Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイルな働き方の本質 / Agile Way of Working

アジャイルな働き方の本質 / Agile Way of Working

XP祭り2022発表資料

Fumihiko Kinoshita

October 01, 2022
Tweet

More Decks by Fumihiko Kinoshita

Other Decks in Business

Transcript

  1. ΞδϟΠϧͳಇ͖ํͷຊ࣭
    ʙυϥοΧʔͱ91͔Βͷߟ࡯ʙ
    木下 史彦
    永和システムマネジメント

    View full-size slide

  2. ೥ࠒ͔ΒΤΫετϦʔϜɾϓϩάϥϛϯάΛ։ൃݱ৔Ͱ࣮ફɻ೥ʹΧφμ
    Ͱ։࠵͞Εͨ"HJMF$POGFSFODFʹͯΞδϟΠϧϓϥΫςΟεͷ࣮ફࣄྫΛൃ
    දɻ೥ʹ͸ʮՁ஋૑଄ܖ໿ʯΛఏএɻ೥ɺΞδϟΠϧࣄۀ෦Λઃཱɻ
    ݱࡏ͸ΞδϟΠϧίʔνͱͯ͠ʮ·ͬͱ͏ͳΞδϟΠϧ։ൃʯΛඪᒗͯ͠ίϯαϧςΟ
    ϯάɾίʔνϯά׆ಈʹैࣄɻࣗಈंϝʔΧʔɺҩྍػثϝʔΧʔɺ௨৴ΩϟϦΞɺۚ
    ༥ػؔͳͲͷ%9Λਪਐɻ
    ؂༁ॻʹʰΞδϟΠϧϓϥΫςΟεʱʢΦʔϜࣾʣɺʰΞʔτɾΦϒɾΞδϟΠϧσ
    ϕϩοϓϝϯτʱʢΦϥΠϦʔʣ͕͋Δɻ
    ໦Լ࢙඙
    גࣜձࣾӬ࿨γεςϜϚωδϝϯτ
    "HJMF4UVEJPϓϩσϡʔαʔ
    ΞδϟΠϧίʔν
    4DSVN*ODೝఆτϨʔφʔ

    View full-size slide

  3. ΞδϟΠϧͳಇ͖ํ
    https://www.agile-studio.jp/post/agile-way-of-working-and-hr-development

    View full-size slide

  4. ِ૷੥ෛԿ͕໰୊ʁ
    61 37






    PO SM

    View full-size slide

  5. ߸ࠂࣔʹؔ͢ΔٙٛԠ౴ू
    https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/gigi_outou01.html

    View full-size slide

  6. ໰୊ɿϐϥϛου͸ϐϥϛουܕ૊৫ʹΑͬͯ࡞ΒΕͨʁ
    Photo by Jeremy Bishop on Unsplash

    View full-size slide

  7. ϑϨσϦοΫɾςΠϥʔ
    技術者、経営学者
    以前
    多 ⽣産 唯⼀ ⽅法 、 ⻑ 働 、
    激 働 。
    功績
    仕事 研究、分析、 知識 応⽤
    20世紀 経済発展 礎 築 。
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Henry_L._Gantt.jpg
    ΨϯτνϟʔτΛൃ໌
    ͨ͠ϔϯϦʔɾΨϯτ
    ͸ςΠϥʔͷఋࢠ
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Frederick_Winslow_Taylor.JPG
    (1856ʙ1915)

    View full-size slide

  8. Պֶత؅ཧ๏ʢ՝ۀ؅ཧ΍࡞ۀͷඪ४ԽͳͲʹΑΔ࿑ಇऀ؅ཧͷํ๏࿦ʣ
    仕事 単純作業(単純反復動作) 分解 、組 直 ⽣産性 ⾼
    ⽅法
    科学的管理 4原則
    作業 各要素 科学的 分析 、仕事 最 能率的 遂⾏ 最善 ⽅法 考案 。
    作業者 考案 通 ⽅ 仕事 遂⾏ 教育 。作業者 、
    仕事 適 ⾒ 、⼀流 訓練 管理者 役割 。
    管理者 仕事 達成 、作業者 協⼒ 。
    管理者 責任 計画⽴案 監督 携 、作業者 遂⾏ 。
    主義 批判
    働 ⼈間 ⾃動化 標準化 機械 ⾒ 。労働者 社会的 位置 役割、個性 労働
    ⼒、標準化 交換⾃由 ⻭⾞ ⾒ 。
    熟練 否定。 、本物 労働者 、技術者 職⼈ 誇 、仕事 中⾝ 理解、必要
    技能、 社会的 位置 役割 ⼈々 。

    View full-size slide

  9. γϟϕϧ͍͘͢ͷ࣮ݧ
    Photo by Andrey Metelev on Unsplash
    5 40 5 刻 時間
    計測
    ① 時間
    ② 時間
    量20 (約9.5kg) 疲労
    少 、最⼤ 作業量(⽣産性) 得
    γϟϕϧͻͱ͍͘͢ͷॏ͞ʹద੾ͳॏ͕͋͞Δ
    • 柄 太 、⻑ 、持 ⽅
    • 差 込 ⾓度、⼒
    • 取 物 投 出 距離

    実験 ⾏ 。
    ੜ࢈ੑ͸ഒʹ

    View full-size slide

  10. ϔϯϦʔɾϑΥʔυ
    企業家、 ・ 創設者
    ⽣産
    作業 標準化・ 化
    徹底 分業化
    流 作業
    経営観
    ⼤衆 精神
    利潤動機 賃⾦動機(⽇給5 、当時 賃⾦相場 2倍)
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Henry_ford_1919.jpg
    (1863ʙ1947)
    https://gazoo.com/article/car_history/140919_1.html

    View full-size slide

  11. ΤϧτϯɾϝΠϤʔ
    ⽂明評論家、⼈間関係論学派 創始者
    郊外 ・ 社
    ⼯場 1924年 1932年 ⾏ ⽣産性
    向上 関 実験 参加。
    実験 知 。
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Elton_Mayo.jpeg
    (1880ʙ1949)

    View full-size slide

  12. ϗʔιϯ࣮ݧ
    Photo by Rodion Kutsaev on Unsplash
    賃⾦、休憩時間、軽⾷、部屋 温度・湿度 条件 変
    実験 関係 作業能率 上昇




    View full-size slide

  13. Ϛζϩʔཁٻஈ֊આ
    ϚάϨΨʔ9ཧ࿦ɾ:ཧ࿦
    ϋʔζόʔάೋཁҼཧ࿦
    9ཧ࿦
    ਓؒ͸ੜ·Ε͖ͭ࢓ࣄ͕ݏ
    ͍Ͱɺ੹೚Λճආ͠Α͏ͱ
    ͢Δ΋ͷͩɻ
    :ཧ࿦
    ਓؒ͸ੜ·Ε͖ͭۈษͰɺ
    ਐΜͰ࢓ࣄΛߦ͍ɺ੹೚Λ
    ͱΖ͏ͱ͢Δ΋ͷͩɻ
    ࣗݾ࣮ݱཉٻ
    ঝೝཉٻ
    ࣾձతཉٻ
    ҆શཉٻ
    ੜཧతཉٻ
    ෆຬͷݪҼ ຬ଍ͷݪҼ
    ୡ੒
    ঝೝ
    ࢓ࣄ
    ͦͷ΋ͷ
    ੹೚
    ঢਐ
    ձࣾͷ੓ࡦͱ؅ཧ
    ؂ಜٕज़
    څ༩
    ্࢘ͱͷ
    ରਓؔ܎
    ࡞ۀ৚݅

    View full-size slide

  14. ϐʔλʔɾυϥοΧʔ
    社会⽣態学者
    知識労働
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Drucker5789.jpg
    (1909ʙ2005)

    View full-size slide

  15. اۀͱ͸Կ͔
    1943年 18 ⽉間 GM研究
    ⼤企業 管理 分権経営 ⼿法 GM 採⽤ 事業部
    制 素晴 紹介
    ⼀⽅、以下 点 批判
    GM 作業者 利潤追求 (削減 ) 考
    、作業者 ⼈間 活⽤ 経営資源
    GM 命令 管理 重視 官僚主義 陥 、将来 急激
    変化 対応

    View full-size slide

  16. ஌ࣝ࿑ಇ

    View full-size slide

  17. 959
    集団(知識労働者) 出現 新 経済学
    誕⽣ 、組織 知識 専⾨技能知識
    真 "⽣産 要素" 、従来、経済
    学 ⽣産 三要素 "⼟地、労働、資
    本" 知識 有効 働 限定条件

    ஌ࣝ࿑ಇ
    ʰม๴͢Δ࢈ۀࣾձʱʢϐʔλʔɾυϥοΧʔʣ

    View full-size slide

  18. ஌ࣝ࿑ಇ
    知識労働者 ⾃分 何 、 仕事 向
    、 最 働 知
    、⽣産的 、今⽇ 明
    。換⾔ 、知識労働 、
    計画 実⾏ 切 離
    。 、知識労働者 、⾃ 仕事 計画

    『 起 未来』( ・ )
    現代 組織 、知識労働者 組織 。 、
    同等 者、同僚、僚友 組織 。 知識
    、他 上位 来 。知識 位置 、
    知識 固有 優位性 劣位性 、共通 任務
    対 貢献度 規定 。現代 組織 上司 部下
    組織 。 。
    『 条件』( ・ )

    View full-size slide

  19. 荒野 、 観光客 乗 ⼤型⾞ 故障 起 、⼀歩 動 。 原
    因 、⾶⾏機 ⾃動⾞ ⼈ 投 始末 。観光客
    ⾞ 捨 帰途 、⼀⼈ 、 50 離 ⼭ 向 年 鍛冶屋
    住 、 鍛冶屋 若 思 出 。無駄 思 、
    鍛冶屋 呼 。3⽇ ⽼⼈ 乗 現 。彼 ⾃動⾞ ⼀⽬⾒ 、 借
    ⼀ 所 軽 、「 動 」 。 、 試験台
    軽快 ⾳ 動 始 。
    観光客 ⼤喜 「 礼 」
    「100 」
    「 、 2度 100 ?」
    「明細 出 。 2 ̶10 、 ⾒ 費⽤̶99
    90 」 ⽼⼈ 答 。 ʰม๴͢Δ࢈ۀࣾձʱʢϐʔλʔɾυϥοΧʔʣ
    Photo by Mohammad Shahhosseini on Unsplash

    View full-size slide

  20. ϚʔγϟϧɾϚΫϧʔϋϯ
    英⽂学者、⽂明批評家
    研究 第⼀⼈者
    “ ”
    https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f8/Marshall_McLuhan.jpg
    (1911ʙ1980)

    View full-size slide

  21. 情報 ⽣産 主 電気時代
    、労働 作業( )
    役割( )
    :分業化 仕事 作業員
     :全体 成果 主体的 参加 職業⼈
    Photo by NASA on Unsplash
    — ϚʔγϟϧɾϚΫϧʔϋϯ

    View full-size slide

  22. ະख़࿅࿑ಇ



    ஌ࣝ࿑ಇ






    View full-size slide

  23. ໰୊ɿͲͬͪʹͲΕ͘Β͍ࣅ͍ͯΔʁ
    Photo by Andrey Metelev on Unsplash
    https://gds.blog.gov.uk/2016/09/01/using-mob-programming-to-solve-a-problem/
    Photo by Damir Kopezhanov on Unsplash

    View full-size slide

  24. Photo by Andrey Metelev on Unsplash
    ΢ΥʔλʔϑΥʔϧ
    開発
    未熟練労働 要素還元

    View full-size slide

  25. ΞδϟΠϧ
    Photo by Damir Kopezhanov on Unsplash
    開発
    知識労働

    View full-size slide

  26. 開発 問題
    、 主
    義 伴 仕事 社会構造
    。 提唱
    「時間・動作研究」 儀
    式 道具
    、我々 無意識
    社会構造 継承

    社会構造 、
    開発 適

    ʰΤΫετϦʔϜϓϩάϥϛϯάʱʢέϯτɾϕοΫʣ

    View full-size slide

  27. ⽋点 = 単純化 仮定
    ςΠϥʔओٛ
    計画⽴案 実⾏作業 分離
    独⽴ 品質部⾨ 設置
    主義
    ⼿順
    通常、物事 計画 進 。
    局所最適化 全体最適化 。
    ⼈ 代替可能 、何 指⽰ 必要

    ʰΤΫετϦʔϜϓϩάϥϛϯάʱʢέϯτɾϕοΫʣ

    View full-size slide

  28. 開発 、創作
    協調 。
    Photo by Austin Distel on Unsplash
    主⽬的:動作 納品
    ⼆次的 ⽬標:次 ( 変更 、関連 作成) 設定
    ̶ アリスター・コーバーン

    View full-size slide

  29. ίϛϡχέʔγϣϯ
    ⽣物学的 、 「情報 伝達」
    ʰTree of Knowledge: The Biological Roots of Human Understandingʱ
    Photo by Hal Gatewood on Unsplash
    Photo by Markus Spiske on Unsplash

    View full-size slide

  30. ෆ׬શͳίϛϡχέʔγϣϯ

    View full-size slide

  31. ιϑτ΢ΣΞ։ൃͱ͍͏ήʔϜ


















    ΢ΥʔλʔϑΥʔϧ
    ΞδϟΠϧ

    View full-size slide

  32. ૑࡞ͱίϛϡχέʔγϣϯͷ
    ڠௐήʔϜ
    開発者 、完全 理解 問題 取 組 。
    問題 、進⾏ 変化 感情、希望、思考 中
    存在 。
    開発者 ⾏ 仕事
    問題領域 理解 。
    実⾏可能 技術領域 問題 解 想像 。
    頭 中 描 、実⾏可能 ⾔語 、失敗 許
    表現 。実⾏可能 ⾔語 、表現機能
    多 ⽋ 。
     これを未熟練労働に要素還元できると思う?

    View full-size slide

  33. 91͸ιϑτ΢ΣΞ޻ֶίϛϡχςΟͷ
    ੟Ҭʹ௚઀௅ΜͰ͍ΔͷͰ͢ɻͭ·Γɺϓ
    ϩάϥϚͷ஍ҐΛ޲্ͤ͞Δ͜ͱͰɺιϑ
    τ΢ΣΞ޻ֶ͕೥ʹΘͨͬͯੵΈॏͶͯ
    ͖ͨՁ஋؍Λͻͬ͘Γฦͦ͏ͱ͍ͯ͠Δͷ
    Ͱ͢ɻ
    Šʰ91ΤΫετϦʔϜɾϓϩάϥϛϯάջٙฤʱ
    l

    View full-size slide

  34. ΞδϟΠϧͳಇ͖ํ
    https://www.agile-studio.jp/post/agile-way-of-working-and-hr-development

    View full-size slide

  35. ܶతॠؒ
    ʰXPΤΫετϦʔϜϓϩάϥϛϯάద༻ฤʱΑΓ

    View full-size slide

  36. プログラマが⾒積りをはじめると、顧客はいらいらしはじめた。彼はプ
    ログラマに「もっと⾒積りを減らせないか」と聞いた。(中略)私は
    ちょっと辟易した。開発側の⼈間は何と⾔い返せばいいのだろう?そのと
    きプログラマのひとりがこう⾔った。「せかされながら作ったソフトウェ
    アがどんなものか、もうご覧になったでしょう。これが私たちの⾒積りな
    のです。この仕事をこの⾒積りでやらせてください。そうすれば、次は
    もっといい⾒積りをお出しできるはずです。」顧客は抵抗をやめた。彼は
    理解したのだ。
    そのとき私はとても幸せな気分になった。プログラマたちは⾃ら⽴ち上
    がったのであり、私がお膳⽴てしたのではないということが重要だ。その
    瞬間は健全な⼈間関係を確⽴するすばらしいチャンスだった。
    ʰXPΤΫετϦʔϜϓϩάϥϛϯάద༻ฤʱΑΓ

    View full-size slide

  37. それ以来、XPに移⾏することにしたかなりの数のチームとともに働
    き、連絡を取ってきた。そうしているうちに、私は「劇的瞬間(tipping
    point)」、つまりプロセスを続けるととてもいいチャンスがやってくると
    いうことが分かった。劇的瞬間は開発側の⼈間が押し返すときにやってく
    る。開発側が押し返せなければ、プロセスはバランスを失う。プログラマ
    が低すぎる⾒積りを出し、コードの品質が落ち、チームが徐々にどん底へ
    となだれ込んでいくケースもある。また、チームがプレッシャーに耐えか
    ねて、すぐにプラクティスから逸脱してしまうケースもある。
    XPでは、ビジネス側の⼒と開発側の⼒が本当にバランスを保っていな
    くてはならない。(中略)「劇的瞬間」はかならずやってくる。私には劇
    的瞬間が分かる。その⼀瞬こそ、XPの継続に向かって⼤きく⾶躍すると
    きなのだ。
    ʰXPΤΫετϦʔϜϓϩάϥϛϯάద༻ฤʱΑΓ

    View full-size slide

  38. ஌ࣝ࿑ಇऀͷҙཉͷݯઘ
    (1)組織 何 、 ⾏
    知 。
    (2)責任 与 、 ⾃⼰実現 。
    適 配置 。
    (3)継続学習 機会 持 。
    (4)敬意 払 。彼 ⾃⾝ 、
    彼 専⾨分野 敬意 払 。

    View full-size slide

  39. ·ͱΊ
    “ ” 違 開発 対 捉 ⽅ 違
    。“ ” 開発 “創作 協調 ” 、決
    未熟練労働 要素還元 、 知識労働 ⽴場

    XP ⼯学 30年 積 重 価値観、 開発
    未熟練労働 要素還元 考 ⽅ 返 。
    、XP 地位 向上 ⼿段 。決 ⾰命
    、社内組織 組 替 社内制度 改正 。顧客 上司 理解
    、権限委譲 。 ⾃ ⾼ 倫理観 勇気 ⽴ 上 (押 返 )
    、敬意 払 、健全 ⼈間関係 築 。
    各⾃

    View full-size slide