Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

KASHIKOIHAKO計画その3

 KASHIKOIHAKO計画その3

Cb88f765dd38cd942c39aacb5abbea06?s=128

ufoo68

May 13, 2021
Tweet

Transcript

  1. KASHIKOIHAKO計画 その3

  2. 自己紹介 • SNSでの名前 ◦ ufoo68(@ufoo_yuta) • 職業 ◦ 滋賀出身系エンジニア •

    やってること ◦ スポーツIoTLT主催 • 最近の出来事 ◦ 簿記試験3級に落ちた
  3. いままでのあらすじ1 スマートボックスをつくった 180度回転するサー ボアーム サーボアームが回転すると 箱がロックされる

  4. いままでのあらすじ2 ユーザー認証と連携した 1. スマホアプリでログイン 2. 箱のロック解除 認証されたユーザー以外は箱を開くこ とができない

  5. スマートボックスとは • 箱の開閉をスマートに制御できる ◦ PC・スマホのアプリを用いた開閉制御 ◦ 箱の開閉者の認証 • 箱の状態管理ができる ◦

    GPSを使った位置情報のトラッキング ◦ 内包物の状態の確認 つまりは、KASHIKOIHAKOのことをいう
  6. 今回のテーマ 箱の開閉の状態管理について考えた

  7. 今までの課題 例えば箱の開閉を操作するとき、 目の前に箱があるときは 「開」「閉」の どちらを押せばいいのかがわかる

  8. 今までの課題 しかし、 箱が目の前にないときは 「開」「閉」の どちらを押せばいいのかがわからない

  9. そして考えたこと 箱とアプリの間で箱の開閉状態を管理するものを立ててみる ?

  10. 今回やったこと AWS IoTのデバイスシャドウを使って、 箱の開閉状態を管理してみた

  11. デバイスシャドウとは デバイスの状態を管理するための機能 { "desired": { "boxStatus": "open" }, "reported": {

    "boxStatus": "open" } } desired: { “boxStatus”: “open” } reported: { “boxStatus”: “open” }
  12. デモ うまくいかなかったときのための動画↓

  13. ソースコード https://github.com/ufoo68/kashikoihako-ui https://github.com/ufoo68/kashikoihako-device デバイス側 アプリ側

  14. まとめ • デバイスシャドウを使って箱の開閉状態を管理した • 状態管理についての発展課題 ◦ センサを使った開閉の管理 ◦ その他諸々の情報の登録(位置情報など) •

    その他の手つかずの課題 ◦ 箱をもっといい感じにする ◦ アプリをPWAに対応する
  15. というわけで より賢いスマートボックス、 KASHIKOIHAKOの製作を今年はやっていきたいと思っています