Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社オトバンク 会社案内

株式会社オトバンク 会社案内

More Decks by 株式会社オトバンク

Other Decks in Business

Transcript

  1. 2022年7月update 株式会社オトバンク 会社説明資料

  2. 2 目次 P.03-07 会社概要 P.08-15 事業について P.16-24 音声市場の動向、オトバンクのビジネスモデル P.25-29 組織、働く環境について

    P.30-32 採用情報
  3. 会社概要 3

  4. 「聞き入る文化」の創造 創業者でありオトバンク会長・上田渉の祖父が緑内障で失明し本が読めなくなった。 その姿が忘れられなかった上田の「耳でも本を楽しめる」を当たり前の世の中にしたい という想いで、オトバンクは創業されました。 当初、対面朗読のNPOを検討していたオトバンク。 すでに海外では2000年代前半からオーディオブックが伸びていました。 社会課題の直接解決に向けたNPOを立ち上げるのも大事だけれど、 「耳で聞く本」は新しい娯楽として広く楽しまれるのではないか。 日本にまだないオーディオブック市場を創出し、持続可能なビジネスモデルを 構築する先に、祖父のような人が喜ばれる世界はあるのではないかと考えたのです。

    新たな日本でのオーディオブック市場の創出。それが弊社のaudiobook.jp※ のはじまりです。 ※当時のサービス名「FeBe」 4 ▲幼少期の創業者と祖父 「耳でも本を楽しめる」を当たり前の世の中に。
  5. 5 会社概要 社名 株式会社オトバンク(OTOBANK.inc) 住所 東京都文京区本郷3-4-6 御茶ノ水エビヌマビル8F 創立 2004年12月28日 代表者

    久保田 裕也 / 上田 渉 資本金 479,155,000円 従業員 61名
  6. 役員紹介 代表取締役社長 久保田 裕也 Kubota Yuuya 6 代表取締役会長 上田 渉

    Ueda Wataru • 東京大学経済学部経済学科卒業 • 売上ゼロのオトバンクに立ち上げ当初から参加、2006年新卒 入社。2012年3月より現職 • 会社の仕組みづくりから資金調達など会社の全業務に携わり、オ ーディオブック配信サービス立ち上げ、制作インフラ開発、 事業責任者を経験 • 現在は業界への深い知見をベースに、提携やコンテンツ企画、 新規事業を中心に取り組む • 東京大学経済学部経営学科中退 • 複数NPO・IT企業の立ち上げ・運営を経て、2004年オトバンク を創業し、代表取締役に就任 • 出版業界の振興を目的に、オーディオブックを文化として浸透 させるべく良質なコンテンツを出版各社と共に創出するため、 日々奔走している • 著書に『脳が良くなる耳勉強法』(ディスカヴァー・トゥエンテ ィワン)『勉強革命!』(マガジンハウス)『20代でムダな失 敗をしないための「逆転思考」』(日本経済新聞出版社)等
  7. 2004年 株式会社オトバンク創業 2007年 日本初のオーディオブックプラットフォーム「FeBe」誕生 2010年 JAL・ANA機内番組にてオーディオブックの提供を開始 2014年 「日本オーディオブック協議会」設立 2018年 「audiobook.jp」にリニューアル、聴き放題プラン開始

    2019年 quantumと共同でSOUNDS GOOD®を設立 2019年 東京ガスと共同で絵本アプリ「みいみ」を開始 2019年 「audiobook.jp」登録者数100万人突破 2020年 京セラコミュニケーションシステム株式会社の「ELCIELO」を通じ 公共図書館にオーディオブックの提供を開始 2021年 「audiobook.jp」登録者数200万人突破 2022年 「audiobook.jp 法人版」提供開始 7 創業2004年の 音声ベンチャー オーディオブック 配信サービスを 国内で初めて立ち上げ 沿革
  8. 事業について 8

  9. オーディオブックで すきま時間にインプット 9

  10. 10 さまざまな生活の「耳のスキマ」 「読書」「学び」 「エンターテイメント」に 変えるサービス

  11. audiobook.jp(R)は、耳で楽しむ新しい読書アプリです。 通勤中や家事をしながらでも、オーディオブックなら 音声で読書を楽しめ、 紙の本、電子書籍に次ぐ、 「第三の書籍」として広がりを見せています。 ラインナップは、ビジネス書、自己啓発書、人気小説、 英語・資格学習教材など、数万点! あなたの聴きたい本が見つかります。 11

  12. 12 audiobook.jpの会員数は、250万人を突破!

  13. オーディオブック ポッドキャスト 小説・ビジネス書・自己啓発書 エッセイなど多様なジャンル 雑誌やウェブメディアなど 幅広い音声コンテンツ 13 提供コンテンツ

  14. 500社以上のコンテンツホルダーと提携することで数多くの配信が可能に ビジネス、自己啓発、小説、教養、語学、落語、 ベストセラーなど多様なコンテンツ 自社で企画&制作 作品の幅広さを見せる オリジナルの音声コンテンツ 14 毎日新作を配信 オリジナルコンテンツ制作 幅広いジャンルの作品を配信

  15. 利用シーン 15 今まで一冊も本を読まなかったのに オーディオブックは半年で200冊聞けた オーディオブックをランニングしながら聞 いて、脳トレ×筋トレ オーディオブックを家事をしながら 聞いたら、子育て中でも読書を日課に できている 「耳のスキマ時間」で、ながら利用されている

  16. 16 audiobook.jp法人版、2022年1月に正式リリース 耳のスキマ時間が社員教育に、大手企業でも導入加速中

  17. 音声市場の動向、オトバンクのビジネスモデル 17

  18. 2~3時間 57% 1時間以下 11% 6時間以上 6% 4~5時間 26% デバイス進化による ワイヤレスイヤホン市場の変化

    「耳のスキマ」時間活用の 需要が高まる 主要エレクトロニクス製品の世界市場規模予測 「2020 ワールドワイドエレクトロニクス市場総調査」富士キメラ総研 ワイヤレスイヤホン世界市場が 2025年までに2.7倍に拡大 参考:ワイヤレスイヤホン世界市場25年までに2.7倍に拡大、富士キメラ総研 18 1日に2時間以上、耳のスキマ時間が あると感じる人は 約9割 「耳」で楽しむコンテンツが注目されています 参考:耳のスキマ時間に関する調査を実施!1日2〜3時間が約6割で、 スキマ時間があるシーンのトップは「通勤・通学中」 2019年 2025年
  19. 音楽以外の音声コンテンツは 全コンテンツのうち 1%未満 (出典)総務省情報通信政策研究所 「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査」調べ 19 発展の余地を残す「音声コンテンツ」

  20. コンテンツ 20 音声市場における弊社のUSP(独自性) プラットフォーム 2軸を総合展開

  21. 21 著者様 出版社様 • 著作権処理に関するアドバイスや 許諾への手配 • オーディオブック企画に関する アドバイス •

    社内設営のスタジオで収録 • 収録ディレクターのディレクション により、作品を音声化 • スタッフによるクオリティチェック • 日本最大級のラインナップ数 • ビジネス書・自己啓発書・文芸書・ 落語・語学・講演会などの多数の コンテンツを配信 著作権処理 制作 提供 オトバンクの強み オーディオブックの制作から提供までワンストップ
  22. 自社でプロフェッショナルのディレクターを育成、 長時間でも聴き続けられるような良質なオーディオ ブックや音声コンテンツの作り方を14年間研究。 22 音声コンテンツ制作のリーディングカンパニー 音声コンテンツにこだわり、良質な「聴く体験」を提供 高音質なオーディオブックの制作 500社以上の出版社と取引実績 日本発オーディオブック提供会社のパイオニアとして、 制作のスタンダードモデルを確立。

  23. プロダクトをスムーズに操作することができ、 ユーザーの聴きたいシーンで聴き続けられるように。 23 体験を提供する自社プラットフォーム 様々なシーンで作品を聴き切る、なめらかな再生体験 なめらかな再生体験 顧客ニーズにあったプラン提供 ダウンロード無制限で気軽にオーディオブックを体験 できる聴き放題プラン、月々定額で対象作品中の好きな オーディオブック作品と交換できるチケットプラン。

  24. 音の可能性をより広げるため、他社と提携し、 オーディオブックの配信に限らない取り組みを行っています。 今後も音を起点に、さまざまな取り組みに挑戦していきます。 公共機関に オーディオブック提供 公共図書館、大学図書館に オーディオブック提供 他社プラットフォームに 音声コンテンツを提供 24

    オーディオブックを広げる取り組み Google Play ブックス Apple Books 京セラコミュニケーション システム株式会社
  25. 音の可能性をより広げるため、他社と提携し、 オーディオブックの配信に限らない取り組みを行っています。 今後も音を起点に、さまざまな取り組みに挑戦していきます。 quantumと共同で設立 株式会社PKSHA Technology と提携 東京ガスと共同で サービス開発 音で企業を

    ブランディング 音声合成サービス カタリテ 音で遊べる絵本アプリを 開発・提供 25 音を起点にした多角的な取り組み
  26. 組織、働く環境について 26

  27. 男女比 27 組織構成 年齢層 • ボリュームゾーンは30代、 バランスよく20代も40代も在籍 職種 • 顧客と向き合うビジネス職

    • audiobook.jpを磨くプロダクト職 • コンテンツを生み出す制作職 • 会社全体を支えるコーポレート職 • 男女比はほぼ半々
  28. リモートワーク制度 福利厚生、休日休暇 フルフレックス制度 28 働く環境 • 定時なし、コアタイムなしの フルフレックスタイム制 • 時間で縛ることなく、社員ひとり

    ひとりの「働きやすさ」を重視し ています • 社員のパフォーマンス最大化を 目的として、2016年秋から開始 • フルリモートで遠方に住みながら 働くメンバーも1割強 • 職種やチームによって利用頻度は ばらつきはありますが、全体的に 高い利用率を保持しています • 社会保険、労働保険完備 • audiobook.jp利用補助 • 年1回の健康診断 • インフルエンザ予防接種 • 通勤手当 • 完全週休2日制(土日祝休み) • 年末年始休暇 • 夏季休暇 • 慶弔休暇 休日休暇 福利厚生
  29. ototip (オトチップ) 1on1 Allhands (オールハンズ) 29 社内コミュニケーション • 月2回、オンラインで行っている 全社員会議

    • 全員が一体感を持って業務に取り 組めるよう、会社が向かう方向を 知れる機会 • 経営会議で話されたことや各部門 からの共有を聞き、Slackでコメ ントやリアクションをしながら 参加できるオープンな会議です • 「ありがとう」「それいいね!」を リアルタイムに送り合える、ピアボ ーナス制度 • オトバンクでは「ototip(オトチッ プ)」と呼んでいます • お互いにototipを送りあうことで、 周りの人たちも一人ひとりの 隠れた行動や貢献を知る機会に • 個々の成長を目的として、上長との 1on1ミーティングを行っています • 目標の進捗の確認や、業務の振り返 り、業務の悩み等について話します
  30. 30 バリュー エンドユーザーを大切にしよう 大きく考えよう 自分ごととして考えよう まず形にしよう シンプルにやろう 自分の意見を表明しよう

  31. 採用情報 31

  32. コンテンツは、生きる活力になります。私自身も、小さい頃からずっと何か悩むことが あっても、ラジオや漫画、本などのコンテンツに活力をもらってきました。しかし、そ のような良質なコンテンツを生み続けるには、たくさんの時間やお金、労力がかかりま す。市場として成り立たなければ、作り手に収益があがらず、コンテンツを作り続ける のは困難です。 これからは「音」の市場をより一層広げて、さらに多くの人に良質なコンテンツを届け ていきたいと考えています。また、音であれば目が不自由な方にも作品を届けることが できます。「本が大好きだけど、目が見えなくなり生きる気力がなくなってしまった時 にオーディオブックにであって生きようと思った」とお客様からお声を頂けたこともあ り、もっと多くの方に生きる源泉となるコンテンツを届けていけたらと思います。

    良質なコンテンツを様々な形で届け、かつ作り手が作品を生み続けられるようなインフ ラを整えていきたいと考えています。コンテンツの力を信じ、共に新しい「音」のイン フラを創ってくださる方、お待ちしています。 良質なコンテンツを生み、届けるインフラを作る 32 代表取締役社長 久保田の想い
  33. 会員数250万人突破!音声配信サービス「audiobook.jp」 成長をさらに加速させ、「聴く文化」を広げるための仲間を募集中! 33 メンバー募集! 募集一覧はこちらから! https://bit.ly/3uhEjAm カジュアル面談も受付中です まずはお気軽にお話から始めましょう