TRPGから学ぶ個々の得意を活かすチームビルディング(完全版)

 TRPGから学ぶ個々の得意を活かすチームビルディング(完全版)

2020年7月5日 【開発PM勉強会vol.3 オンライン】漫画・アニメで学んだチームビルディングLT&グループワーク で登壇したときの資料の完全版です

TRPGというゲームでは、チームとしての行動が多く見られます。
そして、そのチームとしてのあり方は、長い時間をかけて成熟しています。
この資料では、TRPGでのチームのマネジメントを、いくつかピックアップして見ていきます。

当日の発表では、7分の資料として用意した為、ゲームの中のチームだけに絞ってお話しました。
この完全版資料では、TRPGの中にある、ゲームの中のチーム、ゲームを遊ぶ人(中の人)チームという二重のチームそれぞれについて、特にゲームを遊ぶ人の部分を厚くしています。

この資料を使用した動画を作成しました。
https://youtu.be/4TWNqjfEU98

【LASTUPDATE】2020.7.18

Bf7fe621f4fe1615c228ef8a79b87282?s=128

ShirayanagiRyuji

July 05, 2020
Tweet

Transcript

  1. TRPGから学ぶ 個々の得意を活かす チームマネジメント 【完全版】 白栁隆司 2020年7月5日 開発PM勉強会vol.3

  2. 自己紹介 エンジニアカウンセラー 白栁 隆司 主な開発言語 Youtubeに平日毎日動画投稿中! #ほぼ日ITエンジニアニュース @IT 自分戦略研究所 エンジニアライフにて「コレがワタシの生きる様」連載中 twitter:@ShirayanagiRyuj

    1981年 5月 生まれる 1993年10月 プログラムに初めて触れる(小 6) 1995年 5月 自宅にPC導入(中2) 1997年 4月 高校でプログラミングを学習(高 1) 2000年 4月 地元の中小ソフトハウス勤務( 19歳) 2005年 4月 東京SESエンジニア活動開始( 24歳) 2019年 9月 フリーランス活動開始( 38歳) 2020年 5月 講師活動開始(39歳) ♥ TRPG, ボードゲーム, ポケモン, 特撮, スキー etc... ・C/C++ ・VB、VBA、VBScript ・C#(.net系) ・Java ・PHP ・Python ・PL/SQL ・JavaScript(JQuery)
  3. テーブルゲームのジャンルのひとつ。 ゲーム機などのコンピュータを使わずに、紙や鉛筆、サイコロな どの道具を用いて、人間同士の会話とルールブックに記載され たルールに従って遊ぶ“対話型”の ロールプレイングゲーム(RPG)を指す言葉である。 (みんな大好きWikipedia先生より) TRPG知ってますか?

  4. • 職業等の役割分担がされ、専業化 • 「チームで達成する」より 「個々の目的を達成する」に重みがシフト • ただし、卓の参加者全員(中の人)の目標は 「楽しく遊ぶこと」である(はず) 最近のTPRGの傾向 ※世界観は様々

    リプレイ読むのが取っ付きやすいと思う
  5. TRPGの中では、二重のチーム構成が生まれる • ゲームの中の、キャラクターのチーム →【PCチーム】 • ゲームを遊ぶ卓の参加者(中の人・プレイヤー) のチーム →【PLチーム】 二重のチーム構成 ※ここでは、マスターも「プレイヤー」に含める

  6. • 役割分担が専業化 ← 万能キャラは作りにくい • 一つの要素だけ では 目標達成できない (攻撃・防御・情報収集etc) •

    必然的にチームアップすることになる • お互いの得意を出し合うチームになる 【PCチーム】 個々の目的重視?チームの目的は?
  7. 【PCチーム】 例えば 【探索者】 得意:罠の探索解除! 目的:洞窟の遺跡を調べたい 障害:魔法関係の知識が足りない 【戦士】 得意:戦闘!護衛! 目的:腕試しに洞窟行きたい 障害:洞窟の罠が心配

    【薬屋】 得意:薬を作る! 目的:薬の素材の薬草欲しい 障害:洞窟のモンスター怖い 【魔法使い】 得意:魔法関係は任せて! 目的:病気の弟の薬が欲しい 障害:薬を作る知識がない
  8. 私に出来ないことが、あなたにはできる あなたには出来ないことが、私にはできる 力を合わせれば、 素晴らしいことがきっとできるでしょう 良い言葉があったので紹介 (HUGっと!プリキュア より) ※元はマザー・テレサの言葉

  9. • プレイヤー と マスター の2つの役割ができる • マスターは、裁定者やファシリテーターである • プレイヤーは、個々の物語の主体者である(≠協力者) •

    プレイヤーとマスターは、「楽しくゲームを遊ぶ」 仲間である 【PLチーム】 マスター1人対プレイヤー複数人のチーム
  10. • ゲームの中での敵対 ◦ マスターは、キャラクターの敵対者を演じる ◦ キャラクター同士での利害対立から、敵対を演じる • キャラクター同士は対立しても、卓の参加者は 協力関係にある、ある意味擬似的な対立 【PLチーム】

    ゲームの敵対は擬似的な対立
  11. 【PLチーム】 立場の違いを尊重する 妹がいい! 魔法の罠少ない! 洞窟行きたくない 探索めんどい 遺跡ショボすぎ 罠多すぎ! 難しい罠より もっと強い敵!

    みんなわがままだなぁ 初めて作ったのに文句ばかり マスターの言うことに従ってよ NG
  12. 【PLチーム】 立場の違いを尊重する 妹がいいな 変えられない?(提案) では、どうすればよかったか? いいよ その方がやる気がでるなら (受諾)

  13. 【PLチーム】 立場の違いを尊重する もっと楽しむために ここを変えて欲しい(提案) では、どうすればよかったか? すぐにはできない 次回の参考にするね(受諾)

  14. 【PLチーム】 違う立場を持ち込まない NG 俺、先輩だからさぁ 危険なダンジョンには お前だけで言ってこいよ ア、ハイ ヨロコンデー

  15. 【PLチーム】 称賛し合う文化をつくる 困った時に助けてくれて良かった みんなノリノリだったので安心した 戦士がしっかり守ってくれた 魔法使いサポートサンキュ! お薬で妹助かった 妹にしてくれてありがとう 罠解除してくれて助かった 戦士指示通り動いてくれた

    ルール助けてくれた 戦術の指示もありがとう
  16. 称賛だけして、指摘/反省をしなくていいという訳ではない • 反省はなんのためにするのか? • 反省は誰がすれば良いのか? • 責めるのではなく、改善を促す指摘を! • 「ここを改善するともっと良くなるよ」の精神 【PCチーム】

    反省の前に称賛を!良くする反省の仕方
  17. 今は、仕組みやルールとして組み込まれている事が多数 • 二重のチーム運用は難しい → ノウハウをシステム化 • ゲームの中から極力ハラスメントを排除する • キャラクターだけでなく、プレイヤーも成長する •

    みんなが楽しければ大成功! TRPGのチームマネジメント
  18. TPRGには他にもマネジメントの要素が沢山! • リソース管理(時間管理、ゲームリソース) • コミュニケーション能力 ◦ 利害関係の調整・交渉(事前のスケジュール、場所) ◦ プレゼン・レビュー 細かいことはいいから、遊ぼう!呼んでくれ!!

    結論:TRPGを遊ぼう!
  19. ご清聴ありがとうございました エンジニアカウンセラー 白栁隆司 TRPGはいいぞ!ボドゲもいいぞ!