How we cook cookpad.com

How we cook cookpad.com

17eb0c1a9d70a94ce95401d046375e3c?s=128

Yoshiori SHOJI

February 13, 2014
Tweet

Transcript

  1. ςΩετ ԿނΫοΫύουͷαʔϏε։ൃ͸೔ʑਐԽ͍ͯ͠Δͷ͔ Yoshiori SHOJI

  2. None
  3. レベル: しょくぎょう: やくしょく: ヨシオリ 38 プログラマ ぶちょー

  4. レベル: しょくぎょう: やくしょく: ヨシオリ 38 プログラマ ぶちょー ▶ アカウント

  5. レベル: しょくぎょう: やくしょく: ヨシオリ 38 プログラマ ぶちょー ▶ アカウント !

    ギットハブ: ツイッター: yoshiori @yoshiori
  6. レベル: しょくぎょう: やくしょく: ヨシオリ 38 プログラマ ぶちょー ▶ アカウント !

    ギットハブ: ツイッター: yoshiori @yoshiori ▶ コミュニティ
  7. レベル: しょくぎょう: やくしょく: ヨシオリ 38 プログラマ ぶちょー ▶ アカウント !

    ギットハブ: ツイッター: yoshiori @yoshiori ▶ コミュニティ ! java-ja: Asakusa.rb: しゅさいしゃ ゆうれいぶいん
  8. ! $00,1"% ຖ೔ͷྉཧΛָ͠Έʹ

  9. None
  10. cookpad.com Ruby 2.0 Rails 3.2

  11. >

  12. > find app/models -type f |wc -l 1136 >

  13. > find app/models -type f |wc -l 1136 > find

    app/controllers -type f |wc -l 358 >
  14. > find app/models -type f |wc -l 1136 > find

    app/controllers -type f |wc -l 358 > find app/views -type f |wc -l 3530 >
  15. > find app/models -type f |wc -l 1136 > find

    app/controllers -type f |wc -l 358 > find app/views -type f |wc -l 3530 > > wc -l config/routes.rb 2718 config/routes.rb
  16. > find app/models -type f |wc -l 1136 > find

    app/controllers -type f |wc -l 358 > find app/views -type f |wc -l 3530 > find app/assets -type f |wc -l 4135 > wc -l config/routes.rb 2718 config/routes.rb
  17. None
  18. None
  19. None
  20. 約二ヶ月半で…… + 54 models + 40 controllers + 226 view

    templates + 591 lines of routes.rb + 189 assets
  21. 16,108 examples IUUQXXXqJDLSDPNQIPUPTTJEFMPOH

  22. IUUQXXXqJDLSDPNQIPUPTVTOBWZ デプロイ 約10/日

  23. None
  24. None
  25. エンジニア サービス開発 40人+ インフラ部 5人 技術部 10人+

  26. インフラストラクチャー部 DevOps の Ops 側 詳しくは……
 https://speakerdeck.com/mirakui/being-healthy-dev-and-ops-in-cookpad

  27. 技術部 IUUQXXXqJDLSDPNQIPUPT!/

  28. ςετج൘΍σϓϩΠج൫ͳͲ “αʔϏε։ൃ͸଍ճΓ͕͓Ζ͔ͦʹͳΓ͕ͪ”

  29. ςετج൘΍σϓϩΠج൫ͳͲ “αʔϏε։ൃ͸଍ճΓ͕͓Ζ͔ͦʹͳΓ͕ͪ” サービス開発部隊が サービス開発に集中 するのは悪いこと?

  30. ςετج൘΍σϓϩΠج൫ͳͲ “αʔϏε։ൃ͸଍ճΓ͕͓Ζ͔ͦʹͳΓ͕ͪ” サービス開発部隊が サービス開発に集中 するのは悪いこと? 理想? 現実?

  31. 例: CI10分以内

  32. 技術部 他にも デプロイなどの開発支 援や 共通基盤整備なども 詳しくは……
 https://speakerdeck.com/takai/continuous-delivery-in-cookpad

  33. サービス 開発

  34. サービス開発 今回は実際の開発につ いて話します ものづくりの考え方に ついて詳しくは…… https://speakerdeck.com/katsuma/service-development-for-users

  35. Chanko 素早く 安全に 新機能のプロトタイプ を行うためのフレーム ワークです。 https://speakerdeck.com/mrkn/chanko

  36. None
  37. None
  38. None
  39. None
  40. マージは本人がする

  41. マージは本人がする コードレビューが通っ ていることが原則

  42. マージは本人がする コードレビューが通っ ていることが原則

  43. マージは本人がする コードレビューが通っ ていることが原則 html の文言修正などは レビューなしでもマー ジ出来る

  44. マージは本人がする コードレビューが通っ ていることが原則 html の文言修正などは レビューなしでもマー ジ出来る

  45. マージは本人がする コードレビューが通っ ていることが原則 html の文言修正などは レビューなしでもマー ジ出来る レビュー依頼はチーム だけでなく関係者に 送ったり識者に送った

  46. マージは本人がする コードレビューが通っ ていることが原則 html の文言修正などは レビューなしでもマー ジ出来る レビュー依頼はチーム だけでなく関係者に 送ったり識者に送った

  47. DB スキーマも Pull Requestで

  48. DB スキーマも Pull Requestで 開発環境で試行錯誤し て出来たテーブルから 自動生成

  49. DB スキーマも Pull Requestで 開発環境で試行錯誤し て出来たテーブルから 自動生成

  50. DB スキーマも Pull Requestで 開発環境で試行錯誤し て出来たテーブルから 自動生成 スキーマ変更も PR で

  51. DB スキーマも Pull Requestで 開発環境で試行錯誤し て出来たテーブルから 自動生成 スキーマ変更も PR で

  52. DB スキーマも Pull Requestで 開発環境で試行錯誤し て出来たテーブルから 自動生成 スキーマ変更も PR で

    その他インフラ依頼も issues で
  53. DB スキーマも Pull Requestで 開発環境で試行錯誤し て出来たテーブルから 自動生成 スキーマ変更も PR で

    その他インフラ依頼も issues で
  54. 設計も issues で

  55. 設計も issues で 設計中の議論が一目瞭 然

  56. 設計も issues で 設計中の議論が一目瞭 然

  57. 設計も issues で 設計中の議論が一目瞭 然 その為の Pull Request や issue

    からリンクで 相互に見やすく
  58. 設計も issues で 設計中の議論が一目瞭 然 その為の Pull Request や issue

    からリンクで 相互に見やすく
  59. 設計も issues で 設計中の議論が一目瞭 然 その為の Pull Request や issue

    からリンクで 相互に見やすく github のタスク記法で 残り作業も見やすく
  60. 設計も issues で 設計中の議論が一目瞭 然 その為の Pull Request や issue

    からリンクで 相互に見やすく github のタスク記法で 残り作業も見やすく
  61. もちろんデザイナーも

  62. もちろんデザイナーも

  63. もちろんデザイナーも ࡞ۀதͷCSBODIʹ1VMM3FRVFTUͯ͘͠ΕΔ

  64. もちろんデザイナーも ࡞ۀதͷCSBODIʹ1VMM3FRVFTUͯ͘͠ΕΔ IUNM TUZMFTIFFU͔Βը૾૊ΈࠐΈ·Ͱ

  65. もちろんデザイナーも ࡞ۀதͷCSBODIʹ1VMM3FRVFTUͯ͘͠ΕΔ IUNM TUZMFTIFFU͔Βը૾૊ΈࠐΈ·Ͱ ʮ͜ΜͳΠϝʔδԼ͍͞ʯˠʮϓϧϦΫૹ͓͖ͬͯ ·ͨ͠ʯ

  66. None
  67. None
  68. None
  69. None
  70. None
  71. デプロイ

  72. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る

  73. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る 全開発者が手元でデプロイ出来る

  74. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る 全開発者が手元でデプロイ出来る 時間帯は 9:30-17:00 休前日は基本無し

  75. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る 全開発者が手元でデプロイ出来る 時間帯は 9:30-17:00 休前日は基本無し ロールバック、デプロイロックも手元から

  76. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る 全開発者が手元でデプロイ出来る 時間帯は 9:30-17:00 休前日は基本無し ロールバック、デプロイロックも手元から デプロイロックもインフラが行うのではなくお願 いでくる

  77. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る 全開発者が手元でデプロイ出来る 時間帯は 9:30-17:00 休前日は基本無し ロールバック、デプロイロックも手元から デプロイロックもインフラが行うのではなくお願 いでくる

    デプロイロック お願いします
  78. デプロイ CI 通ったリビジョンのみデプロイ出来る 全開発者が手元でデプロイ出来る 時間帯は 9:30-17:00 休前日は基本無し ロールバック、デプロイロックも手元から デプロイロックもインフラが行うのではなくお願 いでくる

    デプロイロック お願いします
  79. ユーザーサポートも Github で

  80. ユーザーサポートも Github で hipchat に通知

  81. ユーザーサポートも Github で hipchat に通知

  82. ユーザーサポートも Github で hipchat に通知 エンジニアがすぐに見 れる&分散しない

  83. ユーザーサポートも Github で hipchat に通知 エンジニアがすぐに見 れる&分散しない

  84. ユーザーサポートも Github で hipchat に通知 エンジニアがすぐに見 れる&分散しない プルリクエストへのリ ンクなど貼られるので サポートにも進捗が見

    れる
  85. ユーザーサポートも Github で hipchat に通知 エンジニアがすぐに見 れる&分散しない プルリクエストへのリ ンクなど貼られるので サポートにも進捗が見

    れる
  86. None
  87. ΋ͱ΋ͱҧ͏νέοτ؅ཧγεςϜ࢖ͬͯͨ

  88. ΋ͱ΋ͱҧ͏νέοτ؅ཧγεςϜ࢖ͬͯͨ HJUIVCʹҠߦͨ͠

  89. ΋ͱ΋ͱҧ͏νέοτ؅ཧγεςϜ࢖ͬͯͨ HJUIVCʹҠߦͨ͠ ΞΧ΢ϯτΛαϙʔτͷਓ਺෼औΔ࿩͚ͩͯࣗ͠෼Ͱαϙʔτ νʔϜʹ࢖͍ํઆ໌

  90. ΋ͱ΋ͱҧ͏νέοτ؅ཧγεςϜ࢖ͬͯͨ HJUIVCʹҠߦͨ͠ ΞΧ΢ϯτΛαϙʔτͷਓ਺෼औΔ࿩͚ͩͯࣗ͠෼Ͱαϙʔτ νʔϜʹ࢖͍ํઆ໌ ͦͷޙ ʮαϙʔτͷνέοτӡ༻ม͔͑ͨΒʯ ͬͯΞφ΢ϯε

  91. ΋ͱ΋ͱҧ͏νέοτ؅ཧγεςϜ࢖ͬͯͨ HJUIVCʹҠߦͨ͠ ΞΧ΢ϯτΛαϙʔτͷਓ਺෼औΔ࿩͚ͩͯࣗ͠෼Ͱαϙʔτ νʔϜʹ࢖͍ํઆ໌ ͦͷޙ ʮαϙʔτͷνέοτӡ༻ม͔͑ͨΒʯ ͬͯΞφ΢ϯε ਖ਼͍͠ͱࢥͬͨΒߦಈͰ͖Δɻࣗ෼ͰจԽΛ࡞ΕΔ

  92. 文化

  93. ɹ$*ɹɹɹɹʋɹ࿿ɹɹʘ ɹɹɹɹʘɹʋɹɹʋɹɹɹɹɹʋ ʗɹɹɹɹɹʋɹɹʘɹʋɹɹɹʋ ɹɹɹɹcɹʋʘɹɹσʘɹɹʋɹɹʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ  ůɹခɹɹɹɹɹɹʘɹɹϓʘɹɹɹʌ ɹůɹɹcɹɹcɹ࿿ʘɹϩʘɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ 

    ɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʘɹΠʘʗcɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ  ɹůɹɹɹcɹɹcɹɹɹɹʘɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹˢ ɹɹɹɹʗʘɹɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹʢɹɹˢ ɹɹɹʗɹɹɹʘɹɹɹɹɹʗɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹʣɹʢ ɹʗɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹɹʉʉʉʉʉɹɹɹɹɹɹɹɹʢɹɹʣ ʗʊɹɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʣɹʢɹɹɹɹɹɹɹ৘೤ ʉcɹɹϓɹɹɹcʉɹɹɹɹɹɹɹϊ˶ʉ˶Ѝ˶ʉ˶ʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ ɹɹcɹϧɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹϊɹΠϯλʔωοτʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹ ɹcɹɹϦɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹခɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʎɹɹɹɹɹɹʊɹ˴ ɹcɹɹΫɹɹɹcɹɹɹɹɹɹခʗcʗcʗcʗcʘcʘcʘcʘcʘʍɹɹɹɹʘɹʗ ɹcɹΤɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹɹᴹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ7 ʕʕcɹɹεɹɹɹcʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕᵳʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕ ɹɹɹτɹɹʋɹɹቬቬቬቬቬቬቬቬݱ࣮ࣾձቬቬቬቬቬቬቬቬͬ͛͢ʔαʔϏε DevOps?
  94. ɹ$*ɹɹɹɹʋɹ࿿ɹɹʘ ɹɹɹɹʘɹʋɹɹʋɹɹɹɹɹʋ ʗɹɹɹɹɹʋɹɹʘɹʋɹɹɹʋ ɹɹɹɹcɹʋʘɹɹσʘɹɹʋɹɹʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ  ůɹခɹɹɹɹɹɹʘɹɹϓʘɹɹɹʌ ɹůɹɹcɹɹcɹ࿿ʘɹϩʘɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ 

    ɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʘɹΠʘʗcɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ  ɹůɹɹɹcɹɹcɹɹɹɹʘɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹˢ ɹɹɹɹʗʘɹɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹʢɹɹˢ ɹɹɹʗɹɹɹʘɹɹɹɹɹʗɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹʣɹʢ ɹʗɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹɹʉʉʉʉʉɹɹɹɹɹɹɹɹʢɹɹʣ ʗʊɹɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʣɹʢɹɹɹɹɹɹɹ৘೤ ʉcɹɹϓɹɹɹcʉɹɹɹɹɹɹɹϊ˶ʉ˶Ѝ˶ʉ˶ʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ ɹɹcɹϧɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹϊɹΠϯλʔωοτʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹ ɹcɹɹϦɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹခɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʎɹɹɹɹɹɹʊɹ˴ ɹcɹɹΫɹɹɹcɹɹɹɹɹɹခʗcʗcʗcʗcʘcʘcʘcʘcʘʍɹɹɹɹʘɹʗ ɹcɹΤɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹɹᴹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ7 ʕʕcɹɹεɹɹɹcʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕᵳʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕ ɹɹɹτɹɹʋɹɹቬቬቬቬቬቬቬቬݱ࣮ࣾձቬቬቬቬቬቬቬቬͬ͛͢ʔαʔϏε DevOps? ࣾ಺Ͱ͸%FW0QTͱ͍͏ݴ༿͸΄΅ҙࣝͯ͠ ͍ͳ͍
  95. ɹ$*ɹɹɹɹʋɹ࿿ɹɹʘ ɹɹɹɹʘɹʋɹɹʋɹɹɹɹɹʋ ʗɹɹɹɹɹʋɹɹʘɹʋɹɹɹʋ ɹɹɹɹcɹʋʘɹɹσʘɹɹʋɹɹʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ  ůɹခɹɹɹɹɹɹʘɹɹϓʘɹɹɹʌ ɹůɹɹcɹɹcɹ࿿ʘɹϩʘɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ 

    ɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʘɹΠʘʗcɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ Ϣʔβ  ɹůɹɹɹcɹɹcɹɹɹɹʘɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹˢ ɹɹɹɹʗʘɹɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹʢɹɹˢ ɹɹɹʗɹɹɹʘɹɹɹɹɹʗɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹʣɹʢ ɹʗɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹɹʉʉʉʉʉɹɹɹɹɹɹɹɹʢɹɹʣ ʗʊɹɹɹɹɹɹɹʘɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʣɹʢɹɹɹɹɹɹɹ৘೤ ʉcɹɹϓɹɹɹcʉɹɹɹɹɹɹɹϊ˶ʉ˶Ѝ˶ʉ˶ʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ ɹɹcɹϧɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹϊɹΠϯλʔωοτʍɹɹɹɹɹɹɹɹɹ ɹcɹɹϦɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹခɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹʎɹɹɹɹɹɹʊɹ˴ ɹcɹɹΫɹɹɹcɹɹɹɹɹɹခʗcʗcʗcʗcʘcʘcʘcʘcʘʍɹɹɹɹʘɹʗ ɹcɹΤɹɹɹcɹɹɹɹɹɹɹɹɹᴹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹɹ7 ʕʕcɹɹεɹɹɹcʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕᵳʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕʕ ɹɹɹτɹɹʋɹɹቬቬቬቬቬቬቬቬݱ࣮ࣾձቬቬቬቬቬቬቬቬͬ͛͢ʔαʔϏε DevOps? ࣾ಺Ͱ͸%FW0QTͱ͍͏ݴ༿͸΄΅ҙࣝͯ͠ ͍ͳ͍ ΋ͱ΋ͱ΍͍ͬͯͨ͜ͱʹޙ͔Β໊લ͕͍ͭͨ Α͏ͳײ֮
  96. 社員ひとりひとりにユーザーがいる αʔϏεΛ࢖ͬͯ͘ΕΔํʑ

  97. 社員ひとりひとりにユーザーがいる αʔϏεΛ࢖ͬͯ͘ΕΔํʑ αʔϏε։ൃ Πϯϑϥ

  98. 社員ひとりひとりにユーザーがいる αʔϏεΛ࢖ͬͯ͘ΕΔํʑ αʔϏε։ൃ Πϯϑϥ ։ൃج൫

  99. 社員ひとりひとりにユーザーがいる αʔϏεΛ࢖ͬͯ͘ΕΔํʑ αʔϏε։ൃ Πϯϑϥ ։ൃج൫ όοΫΦϑΟεܥ

  100. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に

  101. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件

  102. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 ʮ͍΍͊ɺࣾ಺ͷۈଵγεςϜ͕ฅͰ͊͞ʯ

  103. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 ʮ͍΍͊ɺࣾ಺ͷۈଵγεςϜ͕ฅͰ͊͞ʯ ͋Δ͋Δ

  104. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 ʮ͍΍͊ɺࣾ಺ͷۈଵγεςϜ͕ฅͰ͊͞ʯ ͋Δ͋Δ Ͱ΋ɺΤϯδχΞҎ্ʹ8&#αʔϏε࢖͍͜ͳͯ͠ ͍Δਓ͸ͦ͏ͦ͏ډͳ͍ΑͶʁ

  105. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 ʮ͍΍͊ɺࣾ಺ͷۈଵγεςϜ͕ฅͰ͊͞ʯ ͋Δ͋Δ Ͱ΋ɺΤϯδχΞҎ্ʹ8&#αʔϏε࢖͍͜ͳͯ͠ ͍Δਓ͸ͦ͏ͦ͏ډͳ͍ΑͶʁ ͋Δҙຯ౰ͨΓલͩͦ͜͠Ͱࢭ·ͬͪΌμϝ

  106. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 エンジニアの文化が良 いと思うなら積極的に 取り入れる

  107. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 エンジニアの文化が良 いと思うなら積極的に 取り入れる 使いこなせるかな?は 逆に失礼では?

  108. 幸せにするために常に正し いと思うことを積極的に 例えばさっきのサポー トの件 エンジニアの文化が良 いと思うなら積極的に 取り入れる 使いこなせるかな?は 逆に失礼では?

  109. さっきから色々な資料リン クしているけど

  110. さっきから色々な資料リン クしているけど クックパッドのエンジ ニアは社外の開発者に も貢献することが求め られる

  111. さっきから色々な資料リン クしているけど クックパッドのエンジ ニアは社外の開発者に も貢献することが求め られる 発表資料だけでなく
 勿論 OSS 活動も

  112. さっきから色々な資料リン クしているけど クックパッドのエンジ ニアは社外の開発者に も貢献することが求め られる 発表資料だけでなく
 勿論 OSS 活動も

    許されているとかでは なく会社がして欲しい と推奨している
  113. 文化を作るために気をつけ ていること 情報共有
 (wiki と blog の統 合されたツール) なるべくルールを作ら ない。ルールにしな

    い。 それが正しいと思った ら行動をする。
  114. None
  115. 社内で良い行動とか あんまり広がらなくない?

  116. 社内で良い行動とか あんまり広がらなくない? みんなもっとそういうのは 褒め合えばいいのにね

  117. 社内で良い行動とか あんまり広がらなくない? みんなもっとそういうのは 褒め合えばいいのにね どうやったら褒め合う文化になるかなぁ

  118. 社内で良い行動とか あんまり広がらなくない? みんなもっとそういうのは 褒め合えばいいのにね じゃぁ、良いと思った行動だしあって 週一の MTG で発表すればいいんじゃね? どうやったら褒め合う文化になるかなぁ

  119. 社内で良い行動とか あんまり広がらなくない? みんなもっとそういうのは 褒め合えばいいのにね じゃぁ、良いと思った行動だしあって 週一の MTG で発表すればいいんじゃね? どうやったら褒め合う文化になるかなぁ じゃぁ、

    それ俺やるわ
  120. Q. いいだしっぺの法則 にならない?

  121. Q. いいだしっぺの法則 にならない? A. いいだしっぺばかりだ から問題ない

  122. 文化が共有されていれば それでまわる

  123. –Grace Hopper
 http://en.wikiquote.org/wiki/Grace_Hopper “It's easier to ask forgiveness than it

    is to get permission.”
  124. IUUQXXXqJDLSDPNQIPUPTUFDIOPTUBO 安定

  125. IUUQXXXqJDLSDPNQIPUPTTNFNPO 速度

  126. 文化

  127. –Yoshiori SHOJI “จԽΛڞ༗͠৴པ࣮͠ߦ”