workflow,job,step の使い分けの基準を考える

workflow,job,step の使い分けの基準を考える

D0260637093bc53a82195678fd2ba4c3?s=128

Kazuhiro NISHIYAMA

November 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. workflow,job,step の使 い分けの基準を考える Kazuhiro NISHIYAMA GitHub Actions Meetup Osaka #1

    2019/11/26 Powered by Rabbit 2.2.1
  2. 自己紹介 西山 和広 Ruby のコミッター twitter, github など: @znz 株式会社Ruby開発

    www.ruby-dev.jp 1/7
  3. workflow,job,step workflow 1 YAML ファイル job ランナー (コンテナなどの仮想環境) step プログラム

    2/7
  4. workflow の分割 トリガーが違うなら分割必須 pull request だけ tag push だけ (リリースアクション)

    issue に反応など 3/7
  5. workflow の分割? CI 環境の違い ubuntu と macos と windows で

    CI 次の job で分割でも構わない 4/7
  6. job の分割 実行環境 (runs-on) が違うときは必須 matrix で一部の違いはまとめられる needs で依存関係 if

    で ci skip 5/7
  7. step の分割 分割必須 uses: を使う shell: が違う よくあるその他の分割理由 ログを分ける 6/7

  8. まとめ workflow: トリガー job: 実行環境 step: uses やシェル 7/7 Powered

    by Rabbit 2.2.1