$30 off During Our Annual Pro Sale. View details »

STORES Company Slide for Engineers

STORES, Inc.
November 24, 2021

STORES Company Slide for Engineers

お商売のデジタル化を支援する「STORES 」を展開する STORES の開発チームのご紹介です。
開発チームのメンバーや開発スタイル、直近の開発テーマなど、チームや技術に関する幅広い情報をご覧いただけます。

詳しい会社紹介についてはこちら → https://speakerdeck.com/heyinc/hey-book

採用情報についてはこちら → https://jobs.st.inc/

STORES, Inc.

November 24, 2021
Tweet

More Decks by STORES, Inc.

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Last Updated:2022.10.3 ©STORES,Inc. All Rights Reserved. Ver.3.0 STORES Company Slide

    for Engineers STORES 株式会社 会社紹介
  2. 目次 STORES がめざすこと STORES がつくるもの エンジニア組織について STORES で活躍するエンジニアたち 働きやすくするためのしくみ STORES

    株式会社について 01 02 03 04 05 06
  3. None
  4. Who We Are STORES がめざすこと

  5. STORES のミッション こだわりや情熱、たのしみに駆動される経済をつくる 熱中しているひとたちから生み出される、 多様な商品やサービスが街に溢れる世界。 その経済を支える、デジタルインフラを提供する。

  6. 背景  デジタル化の遅れによる 長時間労働 営業時間の平均は週6日・1日9時間超で1週間あたり53.7時間 労働人口の減少による 人材不足 「人手不足の深刻化」「売上減少 / 機会損失」より経営継続が困難に 中小企業で働く人の割合は

    約 70% 参考:中小企業庁「中小企業・小規模事業者の数(2016年6月時点)の集計結果を公表します」 地域や生活に密着した 商品・サービスを提供 参考:中小企業庁「令和元年度中小企業白書」 社会課題 中小企業の デジタル化が日本経済の活性化に欠かせない 日本における中小企業の重要性 参考:厚生労働省「自営業者における労働時間と働き方に関する調査」
  7. What We Make STORES がつくるもの

  8. STORES の事業 お店のデジタルを まるっとサポート。 個人や中小事業の方々に向けて、 お店のデジタル化をまるっと 実現できる価値を提供しています。

  9. STORES の2つの注力領域 フロントオフィス業務のデジタル化 OMOの実現 STORES プラットフォームを通じて、お店とお客さんの間にあるフロント オフィス業務のオペレーションを効率化。お商売に必要な「ヒト、モノ、 カネ」の全てをデジタル化することで、お商売をしているオーナーさんが お客さんの理解をより深められるサービスを目指します。 お商売のあり方は、コロナ禍による社会変容に伴って、より一層多岐に渡っ

    てきています。オンライン✕オフライン を行き来する購買(OMO)は消費 者にとってはすでに当たり前になっています。私たちは、そんなこれからの お商売のあり方をサポートし、信頼され、使い続けていただけるようサービ スを提供し続けます。 オンライン 実店舗
  10. PRODUCTS お店のデジタル化を支援する、5つのプロダクト。 ネットショップ開設・運営 お店のキャッシュレス オンライン予約システム POSレジ 店舗アプリ作成

  11. 自分でつくれる、 本格的なネットショップ むずかしい知識や技術いらずで 自分だけのネットショップをかんたんに。 PRODUCTS

  12. ネットショップとひとつになった 新しいPOSレジアプリ ネットショップとお店の 商品・在庫・売上データをまるっと管理。 PRODUCTS

  13. お店のキャッシュレスを かんたんに クレジットカード決済も、電子マネー決済も、 QR決済も、これひとつで。 PRODUCTS

  14. 予約の「めんどう」を 解決する ガイドに沿って設定するだけで、 あっという間に専用の予約サイトを作成。 PRODUCTS

  15. 1to1のおもてなしを実現する 店舗アプリ作成 実店舗やネットショップの 顧客情報・購買情報をまるっと管理 PRODUCTS

  16. エンジニア組織について Our Teams

  17. テクノロジー部門マニフェスト 職業人として技を磨き続ける。 その自力があるから、みんなで大きなことができる、 どんな課題や変化にも応えられる。 制約の中で最高に良いものを作る。 そのエンジニアのこだわりが、 オーナーさんのこだわりに応えていく。 「Just for Fun

    - こだわりや情熱、たのしみに駆動される経済をつくる- 」というミッションに向かうためのエンジニアのあるべき姿
  18. テクノロジー部門のバリュー 縦に技を掘る 自らの技術的な専門性を、磨き続けているか。 また、それを発揮して 人から頼られる存在になっているか。 専門性を深化させることは、 別領域の専門性を掴みやすくする。 イシューを問い直す 課題の本質を見極め、 今やるべきことを正しく捉えているか。

    「やらなくて済むこと」をやっていては、 価値も速度も生み出せない。 最短経路で価値を生む 目的に対して最短経路で進めているか。 その道筋を見つける工夫が、 プロダクトの価値を高めていく。 仮説を仕込む 状況理解のために、よく観察し、 検証のための仮説を立てているか。 例えば、何か課題があった時に ログを紐解いたり、仕込んだり。 解像度を高くするために探索行動をしよう。 論より動くもの 考えや解決策を、 目に見えるもの、動くもので提案しよう。 プロトタイプやプルリクエストが、 チームの意思決定を加速させる。 役割を超える オーナーシップを持ち、 時には自らの役割を超えた行動をしているか。 自分を超える。 必要とあらば、自ら一歩目を踏み出し、 専門領域を超える。 チームを超える。 他のチームに自分の専門性が必要な時、支援する。 またそのような越境者を歓迎する。 STORES のエンジニアが大事にしている行動指針
  19. テクノロジー部門の体制 テクノロジー部門 予約本部|STORES 予約 の開発 決済本部|STORES 決済 の開発 プロダクト基盤本部|ID基盤など共通基盤の開発 リテール本部|STORES

    の開発 モバイル本部|モバイルプロダクトの開発 データ本部|データ分析および環境づくり セキュリティ本部|セキュリティ対策・監査対応 CTO室|部門全体の技術課題解決 プロダクトマネジメント部門 プラットフォーム部門 デザイン部門 PX部門 コーポレート部門 CRM本部|STORES ブランドアプリ の開発 エンジニアリング室|部門全体の組織課題解決 STORES
  20. メッセージ 一番大事なのは「いっぱいコードを書いていっぱいデプロ イする」に尽きると思います。それによりプロダクトデリ バリーができるチームでありたいし、そういうところで僕 も働きたいですから。また、この会社はいろいろな成り立 ちのチームが集まってできています。それぞれのチームの 個性がありすぎて、驚きが生まれるような組織になったら いいなと思います。 ── CTO

    藤村大介 続きを読む(people.st.inc)
  21. メッセージ 次々と大きなカオスに向き合い続けることで沢山の経験・ 成長を積むことができて、課題を解くための引き出しがど んどん増えていく。飛び込む気力もタフになっていく。hey はカオスは無限にありますし、メンバーに加わってくださ る方には、カオスを作っていく方でもあってほしいです。 ── VPoE 佐藤大介 続きを読む(people.st.inc)

  22. エンジニアに活躍してもらうための工夫 メンバーの学習支援 • 勉強会サポート • 書籍の備品購入 知見の共有 • STORES Product

    Blog • 社内LT大会 / 社内勉強会 • ワーキンググループ活動(Go, インフラ, 技術広報) コミュニティへの貢献 • 技術カンファレンス へのスポンサー活動
  23. コミュニティへの貢献 スポンサー活動を通じてコミュニティへの貢献を行っています 技術書典 12 JaSST ‘22 Tokyo Rails Girls Japan

    (2022) iOSDC Japan 2022 RubyKaigi 2022 Kaigi on Rails 2022 Vue Fes Japan Online 2022 JJUG CCC 2022 Spring Go Conference 2022 Spring CODE BLUE 2022 RESEARCH Conference 2022 SRE NEXT 2022
  24. STORES / STORES レジ の主な利用技術 サーバーサイド Ruby, Ruby on Rails

    インフラ Redis, MongoDB Atlas, AWS (EC2, CloudFront, S3, etc) フロントエンド TypeScript, Vue.js, Nuxt.js, AngularJS モバイル Swift, SwiftUI, Combine, Realm
  25. STORES 決済 の主な利用技術 サーバーサイド Java, Spring Boot インフラ AWS (ECS

    Fargate/RDS/S3 etc.) フロントエンド JavaScript, TypeScript, React.js, Redux モバイル Swift, Objective-C, Kotlin, Java, C, C++ QA JIRA Zephyr, MagicPod
  26. STORES 予約 の主な利用技術 サーバーサイド Ruby, Ruby on Rails インフラ Redis,

    MySQL, AWS (ECS, CloudFront, S3, etc) フロントエンド TypeScript, React.js, Next.js モバイル Swift, SwiftUI, Kotlin
  27. STORES ブランドアプリ の主な利用技術 サーバーサイド Ruby, Ruby on Rails インフラ AWS

    ECS, MySQL, Redis, Elasticsearch, Datadog, CircleCI フロントエンド Vue.js, vue-router, Vuex モバイル Swift, RxSwift Kotlin, Coroutine
  28. プロダクト基盤本部 / データ本部 の主な利用技術 サーバーサイド Go インフラ PostgreSQL, AWS, GCP

    フロントエンド TypeScript, Next.js データ分析 BigQuery, Redshift, Redash, Metabase, Embulk, Digdag その他 Datadog
  29. STORES で活躍するエンジニアたち Members

  30. メンバー紹介 STORES が掲げている未来は、長い期間かけて 取り組んで手に入れられるものだから、腰を据 えてそれを作り上げていきたいなと思っていま す。 例えば、不正決済が起きてしまった場合のしわ寄せがオーナーさんに いかないように、機能の面からオーナーさんの安心なお商売を 支えられたらと思っています。 ──

    STORES エンジニア 続きを読む(people.st.inc)
  31. メンバー紹介 STORES 決済 は裏側が複雑なシステムなので、 制約を把握しながら 決めていくことが多いですね。 お互いの主張は持った上で、仕事を切り分けるのではなく、 それぞれの責務を理解した上で実際やるとしたらどうなるか、 優先したい項目は何かを話し合いながら決めていきますもんね。 ──

    決済本部 エンジニア & プロダクトマネージャー 続きを読む(people.st.inc)
  32. メンバー紹介 QAはコードを書いてプロダクトを作る わけではないので、一緒に良いプロダクトを 作るために愛着を持って欲しいんです。 メンバーの品質への思いを共有しあって、意識をそろえるために ワークショップをやっているんです。QAには社員だけでなく アルバイトや業務委託の方もいる。それぞれの意識を揃えるために 始めたのですが、すでに手応えを感じています。 ── STORES

    決済 QAエンジニア 続きを読む(people.st.inc)
  33. メンバー紹介 STORES はネットショップ、決済、予約、レジ と質が異なるデータがひとつにまとまってい る、すごく面白い環境です。 ひとつのプロダクトを理解するのも難しいし、オーナーさんのひとつの お店を理解するだけでも難しいのですから、分析する幅も広い。 分析する課題には事欠かないのが、やりがいだと思います。 ── データアナリスト

    続きを読む(people.st.inc)
  34. メンバー紹介 私が目指しているのは 「セキュリティを空気にすること」です。 STORES を利用してくださっているお客様や社内の業務システムを 使っている方、ひとりひとりが意識をしなくてもセキュリティが高く 保たれている状態を作りたいと思っています。サービスを利用してく ださるお客様や STORES ではたらくみなさんが安心、安全に使える

    システムをつくるための基盤になるのが目標です。 ── セキュリティ本部 続きを読む(people.st.inc)
  35. メンバー紹介 サービスへの愛着が 原動力になっているんだと思います。 私は長年ヨガをやっているんですが、仲良しのヨガの先生に一度、 現在のSTORES 予約を勧めたことがあるんです。 その先生が未だに使い続けてくれているのを見た時に、 私はいいものを作ったのかもしれないな、なんて思いました。 ── エンジニア

    続きを読む(people.st.inc)
  36. メンバー紹介 大手ではもう出来上がってしまっている。 プラットフォームづくりができる 珍しいチャンスだなと思いました。 取り組むプロジェクトも面白いなと感じました。 プラットフォームをつくるというプロジェクトは、 規模が小さすぎてもできないし、大手ではもう 出来上がってしまっている。プラットフォームづくりが できる珍しいチャンスだなと思いました。 ──

    CTO室 エンジニア 続きを読む(people.st.inc)
  37. 働きやすくするためのしくみ Work Environment

  38. オフィス風景 Tokyo 東京オフィス

  39. オフィス風景 Sendai 仙台フィス

  40. 福利厚生一覧 個人の活躍と成長を支援 • フレックスタイム制 コアタイム 12:00〜16:00 • ホームオフィスサポート リモート環境への投資を毎月補助 •

    勉強会サポート • STORE Visit 自社サービス利用店舗での購入補助 チームの交流を支援 • ピアボーナス Uniposを利用 • ウェルカムサポート ウェルカムディナー、ランチ等の代金補助 • ノミニー制度 一緒にはたらきたい友人・知人との食事代補助 • アルコールドリンク無料 18時以降 • STORES WAGON 自社サービス利用店舗の商品をオフィスにて無料で提供 多様な働き方を支援 • Fun for Family ファミリーサポート休暇、結婚お祝い金、産休・育休・出産お祝 い金、ベビーウェルカム休暇、ファストドクターサポート • WORK LOCAL 好きな街から働ける、月15万円まで交通費支給、リモート環境整 備の毎月補助 • ウェルカム休暇・バケーション休暇 入社当日から最大5日の休暇取得が可能 • サバティカル休暇
  41. リモートワークについて コロナの影響により、2022年02月現在リモートワークを中心とした就業形態となっています。感染状況が 十分に落ち着くまでは現状を維持しつつ、その後は週1程度の出社となる予定です。 リモートワークの負担を軽減するためのサポート費用や、全国からの就業を支援する 「WORK LOCAL」を整備し、より多様な働き方をサポートしています。

  42. 「Fun for Family」こどもや家族をサポートするための福利厚生 STORES では、働くメンバーのさまざまなライフイベントに寄り添い、各種サポートを行うこと で、安心して働ける環境を提供します。 ベビーウェルカム休暇 • 対象: 正社員・契約社員の方(試用期間中含む)

    • 対象時期: 出産予定日の3ヶ月前から3ヶ月後まで • 内容: パートナーの出産予定日前後で取得できる10日間 の特別有給休暇を支給 出産お祝い金 • 対象: 正社員・契約社員の方(試用期間中含む) • 内容: 1名あたり3万円を支給 産休お祝い金 • 対象: 勤続1年以上の正社員・契約社員の方(試用期間中 含む) • 内容: お祝い金として30万円を支給 育休お祝い金 • 対象: 育休を3ヶ月以上取得する、勤続1年以上の正社員・ 契約社員の方(産休取得者除く) • 内容: お祝い金として30万円を支給 ファミリーサポート休暇 • 対象: 正社員・契約社員の方(試用期間中含む) • 内容: 二親等以内の家族1人あたりの対応につき年5日の特 別休暇を支給(上限15日/年)
  43. 「Fun for Family」こどもや家族をサポートするための福利厚生 STORES では多くの社員が子どもが生まれる時に取得できるベビーウェルカム休暇(特別有給休 暇)、さらに育休を取得しています。男性は平均1ヶ月(2020年度平均34日間)に育休期間を取得していま す。 男性育休について詳しくはこちら:「気を遣わずに取得できる」heyの男性育休まとめ 〜取得率、取得日数、育休体験記など〜 女性の

    育休復帰率 2021年度 100% 男性の ベビーウェルカム休暇取得率 2020年度 100% 男性の ベビーウェルカム休暇以降の の育休取得率 2020年度 85.7%
  44. インナーコミュニケーション 社内報 全社レビュー会 オープンドア 情報の透明性の高さ/共有の早さ/アクセスの良さ、仲間との相互理解を大切にしている組織です。 月3回発行している社内報。STORES で働く 「たのしさ」を見つけられることを目的に、 社内の情報を整理し、組織の温度感を感じら れるようにしています。

    月に1回実施。今後の施策、四半期ごとの振 返り、新入社員紹介の紹介など、全社員に 知ってほしい大事なことを話す場です。代表 佐藤からの話の注目度が高いです。現在、コ ロナをきっかけにオンラインで配信していま す 経営メンバーとの1on1を誰でもラフに申し 込める制度。毎月各経営メンバーに2枠〜 (30分/枠)の予約枠があり、カレンダー予 約でアポイントいらずで申し込み可能です。
  45. STORES 株式会社 について Company

  46. 会社概要 会社名 STORES 株式会社 設立 2012年3月23日 代表取締役社長 佐藤裕介 資本金 1億円

    所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東3丁目16番3号 エフ・ ニッセイ恵比寿ビル4階 事業内容 インターネットビジネスの企画・開発・ 運営
  47. 沿革 STORES 株式会社 は、ホールディングスと事業会社4社が集まった会社です。 2022年10月よりヘイ株式会社からSTORES 株式会社に社名変更いたしました。 2008/10/10 設立 2012/3/23 設立

    2013/10/10 設立 2020/1/30 2021/1/1 ヘイ株式会社へ経営統合及び ホールディングス化 経営統合及び ヘイ株式会社傘下へ 3社を吸収合併し提供サービス運 営会社をヘイに一本化 2020/9/1 サービスブランド統合 2012/5/22 設立 経営統合及び ヘイ株式会社傘下へ 2021/12/1 2018/2/1 設立 2022/10/1 社名変更 ヘイ株式会社から STORES 株式会社へ社名変更
  48. 従業員数 2018→2022/05 従業員数 38名 → 391名 2022年5月時点 データベースの仕様上、若干名の変動が生じる可能性があります。

  49. 職種の比率 エンジニア 28% セールス 13% カスタマーサポート 12% デザイナー 6% PO/PM

    5% 経理・財務・経営企画・IR 3% 2022年5月時点 データベースの仕様上、各職種別の人数カウントは若干名の変動が生じる可能性があります。 オペレーション企画 4% マーケティング 3% 事業開発 2% 法務・コンプラ・リスク管理 4% カスタマーサクセス 9% その他コーポレート職 4% 人事・総務・労務 5% その他ビジネス職 3%
  50. 代表取締役社長 佐藤裕介 STORES 株式会社 代表取締役社長。2011年、株式会 社フリークアウト(現:株式会社フリークアウト・ ホールディングス)に創業メンバーとして参画。代 表取締役社長を経て、2018年にSTORES 株式会社を 創業。フリークアウト創業以前はGoogleにて広告製

    品を担当。 取締役 CPO 塚原文奈 新卒で株式会社インテリジェンスに入社後、2004年 に株式会社サイバーエージェントに入社。2012年、 STORES.jp立ち上げ前から株式会社ブラケットに入 社し、COOとして事業や会社全般のマネジメント業 務に従事、2016年に同社CEOに就任。2018年に STORES 株式会社を創業、取締役に就任。2020年よ り同社CPOに就任。 取締役 VP of People Experience 佐俣奈緒子 2012年にコイニー株式会社を創業し、代表取締役社 長に就任。事業者向けのキャッシュレス決済サービ スを提供。2018年にコイニーとストアーズ・ドット ・ジェーピー社を経営統合し、STORES 株式会社を 創業。人事組織を中心としたPeople Experienceを担 当。コイニー以前は、PayPalにてマーケティングを 担当。 経営メンバー紹介 取締役 CFO 齋藤健太郎 新卒でメリルリンチ日本証券に入社し、東京及びパ ロアルトにおいてテクノロジー企業向けのM&Aアド バイザリー、資金調達業務に従事。その後、ブラッ クロック・ジャパン、ブラックロック・ソリュー ションズを経て、2019年にSTORES 株式会社入社。 2020年より取締役CFOとして、コーポレート業務全 般と共に、経営管理・企画、業務効率化、財務戦略 の執行を担当。
  51. VP of Product 倉岡寛 2007年Googleに入社し国内の検索プロダクトマネー ジャーを担当したのち、2011年グリー株式会社に入 社。米国支社の立ち上げや、プラットフォーム事業 責任者などを歴任。2013年クービック株式会社を創 業し、代表取締役社長に就任。2020年クービック株 式会社のグループ化に伴い、VP

    of Productに就任。 CTO 藤村大介 新卒でSAP導入支援企業に入社し、ソフトウェア開発 に従事。その後、株式会社 Aiming、Quipper Limited社で開発チームのリーダーを務め、2015年 10月に株式会社マチマチを共同創業、取締役CTOに 就任。2020年にSTORES 株式会社に入社、2020年8 月より同社CTOに就任。 経営メンバー紹介 VP of Engineering 佐藤 大介 高校在籍中に起業し上場経験後、グリー株式会社、 リクルート株式会社等において事業急成長期におけ る国内外の開発組織統括を担当。2017年にクービッ ク株式会社に入社後、取締役として開発責任者に就 任。2020年クービック株式会社のグループ化に伴 い、STORES 予約、STORES 決済 の開発責任者に就 任。2022年1月より同社VP of Engineeringに就任。 VP of Product Design 井出優太 フリーのデザイナーを経て、2013年に株式会社カン ムへ入社。デザイナー、フロントエンドエンジニア としてバンドルカードを開発。その後、株式会社フ リークアウト・ホールディングスの子会社を経て、 2018年に STORES 株式会社に入社。2021年6月にリ リースしたSTORES レジのプロジェクトリーダー/ リードデザイナーを経て、2021年4月より現職。
  52. MORE INFO オープンな社内報 STORES People people.st.inc 採用イベント情報 EVENT https://jobs.st.inc/event STORES

    のデザイナーが運営するメディア 現場 by STORES design https://design.hey.jp/ プロダクト開発の裏側を発信中 STORES Product Blog https://product.st.inc/
  53. 募集中の職種 STORES 採用 jobs.st.inc/engineer 詳細はこちらで検索

  54. None