個人プロジェクト現状報告会

1e68801494505bd0e0ce67e2e1398af3?s=47 zaru
May 25, 2018

 個人プロジェクト現状報告会

TGIF 2018.05.26

1e68801494505bd0e0ce67e2e1398af3?s=128

zaru

May 25, 2018
Tweet

Transcript

  1. 個人プロジェクト現状報告会 TGIF 2018.05.26 @zaru

  2. @zaru 株式会社ベー シック CTO

  3. この1 年の個人プロジェクト現状報告

  4. 副業というか個人プロジェクト

  5. いろいろやってます

  6. でも売上 0 円 です

  7. がんばっていきましょ

  8. サー ビス系 pushnate murasame raysCI noco ライブラリ系 webpush seed_builder container-builder-local-api

  9. その他 自動タップ iPhone くん kamatakun jobcan コマンド rep コマンド

  10. いろいろやっているけど、 進捗は?

  11. pushnate -> プッシュ通知サー ビス。 サー ビス自体は提供維持している。 当初は多機 能で広げていたが、EC に特化させる方向にかじを切って既存機能を思 い切ってバッサリ削った。

    今年の夏までには EC の切り口でリニュー ア ル予定。 登録ユー ザ数: 2,000 配信数(4 月実績): 18 万( 多機能時は400 万程度) 売上: 安定の 0 円
  12. murasame -> ログ集約サー ビス。 技術検証を終えて満足してしまった。 今でもありだ と思っている。 売上: 当然の 0

    円 raysCI -> パフォー マンス計測 CI サー ビス。Rails であれば計測できるところまで は作りきれたが、 サー ビスデザインが難しくて挫折。 そして愚直な対応 が個人レベルでは難しいと判断。 別の形で再度挑戦したい。 売上: インフラコスト -5 万円
  13. noco -> コンテンツプラットフォー ム。 ベー タ版までいけた。 rebase をメイン に作っている。7 月までにはリリー

    スをしたい。 まだこれから。 売上: インフラコスト ??? 円
  14. webpush -> メンテのプルリク取り込みくらい。45 万ダウンロー ドくらい。 seed_builder -> DB スキー マから自動で

    seed を作る gem 。raysCI のベンチマー ク用デ ー タとして必要で作り始め、 ある程度はできたが複雑なモデル構成や意 味のある文字列を作ろうとしたり、 各種カスタムバリデー ションを通り 抜ける正規なデー タを作るのはしんどくてストップ。 container-builder-local-api -> GCP ContainerBuilder をロー カルでも実行できる API モックサー バ。 ちゃんと動作するし有用だがほんの一部の人にしか必要ない。
  15. 自動タップくん -> arduino 初作品。 電荷かけて iPhone タッチパネルの静電容量差を変化 させて疑似タップを発生させる。 放置系ゲー ムを本当に放置したくて作

    った。 完成したときには放置系ゲー ムに飽きてしまったのがアレ。
  16. kamatakun -> 例のかまたくんコマンド。 jobcan -> jobcan をコマンド操作できる。 管理者アカウントにも対応している。 いろいろ出来るけど、 ジョブカンでいろいろやりたくないという気持ち

    が強く、 あまり活用されていない。 rep -> GitHub lable / テンプレ設定コマンド。 たぶんきっと… 役に立つであろ う。
  17. いろいろ挑戦したけど…

  18. ほとんどは中途半端な状況

  19. 使える状態 -> まぁできる 人に使ってもらえる -> まぁむずかしい

  20. ライブラリは一人でもできる サー ビスは一人ではできない

  21. どうやって完成まで持っていくか 結局のところ気合。 気合なんだけど、 作っているものに少しでも疑問が 生じたら作り切るのは難しい。 疑問が生じたら、 とりあえず作ってみよ うじゃなくて、 とりあえず考え直そう。 途中であっても無駄にはならな

    い。 経験が今後に活かされる。 どういう形で取り組むか 技術的にやったことないこと x わりと普遍的な概念 技術的にはわりと得意 x 世の中的にまだ存在しない概念 でも、 せっかくだから両方未知の世界でやったほうが楽しいと思う。
  22. 手に入ったもの 圧倒的技術的経験値 例えば kubernetes / docker / GCP / rebase

    / arduino / MacApp / Go
  23. 今後、 作りたいもの メー ルサー バ API ID マッピングサー ビス プロダクトフィー

    ドバックツー ル DB から API 自動作成ツー ル CO2 濃度計測器 ふれんず募集中