Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

RenderPool ProRender 使い方マニュアル

RenderPool ProRender 使い方マニュアル

RenderPool ProRender 使い方マニュアル

52aa5e10fff05438e9c6c7d1eee45819?s=128

Morgenrot.inc

April 18, 2022
Tweet

More Decks by Morgenrot.inc

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Render Pool マニュアル Renderpool for ProRender

  2. • Render Pool / Home 3 • Render Pool 使⽤の流れ

    4 • その他 12 2 ⽬次
  3. Render Pool / Home Switch to English: ⾔語の選択が可能です。 Render Poolとは

    RPR出⼒等を⾏えるクラウドレンダリングサービスです。 3
  4. Render Pool 使⽤の流れ 4

  5. Render Pool / 使⽤の流れ Uploadのページで出⼒したいデータをアップロードします。 ①BROWSE FILES のボタンを押すと、エクスプローラーが⽴ち上がり、アップロードするzipファイルを 選択ができます。また、zipファイルをこのゾーンにドラック&ドロップでもできます。 ②UPLOAD

    FILEを押すと、 BROWSE FILEで選択したzipがアップロード開始されます ③このゾーンに、①で選択したファイルが追加されます。 ④アップロードが完了後、START RENDERをクリックしCreate Queueのページに移動します。 ① ② ③ ④ 5
  6. Render Pool / 使⽤の流れ RESET SETTINGS:変更した設定をリセットします。 REFLECT PREVIOUS SETTINGS: ⼀つ前のジョブの設定を反映させます。

    RENDERER TYPE: ProRender1,ProRender2を選択可能 USING GPUs: 1つのサーバーが使⽤するGPUの枚数の設定 RESOLUTION: 出⼒する解像度。初期値としてMaya上での設定が反映されています ITERATIONS / SAMPLING: サンプリング値。初期値として、MayaのRender Setting > Samplingタブ内の Max Samplesの値が⼊っています。 FILE FORMAT: 書き出し形式 GAMMA: ガンマ値の設定 RENDERING TARGET FRAME START FRAME VALUE : 出⼒するフレーム範囲の最初を指定します。 END FRAME VALUE: 出⼒するフレーム範囲の最後を指定します。 ⑤各種パラメーターを設定します。 200〜300fを出⼒する場合、 200f START FRAME VALUE: 1 300f END FRAME VALUE:101 となります。 例) 6
  7. Render Pool / 解像度について 例) 出⼒時の解像度:1000×1000px Render Pool上での解像度の変更は、同⼀解像度⽐であれば問題ない結果になります。 Render Pool上で解像度⽐率を変えると、画像素材⾃体の出⼒範囲が変更されるのではなく、アスペクト⽐が変更されてしまいます。

    7
  8. Render Pool / 使⽤の流れ AOV’S: 出⼒するAOVを指定 初期値として、DCG上の設定が反映されています。 ※File FORMATを”Multi Layer

    EXR”にすることでAOVのCryptomatteが表⽰されます。 DYNAMIC GPU DEPLOYMENT: ⼀度にレンダリングできるフレーム数を変更できます。 Standardは、⼀度に100フレーム程レンダリングが可能 Rushにすることで、⼀度に300フレーム程レンダリングが可能になります。 TOON TRACE: 線描画のレンダリング出⼒を⾏います。 ここの設定をONにするとAOV’s、カラーの素材は出⼒されません。 8
  9. Render Pool / 使⽤の流れ TOON TRACEにチェックを⼊れると、線描画のレンダリングします。 ANTIALIASING:アンチエイリアスの強度(0.0〜1.0まで) OBJECT ID:OBJECT IDによる線出⼒,線の太さの調整

    MATERIAL ID: MATERIAL IDによる線出⼒,線の太さの調整 LINE WIDTH NORMAL:NORMALによって出⼒される線の太さの設定 THRESHOLD NORMAL:NORMALによる線出⼒の閾値の設定 ※チェックのON,OFFで影響させるパラメーターを選択可能です。 初期値として、DCGのRender Settings>Effects> Countour Render Modeの設定が反映されています。 TOON TRACEにチェックを⼊れることで、 下記の設定を変更できるようになります。 ⑥ ⑥ START RENDERでJobが開始されます。 9
  10. Render Pool / 使⽤の流れ Running ⑥でSTART RENDERしたJobを確認することができます。 レンダリング中のJobが、 ∟ 成功した場合

    :JobはSuccess ページ、Renderedページで確認ができます。 ∟ 失敗した場合 :JobはFailedページへ移動します。 ∟ 途中で⽌めた場合 :JobはCancelページへ移動します。 10
  11. Render Pool / 使⽤の流れ ⑦ Rendered Fileページで、レンダリングが完了したデータを確認できます。 雲のマークからレンダリングが終了した素材をDLします。 <その他> ゴミ箱:書き出したしたデータを削除します

    注意:書き出したデータは⼀定期間保存後に、古い物から削除されます ⑧AOVをDLする場合はGENERATE AOV‘sから⾏います。 DLしたいAOVのみにチェックをつけて、DOWNLOADを押します。 ⑧ ⑦ 11
  12. その他 12

  13. Render Pool / その他の機能について レンダリング中のJobをキャンセルすることができます。 Running レンダリング中のJobを確認することができます。

  14. Render Pool / その他の機能について Uploadした圧縮データの⼀覧になります。 <Original File> ①Start Render :

    レンダリングを開始します ②雲のマーク:Uploadした素材をDLします ③ゴミ箱:アップロードしたデータを削除します 注意:書き出したデータは⼀定期間保存後に、古い物から削除されます ① ② ③ 14
  15. Render Pool / その他の機能について Failed 失敗したJobの⼀覧になります。 書き出しができたところまでのデータをDLできます。 Failedのページに移動したジョブは、この段階ではポイント消費はされません。 GENERATE FILEを押すと、書き出しができた分のポイントを消費します。

    15
  16. Render Pool / その他の機能について Cancel キャンセルをしたJobの⼀覧になります。 レンダリング完了した分のデータをDLできます。 レンダリング時に使⽤したデータ分は、すでにポイントは消費されています。 ⼀定期間が経ち、削除されたジョブ GENERATE

    FILEを押したあと、View Fileというボタンが表⽰されます。 Jobの情報を確認できます。 16
  17. Render Pool / その他の機能について Success レンダリングが成功したJobの⼀覧になります。 素材を確認することができます。 詳細なレンダリング設定、サムネイルを 確認することができます。 17

  18. Render Pool / その他の機能について Credit History Billing History Purchase Credits

    ⼀つのJobに使⽤したPoint数が確認できます Point購⼊履歴になります。 クレジットを登録して、Pointの購⼊が可能です。 18
  19. Render Pool /その他の機能について PURCHASE CREDITS: ポイントの購⼊ページに移動します CURRENT BALANCE: 残⾼ポイント数 ESTIMATED

    CREDIT USAGE:推定消費ポイント数 ESTIMATED FINAL BALANCE:推定残⾼ポイント数 CANCEL: ジョブをキャンセルします START RENDER:ジョブを登録し、レンダリングを開始します 使⽤したポイントの状況の予想を確認できます。 19
  20. None