Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

SORACOM IoT Engineer Basic for SPS (SPS認定資格) 対策セミナー

SORACOM IoT Engineer Basic for SPS (SPS認定資格) 対策セミナー

SORACOM Partner Space(SPS)パートナー内のIoT技術力向上の支援を目的に、SORACOMが認定を行うプログラム「SORACOM IoT Engineer Basic for SPS」です。
本プログラムの詳細や内容はブログ記事「IoTシステム設計や実装に必要な基本知識の検定制度「SPS認定資格」とは?」をご覧ください。

SORACOM

May 25, 2023
Tweet

More Decks by SORACOM

Other Decks in Education

Transcript

  1. SORACOM IoT Engineer Basic for SPS
    対策セミナー
    株式会社ソラコム

    View full-size slide

  2. ○ テストの概要
    ○ 対策コンテンツ
    ■ IoTの基本知識
    ■ SORACOMの基本と特徴
    ■ SORACOMのサービスとその活用
    アジェンダ

    View full-size slide

  3. 1. テストの概要

    View full-size slide

  4. SPSパートナー様の技術者メンバー育成促進を目的に、
    SORACOMが認定を行うプログラムです。
    • 認定の目的
    •IoT技術の知識の底上げ
    •複数の技術要素についての知見をバランス良く持ち、
    IoTプロジェクトを迅速に進められるようにする
    •SORACOMサービスや機能の正しい理解の普及促進
    •SORACOM各サービスの仕様だけでなく、目的に応じた
    サービス選定やコスト感を掴んでいただく
    テストのねらい

    View full-size slide

  5. •SPSパートナーなら誰でも取得可能
    •無償
    •制限時間なし、30問選択式
    •試験範囲
    •トピック1 IoTの基本知識
    •トピック2 SORACOMの基本と特徴
    •トピック3 SORACOMのサービスとその活用
    テストの概要1

    View full-size slide

  6. この資格はIoTのシステム設計や開発について学んでいた
    だくためのものです。前提としてIT関連の基礎知識、特にIP
    ネットワーク(OSI7階層、ルーティング)についての一般的な
    知識をお持ちであることを前提としています。
    本資格を学習するにあたっての前提

    View full-size slide

  7. •SORACOMの知識を付ける
    •書籍 公式ガイドブックSORACOMプラットフォーム
    •Kindle版あります
    •第2章 詳説 SORACOM プラットフォームを読み込む
    •SORACOMのオンラインカンファレンス
    •SORACOM Tech Days (技術カンファレンス)
    •SORACOM Discovery (年次イベント)
    勉強方法

    View full-size slide

  8. IoTの基本知識

    View full-size slide

  9. 1. IoTとは
    2. デバイスの選び方
    3. クラウドの活用
    トピック1 IoTの基本知識

    View full-size slide

  10. クラウド
    ネットワーク
    センサー/デバイス
    “モノ”
    1.「IoT」とは?
    モノやコトをデジタル化
    現場のデジタル化
    現場とクラウドを
    つなげる
    データの活用

    View full-size slide

  11. お客様事例:日本瓦斯様
    NCUを自社開発し、
    “世界初”
    「LPG託送サービス」を 開始
    複数の通信規格や、複数
    の通信キャリアの回線に 対応し
    た柔軟性の高い情
    報通信技術の確立による 新た
    なビジネスの創出

    View full-size slide

  12. IoTシステムはカバーすべきことがたくさん
    インターネット クラウド
    モノ
    • センサ, デバイス選定
    • フィールド側構成の設計
    • ネットワーク設計
    • ルーター選定
    • アーキテクチャ設計
    • クラウドサービス選定
    このトピックではIoTプロジェクトの進め方と
    上記のコンポーネントそれぞれについての概要をお話します
    クラウド
    ネットワーク
    デバイス

    View full-size slide

  13. IoTシステムはカバーすべきことがたくさん
    インターネット クラウド
    モノ
    • センサ, デバイス選定
    • フィールド側構成の設計
    • ネットワーク設計
    • ルーター選定
    • アーキテクチャ設計
    • クラウドサービス選定
    カバー範囲が広いだけでなく、様々な検討すべき課題があります。で
    は、どこから検討を始めるべきでしょうか?
    クラウド
    ネットワーク
    デバイス
    キッティング
    FOTA
    盗難対策
    バッテリー
    認証
    セキュリティ
    価格
    ルーティング
    どのサービス
    使う?
    開発/運用の
    手間の削減

    View full-size slide

  14. IoTシステムはカバーすべきことがたくさん
    インターネット クラウド
    モノ
    • センサ, デバイス選定
    • フィールド側構成の設計
    • ネットワーク設計
    • ルーター選定
    • アーキテクチャ設計
    • クラウドサービス選定
    まずはいちばん制約が多く、手戻りの難しいデバイスについて見ていきましょ
    う。実際IoTプロジェクトを進める際にもここから見ていくのがよいプラクティス
    です。
    クラウド
    ネットワーク
    デバイス

    View full-size slide

  15. •なにをするためのデバイスなのか
    ○ それを実現するためにどんなペリフェラル(センサー等の外部デバイス)や通信が必
    要なのか。
    ○ 必要な処理を実現するためにはどの程度の処理能力がもとめられるのか
    • 電池、電源
    ○ そのデバイスはバッテリーで動くものなのか。バッテリーで動くならどの程度の電池
    持ちが求められるのか。
    • 耐環境性能
    ○ 雨や埃、熱などの対策は必要か
    2. デバイスの選び方
    IoTを構成するコンポーネントの中でもっとも手戻りがむずかしいのが
    「デバイス」。これを選定していくにあたっては以下の様なポイントを押
    さえていく必要があります。

    View full-size slide

  16. コラム: なぜデバイスは手戻りしにくい?
    デバイスはハードウェアです。生産には時間がかかりますし、当然費用
    も発生します。部品や部材の調達は価格面/納期面双方から世の中の
    状況に大きな影響を受けます。
    また、ソフトウェアのようにあとから機能を追加したり設計を変更するこ
    とも難しいです。
    選定したデバイスはプロジェクト全体の前提条件(制約とも言える)とな
    る要素となってきます。

    View full-size slide

  17. ● 代表的なデバイスはデータを取得するためにセンサーを利用し、何かを操作するためにIO
    からを出力します。また、デバイスにはこういった動作を制御するためのCPUが内蔵されて
    います。
    ● CPUは予めインストールされたプログラムに基づき、センサーからデータを取得してクラウ
    ドに送信したり、クラウドからのコマンドをIOから出力したりします。
    ● センサーや各種デバイスはIoTデバイスのボードに内蔵されているものもあれば、UART、
    I2C、SPI等による有線シリアル通信、BLEによるアドバタイズがよく用いられます。
    IoTデバイスとは
    センサーデータの送信(テレメトリ)
    コマンドの受信
    センサー
    GPIO、UART、SPI、I2C、BLE等
    装置
    GPIO、UART、SPI、I2C、BLE等
    CPU
    プログラ

    IoTデバイス

    View full-size slide

  18. よくあるIoTデバイスの構成
    センサーデータの送信(テレメトリ)
    コマンドの受信
    センサー
    GPIO、UART、SPI、I2C、BLE等
    装置
    GPIO、UART、SPI、I2C、BLE等
    CPU
    プログ
    ラム
    IoTデバイス
    センサーデータの送信(テレメトリ)
    コマンドの受信
    センサー
    装置
    CPU
    プログ
    ラム
    IoTデバイス
    ゲートウェイ型: センサーや装置を「IoT化するゲートウェイ」
    オールインワン型: センサーや装置を内蔵したIoTデバイス

    View full-size slide

  19. ※画像はソラコムのパートナー様提供デバイスの例
    IoTゲートウェイの一例

    View full-size slide

  20. •スマートフォン
    •汎用GPSトラッカー
    •車載用GPSトラッカー
    •シガーソケット型
    •CAN接続型
    ※画像はソラコムのパートナー様提供デバイスの例
    オールインワン型の一例: GPSトラッカー

    View full-size slide

  21. センサーを含む(IoTデバイスから見た)外部デバイスは「ペリフェラル」と呼ばれること
    があります。
    代表的なペリフェラルであるセンサーには以下のようなものがあります。用途に合わせ
    て必要なセンサーを選定しましょう。
    ● 温湿度センサー
    ● 距離センサー(ToFとも呼ばれる。音波方式、レーザー方式がある)
    ● 人感センサー
    ● 磁気センサー
    ● イメージセンサー(カメラ)
    ● GNSS受信機
    またIoTデバイスから外部のペリフェラルを制御する際には、前述のシリアル通信やパ
    ルス信号がよく用いられます。
    ペリフェラルの選定

    View full-size slide

  22. •可視化や分析のためにセンサー等を使って現場のデータを収集しこれをク
    ラウドに送信することを「テレメトリ」と呼びます。
    •例えば環境センサーから温湿度データをクラウドに送信する、車載器から
    位置情報や速度情報を送信する、接点監視装置から送信される接点情
    報、これらはみなテレメトリです。
    テレメトリ
    クラウド
    デバイス
    テレメトリ

    View full-size slide

  23. テレメトリの設計は、システム全体の構成やコストに非常に大きな影響を与え
    る重要な項目です。
    •例えば工場の装置制御に使われているPLCは100hzという速度でデータを
    出力することがありますが、これをすべて個別にクラウドに送信しようとする
    と非常に大きな帯域と低いレイテンシのネットワークが必要になります。ま
    た、こういったネットワークは非常に高価です。
    •同様に、大量の画像や映像のやりとりも大きな帯域を必要とします。
    テレメトリの設計

    View full-size slide

  24. 最適なコスト、最適な構成のシステムを設計するためには、まず以下のような
    ポイントを考えてみることが大切です。
    ● 現場で発生するデータをそのまま送信する必要があるのか
    ● 欠損なくすべてのデータがクラウドに到着する必要があるのか
    ● そもそも、このデータを使ってどういったインサイトを得ようとしているのか
    結果として「必要なデータだけを送信する」ようにシステムを設計していきま
    す。
    テレメトリの設計

    View full-size slide

  25. 以下のような方法で送信するデータの最適化が可能です。
    • 高頻度なデータに対する工夫
    • n件の小さなデータをいちどにまとめて送信する
    • 1/nにデータをサンプリングして送信する
    • しきい値等を使って検出されたイベントを送信する
    • 画像/映像データに対する工夫
    • 必要なデータ(例えば写り込んでいる人の数)を抽出して送信
    テレメトリの設計

    View full-size slide

  26. 一般的に、前項で説明したようなテクニックををエッジコンピューティングとい
    います。最近では、画像処理を非常に高速に実行可能なAI処理チップを搭
    載したIoTデバイスも増えてきています。
    高度な処理を行うためにはIoTデバイスに求められる能力が高くなり、結果と
    して調達価格が上がることに注意が必要です。また、高度な処理を行うGPU
    を搭載したようなデバイスは、一般的にAC給電が必要になります。
    エッジコンピューティング

    View full-size slide

  27. IoTデバイスは電源が常時供給されるとは限りません。特にバッテリーで動く前提
    の場合、目標の稼働時間がデバイスの選定や設計の一番おおきな制約/前提条
    件になることもあります。
    稼働時間に大きな影響を与える項目としては以下のようなものがあります。
    ● 通信頻度や通信に求められるリアルタイム性
    ● エッジコンピューティングの有無
    ● バッテリーの大きさ
    電池、電源

    View full-size slide

  28. セルラー通信は大きな電力を消費するので(LTE Cat.4の通信時でざっくり
    300mAh~500mAh)、常時通信するデバイスの設計には注意が必要です。
    IoTデバイスの消費電力を抑えるための工夫としては以下のようなものがありま
    す。
    ● RTC(リアルタイムクロック)を利用してデバイス自体を間欠的にOF/OFFする
    ● eDRXやPSMといった間欠通信技術(LTE-Mの技術)を使って通信に必要な電力を抑え

    いずれも「リアルタイム性」とのトレードオフがあることに注意しましょう。
    電池、電源

    View full-size slide

  29. •動作温度
    •特殊な環境の耐性
    • 防水、防塵、防爆 : IP規格 例 IPX5 / IP66
    • 振動、車載
    • 防爆 : 防爆構造 本質安全防爆、耐圧防爆構造
    耐環境性能
    IoTデバイスは屋外や高温/低温など厳しい環境で利用される場合もあります。
    要件に合わせて以下のような項目を検討する必要があります。

    View full-size slide

  30. •電波を発する機器は各種認証を取得している必要があります。
    • 技術基準適合証明等のマーク(技適マーク )
    • アメリカはFCC認証
    • 欧州はCEマーク
    • (人が携帯するデバイスの場合) Body-SAR
    •また、法的な拘束力はありませんが通信キャリアのIOT(nter-operability
    testing:相互接続性試験)を通っている通信デバイスを積極的に選ぶことも
    重要です。
    法律、規制、認証の遵守

    View full-size slide

  31. 参考資料: 経験ゼロから始めるIoTデバイス入門
    IoTデバイスのセルラー通信の仕組みと認証関連についてを基礎から
    解説しています。「経験ゼロから始めるIoTデバイス入門」で検索!

    View full-size slide

  32. IoTシステムはカバーすべきことがたくさん
    インターネット クラウド
    モノ
    • センサ, デバイス選定
    • フィールド側構成の設計
    • ネットワーク設計
    • ルーター選定
    • アーキテクチャ設計
    • クラウドサービス選定
    つぎにクラウドについておさらいをしていきます。昨今、クラウドはインフラを提
    供してくれるだけではなく、IoTデバイスの管理やAI、データベースなど高度な
    機能を従量課金で提供してくれています。
    クラウド
    ネットワーク
    デバイス

    View full-size slide

  33. 3. クラウドサービスの活用
    昨今、システム開発と運用においてAWSやGoogle Cloud、Microsoft
    Azureに代表されるクラウドサービスを活用することはひとつのデファク
    トスタンダードになっています。
    クラウドサービスはIaaSとして仮想サーバーやネットワーク、ストレージ
    を提供してくれるにとどまらず、データベース、AI、BIツール、IoTデバイ
    スの管理といったアプリケーションレベルの機能も多岐に渡って提供し
    てくれます。
    また、これらのサービスが初期投資とリードタイムなしに利用できるこ
    と、APIを介して自社のシステムに簡単に組み込めることがクラウドサー
    ビスの大きな特徴と言えます。

    View full-size slide

  34. • AWS Lambda
    • メッセージの処理をはじめ、あらゆる計算処理に利用されています。仮想
    サーバーを持つことなく処理を実行できるため、保守性/運用性の非常に高
    いコンピューティングサービスです。SORACOM Funkからも直接呼び出し
    可能です。
    •AWS IoT Core
    • デバイスからのメッセージを受け取ったり、デバイスにメッセージを送信する
    ためのエンドポイントとして利用されます
    •Amazon TimeStream/Amazon DynamoDB/Amazon RDS
    • メッセージやさまざまな計算結果を格納しておくためのDBサービス群です。
    IoTでは多くのデータは時系列になっているため、TimeStreamや
    DynamoDBの利用がマッチするケースが多いです。
    •Amazon Opensearch
    • Kibanaというデータの可視化ツールを備えたマネージドのDBサービスで、
    時系列データも容易に扱えます。
    IoTプロジェクトで利用されるクラウドサービス

    View full-size slide

  35. •スケーラビリティ
    • リソースの増加や縮小が可能
    • スモールスタートではなくビッグスタート(余裕をもってリソース配置してサービ
    ス開始して、様子をみて絞る)が可能
    •可用性
    • 複数のデータセンターにリソースを配置し冗長性を確保。
    • これを自前でやろうとすると大変な費用と労力。
    •多彩な用途
    • Webシステムのみならずエンタープライズや先端技術まで 幅広い技術領域
    と専門サービスを展開
    •従量課金
    • 初期投資は必要なく、使った分だけ費用が発生する
    クラウドの特徴

    View full-size slide

  36. AWSはIoTの様々なユースケースに合わせてリファレンスアーキテクチャを提供し
    ています。ご自身の実装したいシステムに合わせてこういった資料を参考にするこ
    とも非常に有意義です。
    参考: AWSによるリファレンスアーキテクチャ
    画像出典: https://aws.amazon.com/architecture/iot

    View full-size slide

  37. IoTシステムはカバーすべきことがたくさん
    インターネット クラウド
    モノ
    • センサ, デバイス選定
    • フィールド側構成の設計
    • ネットワーク設計
    • ルーター選定
    • アーキテクチャ設計
    • クラウドサービス選定
    ここまでデバイスとクラウドについて見てきました。次のトピックでは「ネットワー
    ク」部分となるSORACOMについてお話していきます。
    クラウド
    ネットワーク
    デバイス

    View full-size slide

  38. 1. IoTとは
    • デバイス、クラウド、ネットワーク
    2. デバイスの選び方
    • 電源、センサーのデータ量、耐環境性能、法令
    3. クラウドの活用
    • スケーラビリティ、高可用性、従量課金
    まとめ

    View full-size slide

  39. SORACOMの基本と特徴

    View full-size slide

  40. SORACOM は IoT の「つなぐ」を簡単に
    IoT デバイス クラウドサービス
    ✔ 遠隔操作
    ✔ メンテナンス
    ✔ 蓄積・見える化
    ✔ アラート通知
    通信
    デバイス
    センサ
    キット
    IoT 通信
    IoT SIM
    LPWA
    パートナー
    デバイス
    パートナークラウド
    (AWS / Microsoft / Google)
    Wi-Fi / 有線
    3G / LTE / 5G
    LTE-M

    View full-size slide

  41. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド接続
    ● デバイスを安全に接続するための様々なクラウド接続
    サービス
    SORACOMが提供するもの

    View full-size slide

  42. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド接続
    ● デバイスを安全に接続するための様々なクラウド接続
    サービス
    SORACOMが提供するもの

    View full-size slide

  43. SORACOMのネットワークサービス
    IoT 向けデータ通信
    SORACOM Air
    セルラー / セルラーLPWA
    (2G / 3G / 5G / LTE / LTE-M)
    特定地域向けIoT SIM
    plan-D/D-300
    plan-DU plan-K/K2
    SORACOM IoT SIM
    (※日本、グローバルに対応)
    カード型 SIM eSIM
    LoRaWAN
    Sigfox
    日本
    カバレッジ
    グローバル
    カバレッジ
    所有
    ゲートウェイ
    カード型 SIM eSIM
    NTTドコモ回線
    plan01s
    plan01s-LDV
    planP1,planX1, X2, X3 plan-KM1
    KDDI回線
    アンライセンスド
    LPWA
    X3専用SIM K2専用SIM
    マルチキャリア
    43

    View full-size slide

  44. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド接続
    ● デバイスを安全に接続するための様々なクラウド接続
    サービス
    SORACOMが提供するもの

    View full-size slide

  45. 開発に要する期間 日 週 月~
    《 LTE-M 通信搭載 IoT ボタン 》
    SORACOM LTE-M Button
    個性的な
    デバイスづくり
    パソコンや
    小型コンピュータの
    IoT デバイス化
    完成品による
    サービス開発への集中
    センサーとの
    組み合わせ
    目的で選べる
    SORACOM の IoT デバイス
    《 センサー + LTE-M 通信 》
    GPS マルチユニット
    SORACOM Edition
    《 Mini PCIe I/F LTE モデム 》
    EC21-J (Mini PCIe 版)
    《 プロトタイプマイコン向けモジュール 》
    M5Stack 用 3G 拡張ボード
    《 プロトタイプマイコン向けモジュール 》
    LTE-M Shield for Arduino
    Sigfox Shield for Arduino
    《 接点インターフェイス付き IoT ボタン 》
    SORACOM LTE-M Button Plus
    《 USB 型 3G モデム 》
    AK-020
    《 USB 型 LTE モデム 》
    SORACOM Onyx
    《 LTE-M 通信搭載 GPS & BLE 中継器 》
    ビーコン対応 GPS トラッカー GW
    《 LTE モデム搭載プロトタイプ向けマイコン 》
    Wio LTE JP Version
    《 量産向け通信モジュール 》
    UC20-G (LCC)
    BG96 (LGA)

    View full-size slide

  46. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド接続
    ● デバイスを安全に接続するための様々なクラウド接続
    サービス
    SORACOMが提供するもの

    View full-size slide

  47. モノ
    暗号化された
    携帯無線
    全国の
    携帯基地局
    データセンター
    AWS、Azure、Google
    その他クラウド
    インターネット
    閉じた
    ネットワーク
    SORACOM
    専用線
    SORACOMのしくみ
    データセンター

    View full-size slide

  48. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド接続
    ● デバイスを安全に接続するための様々なクラウド接続
    サービス
    SORACOMが提供するもの
    さまざまなシーンに必要なさまざまなビルディングブロック
    を提供するSORACOMプラットフォーム

    View full-size slide

  49. IoT テクノロジー民主化のためのプラットフォーム
    SORACOM Global Platform
    CLI & SDK
    SORACOM
    CLI(Go)
    Web
    インターフェース
    User Console
    データ転送支援
    SORACOM Beam
    クラウドアダプタ
    SORACOM Funnel
    データ収集・蓄積
    SORACOM Harvest
    プライベート接続
    SORACOM Canal
    IoT向けデータ通信
    SORACOM Air
    for Cellular (2G, 3G, LTE) / LPWA (LoRaWAN, Sigfox, LTE-M)
    専用線接続
    SORACOM Direct
    仮想専用線
    SORACOM Door
    API
    Web API
    Sandbox
    コネクティビティ
    ネットワーク
    インタフェース
    SIM認証・証明
    SORACOM Endorse
    デバイス管理
    SORACOM Inventory
    透過型トラフィック処理
    SORACOM Junction
    ダッシュボード作成/共有
    SORACOM Lagoon
    セキュアプロビジョニング
    SORACOM Krypton
    アクセス権限管理
    SORACOM
    Access
    Management
    アプリケーション
    デバイスLAN
    SORACOM Gate
    24/365サポート
    診断機能
    Technical Support
    USB ドングル / セルラーモジュール / マイコンモジュール / ボタン / S+ シリーズ
    デバイス
    オンデマンドリモートアクセス
    SORACOM Napter
    クラウドファンクション
    SORACOM Funk
    エッジプロセッシング
    SORACOM Mosaic
    オンデマンドパケットキャプチャ
    SORACOM Peek
    インラインプロセッシング
    SORACOM Orbit
    次世代VPG
    監査ログ
    API
    Audit Log
    WiFi, 有線, 衛星等のインターネット接続
    セキュアリンクサービス
    SORACOM Arc

    View full-size slide

  50. とはいえ・・・

    View full-size slide

  51. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド接続
    ● デバイスを安全に接続するための様々なクラウド接続
    サービス
    SORACOMが提供するもの
    ぜんぶ自分で作るのは大変。必要なパートをサポー
    トしてくれるたくさんのパートナーエコシステム
    SPS(SORACOM Partner Space)
    例えば・・・
    ● 既製のデバイスの調達
    ● カスタムデバイスの設計/量産
    ● システムインテグレーション

    View full-size slide

  52. インテグレーション
    (15社)
    デバイス(45社) ソリューション(54社)
    テクノロジー(35社)
    SPS認定済パートナー 149社 (2022/12)
    SELECTED

    View full-size slide

  53. ハードウェアもソフトウェアも
    サーバーも利用
    作らずに、創る
    自前主義からの脱却
    SORACOM
    リファレンスデバイス
    既製品
    AWSやGoogle
    Microsoft Azure
    デバイス ネットワーク クラウド
    ソラコムのおすすめな開発手法は

    View full-size slide

  54. •セルフサービス
    ○ アカウントの開設から回線の契約、解約まですべてウェブ上で完

    •従量課金
    ○ 大きな初期費用はなく、使った分だけのお支払い。
    •APIの提供
    ○ 自社のシステムとの柔軟なインテグレーション
    •エコシステム・協業を重視
    ○ 広範な技術分野はエコシステムでカバー
    SORACOMサービスのコンセプト

    View full-size slide

  55. 1. SIMの入手
    2. SIMの操作方法
    3. SIMのステータス
    4. SORACOMの利用方法
    5. お支払い
    SORACOMの利用開始方法
    ここではセルラー通信用のサービス(つまりSIM)である
    SORACOM Air for セルラーの使い始め方をご紹介していき
    ます。

    View full-size slide

  56. •カードSIM 1枚から購入可能
    •SORACOMアカウントの発行
    • メールアドレスとクレジットカードの登録
    •SORACOM IoT ストア
    • SIMや通信モジュール以外にドングル、
    Wio LTE(プロトタイプ向けマイコン)なども購入可能
    •ECサイト Amazon、スイッチサイエンスなど
    • ユーザーコンソールの[+ SIM登録]から登録
    • SIMカード記載のIMSIとパスコードを入力
    SIMの入手

    View full-size slide

  57. •カード型SIM
    • 標準/マイクロ/ナノ
    •SIMサイズ
    • アダプタは破損や接触不良を
    誘発するため本番利用では避ける
    • マルチカット(3in1タイプ)は サイ
    ズに合わせてカットできる
    SIMの種類

    View full-size slide

  58. •チップ型SIM(Embedded SIM/eSIM)
    • 1000個単位で販売
    • 動作温度の上限が少し高い
    • SIMカードの抜き差しトラブルが無い
    SIMの種類

    View full-size slide

  59. •3G/LTE通信モジュールを搭載する主なデバイス
    • スマートフォン
    • IoTゲートウェイ
    • LTEルーター
    • Microsoft SurfaceなどのPC/タブレット
    • USBドングル
    •IoT SIM(旧グローバルSIM)はローミング機能をオン
    •3G/LTEおよび周波数帯(バンド幅)
    • 通信モジュールと利用通信キャリアでマッチしないと電波をつかめない
    デバイスの適合性

    View full-size slide

  60. •アクセスポイント設定(APN)
    • APN
    • ユーザー名
    • パスワード
    : soracom.io (Plan-DUは du.soracom.io)
    : sora
    : sora
    • PDP Type : IP
    •デバイスのOSで適切なルーティング設定
    •IPアドレスやDNSは自動取得
    デバイスでの接続設定

    View full-size slide

  61. •SIMステータスの遷移
    •特定地域向けSIMは
    以 下 のステータスで
    少額の料金が発生
    • 準備完了
    • 利用中断中
    SIMのステータス

    View full-size slide

  62. •回線(SIM)の操作
    • ユーザーコンソール
    • API / soracom-cli : 大量のSIM操作やバッチ処理向け
    SORACOMの利用方法

    View full-size slide

  63. こまったときのお問い合わせ
    • 購入前 : 担当営業もしくはWeb問い合わせ
    • 購入後 : ユーザーコンソール右上 ‒ [サポート] ‒ [お問い合わせ]で チ
    ケット起票
    SORACOMの利用方法

    View full-size slide

  64. •アカウントのみ登録は初期費用、月額費用ともにかからない
    •クレジットカードまたは請求書でお支払い
    •月末締め、翌月請求
    •SIMの基本料金は1日単位 (例 : plan-Dは10円/日)
    •最低利用期間なし
    支払い方法、従量課金

    View full-size slide

  65. 1. SORACOMの提供するもの
    a. ネットワーク
    b. デバイス
    c. クラウド接続
    d. パートナーエコシステム
    2. SORACOMのコンセプト
    a. セルフサービスですぐに1回線/1個から使い始められる
    b. 使ったぶんだけのお支払い。
    3. SORACOMの利用方法
    a. アカウントにサインアップしてSIMを注文、デバイスをセットアップ
    b. お支払いはクレジットカードまたは請求書払い
    まとめ

    View full-size slide

  66. SORACOMの サービスと活用

    View full-size slide

  67. モノ
    暗号化された
    携帯無線
    全国の
    携帯基地局
    データセンター
    AWS、Azure、Google
    その他クラウド
    インターネット
    閉じた
    ネットワーク
    SORACOM
    専用線
    SORACOMのしくみ
    データセンター

    View full-size slide

  68. 「つなぐ時に困る事」を解決する
    SORACOM サービス
    IoT デバイスの
    データ蓄積先は?
    技術やビジネス検証をする
    SaaS / クラウド連携は?
    大規模
    安定運用
    データ収集・蓄積
    SORACOM Harvest
    IoT アプリケーションは?
    ダッシュボード作成・共有
    SORACOM Lagoon
    クラウドアダプタ
    SORACOM Funnel
    AI やビッグデータ等の
    データ転送支援
    SORACOM Beam クラウドファンクション
    SORACOM Funk
    現場のデジタル化を担う
    IoT デバイスは?
    検証 / スモールスタート
    SORACOM のリファレンスデバイスや 認
    定済みデバイス

    View full-size slide

  69. •SIM認証をベースにIoTプロジェクトの様々な
    フェーズでの”つなぐ”に役立つサービスを提供
    • セルラー閉域
    • リモートアクセス
    • クラウド連携
    • セルフサービス可視化・ダッシュボード
    • デバイス管理・プロビジョニング
    • リファレンスデバイス
    SORACOMのサービス

    View full-size slide

  70. 「コネクティビティ」
    すべてのベースとなる通信サービス

    View full-size slide

  71. データセンター
    AWS、Azure、Google
    パートナークラウド
    インターネット
    閉じた
    ネットワーク
    SORACOM
    Wireless Agnostic
    Cloud Agnostic
    セルラー
    Sigfox
    Connectivity Agnostic
    Wi-Fi
    有線
    SORACOM は IoT の「つなぐ」を簡単に

    View full-size slide

  72. データセンター
    AWS、Azure、Google
    パートナークラウド
    インターネット
    閉じた
    ネットワーク
    SORACOM
    Wireless Agnostic
    Cloud Agnostic
    セルラー
    Sigfox
    Connectivity Agnostic
    Wi-Fi
    有線
    SORACOM は IoT の「つなぐ」を簡単に
    SORACOM Air
    for セルラー
    SORACOM Arc
    SORACOM Air
    for Sigfox

    View full-size slide

  73. •SORACOM Air for セルラー
    • セルラー(携帯電話網)接続によるコネクティビティサービス
    • 5G、セルラーLPWAも利用可能
    •SORACOM Air for Sigfox/LoRaWAN
    • アンライセンストLPWAによるコネクティビティサービス
    • 省電力な無線を利用可能
    •SORACOM Arc
    • VPN(WireGuard)によるコネクティビティサービス
    • WiFiやイーサネットデバイスもSORACOMに接続し、後述の各種サービスを利用可能
    にしてくれる
    SORACOMのコネクティビティ

    View full-size slide

  74. •イベントハンドラー
    • ルール : SIMのデータ量やステータス、速度クラス変更
    • アクション : ステータスや速度クラス変更、メール/Web/AWS Lambda通知
    •セキュアSMS API/USSD機能
    • IoT SIMに対応
    SORACOM Air/Arc の付加機能

    View full-size slide

  75. SORACOM Air/Arcの特徴
    セルラー基地局網 + AWSクラウ
    ド 仮想的な通信設備を実現
    インターネットに出る前に
    通信へ介在できる
    専用線
    交換局 インターネッ

    モノ
    セルラー通信網によるセキュア通信区間
    AWS
    IoT
    EC2 / システ

    プライベート・クラウ
    ド データセンタ
    Microsoft
    Azure
    Google Cloud
    Platform
    基地局

    View full-size slide

  76. 「セルラー閉域」
    閉域網でデバイスとクラウドを接続

    View full-size slide

  77. セルラー閉域接続
    専用線
    専用線
    交換局
    SORACOM
    Air
    パブリッククラウド
    VPN
    SORACOM
    Door
    自社システム
    SORACOM
    Direct
    プライベートクラウド
    専用線
    自社システム
    API
    SORACOM
    Canal
    VPC

    View full-size slide

  78. •VPG(Virtual Private Gateway)を作成し、SIMグループに設定
    •VPGとの接続方法
    • Amazon VPCピアリング接続
    • インターネットVPN
    • 専用線接続
    : SORACOM Canal
    : SORACOM Door
    : SORACOM Direct
    •ユーザーがデバイスサブネットをカスタマイズ可能
    セルラー閉域サービス

    View full-size slide

  79. セルラー閉域サービス(続き)
    •SORACOM Gate C2D(Cloud to Device)で プライ
    ベートネットワーク→デバイスに接続可

    •SORACOM Gate D2D(Device to Device)でデバイス間接続
    •SORACOM Junctionで透過型トラフィック処理
    クラウド
    デバイス

    View full-size slide

  80. お客様事例: コマツ様
    ICT建機との高速でセ
    キュアな通信を実現
    SORACOM Gateにより
    ICT建機とクラウドシステ ム
    をシームレスに接続
    施工現場のIoT活用に貢献

    View full-size slide

  81. 「リモートアクセス」
    外部からデバイスに安全にSSHやリモートデス
    クトップ等を実行

    View full-size slide

  82. •SORACOM Gate : セルラー閉域でデバイスアクセス
    •SORACOM Napter : オンデマンドリモートアクセス
    SORACOMのリモートアクセスサービス

    View full-size slide

  83. SORACOM Napter
    オンデマンドなリモートアクセス
    •SORACOM Napterで制限付きのWebアクセスやSSHア ク
    セス可能
    正当なユーザ
    1. アクセスをリクエスト
    (SIM ID, ポート, 有効期間)
    SORACOM
    Napter
    インターネット
    2. 指定のグローバルIPと
    ポートにアクセス
    3. デバイスのポートに接続

    View full-size slide

  84. お客様事例:システムフォレスト様
    SORACOM Napterを利用
    して、顧客先まで赴かずに
    デバイスを遠隔メンテナンス
    IoTシステム運用時に
    遠隔からデバイス設定
    変更・メンテナンス
    熊本
    協同ファーム様
    <宮崎>
    福岡県
    農林業総合試験場
    八女分場様
    <福岡>

    View full-size slide

  85. 「クラウド連携」
    デバイスから送信されるデータを
    簡単、安全にクラウドサービスに連携

    View full-size slide

  86. •SORACOMサービスがデバイスからのデータを中継し、 クラ
    ウドに転送
    • 転送先はあとから変更可能
    • 様々な通信プロトコルに対応
    • 認証情報はSORACOMサービスが保管
    クラウド連携サービス
    デバイス
    クラウド
    中継

    View full-size slide

  87. •SORACOM Beam: セキュアプロキシー
    • デバイスからSORACOM Beamへ送信されたデータを、
    プロトコル変換したうえで任意の宛先に送信
    • 利用可能なプロトコル変換
    ■ HTTP/TCP/UDP → HTTP(S)
    ■ MQTT → MQTT(S)
    ■ TCP → TCP(S)
    クラウド連携サービス

    View full-size slide

  88. •SORACOM Funnel : クラウドリソースアダプタ
    • デバイスからはHTTP/TCP/UDP/SMS/USSDのいずれか
    • AWS IoT Core
    • Amazon Kinesis Data Firehose / Streams
    • Microsoft Azure Event Hubs
    • Google Cloud Pub/Sub
    •SORACOM Funk : クラウドファンクションアダプタ
    • デバイスからはHTTP/TCP/UDP/SMS/USSDのいずれか
    • AWS Lambda
    • Azure Functions
    • Google Cloud Functions
    クラウド連携サービス

    View full-size slide

  89. Unified Endpoint で
    SORACOM サービスの使い分けを支援
    データ収集・蓄積
    SORACOM Harvest
    クラウドアダプタ
    SORACOM Funnel
    データ転送支援
    SORACOM Beam
    uni.soracom.io
    デバイスは
    uni.soracom.io
    へデータ送信
    クラウドファンクション
    SORACOM Funk
    利用サービスをSORACOM
    コンソールで追加、切替可能

    View full-size slide

  90. クラウドに送信する前にデータを前処理
    以下のサービスを利用すると、Beam/Funnel/Funk/Harvestに
    データを送信する前に、データのフォーマット変換などの処理を行
    うことができます。
    ● バイナリパーサー
    ○ バイナリ形式をJSON テキスト形式に変換
    ○ 固定長のバイナリ変換のために利用可能
    ● SORACOM Orbit
    ○ Soraletと呼ばれる任意の関数を実装し、SORACOMプラットフォーム
    上で動かせる
    ○ 動的なデータを扱うことができる。またバイナリ以外も取り扱える。

    View full-size slide

  91. バイナリパーサーとSORACOM Orbit
    データ収集・蓄積
    SORACOM Harvest
    クラウドアダプタ
    SORACOM Funnel
    データ転送支援
    SORACOM Beam
    uni.soracom.io
    クラウドファンクション
    SORACOM Funk
    SORACOM
    Orbit
    バイナリパー
    サー
    データを各サービスに送信する前に任意の前処理
    が可能(Unified Endpointなしでも利用可能です)

    View full-size slide

  92. 「セルフサービス可視化・ダッシュボード」
    ソラコムだけでデータの蓄積、可視化、共有

    View full-size slide

  93. •SORACOM Harvestでデータ保存と簡易的な可視化
    • ユーザーコンソールの一部として動作
    • Harvest DataとHarvest Filesを提供
    • Dataのデータ保存期間は40日、延長オプション(731日)あり
    •SORACOM LagoonはHarvestをデータソースとしてダッシュボー ドとア
    ラート機能を提供
    • Lagoon専用のユーザーが発行できる
    • 複数の可視化項目をダッシュボードで1画面にまとめて表示
    セルフサービス可視化・ダッシュボード
    デバイス Harvest Lagoon

    View full-size slide

  94. •各サービス個別のエンドポイント :
    • beam.soracom.io
    • funnel.soracom.io
    • funk.soracom.io
    • harvest.soracom.io
    •ここに投げておけばどのサービス(Beam, Funnel, Funk, Harvest)でも
    データが利用可能になるUnified Endpoint :
    • uni.soracom.io
    • unified.soracom.io
    デバイスのデータ送信先

    View full-size slide

  95. 「デバイス管理・プロビジョニング」
    ソラコムだけでデータの蓄積、可視化、共有

    View full-size slide

  96. •SORACOM InventoryはLwM2Mに対応するデバイス管理サービス
    • SIM認証によって容易にデバイス登録可能
    • デバイスでLwM2Mエージェントを実行し、定義したオブジェクトに従って 読み出
    し、書き込み、実行の操作でデバイスを管理
    LwM2M
    エージェント
    デバイスを管理
    デバイス管理:SORACOM Inventory
    デバイス
    Inventory
    管理サーバー

    View full-size slide

  97. •SORACOM KryptonはAWSやSORACOM Inventoryの 認証情
    報発行を代行
    セキュアプロビジョニング:SORACOM Krypton
    •認証情報をデバイスに直接配布できるので、例えばAWS IoTの
    SDKなどをそのまま利用可能

    View full-size slide

  98. •SORACOM Endorseで検証可能なWebトークン取得とSIM認証
    セキュアプロビジョニング:SORACOM Endorse
    •Webトークンの形式はJWT(JSON Web Token)
    •デバイスからお客様システムへの直接のアクセスの際の認証に利用
    可能。

    View full-size slide

  99. 「リファレンスデバイス」
    IoTデバイスを1個から調達可能

    View full-size slide

  100. 開発に要する期間 日 週 月~
    個性的な
    デバイスづくり
    パソコンや
    既存ネットワークの IoT 化
    完成品による
    サービス開発への集中
    センサーとの
    組み合わせで IoT 化
    目的で選べる
    SORACOM の IoT デバイス
    《 センサー + LTE-M 通信 》
    GPS マルチユニット
    SORACOM Edition
    《 Mini PCIe I/F LTE モデム 》
    EC21-J (Mini PCIe 版) / LTE
    《 プロトタイプマイコン向けモジュール 》
    M5Stack 用 3G 拡張ボード
    《 プロトタイプマイコン向けモジュール 》
    LTE-M Shield for Arduino
    Sigfox Shield for Arduino
    《 接点インターフェイス付き IoT ボタン 》
    SORACOM LTE-M Button Plus
    《 USB 型 3G モデム 》
    AK-020
    《 USB 型 LTE モデム 》
    SORACOM Onyx
    《 LTE-M 搭載 GPS & BLE 中継器 》
    ビーコン対応 GPS トラッカー GW
    《 LTE 搭載プロトタイプ向けマイコン 》
    Wio LTE JP Version
    《 量産向け通信モジュール 》
    UC20-G (LCC) / 3G
    BG96 (LGA) / LTE-M
    《 LTE-M 搭載 IoT ボタン 》
    SORACOM LTE-M Button
    《 産業用 LTE ルーター 》
    UD-LT1/EX

    View full-size slide

  101. • SORACOM IoTストア
    • 前述のリファレンスデバイスを直接、1個から購入できる。
    • IoT SELECTION connected with SORACOM
    • SPSパートナーのデバイスやサービスがサブスクリプション契約で
    利用できるサービス
    • SORACOM認定デバイス
    • SPSパートナーのなかでも「デバイスパートナー」が提供する多くの
    デバイスたち。調達はパートナーさんと直接ご契約。
    IoTデバイスの入手方法

    View full-size slide

  102. ネットワーク
    ● すぐに利用開始できる安全なネットワーク
    デバイス
    ● 1個からすぐに調達可能なさまざまなリファレンスデバイス
    クラウド
    ● デバイスを安全に接続するための様々なValue Added
    Services。
    SORACOMが提供するもの

    View full-size slide

  103. SORACOMはSIM認証をベースにIoTプロジェクトの様々なフェーズで
    の”つなぐ”に役立つサービスを提供
    •セルラー閉域
    •SORACOM Canal/Door/Direct
    •リモートアクセス
    •SORACOM Napter/Gate
    •クラウド連携
    •SORACOM Funnel/Funk/Beam
    まとめ
    •セルフサービス可視化・ダッシュボード
    • SORACOM Harvest/Lagoon
    •デバイス管理・プロビジョニング
    • SORACOM Inventory/Krypton
    •リファレンスデバイス
    •IoTストア/認定デバイス

    View full-size slide

  104. トピック1: IoTの基本知識
    IoTプロジェクトを進めるうえで必要な基本的な知識(主に技術面)
    をお話します。
    トピック2: SORACOMの基本と特徴
    IoTプラットフォームSORACOMについての概要と、使い始め方を
    ご紹介します。
    トピック3: SORACOMのサービスと活用
    SORACOMの各サービスについて詳細を説明していきます。
    アジェンダ(再掲)

    View full-size slide

  105. デバイス/ネットワーク/クラウドを組み合わせるための基礎知
    識は得られました!次はぜひハンズオンで実際に触ってみま
    しょう。
    認定試験に合格!Next Stepは?

    View full-size slide

  106. SPS 認定資格対策 セミナーへご参加いただき
    ありがとうございました。
    このまま「SPS認定資格テスト」を受ける方は、
    ZoomのチャットへWEBサイトのリンクを配信しております。
    または、下記のQRコードからアクセスしてください。
    SORACOM IoT Engineer Basic for SPS SORACOM IoT Sales for SPS

    View full-size slide