Save 37% off PRO during our Black Friday Sale! »

スタートアップで エンジニアのマネージメントをする心得_短縮版

F87351125626e40c2af7a2c2178f831c?s=47 Satoru Mikami
November 11, 2020

スタートアップで エンジニアのマネージメントをする心得_短縮版

オンライン開催【シューマイ】Tech Lead Engineerから最新技術を学べ!マネジメント編
https://shuuu-mai.connpass.com/event/192971/

F87351125626e40c2af7a2c2178f831c?s=128

Satoru Mikami

November 11, 2020
Tweet

Transcript

  1. スタートアップで エンジニアのマネジメントをする心得 三上 悟 2020.11.11

  2. 三上 悟 Twitter: @saicologic Engineer Div 部長 / エンジニアリングマネージャー 2020年1月から株式会社Voicy入社

    エンジニア組織作り、チームビルディング、目標設定〜評価 キャリア ・美大(デザイン工学) からバックエンドエンジニア15年(PHP=>RubyとAWS) ・Sier(客先常駐) => スタートアップ => 受託 => スタートアップ3社 自己紹介
 

  3. 今日のお話 上司(CTOやエンジニアマネージャー)が退職してから開発責任者を3回引きついだ経験 1. スタートアップでの立ち回り方 2. エンジニアからエンジニアリングマネージャーへのキャリアチェンジ 共通点 ・引き継ぎ後の直属の上司は、創業者社長です。 ・エンジニアからエンジニアリングマネージャー≒ VPoE

    へのキャリアチェンジ ・シリーズA~シリーズBラウンドからの参画で、組織の人数は 20人〜40人程度 ・マネージメント人数は 10人前後
  4. スタートアップでの立ち回り方

  5. 1. 社長とのコミュニケーション 2. エンジニアとのコミュニケーション スタートアップでの立ち回り方

  6. ※ スタートアップでいう社長とは、事業責任者であり、プロダクトオーナーであることを期待する よくあるのが、誰が何をしているのかわからない と言われる いずれの会社にも開発プロジェクト 全体を1枚で把握できる資料がなかった。 以下はどこにでもあるような光景 ・開発タスクはプロジェクト管理ツール (Github/Trello/Asnaなど)を見る =>

    忙しいので見れてないんだよね。(あと、細かすぎるよくわからん) ・スプレッドシートに機能一覧はあります。 => いつどの機能を作るのかはわかったけど、これって何のために作ってるだっけ? どの機能を、誰が、いつまでに、作るのか しか書かれてないのではないでしょうか? これだけでは足りません。 社長とのコミュニケーション
  7. 社長とのコミュニケーション 関心事は、機能の一覧が見たいのではなく、 どの機能を開発することで、事業にどれだけ影響があるのか知りたい 誰のために、何を作って、どれくらいのお金を使って、どの KPI(売上、新規ユーザー数、 DAUなど)を伸ばすせ るのか? エンジニアは、作ることのみを見ていて 社長は、作り方は知らんけど 、その他に関心がある

    専門性や役割がわかれているために すれ違いがおきやすい
  8. 社長とのコミュニケーション 誰のために、何を作って、どれくらいのお金を使って、どのKPIを伸ばすのか? という、欠けているところを埋めるための情報が 1枚にまとめられている必要があります。

  9. 全体プロジェクトマップを作った 1ドキュメントをURLで共有 Slackなどで共有しやすいので、Googleスプレッドシートがおすすめ 必要な情報 ・役割の違いを説明したリスト(PdM/PjMの違い、Frontend/Backendの違いなど) ・月ごとの開発スケジュール(ガントチャート:大型機能のみ) ・開発関係者リスト(専門家別に月ごとに誰が何をしているのか。〇〇機能で良い) ・開発優先度タスクリスト(優先度、内容、誰のために、どんな機能、期待効果 :KPI)   優先度(事業KPI達成が高、ただ面白そうは低になるようなスコアリング)

    ・採用計画(どの専門職の人がどれだけ足りないか)
  10. エンジニアとのコミュニケーション

  11. 時間がないので 大事なこと2つ

  12. 大事なこと2つ ・宣言をさせること ・振り返るさせること

  13. 目的 声で相手に伝えることで実行の責任感が増すことを期待している(実体験) Slackなどでテキスト情報だけで今日やることを書くのは弱い 報連相を指示していない。朝会や 1on1のタイミングで聞いている 必要な情報は月次/週次MTGで報告責任があるので、各サブリーダーに聞きに行っている 情報を同期するタイミングをコントロールしたいから How ・朝会(今日やることをいう)15分  コツ:毎日ファシリテータを変える、雑談をいれる

    ・KPTのTRY 宣言をさせること
  14. 振り返えさせること 目的 何がうまく行って、何がうまくいかなかったのか、次どうするのかをみんなで共有する How ・KPT 毎月月初/大型プロジェクト終了後) ・ポストモーテム(事後検証) 障害対応時の振り返りなど。隔週 KPT:Googleスプレッドシート(リモート化)

  15. エンジニアから エンジニアリングマネージャーへの キャリアチェンジ

  16. あまりやっていないこと(10%) ・プロジェクトマネージメント(全体と人の配置のみ) => サブリーダー/PdMチームに委譲 ・プロダクトマネージメント(会議のみ) => PdMチームに委譲 ・リリースマネージメント(経営に報告のみ) => エンジニア/PdMチームに委譲

    ・インフラ管理        => Backendチームに委譲 やっていること(90%) ・全体への報告、経営陣への説明/相談を聞く10% ・人のマネージメント(1on1/キャリア支援、目標設定と評価、リーダー育成) 45% ・組織のマネージメント(採用〜オンボーディング)20% ・情報セキュリティマネージメント:個人情報管理 5% ・データ活用推進(全社横断チーム)10% ・技術のキャッチアップ(社内利用技術のアップデート/トレンド) 5% ・技術書輪読会、社外/社内勉強会 5% やっていないこと ・プロダクトへのコードコミット エンジニアリングマネージャーのリアル
  17. 詳しくこちらまで Twitter DM : @saicologic

  18. 今日を彩るボイスメディア