創造的プログラミング
    micro:bitを
    より活用する
    プログラミング
    総合 教科 課程外
    電気の性質と働き

    View full-size slide

  70. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU micro:bitを利用したその他のプログラミング実践例
    冬のイルミネーション(生活)
    https://scrapbox.io/IML-Lab/イルミネーションをつくろう

    View full-size slide

  71. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 理科でプログラミングの実践例
    方位磁針(3年 理科,社会)

    View full-size slide

  72. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU micro:bitを利用したその他のプログラミング実践例
    楽器を作ろう(音楽)

    View full-size slide

  73. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU micro:bitを利用したその他のプログラミング実践例
    信号機を作ろう(社会・総合)

    View full-size slide

  74. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    動かすプログラミング実践例
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  75. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 動かすプログラミング実践例
    パズルゲーム型(1年 課程外)
    https://hourofcode.com/code

    View full-size slide

  76. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 動かすプログラミング実践例
    ゴールをめざせ(生活)
    小平市立小平第七小学校

    View full-size slide

  77. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 動かすプログラミング実践例
    決められたルートを走らせる(総合)
    左:昭島市立中神小学校,右:東大和市立第二小学校

    View full-size slide

  78. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 動かすプログラミング実践例
    自動運転カーを作る(総合)

    View full-size slide

  79. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 動かすプログラミング実践例
    動きを表現する(図工.総合)
    左:東大和市立第二小学校,右上動画:町田市立町田第五小学校,右下:小平市立小平第三小学校

    View full-size slide

  80. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    授業づくり
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  81. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    学ぶ内容と学び方の変化
    情報活用能力
    言語能力
    問題発見・解決能力
    基盤的な力
    人間性
    学びに向
    かう力
    思考力
    判断力
    表現力
    知識
    技能
    創造
    協働
    自立
    ICT活用
    問題
    発見
    解決法
    探索・学習
    実行
    解決
    オーセンテックな
    問題解決活動
    体系的な
    知識や技能
    既習
    活用
    構築
    知識・技能
    主体的で
    対話的な
    個別最適な
    協働的な
    深い

    View full-size slide

  82. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    主体的な学びとは
    n 学ぶことに興味や関心を持ち,自己のキャ
    リア形成の方向性と関連付けながら,見通
    しを持って粘り強く取り組み,自己の学習
    活動を振り返って次につなげる
    n 興味関心(積極性)
    n 自己との関連付け(計画性)
    n 見通し(自覚)
    n 粘り強く(自己調整力)
    n 振り返り(意味付け,共有)
    平山達也:主体的な学びについての一考察,立命館文學,No. 670, pp.405-391, 2021-01
    むずっ

    View full-size slide

  83. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    主体的な学びを導く要素(の一部)
    n 興味関心
    n 自己との関連付け
    n 見通し
    n 粘り強く
    n 振り返り
    ゴール
    ゴールする
    意義
    必要な
    知識と方法
    課題
    目標
    達成感
    次へ繋ぐ
    活動の確認
    試行錯誤

    View full-size slide

  84. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    主体的な学びを導くプログラミング教育
    l 難易度に応じた
    知識・技能が必要
    l 系統的な学び
    ゴール
    ゴールする
    意義
    必要な
    知識と方法
    課題
    目標
    達成感
    次へ繋ぐ
    活動の確認
    試行錯誤

    View full-size slide

  85. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    主体的な学びをプログラミング教育
    l 理解度に応じた
    ゴールの設定
    l 難易度別課題
    (ヒント) ゴール
    ゴールする
    意義
    必要な
    知識と方法
    課題
    目標
    達成感
    次へ繋ぐ
    活動の確認
    試行錯誤
    目標設定
    は難しい
    自分で選択

    View full-size slide

  86. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    主体的な学びをプログラミング教育
    l 十分な演習時間
    l デバッグ
    (論理的思考)
    ゴール
    ゴールする
    意義
    必要な
    知識と方法
    課題
    目標
    達成感
    次へ繋ぐ
    活動の確認
    試行錯誤

    View full-size slide

  87. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    対話的な学びとは
    l 他者の考えを手掛かりに考えること等を
    通じ、自己の考えを広げ深める
    自分の考え
    他者の考え 更新・拡張
    理解
    批判的思考
    対話
    他者への意見
    問い
    対話的な思考

    View full-size slide

  88. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    協働的な学びと協同的な学び
    坂本旬:「協働学習」とは何か,生涯学習とキャリアデザイン,vol.5,pp.49-57 (2008)
    友野清文:Cooperative learningとCollaborative learning,学苑 総合教育センター国際学科特集, No.907, pp.1-16(2016)
    協働的
    同じ目的を持った個人が
    チームで(分担)活動し
    自分と他者の成果を
    最大限に高める
    (共同的)
    協同的
    多様・異質な他者
    とのパートナーシップ
    コミュニティ
    cooperative
    collaborative
    目標や価値観を共有し
    同質集団では生み出せない
    成果の創出
    教員制御あり
    教員制御なし

    View full-size slide

  89. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    協同的な学びでプログラミング教育
    坂本旬:「協働学習」とは何か,生涯学習とキャリアデザイン,vol.5,pp.49-57 (2008)
    友野清文:Cooperative learningとCollaborative learning,学苑 総合教育センター国際学科特集, No.907, pp.1-16(2016)
    同じ目的を持った個人が
    チームで(分担)活動し
    自分と他者の成果を
    最大限に高める
    (共同的)
    協同的
    cooperative
    教員制御あり
    同じ習熟度同士 習熟度高+低
    特に手が動かせない
    児童が多い場合
    2~3人
    プロジェクト的な場合は
    多人数でも?

    View full-size slide

  90. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU 授業づくり
    協働的な学びとプログラミング教育
    坂本旬:「協働学習」とは何か,生涯学習とキャリアデザイン,vol.5,pp.49-57 (2008)
    友野清文:Cooperative learningとCollaborative learning,学苑 総合教育センター国際学科特集, No.907, pp.1-16(2016)
    協働的 多様・異質な他者
    とのパートナーシップ
    コミュニティ
    collaborative
    目標や価値観を共有し
    同質集団では生み出せない
    成果の創出
    教員制御なし

    創作的な活動でなら成り立つか?

    View full-size slide

  91. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    おわりに
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide

  92. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU おわりに
    近い将来すべての人に求められるもの
    高度IT人材
    ミドルIT人材
    課題
    発見
    解決
    新たな価値の創造 高度情報通信技術
    AI技術
    活用
    こういうこと
    ができる
    依頼

    View full-size slide

  93. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    情報活用能力
    おわりに
    プログラミング教育の導入・強化
    技術分野
    情報に関する技術
    プログラミング教育
    基本的な操作
    情報モラル
    情報化と社会・産業
    2021-
    2022-
    2020-
    情報Ⅰ(必修)
    情報Ⅱ
    AI・Data Science教育
    科学的な側面の強化
    (高度ICTへの意識)

    View full-size slide

  94. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU おわりに
    小中高におけるプログラミング教育
    技術分野
    情報に関する技術
    プログラミング教育
    基本的な操作
    情報モラル
    情報化と社会・産業
    2021-
    2022-
    2020-
    情報Ⅰ(必修)
    情報Ⅱ
    AI・Data Science教育
    プログラミング
    が学習項目
    中高の学習に向けた
    プログラミングのための
    基本力(論理的思考等)
    の育成や
    興味関心を持たせること

    View full-size slide

  95. ©2016- Naoki Kato, IML
    at TGU
    おしまい
    プログラミング教育実践に向けて

    View full-size slide