Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Project Enablementのご紹介_コパイロツト

COPILOT Inc.
October 30, 2023

Project Enablementのご紹介_コパイロツト

COPILOT Inc.

October 30, 2023
Tweet

More Decks by COPILOT Inc.

Other Decks in Business

Transcript

  1. Project Enablementのご紹介
    株式会社コパイロツト

    View full-size slide

  2. コパイロツトの概要

    View full-size slide

  3. 株式会社コパイロツトとは
    多種多様な目的やメンバー構成のチームにおいて
    プロジェクトを推進するため、
    「コパイロツト(副操縦士)」は2005年に設立されました。
    デジタル領域や新規事業開発のサポートをしながら、
    プロジェクト推進できるチーム・組織づくりを
    プロジェクトチームと一緒に目指します。
    3

    View full-size slide

  4. コパイロツトの事業ドメイン
    PS(Project Success) PE(Project Enablement)
    研究
    ● 目の前のプロジェクトを成功に導く
    ● クライアントのプロジェクトに直接関わっ
    て、推進を支援
    ● プロジェクトメンバー全員でプロジェクト
    を推進しやすい状態にするための考え方や
    仕組みを構築
    ● プロジェクトの進め方についての共同開発
    ・言語化
    ● プロジェクト推進について探求する研究チーム
    ● プロジェクトマネジメントを中心としながら、ナ
    レッジマネジメントや組織についても研究
    4
    本資料の対象

    View full-size slide

  5. Project Enablementとは

    View full-size slide

  6. Project Enablementとは
    プロジェクトでより良い成果を生み出していくために、
    プロジェクトの進め方そのものを最適化していく取り組み
    6

    View full-size slide

  7. プロジェクトマネージャーだけでなく、
    プロジェクトメンバー全員で、
    状況に適応しながらプロジェクトを推進できている状態
    Project Enablement を通じて実現したい状態
    7
    「Enablement」という言葉は、
    「〜ができるようになる」という意味。
    最近では、セールスイネーブルメントでよく使われる。

    View full-size slide

  8. プロジェクトを取り巻く環境
    ● プロジェクトの内容的難しさ・不確実性の高さ(DXや地方創生の流れ)
    ○ 何をすべきか分からない
    ○ 何が問題なのかも分からない
    ○ 特定の正解が無い中でのプロジェクト推進
    ● 20世紀とは状況が変わっているにも関わらず、考え方や進め方がアップデートできていない現状
    ○ たとえば、アジャイル開発はアップデートされた考えの1つであるが、そこに接する機会がない
    プロジェクトも少なくない(非デジタル)
    ○ アジャイル開発を取り入れているプロジェクトであったとしても、プロジェクトの進め方に苦
    労されている
    ● にもかかわらず、個の努力に依存する、という日本社会の文化
    8
    これでは、プロマネもメンバーも苦労し続けることになってしまう

    View full-size slide

  9. プロジェクトの進め方に目を向ける
    9
    プロジェクトの進め方に目を向ける

    View full-size slide

  10. なぜ、プロジェクトの進め方に目を向ける必要があるのか?
    10
    プロジェクトの<進め方の質>が<内容の質>に影響を与えるため
    (それぞれのプロジェクトにあった進め方が必要)
    1
    新しいプロジェクトで、同じような問題を繰り返さないため
    2
    進め方自体に目を向けることが、プロジェクトチーム(プロジェクトマネー
    ジャー・メンバー)の学習・成長のために不可欠であるから
    3
    方法論のテーラーメ
    イド・適用が重要

    View full-size slide

  11. Project Enablement を通じて実現したい状態
    11
    個人
    プロジェクト
    /組織
    社会
    しなやかに
    生きる
    ● 「なんとかなる」と、自分や自分たちの
    未来を信じられる人を増やしたい
    楽しく働く
    ● プロジェクトに対する組織・企業の常識
    を変える
    ● プロジェクト推進スキルを高めること
    で、心に傷を負ってしまうプロジェクト
    マネージャーやメンバーを減らす
    社会が変化
    し続ける状
    態を
    ● プロジェクトマネジメントが「ものごと
    を進めるということ」の土台(リベラル
    アーツ)であるという認識の普及
    ● それを通じて、社会がポジティブに変化
    し続けられる状態に
    リベラルアーツとしての
    プロジェクト
    マネジメント
    「プロジェクトを進める方法論の探求と普及」を通じて、
    社会・組織・プロジェクト・個人が変化に適用しやすい状態を構築する

    View full-size slide

  12. Project Enablementでご提供しているサービス
    SGMs
    Project
    Enablement
    コンサル・
    コーチング
    研修
    クラウドツール
    プロマネの方法論導入
    アドバイス・コーチング
    方法論の共同開発
    学びの場
    12
    Project Enablement では、以下の3つのサービスを通じて、
    誰もがプロジェクトを進めやすい状態になるためのご支援をします。

    View full-size slide

  13. Project Enablementでご提供しているサービス
    13
    概要
    ● コパイロツトで開発している
    SuperGoodMeetings(SGMs)を導入・活

    SGMs
    1
    ● お客様のプロジェクトやプロジェクトマ
    ネージャーに対するコンサルティングや
    コーチングを通じて、プロジェクトを進め
    やすくするための環境を構築
    ● お客様の業務や文化に合うプロジェクトの
    進め方の「型」を言語化し、組織への浸透
    を支援
    コンサル・
    コーチング
    ● プロジェクトマネジメント、MTGファシリ
    テーションなどについて研修やワーク
    ショップを実施
    研修
    2
    3
    主な業務実績
    ● 【ヴェネクト株式会社】会議は「事前に設計」するもの。可視化
    がプロジェクトの進行を加速させる
    ● 【ゴール・システム・コンサルティング株式会社】「認識のズレ
    を補正する仕組み」で、社内のコミュニケーションを円滑に
    ● 【新陽高等学校】学校・教育現場でこそ、プロジェクト推進のた
    めのメソッドが活きる
    ● 【クラスメソッド株式会社】プロジェクト推進メソッドの共同開
    発と組織への浸透
    ● 【株式会社 THE GUILD】ナレッジマネジメント環境構築支援
    ● 【ひろしま環境ビジネス推進協議会】新規事業計画ハンズオン支

    ● 【一般社団法人中目黒駅周辺地区エリアマネジメント】中目黒ま
    ちづくり活動
    ● 【パナソニック コネクト株式会社】リモート環境におけるプロ
    ジェクトファシリテーション研修
    ● 【新潟県村上市役所】会議のファシリテーション研修

    View full-size slide

  14. Project Enablement for Organization

    View full-size slide

  15. Project Enablement と Project Enablement for Organization
       <組織の共通言語を創造>
    ● OEは、お客様がプロジェクトを進めやすい状態にするために、組織の<共通
    言語>を創造・共有していく取り組み
    ● これによって、それぞれのプロジェクトを行う上での前提や価値観が揃い、プ
    ロジェクトの質が向上するための土台に
       <業務・プロジェクトの進め方の最適化>
    ● プロジェクトでより良い成果を生み出していくために、プロジェクトの進め方
    そのものを最適化していく取り組み
    ● プロジェクトマネージャーだけでなく、プロジェクトメンバー全員で、状況に
    適応しながら業務・プロジェクトを推進できている状態を目指す
    Project
    Enablement
    Project
    Enablement for
    Organization
    ● Project Enablement for Organization(OE)は、お客様がプロジェクトや業務を進めやすい
    状態にするために、組織の<共通言語>を創造・共有していく取り組みです
    15

    View full-size slide

  16. COPILOTについて

    View full-size slide

  17. Project[主な支援実績]
    お問い合わせ
    支援実績/お問い合わせ
    コパイロツトは、課題整理や戦略立案から参画し、プロジェクトを効果的に推進するための
    「プロジェクトマネジメント」「ファシリテーション」「ナレッジマネジメント」などの
    お手伝いをさせていただきます。
    これまでの実績・支援の詳細は、ぜひコパイロツトのサイトをご覧ください。
    またお仕事のご依頼・ご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせいただければ幸いです。
    17

    View full-size slide

  18. COPILOTとは
    多種多様な目的やメンバー構成のプロジェクトに、
    コパイロツトとして、プロジェクトマネージャーとして、ファシリテーターとして、チームで伴走します。
    より質の高い本質的な成功へと導くため、企業のみなさまを含めたチーム・組織パフォーマンスの最大化をは
    かるとともに、ナレッジを活用した自律的な組織づくりを一丸となって目指します。
    18
    商号
    所在地
    設立
    役員
    ウェブサイト
    お問い合わせ
    tel
    株式会社コパイロツト
    東京都港区南青山2-22-2 南青山篠崎ビル2F
    2005年
    共同創業者 定金 基 / サダカネモトイ
    https://copilot.jp/
    [email protected]
    03-5772-2940

    View full-size slide