$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

おいしいドッグフードの食べ方

 おいしいドッグフードの食べ方

2022.10.1
XP祭り2022
Dトラック 15:25-15:45

Proposal
https://confengine.com/conferences/xp2022/proposal/16890

NAVITIME JAPAN
PRO

October 01, 2022
Tweet

More Decks by NAVITIME JAPAN

Other Decks in Business

Transcript

  1. 1 おいしい ドッグフードの 食べ方 株式会社ナビタイムジャパン 小田中 2022.10.1 XP祭り2022

  2. 小田中 育生 (おだなか いくお) (株)ナビタイムジャパン VP of Engineering ACTS(研究開発) ルートグループ責任者

    経路探索の研究開発部門責任者としてMaaS時代にフィットしたマルチモ ーダル経路探索の開発を推進、移動体験のアップデートにコミットメン ト。 VPoEとしてはいきいきとした組織づくりを目指し、アジャイル開発の導 入推進・支援などに取り組んでいる。 猫派。 著書「いちばんやさしいアジャイル開発の教本」インプレス 2
  3. Learning Outcome 3 • ドッグフーディングの効能 • 進んでドッグフーディングしたくなるマインドセット の作り方

  4. ドッグフード、食べてますか?

  5. ドッグフーディング 5 “ドッグフーディングは、特にソフトウェア開発業界で 広く採用されているプラクティスです。これは、ドッグ フードを販売している企業が「自社で製造しているドッ グフードを食べる」ように、製品を提供する会社が、最 初に自分たち自身で、エンドユーザーと同じように製品 を使用してテストすることです。” JetBrainsにおけるソフトウェア開発:ドッグフーディング (https://www.jetbrains.com/ja-jp/lp/dogfooding/

    )より引用
  6. ユーザーの声をプロダクトに反映するた めの様々な情報源 6 ユーザーボイス ユーザーログ ドッグフード プロダクトバックログ

  7. 毎日ドッグフードを食べる私たち 7 首都高走ってたら 渋滞にハマる手前で避けてくれた 助かった! いつも使ってるバスが 経路にでなかった。 どうやったら出るかな

  8. 私たちは自社サービスを知りすぎている 8 いつも使ってるバスが 経路にでなかった。 どうやったら出るかな それは設定の仕方がよくないからだよ 設定で「バスを使う」はONになってる? あと、徒歩が「せかせか」になってると バスを使った経路が所要時間的に有利に なりづらいから徒歩速度の設定を変えて

    再探索するといいんじゃないかな
  9. 十分なユーザー数を抱えているなら ドッグフード以外の選択肢がある 9 ユーザーボイス ユーザーログ ドッグフード プロダクトバックログ

  10. 私たちは、いつドッグフードを食べるべ きなのか 10 ユーザーボイス ユーザーログ ドッグフード プロダクトバックログ

  11. 11 ドッグフーディングから生まれた「散歩 ルート」をベースに考えてみる

  12. 12 歩きたい歩数で「いい感じ」に歩けるル ートを教えてくれる機能 「行って帰ってくる」ルート ではなく、いい感じに回遊で きるルート リトライすると違う経路を 出してくれる

  13. 13 コロナ禍に我々を襲った「運動不足」 通勤がなくなった 運動もなくなった 食欲はなくならない 頼む…!!自社サービス!!

  14. 14 運動不足を解消したくて 自社サービスをドッグフーディング!

  15. 15 既存の機能をドッグフーディングし 散歩ルートのアイデアが誕生 • もともとあった「あと◦◦歩あるくル ート」機能 • 指定した歩数だけ歩ける地点をいくつか提 示し、ユーザーが選択するとそこまでの経 路を探索する機能

    • 改めて使うことで湧き上がる要望 • 別にどこかの地点に行きたいわけじゃない、 行きと帰りは違う道を通りたい、毎回違う ルートを出して欲しい、だって飽きるも の・・・
  16. 自社のサービスを知っているがゆえに モリモリの機能で考えてしまう 16 音声案内あったほうがいいよね リルート(※道を外れたら再探 索する機能)は? いろんな優先条件(※最短、最安 といった経路探索の条件設定)に 対応したいよね

  17. 17 実現可能性も必要性も明らかになってい ないのにアイデアばかりが膨らむ 「A地点からB地点への最短経路」ではない 最適解を求めない経路探索。 果たして実現できるのか? ぐるっと回って帰ってくる経路を出すだけの シンプルな機能。 果たして必要な機能なのか?

  18. 18 ユーザーストーリーマッピングで最小限 に絞り・・・

  19. 19 そこからは小さく作って小さく試して… の繰り返し。

  20. 20 最初の試作は、ゆきてかえりし物語 マッドマックスだ 行きと帰りが 一緒の道だと 飽きそう

  21. 21 レビューを繰り返し、質は向上 わりとよさそう 自分が散歩するとき に使うルートに似て ます

  22. 22 スプリントレビューでは判断がつかない ことが増えてきた ヒゲを なんとかしたい うーん別にそんなに 気にならないけど… ところで、このルートは 歩きやすいのかな

  23. 23 判断つかないから、実際の ユースケースでドッグフーディング!

  24. 24 実際に使ってみて、報告を共有する メンバーが出現

  25. 25 実地で使ったからこそわかることを フィードバックしてくれた 実際に歩いてみたら いいかんじの運動になった 歩きながらルートを外れる のは普通にやる。リルート されると鬱陶しいかも ヒゲは、改めて歩いてみて 絶対イヤだと思った

    駅前とかは人類が多い
  26. 26 他のメンバーも次々とドッグフードを食す 実家に帰ったついでに使 ってみました 家のまわりで実際に 歩いてみました

  27. 27 多様な視点でドッグフードを食べることで UX、性能、様々なフィードバックを得た 歩いたら 褒めてほしい 履歴があるといいな ポイントとか欲しい レスポンスもっと はやくならない? 経路はこんなもんで

    よさそう 車通りは 避けたい
  28. 28 新しいアイデアの着想元として 実際の使用感を体感する手段として 多様な観点から改善案を探る方法として ドッグフーディングの有効性を実感

  29. 29 そして4月に無事リリースを迎え・・・

  30. 30 リリース後もつづくドッグフーディング

  31. 31 なんでみんな、 ドッグフードを食べるのだろうか

  32. 32 自社サービスを普段から使う習慣 自分が作っているものがいいものか 確かめたくなる気持ち ドッグフーディングを後押ししたもの

  33. 33 自社サービスを普段から使う習慣 自分が作っているものがいいものか 確かめたくなる気持ち 今回は自然発生的にメンバーがドッグフー ドを食べ始めた。再現性をもたらすには?

  34. 34 ユーザーストーリーマッピング 自分が作っているものがいいものか 確かめたくなる気持ち 世の中をどう変えたいかを自分たちの言葉 で明らかにするとよさそう 今回はユーザーストーリーマッピン グがその役割を担った

  35. 35 では、ドッグフーディングは万能か?

  36. 36 ドッグフーディングでわからなかったこと 上限歩数まで設定している 人が意外なほど多い 上限10000歩周辺で 検索している人

  37. 37 開発したチームの中では「1万歩を超えた設定 をする人はほとんどいないだろう」という見立 てだった

  38. 38 その後、上限は20,000歩まで引き上げ • 自分たちでは「そんなに歩くことな いよねー」と話していた • いざ20,000歩の経路を見ると、やっ ぱり「こんなに歩かないよねー」と いう感想になる •

    でも、実際にそれを必要としている ユーザーがいる • ユーザーボイスやログはそれを教え てくれる
  39. ドッグフードはおいしい。プロダクトを 開発する意思決定に役立つ。 39 ユーザーボイス ユーザーログ ドッグフード プロダクトバックログ

  40. 万能ではない。軌道に乗り、ログがとれ るようになったらログも参照するべし 40 ユーザーボイス ユーザーログ ドッグフード プロダクトバックログ

  41. 41 まとめ

  42. 42 • プロダクトをよりよい形へ導くための方法としてドッ グフーディングがある • 新しいアイデアを創出するとき、机上のレビューでは わからないことを学習したいとき、ドッグフードを食 べるとよい • 1人ではなく多くの人がドッグフードを食べることで多

    様な視点を獲得できる • 普段からドッグフードを食べる習慣をつける、自分の 手でよりよいものにしたいという主体性を育むことが 大切 • 決して万能選手ではない。ユーザーボイス、ログとい った客観的な情報と主観的なドッグフーディングをう まく組み合わせていこう
  43. 43 THANKS!