Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

コラムニストによるSCRUM BOOT CAMP THE BOOKからはじまるストーリー

コラムニストによるSCRUM BOOT CAMP THE BOOKからはじまるストーリー

2020/06/27 Scrum Fest Osaka 2020 #scrumosaka

14:00-14:45 教えて!あなたの一歩を後押しした本!『旅するAgile本箱LT』 #ハッカーライフラボ
https://confengine.com/scrum-fest-osaka-2020/proposal/14539/agilelt

でのLT資料です。

Cd823abda454a7a2065fe6fe273ae84b?s=128

viva_tweet_x

June 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. [発表者] @viva_tweet_x 森一樹 @su_kun_1899 Koji Sudo @ysk_118 飯田意己 コラムニストによる SCRUM

    BOOT CAMP THE BOOK スクラム・ブート・キャンプ・ザ・ブック からはじまるストーリー Scrum Fest Osaka 2020 #scrumosaka #ハッカーライフラボ 旅するAgile本箱LT
  2. 2013/02/13に初版発売 • スクラム初心者・実践者に愛され続けている本 • ずっと売れ続けている 2020/05/20に増補改訂版が発売 • スクラムガイド2017年版に対応 • スクラムを実践しているチームの実情にあわせて更新

    • 開発現場の風景を更新 • プロダクトをより意識できるように修正 • コラムを全面刷新 SCRUM BOOT CAMP THE BOOK(金本)とは https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798167282 翔泳社様より好評発売中
  3. • コラムニストと金本 • コラムにかける想い 3人とも金本を読んで ストーリーが始まった お話する内容

  4. 2017年 組織がアジャイルに取り組み始めた 先輩に勧められて金本を購入した アジャイルの本で初めて読んだ本が金本だった 今は日本に「楽しいふりかえり」を広げています ふりかえりエバンジェリスト 森一樹のストーリー •執筆したコラム 少しずつ前に進もう ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    143 楽しくふりかえりをするためのテクニック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 161
  5. 初心者ほどふりかえりを知ってほしい でも、金本にはふりかえりが詳しく書いていない! だから、コラムに想いを乗せました 大事なのはマインドセット Howはたくさんあるので、心構えだけでも伝えたい ふりかえりから始まる変化と成長

  6. すべてを変えようとしてもうまくいかないし、つらい ふりかえりでは • 気張らず • 少しずつ • 一歩ずつ 前に進んでいけばいいんです 少しずつ前に進めばいいんだ

  7. 2013年のデブサミで金本に出会う 増補改訂版発売にあたってブログを書きました https://su-kun1899.hatenablog.com/entry/2020/06/02/220000 スクラム好きプログラマ Koji Sudoのストーリー •執筆したコラム リリースレゴで「達成の積み重ね」を可視化しよう!!! ・・・・・・・・・・・・ 143

  8. リリースレゴで 「達成の積み重ね」を可視化しよう!! 著者も絶賛

  9. • インセプションデッキ • ユーザーストーリー • タスクボード • バーンダウンチャート • リリースレゴ

    • etc. 金本には実践的なヒントが沢山ある でも、スクラムのルールではない
  10. スクラムはフレームワークです。 現場で自分たちの創意工夫が大切です。 そのためのヒントがこの本には沢山詰まっています。 でも答えは本の外にあるかもしれません。 自分たちの創意工夫が大切なんだ

  11. エンジニア -> スクラムマスター -> プロダクトオーナー -> マネージャー 2017年 なんちゃってスクラムから抜け出すために 金本を手に取った。

    飯田意己のストーリー エンジニアリング組織を いい感じにする人 •執筆したコラム 遠慮がちなプロダクトオーナー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 なぜこの機能を作るのか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 215
  12. プロダクトオーナーは成果を出すために、 チームとステークホルダーそれぞれと向き合う必要がある 勇気をもってチャレンジしてもらえたらうれしい 勇気をもってチームと向き合っていこう •執筆したコラム 遠慮がちなプロダクトオーナー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 なぜこの機能を作るのか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    215 チームへの 向き合い方 ステークホルダーへの 向き合い方
  13. コラムニストによる SCRUM BOOT CAMP THE BOOK スクラム・ブート・キャンプ・ザ・ブック からはじまるストーリー 私たちが金本から始まった ストーリーの中で

    見つけ出したものは 金本を読んで あなたのストーリーを描き それを聞かせてください! • 少しずつ前に進めばいいんだ • 自分たちの創意工夫が大切なんだ • 勇気をもってチームと向き合っていこう