Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

合宿はいいぞ / Training camp is so good.

岡本卓也
December 02, 2023

合宿はいいぞ / Training camp is so good.

Agile Japan 2023 北陸サテライト発表資料(2023年12月2日)

岡本卓也

December 02, 2023
Tweet

More Decks by 岡本卓也

Other Decks in Technology

Transcript

  1. © 2023 ESM, Inc.
    Agile Japan 2023 北陸サテライト
    合宿はいいぞ
    1
    2023年12月2日
    株式会社永和システムマネジメント
    Agile Studio
    岡本 卓也、上坂 静耶

    View full-size slide

  2. © 2023 ESM, Inc.
    株式会社永和システムマネジメント
    Agile Studioエンジニア
    SM@いるかチーム
    2
    岡本 卓也 a.k.a. たくさん
    前座です
    たくさん
 バランス型
 何でも屋


    View full-size slide

  3. © 2023 ESM, Inc.
    株式会社永和システムマネジメント
    Agile Studioエンジニア
    DEV @いるかチーム
    3
    上坂 静耶 a.k.a. せーやん
    主役です
    せーやん
 攻撃型
 よく喋る


    View full-size slide

  4. © 2023 ESM, Inc.
    合宿はいいぞ
    実際に会ってチームビルディングすると仲良くなれる
    4
    https://www.agile-studio.jp/post/offline-camp

    View full-size slide

  5. © 2023 ESM, Inc.
    リアル合宿のきっかけ
    5
    Agile Studio の2人が新メンバーとして
    参画することに!

    新体制になる

    「まずはチームビルディングやりたい!」

    View full-size slide

  6. © 2023 ESM, Inc.
    前置き
    6
    このお話の背景

    View full-size slide

  7. © 2023 ESM, Inc.
    三番煎じ
    7
    11/16

    SMから見た成功の秘密と

    再現方法

    11/27

    POから見たアジャイル開発の

    始め方とその成果

    12/2

    DEVから見たアジャイル開発と

    コミュニケーション

    合宿の話をします


    View full-size slide

  8. © 2023 ESM, Inc.
    Agile Studioのサービス
    8
    組織をアジャイルにするための人づくり

    共創

    共育


    View full-size slide

  9. © 2023 ESM, Inc.
    お客さんの悩み
    ● 開発を委託していて中身がブラックボックス
    ● 分担/分業過多で結合のコストが大きい
    ● リリースサイクルが長過ぎる
    ● ソフト開発のやり方を知らない
    ● 学び方がわからない
    9

    View full-size slide

  10. © 2023 ESM, Inc.
    永和への期待
    ● ソフト開発のやり方を教えてほしい
    ● アジャイルのやり方を教えてほしい
    ● 内製できるチームを立ち上げてほしい
    10

    View full-size slide

  11. © 2023 ESM, Inc.
    Agile Studioのサービス
    11
    組織をアジャイルにするための人づくり

    共創

    共育


    View full-size slide

  12. © 2023 ESM, Inc.
    今回のプロジェクト
    12
    PO

    いるかチーム

    SM

    SM補佐

    ひつじチーム

    CS業務


    View full-size slide

  13. © 2023 ESM, Inc.
    Day0「開戦前夜」
    13
    キックオフ前に勝負が決まる

    View full-size slide

  14. © 2023 ESM, Inc.
    開始までが勝負
    14
    ● 準備期間:約3ヶ月
    ● 打ち合わせ回数
    社内:6回
    顧客:3回
    ● 延べ時間:約60h
    たっぷり時間かけた

    View full-size slide

  15. © 2023 ESM, Inc.
    お客さんの時間
    15
    もっと時間かけている
    ● 準備期間:約2年
    ● 福井訪問
    ● 社内体制の準備

    View full-size slide

  16. © 2023 ESM, Inc.
    お客さんに踏み込む
    16
    勇気を出して聞いてみる
    ● なぜアジャイル?
    ● 永和スタイルでOK?
    ● そちらの準備できてる?

    View full-size slide

  17. © 2023 ESM, Inc.
    その結果・・・
    17
    最初に合宿することに決めた

    View full-size slide

  18. © 2023 ESM, Inc.
    Day1「お互いを知る」
    18
    チームメンバー同士が仲良くなる

    View full-size slide

  19. © 2023 ESM, Inc.
    Day1: お互いを知る
    19
    「作っているサービスについて」のお話
    POから直接きける
    → POの熱量を感じとれる🔥
    ステークホルダーも同席(対面で交流)
    → コミュニケーション障壁を減らせる
    https://www.yrl.com/cotoka-for-pc/

    View full-size slide

  20. © 2023 ESM, Inc. 20
    やってみた
    1. 偏愛マップを見せながら
    自己紹介(3分)
    2. 偏愛マップを見ながら
    質問&会話(5分)
    https://www.agile-studio.jp/post/apm-favoritism-map
    偏愛マップ (パーソナルマップ)
    Day1: お互いを知る
    △ ITA コミュニケーションフォーラムの講演
    で紹介されたあまのりょーさんの偏愛マップ

    View full-size slide

  21. © 2023 ESM, Inc. 21
    偏愛マップを使ってみて
    ● 自分との共通点や意外な趣味などなどを知る
    ● 「いままで知らなかったメンバーの一面も見える!」と
    既存メンバーからも好評🥰
    ● オンラインホワイトボードのMiroに残した
    →いつでも誰でも見ることができる!
    →新メンバーのオンボーディングにも有効
    Day1: お互いを知る

    View full-size slide

  22. © 2023 ESM, Inc. 22
    チームメンバーの偏愛マップ
    まとめ方にも個性が出て相互理解が深まった

    View full-size slide

  23. © 2023 ESM, Inc.
    Day1: お互いを知る
    23
    🍻 懇親会 🍽
    初日にやることを推奨
    初日に仲良くなっておく

    以降のイベントが
    もっと楽しくなる🥳

    View full-size slide

  24. © 2023 ESM, Inc.
    Day2「チームビルディング」
    24
    今期のチームの目的を共有する

    View full-size slide

  25. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング
    25
    スクラムの進め方を話す・決める
    今回のチームはスクラムにあまり馴染みがない
    →基本的な進め方を説明 & 今後どうするかを話し合う
    もう仲良くなってるから、
    わからないことや気になることは
    どんどん話せる!
    ● 体制や役割
    ● スクラムイベントや時間割
    ● かんばんの使い方etc...

    View full-size slide

  26. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング
    26
    なぜここ(我々はなぜここにいるのか?)
    https://www.agile-studio.jp/post/apm-inception-deck
    だれの
    ため?
    なぜこの事業
    に取り組む?
    背景
    目的
    チームメンバーが同じ目的
    「なぜ」にフォーカス
    各状況で
    正確な判断を下せる
    対立
    解消
    目的に沿った
    斬新なアイデア
    チームが目的を見失うことなく
    前に進める

    View full-size slide

  27. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング 「なぜここ」
    27
    各メンバー
    ならではの
    視点
    初日のPOの
    熱意ある話を
    踏まえて
    考えた意見
    メンバーと
    共通の目的を
    認識できた🙌
    みんなでわいわい話し合う様子

    チームの雰囲気を
    肌で感じることができた!
    やってみた

    View full-size slide

  28. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング
    28
    チーム ジャーニー 中期的なチームの有りたい姿
    ● なぜここより少し具体的な目標
    ● チームの目指す姿を全員が認識
    → やる気が出る🔥
    ● 実際、半年後に Agile Japan で発表できた!
    ● 定期的にふりかえりをして見直すと👍

    View full-size slide

  29. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング
    29
    ナイスなチーム名 (チーム・ブランディング、チーム・ネーミング)
    https://www.agile-studio.jp/post/apm-nice-team-name
    アジャイル開発では、スピード感を持ってプロジェクトを進める
    ために、チームの一体感やコミュニケーションが重要である。
    チーム名を決めることは、その基盤となるアイデンティティを形
    成し、メンバー間のつながりを強化する効果がある。チーム名
    は、目的や目標を反映し、メンバーのモチベーションを高めるも
    のが望ましい。
    1. 付箋に書き出して共有
    2. みんなで投票して決める

    View full-size slide

  30. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング「ナイスなチーム名」
    30

    View full-size slide

  31. © 2023 ESM, Inc.
    Day2: チームビルディング
    31
    あだ名
    親近感 → チームワークUP!
    はじめは
    抵抗があっても
    呼んでるうちに
    慣れてくる😌

    View full-size slide

  32. © 2023 ESM, Inc.
    Day3「開発の準備 と ふりかえり」
    32
    明日からの動き方が分かる

    View full-size slide

  33. © 2023 ESM, Inc.
    Day3: 開発の準備(明日からの動き方を理解する)
    33
    やったこと: アカウント情報の引き渡しや環境構築
    ● その場で1つのモニターに画面共有して指さし&会話
    で教えてもらえた
    ● リアルのコミュニケーションコストの低さを改めて
    実感

    View full-size slide

  34. © 2023 ESM, Inc.
    Day3: ふりかえり (KPT)
    34
    Keepがたくさん出た🙌

    View full-size slide

  35. © 2023 ESM, Inc.
    Day3: ふりかえり (KPT)
    35
    当然Problemも出た
    Problem: あだ名にまだ抵抗がある ← Try: どんどん呼べば慣れる
    Problem: 変化についていけるか不安 ← Try: 無理せず自分たちのペースをつくる

    View full-size slide

  36. © 2023 ESM, Inc.
    お別れ会
    36

    View full-size slide

  37. © 2023 ESM, Inc.
    お別れ会 in ジブリの森美術館
    37

    View full-size slide

  38. © 2023 ESM, Inc.
    まとめ
    38
    リアルに会うメリット
    ● たのしい
    ● 仲良くなれる
    ● 雑談の機会が多い
    ● チームの雰囲気やメンバーの人柄が分かる
    ● 自然にコミュニケーションがとれる
    ● 以降のオンライン作業でも円滑で活発な
    コミュニケーションが可能になる

    View full-size slide

  39. © 2023 ESM, Inc.
    おまけ: 休憩と雑談とおやつ
    39
    手土産に福井銘菓の
    羽二重くるみを持参
    休憩時間にメンバーと
    頂きました🍡🍵
    ちょっとした雑談のネタ
    にも美味しいおやつが
    あると嬉しい
    ☕🍰🍪🫖
    https://habutaekurumi.com

    View full-size slide

  40. © 2023 ESM, Inc.
    次の合宿でやりたいこと
    40
    さーて、次回の合宿は〜?
    ● ドラッカー風エクササイズ
    ○ チームジャーニーの見直し
    ● ワーキングアグリーメント見直し
    ● 幸福度評価
    ● チーム評価
    https://www.agile-studio.jp/post/apm-drucker-excersize
    https://www.agile-studio.jp/post/apm-working-agreement

    View full-size slide

  41. © 2023 ESM, Inc.
    合宿、やってみませんか?
    たのしいですよ!
    41

    View full-size slide