$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

レガシーになりゆく システムとの向き合い方 / 20221005_inoue

Rakus_Dev
October 06, 2022

レガシーになりゆく システムとの向き合い方 / 20221005_inoue

Rakus_Dev

October 06, 2022
Tweet

More Decks by Rakus_Dev

Other Decks in Technology

Transcript

  1. #RAKUSMeetup ©2022 RAKUS Co., Ltd. レガシーになりゆく システムとの向き合い方 株式会社ラクス 開発本部 東京開発統括部

    楽楽勤怠開発部 楽楽勤怠開発1課 井上 大輔
  2. #RAKUSMeetup 目次 - 自己紹介 - 楽楽勤怠サービス概要 - レガシーとは - 現在の課題

    - 課題に対する施策 - レガシーの進行を止めるために - まとめ
  3. #RAKUSMeetup - 井上 大輔 / Daisuke Inoue - 経歴 -

    2014年 : 銀行案件の孫請SE - 2017年 : 中堅企業で受託開発 - 2017年 : ナビゲーション企業で自社プロダクト開発 - 2021年 : 通信事業会社で自社プロダクト開発 - 2021年 : 株式会社ラクスで楽楽勤怠開発 - 現在 - 楽楽勤怠バックエンド開発に従事 - 勤怠計算チームに所属 自己紹介
  4. #RAKUSMeetup 楽楽勤怠 - サービス概要 - 2020年10月1日リリース - クラウド上で勤怠管理ができるシステム

  5. #RAKUSMeetup 楽楽勤怠システム構成 - フロントエンド - Vue.js, TypeScript - バックエンド -

    SpringBoot, Java, PostgreSQL
  6. #RAKUSMeetup 本日のお題 - レガシーの進行を食い止めたい - リリースから約2年 - まだ食い止められるはず - どう食い止めていくのか?

  7. #RAKUSMeetup レガシーとは - レガシーコードとは、単にテストのないコード - テストのないコードは悪いコードである。テストがあれば、検証し ながらコードの動きを素早く変更することができる。テストがなけ れば、コードが良くなっているか悪くなっているかが本当にはわ からない。

  8. #RAKUSMeetup レガシーの何がいけないのか? - 事業成長のために機能がまだまだ足りない - 必須機能、競合他社機能、差別化機能 - 一定の品質を保ち、速度を下げずに開発しなければならない - テストがないと品質を担保できない

    - テストがないと仕様が把握できず、開発に時間がかかる
  9. #RAKUSMeetup なぜレガシーになりつつあるの? - 楽楽勤怠では早期PMF実現のために早急な機能開発 - PMF : Product Market Fit

    - カスタマー(顧客)の課題を満足させる製品を提供し、 それが適切な市場に受け入れられている状態 - システム設計者が退職し、システムの複雑化が加速 - プロダクト改善への工数が取れずにいた
  10. #RAKUSMeetup - 設計方針とアーキテクチャ - システム設計者曰く実践ドメイン駆動設計を参考に - ドメイン駆動設計 - ヘキサゴナルアーキテクチャ 現在の課題の前に

  11. #RAKUSMeetup - 複雑なビジネス要件を 可能な限りシンプルにモデリングするために使う - ドメインエキスパートと開発者が同じ土俵に上がることで 開発者視点だけではなく業務側の視点を踏まえた ソフトウェアを作れるように - 対象ソフトウェアを理解している人が

    一部の人たちだけという状態をなくす ドメイン駆動設計
  12. #RAKUSMeetup - システムを外部と内部の2つの領域にわける - リクエストはHTTP入力ポートを経て到達し ハンドラーがアダプターとして振る舞い 処理をアプリケーションサービスに委譲 - クライアントやストレージが確定しないうちから アプリケーション全体とドメインモデルの

    設計やテストが実施可能 ヘキサゴナルアーキテクチャ
  13. #RAKUSMeetup - 初めての試み - 書籍を参考に見様見真似で実践 - 緩やかな制約のもとで開発 - 他プロダクトの思想も 思想をとりいれつつも

  14. #RAKUSMeetup 現在の課題 - アプリケーション層からのテストのみ - 依存体質なドメインモデル - モデリングされていない概念が存在

  15. #RAKUSMeetup 現在の課題 - アプリケーション層からのテストのみ - 依存体質なドメインモデル - モデリングされていない概念が存在

  16. #RAKUSMeetup アプリケーション層からのテストのみ - 複雑なビジネス要件を満たすために 何百パターンもある秘伝のテストクラス - ドメインモデルに対する単体テストはほぼ存在しない - テストがないのでドメインモデルのアップデートに 及び腰になってしまう

    - ドメイン駆動設計が実践できない
  17. #RAKUSMeetup 現在の課題 - アプリケーション層からのテストのみ - 依存体質なドメインモデル - モデリングされていない概念が存在

  18. #RAKUSMeetup - ビジネスロジックがドメインモデルに存在せず 他のクラスに任せている - 貧血ドメインモデル - 独自ORMによりフィールド変数がpublic - 若手の教育観点から参考にしてほしくない

    - APIインターフェースに顔を出している - アーキテクチャの考え方から外れている 依存体質なドメインモデル
  19. #RAKUSMeetup - ビジネスロジックがドメインモデルに存在せず 他のクラスに任せている - 貧血ドメインモデル - 独自ORMによりフィールド変数がpublic - 若手の教育観点から参考にしてほしくない

    - APIインターフェースに顔を出している - アーキテクチャの考え方から外れている 依存体質なドメインモデル
  20. #RAKUSMeetup - Validator、Policyなどに ビジネスロジック - Employeeは不完全体で 作成できてしまう - 設定される項目の値に対する 責務がアプリケーションサー

    ビスに ビジネスロジックが他のクラスに
  21. #RAKUSMeetup - ビジネスロジックがドメインモデルに存在せず 他のクラスに任せている - 貧血ドメインモデル - 独自ORMによりフィールド変数がpublic - 若手の教育観点から参考にしてほしくない

    - APIインターフェースに顔を出している - アーキテクチャの考え方から外れている 依存体質なドメインモデル
  22. #RAKUSMeetup - どこからでも参照更新が可能 - どこで更新されたのか追えず 影響範囲の把握が困難 - アーキテクチャテストで チェックしているが 抜け道が存在

    フィールド変数がpublic
  23. #RAKUSMeetup - ビジネスロジックがドメインモデルに存在せず 他のクラスに任せている - 貧血ドメインモデル - 独自ORMによりフィールド変数がpublic - 若手の教育観点から参考にしてほしくない

    - APIインターフェースに顔を出している - アーキテクチャの考え方から外れている 依存体質なドメインモデル
  24. #RAKUSMeetup - APIのリクエストパラメータに ドメインモデルが利用 - アプリケーション層を突き 破っており、アーキテクチャか ら外れている - ドメイン層の実装が

    コントローラー層に影響 APIインターフェースにも露出
  25. #RAKUSMeetup 現在の課題 - アプリケーション層からのテストのみ - 依存体質なドメインモデル - モデリングされていない概念

  26. #RAKUSMeetup - アプリケーションサービス内で プリミティブ型定義の変数が 再代入されていく - 膨大な処理の中で 今この変数がどんな状態を 表しているのか追えない モデリングされていない概念

  27. #RAKUSMeetup - アプリケーション層からのテストのみ - ドメインモデルのテストを書く - 依存体質なドメインモデル - ビジネスロジックをドメインモデルへ -

    DTOを使ってドメイン層とインフラ層を切り離す - APIインターフェース用のクラスを新たに作成 - モデリングされていない概念が存在 - 状態に適切な名称をつけてモデリングし、切り出す 課題に対する施策
  28. #RAKUSMeetup - アプリケーション層からのテストのみ - ドメインモデルのテストを書く - 依存体質なドメインモデル - ビジネスロジックをドメインモデルへ -

    DTOを使ってドメイン層とインフラ層を切り離す - APIインターフェース用のクラスを新たに作成 - モデリングされていない概念が存在 - 状態に適切な名称をつけてモデリングし、切り出す 課題に対する施策
  29. #RAKUSMeetup ドメインモデルにビジネスロジック① - 他クラスに委譲していたロジックを そのままドメインモデルに移行 - 移行したロジックに対してテストを書く - 影響範囲が少なくできそう

  30. #RAKUSMeetup ドメインモデルにビジネスロジック② - ドメインモデルを生成する際に チェックもしてしまう - 項目に対する責務が アプリケーションサービスから ドメインモデルへ -

    処理が大きく変わるので 書き換え量を鑑みて判断
  31. #RAKUSMeetup - アプリケーション層からのテストのみ - ドメインモデルのテストを書く - 依存体質なドメインモデル - ビジネスロジックをドメインモデルへ -

    DTOを使ってドメイン層とインフラ層を切り離す - APIインターフェース用のクラスを新たに作成 - モデリングされていない概念が存在 - 状態に適切な名称をつけてモデリングし、切り出す 課題に対する施策
  32. #RAKUSMeetup - ORMはDTOを利用するように - DataTransferObject - DBと疎結合 - ORM仕様に依存しない DTOでドメイン層とインフラ層を分離

  33. #RAKUSMeetup - アプリケーション層からのテストのみ - ドメインモデルのテストを書く - 依存体質なドメインモデル - ビジネスロジックをドメインモデルへ -

    DTOを使ってドメイン層とインフラ層を切り離す - APIインターフェース用のクラスを新たに作成 - モデリングされていない概念が存在 - 状態に適切な名称をつけてモデリングし、切り出す 課題に対する施策
  34. #RAKUSMeetup - コントローラー層に新規クラス作成 - 元々利用していたドメインモデルを そのままコピー - 随時不要なロジック削除 - ドメインモデル修正による

    外部影響がなくなる APIインターフェース用クラス作成
  35. #RAKUSMeetup - アプリケーション層からのテストのみ - ドメインモデルのテストを書く - 依存体質なドメインモデル - ビジネスロジックをドメインモデルへ -

    DTOを使ってドメイン層とインフラ層を切り離す - APIインターフェース用のクラスを新たに作成 - モデリングされていない概念が存在 - 状態に適切な名称をつけてモデリングし、切り出す 課題に対する施策
  36. #RAKUSMeetup モデリングして切り出す - 項目をドメインモデルとして定義 - ビジネスロジックを切り出し ドメインモデルに移行 - 特定ドメインに対して 見通しが良くなる

    - 1つずつ処理を追って 1つずつ切り出す
  37. #RAKUSMeetup - 湧き上がる気持ちを抑えて冷静に - 全施策実践するぞ - ドメインモデル図全部書くぞ - 全書き換えしてリファクタリング -

    アーキテクチャ刷新 - ドメインモデルの単体テスト全部書くぞ - 全てやると膨大なタスクで潰れちゃう レガシーの進行を止めるために
  38. #RAKUSMeetup - 効果が大きそうなコア機能から - 小さくコツコツ着実に - まずはモデリングして切り出しテスト書く - ドメインを絞ることでドメインの理解が深まる -

    既存テストはデグレチェックとして活用 - たとえ小さいドメインだとしても ドメインエキスパートや有識者とすり合わせ - ユースケース図及びドメインモデル図で俯瞰 レガシーの進行を止めるために
  39. #RAKUSMeetup まとめ - レガシーになりつつあっても事業の歩みは止められない - 湧き上がる気持ちを抑えて冷静に - コア機能から小さくコツコツ着実に