$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

カンファレンスに登壇してみよう / Let's try to talk on conference

yumechi
September 27, 2022

カンファレンスに登壇してみよう / Let's try to talk on conference

2022/09/27開催
PHPerのための「PHPカンファレンス2022」を語り合うPHP TechCafe

yumechi

September 27, 2022
Tweet

More Decks by yumechi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. カンファレンスに登壇してみよう PHPerのための「PHPカンファレンス2022」を語り合うPHP TechCafe 2022/09/27 @__yumechi

  2. 自己紹介 PHPカンファレンス2022のスピーカーの一人 PyCon JPの過去スタッフ、PHPカンファレンスの過去当日スタッフ PHPは半年くらいしか書いてない気がする(最近はスクラムマスター) 最近はルーンファクトリーとスプラトゥーンしてる twitter: @__yumechi

  3. これを話しました 2年かけました!大規模サービスをJava製CMSからPHP+Laravelの構成にリプレイスし、 2年かけました!大規模サービスをJava製CMSからPHP+Laravelの構成にリプレイスし、 2年かけました!大規模サービスをJava製CMSからPHP+Laravelの構成にリプレイスし、… … … by by by yumechi

    yumechi yumechi
  4. 今回話すこと カンファレンスのトークするまでの流れ 投稿するためのネタ探し 読まれるプロポーザルにするには

  5. カンファレンスのトークを投稿するまでの流れ

  6. カンファレンスのトークを投稿するまでの流れ (カンファレンスの開催が決定(1年~6か月前)) カンファレンストークプロポーザル(CfP)の募集(6か月前~3か月前) トークの当落(2か月前~1か月前) トークに関する同意やコミュニケーション(1か月前~前日) 当選しても話す同意などが必要なので注意 トーク当日 意外と工程が多い

  7. 大事なこと CfP(Call for Proposal)を締め切りまでに出す!! トークを出すスタートライン 大事ないくつかのこと 締め切りはいつまでか(伸びる前に出そう) トークの時間はどれくらいか(今回のPHPカンファレンスでいえば、25分 or 60分)

    発表内容はカンファレンスと関連があるか 普段から公式ツイッターやホームページを見ておいて、準備しておこう 実際自分はPHPカンファレンスのページを1週間ごとにSlackでリマインドしてました
  8. 投稿するためのネタ探し

  9. 投稿するためのネタ探し 発表したいと思う前から勝負はスタートしている つまり普段からネタを探しておく CfP投稿の前に使えそうなネタを常に考えたりメモしておく 過去のトークを思い浮かべながら一歩踏み込んだところまで調べてみる カンファレンスの性質にもよるが、がちがちにその言語、フレームワークに囚われすぎない 業務や個人開発での運用例などは業務で開発している人であれば知りたいはず

  10. 大事なこと 時期的なものが大事 どうしても流行っている技術導入ケースは聞きたいので、トークとしても聞きたくなる あるいは技術選定の変更や、ライブラリの刷新などもホットかも? 技術のはやりすたりはあるので2,3年前で話題が減っているものは難しめかも? 今PHP4, 5系の話をしても、相当詳しくない限り難しい気がするというか…

  11. 読まれるプロポーザルにするには

  12. 時間がなさそうなので手短に… はじめは長め目に丁寧に、だれに聞いてほしいかを明確に書いたほうが良い 短文で聞く側は面白いと思って聞いてみるやろ!みたいな感じだと伝わりづらい 受け手の想像性に任せすぎないほうが良い… 誰向けのトークなのかをはっきりさせよう 開発メンバー向けなのか、アーキテクト向けなのか、マネージャー向けなのかなどなど そのうえで興味を引くためのワードとか配置できるといいのかも

  13. まとめ カンファレンスはカンファレンス当日よりずっと前から始まっている 普段から発表できるネタを探しておこう 誰に聞いてもらったらうれしいのか考えてみよう

  14. スライドの作成 Slidev: https://sli.dev/ レイアウト面については調整が間に合わなかったので、今度勉強して出直してきます… 今回は初めてslidevでやってみました。