Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

痛みから学ぶ Working Agreement の つくりかた 〜チームビルディングの失敗から得た、親切さという教訓〜 / learning pattern of working agreement with choose kindness

痛みから学ぶ Working Agreement の つくりかた 〜チームビルディングの失敗から得た、親切さという教訓〜 / learning pattern of working agreement with choose kindness

learning pattern of working agreement with choose kindness

79fc33e55cacc42beef647541de24d58?s=128

面川泰明

October 29, 2020
Tweet

Transcript

  1. 痛みから学ぶ Working Agreement の つくりかた プロジェクトマネジメント Tips LT会- vol.1 #pmtipslt

    | 2020/11/4 | @omokawa_yasu チームビルディングの失敗から得た、親切さという教訓 1
  2. 自己紹介 2

  3. 3 面川泰明(おもかわやすあき) SaaSの自社サービスを提供する会社で、開発エン ジニアをしています!

  4. 本文 4

  5. Working Agreement (チームの合意) を形成することに失敗した話をします 5

  6. アジェンダ 6 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  7. アジェンダ 7 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  8. 他人の失敗を知ることは大事 8 - 客観的に見れるため、教訓にしやすい - あのウォーレン・バフェット氏の相棒も、「他人の 失敗」を投資の材料にしている - https://studyhacker.net/shippai-note

  9. みなさま、 ぜひ私の失敗から 学んでやってください 9 というわけで。。。

  10. アジェンダ 10 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  11. チーム運営のノウハウを 無理に横展開しようとしたせいで、 開発メンバーの反発を招いてしまった 11

  12. 背景 12

  13. 13 エンジニアが、ふえました

  14. なので、チーム分けをしたい 14

  15. 実験チーム 15 開発者(3名) プロダクトオーナー スクラムマスター まずは、少数チームで実験してみて。。。

  16. 16 ノウハウを得て、チーム分けに生かす、という計画にしました

  17. 17 チーム分けのとき、反発が発生

  18. アジェンダ 18 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  19. 19 結成前のチームに、「チームの約束事」を設定 例) - 見積もりは、最初にメンバーの基準を合わせよう! - 要件は、定義した人にフィードバックしよう!

  20. 実際にメンバーに言われたこと 20 - 「まだ有効性がわからない」 - 「意見の押し付けは窮屈」

  21. 21 結局、横展開をやめた

  22. 22 ざんねん。。。

  23. アジェンダ 23 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  24. 以下の3点を決めました 24 1. 情報をオープンにしよう 2. 実験で学んだことを、次に生かせる知識にして記録しよ う 3. 自分の学びを、メンバーへ押し付けない

  25. 1. 情報をオープンにしよう - 検討したことを、取り組む前に知らせよう - 関係者全員に意見を聞こう - 取り組むことを、オープンにしよう - たとえば、Slackチャンネルに、関係者全員を招待するなど

    25
  26. 2. 実験で学んだことを、 次に生かせる知識にして記録しよう - 課題と解決策、改善効果をセットにする - イメージは、正しさ:分かりやすさ=3:7 26

  27. 3. 自分の学びを、メンバーへ押し付けない - 向こうから求められたら、はじめて応じる 27

  28. アジェンダ 28 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  29. “When given the choice between being right or being kind.

    Choose kind. (正しいこと、親切なこと。選ぶなら、親切 なことを)” 映画「ワンダー、君は太陽」(http://wonder-movie.jp/) より 29
  30. アジェンダ 30 - なぜ、失敗した話をするのか? - 何を失敗したか? - 具体的に何をしたのか? - 次にどう生かせるか?

    - 教訓 - まとめ
  31. チームの合意を得る良い方法は、 親切な情報共有と、 メンバーの自主性の尊重 である 31

  32. ご静聴ありがとうございました! 32