Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

20210205rhizomatiks_stayingtokyo_reprise_vol5

 20210205rhizomatiks_stayingtokyo_reprise_vol5

rhizomatiks Staying TOKYO Reprise Vol.5
https://staying.super-flying.tokyo/

TALK theme "3D City Platform | Project PLATEAU"

Yuya Uchiyama (MLIT)
Toshikazu Seto (the University of Tokyo)
Seiichi Saito (Panoramatiks)

E19e33bd30954fc1846f3d64863b7846?s=128

Toshikazu SETO

February 05, 2021
Tweet

Transcript

  1. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 1 Source: http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/ 瀬⼾ 寿⼀

    博⼠(⽂学) https://researchmap.jp/tosseto/ 専⾨分野︓社会地理学・地理情報科学(GIS)
  2. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 2 3Dデータを使ってぼくらは都市を「取り戻す」︓ MATトーク「3D City Experience」レポート

    https://wired.jp/2017/03/23/3d-city-mat-talk-session/
  3. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 3 オープンソースGIS (FOSS4G) オープンな地理空間情報 (OpenStreetMap)

    オープンな地域課題解決 (Civic Tech) üハードウェア ü hardware ✓ソフトウェア ✓software ✓コミュニティ・教育 ✓Community / Education ✓データ ✓data
  4. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 4 地域課題解決のためのOpen Geo Data x

    Civic Tech 市⺠協働とAIを組み合わせた次世代 型インフラ管理︓MyCityReport オープンデータ・コミュニティ育成 Urban Data Challenge  グローバル&オープンな地理空間情報 データベース分析: OpenStreetMap 地域情報のデジタルシティ化 データ連携︓Digital City Project
  5. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 5 OpenStreetMap (OSM) とは︖ •

    8JLJతͳख๏ʹΑΓɺ͍ͭͰ΋ɾ୭Ͱ΋ɾࣗ༝ʹ ੈք஍ਤͮ͘ΓʹࢀՃͰ͖ΔϓϩδΣΫτ • 原則は⾃由で⼆次利⽤可能(OdbL)地理データベース • 2004年イギリスで開始され世界で740万ユーザー以上が登録 • Key:valueと呼ばれるタグで管理 (約80,000種類の定義が存在) • 週単位で全世界約80GBのXMLが⽣成.Full dump:約1.1TB • 2012年以降のすべての週次ダンプがアーカイブ利⽤可 https://archive.org/details/osmdata Source: https://www.mapbox.com/osm-data-report/
  6. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 6 OpenStreetMapをベースにした 3次元マップの事例 (F4map) Source:

    https://demo.f4map.com/
  7. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 7 7 Mapillary: 世界中の⼈々によって⾃発的に撮影された 通り画像のオープンデータ化&AIの物体検出事業

    14億1000万枚の画像 (毎⽇約1千万枚以上増加) 840万km分のログデータ =コミュニティの資産 Source: https://www.mapillary.com/
  8. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 8 基礎⾃治体におけるデジタルシティ化 →出来る限り「マッピング」して地域の共通イメージ&アイデアを想起させる デジタル裾野 ⾯積︓

    138.4 km² ⼈⼝︓ 5.1万⼈ デジタル南砺 ⾯積︓ 668.6 km² ⼈⼝︓ 4.8万⼈ https://www.digitalsmartcity.jp/susono-city/ https://www.digitalsmartcity.jp/nanto-city/ デジタル千葉 ⾯積︓ 271.8 km² ⼈⼝︓ 98.1万⼈ https://www.digitalsmartcity.jp/chiba/ • Seto, T., Sekimoto, Y., Asahi, K. and Endo, T.: Constructing a Digital City on a Web-3D Platform: Simultaneous and consistent generation of metadata and tile data from a multi-source raw dataset. ARICʻ20, 2020.11 https://doi.org/10.1145/3423455.3430316 • 瀬⼾寿⼀「都市のデータ化と地理空間情報」、電 気学会誌、141 (1)、pp.23-26、2021.01. https://doi.org/10.1541/ieejjournal.141.23
  9. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 9 Qiitaで記事化︓3D都市モデルのCityGMLの 現在とこれから Source: https://qiita.com/tosseto/items/34a2a801b8eb299453d1

  10. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 10 COVID-19禍での都市計画・都市デザインとは • COVID-19の都市研究・約140本をレビュー︓(1)環境の質、(2)社会経済的な影響(3)管理とガバナンス (4)交通と都市デザインの4つの主要なテーマの存在を指摘。初期段階では(1)のロックダウン時の環境改善に関す

    る分析が多い • 都市ガバナンス︓地⽅⾃治体による経済⽀援・緊急時対応計画(MEP)の重要性 • 交通︓⾃家⽤⾞や⾃転⾞・徒歩利⽤の増⼤ -> サイクリスト⽂化の促進 • 技術主導型アプローチ︓封じ込めに⼀定の効果。個⼈の⾏動履歴はプライバシー保護と透明性への懸念(中国・イン ド)。リアルタイム地理情報の公開は◎(英国) • Human-drivenアプローチ︓匿名化された時空間マッピング(韓国)・市⺠との双⽅的なコミュニケーションや、 どのようなデータが必要か&利⽤⽬的の開⽰ →「データ」は第⼀+両アプローチの適切な組み合わせが必要 Ayyoob Sharifi, Amir Reza Khavarian-Garmsir: The COVID-19 pandemic: Impacts on cities and major lessons for urban planning, design, and management, Science of The Total Environment, 749, 2020, 142391, https://doi.org/10.1016/j.scitotenv.2020.142391
  11. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 11 COVID-19地理空間情報・地図化プロジェクトまとめ (↓2020年4⽉13⽇に公開) https://hackmd.io/@tosseto/covid19geospatial https://www.ogc.org/resources-for-COVID-19-from-

    ogc?fbclid=IwAR1UH7PgCsjokFkUvmArhJhG57bA9bGHA3 p75YrHdtNMBfp1brdRQL9pQWs 海外のサイト︓紹介されている事例の多 くが,WHOやJohns Hopkinsのデータ を元に可視化 →感染・検査(+ワクチン接種)状況の 地理的可視化が⽬下のテーマ
  12. 2021/02/05 Staying Tokyo Reprise Vol.5 12 GIS=地理情報システム とは • 「位置」に関する情報を有した

    データ(=地理空間情報)を総 合的に管理・加⼯するもの • 地理空間情報という⽤語は,情 報通信⽩書(2013)版より,G空 間情報とも • ⽇本では阪神・淡路⼤震災を契 機に普及。2007年に地理空間 情報活⽤推進基本法が成⽴ • データを地図上に視覚的にまと めることでわかりやすく整理可 能。さらに地域分析や意思決定 ⽀援のツールにも 出典︓http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/gis/guidance/guidance_1.html