Firebase In-App Messagingを 導入してみた

8924d254fe8a39021d3822b5d51b6fec?s=47 wiroha
March 08, 2019

Firebase In-App Messagingを 導入してみた

2019/3/8(金) shibuya.apk #32 https://shibuya-apk.connpass.com/event/120562/ での発表資料です

8924d254fe8a39021d3822b5d51b6fec?s=128

wiroha

March 08, 2019
Tweet

Transcript

  1. Firebase In-App Messagingを 導入してみた 2019/3/8 @wiroha

  2. 自己紹介 • @wiroha • 株式会社メルカリ Androidエンジニア • DroidKaigi, 技術書典スタッフ

  3. Firebase In-App Messagingとは • アプリ内にお知らせを表示するサービス • 簡単に、任意のタイミングで表示可能 • コンバージョン等を日付別に追跡できる •

    2018年8月よりbeta版として提供 • 公式 https://firebase.google.com/products/in-app-messaging • github https://github.com/firebase/firebase-android-sdk • Quick Start https://github.com/firebase/quickstart-android
  4. 導入方法 • 既にFirebaseを利用しているなら、build.gradleに2行書くだけ。かんたん。 • Firebase未導入であればコンソールの案内に従って、アプリの登録と設定ファイ ル(google-services.json)のダウンロードをします

  5. 設定項目 1. スタイルと内容 2. 宛先 3. スケジュール ◦ Firebase Analytics

    のイベントを使用 4. コンバージョンイベント(省略可) ◦ 数値集計用
  6. 設定項目1:スタイルと内容 モーダル 画像のみ トップバナー

  7. 設定項目1:スタイルと内容(モーダルの例) デザインがほぼ決まっている

  8. 設定項目2:宛先 • 様々な条件で絞り込める。条件はANDのみ。 • iOS/Android, 言語, Firebase Audiences で作成したユーザリスト, 初回起動,

    ユーザプロパティ, Firebase Predictionsによる予測など
  9. 設定項目3:スケジュール • 罠:開始は「現在」を選ぶとタイムゾーンがロサンゼルス時間になり、終了日 時もロサンゼルス時間で指定する必要が出てくるので注意 • トリガーはデフォルトはアプリ起動。カスタムするにはFirebase Analyticsの イベントを追加する。

  10. ハマりどころ • Build Error ◦ com.google.protobuf を既に使用しており競合した • ProGuard •

    構成ファイル(google-services.json)の更新が必要だった ◦ 本番環境のみ current_key が2つに増えていた • たまにcrashする ◦ 最近だとIn-App Messaging内部で使っているpicassoでcrash
  11. まとめ • 導入も、管理画面操作も簡単 • 宛先とトリガーイベントの組み合わせにより、 様々なシーンで活用できる • より複雑なお知らせをするには 自作した方が良いが、 まず手軽に使ってみるには良い選択

    • モーダルのデザインが物足りなければ 「画像のみ」で全体をモーダル風画像にして解決 詳しく見る
  12. Thanks! 他にもめちゃくちゃ細かく調べたので、懇親会で声かけてください!