15年続く老舗技術メディアのリブランディングで考えたこと #DevRelAsia / Rebranding Technology Media for its 15-year anniversary

D1379d198d492b4ef4ecad0b59910bb6?s=47 kondoyuko
November 14, 2020

15年続く老舗技術メディアのリブランディングで考えたこと #DevRelAsia / Rebranding Technology Media for its 15-year anniversary

DevRel/Asia 2020での発表資料です。
https://devrel.dev/asia-2020/speakers/yuko/

D1379d198d492b4ef4ecad0b59910bb6?s=128

kondoyuko

November 14, 2020
Tweet

Transcript

  1. 15年続く老舗技術メディアの リブランディングで考えたこと 2020.11.14 @kondoyuko from SHOEISHA Co.,Ltd. DevRel/Asia 2020

  2. 自己紹介 近藤佑子 aka @kondoyuko / ゆうこりん • 所属:株式会社翔泳社 – CodeZine編集部

    編集長 – Developers Summit オーガナイザー • メディアの立場でDevRelに関わる – DevRelCon Tokyo 2017-2020 スタッフ – DevRel/Japan 2019 スピーカー&スタッフ • 開発者と一緒に踊る、キャッチコピーは「踊る編集者」 kondoyuko516 kondoyuko アイコン アー写
  3. CodeZine / Developers Summit CodeZine: 2005年から続くソフトウェア開発者向けメディア Developers Summit: 2003年から続くソフトウェア開発者向けカンファレンス

  4. DevRel/Japan 2019での登壇内容 https://devrel.tokyo/japan-2019/speakers/kondoyuko/ https://speakerdeck.com/kondoyuko/how-to-make-a-tech-conference-from-an-editors-perspective

  5. Developers Summit 2020

  6. Developers Summitを通じて感じた手応え • 特定のテーマ(例「ともにつくる」)のもと、 多数の開発者が自己や他者と向き合う 1カンファレンスがそんな機会となる可能性を感じた • 出版社が主催するからこそ、広く届いて多くの開発者 の助けになりうる。その結果、世の中が良くなること につながるかもしれない

  7. デブサミの運営を通じて上がった視座 • デブサミで感じた手応えは、Webで開発者に広く参照 してもらえるCodeZineにも適用できるのではないか? • 「いいメディア/イベントを作りたい」から 「いいメディア/イベントで世の中を良くしたい」へ 自分のなかで視座が上がった

  8. そんなことを考えていたら・・・ • 2020年2月下旬 「CodeZineの編集長を任せたい」と 上長から伝えられた • 新型コロナウイルス感染症拡大の影響 でカンファレンスの中止が相次ぐ時期

  9. そして2020年6月:CodeZine 15周年を機に編集長を交代 編集長交代の告知ニュース https://codezine.jp/article/detail/12344 いきさつをふりかえったブログ https://kondoyuko.hatenablog.com/entry/2020/10/08/190000

  10. 今日お話したいこと • 開発者向けメディア「CodeZine」の15周年にあたり、 リブランディングとして何を行ったか • リブランディングで学んだこと

  11. こんな課題を持っている方のヒントになるかも? • 長年続く開発者向けの取り組みを新しく引き継いだ方 • 取り組みを時代に合わせてアップデートしたい方

  12. 老舗技術メディアのリブランディングで 何を行ったのか

  13. リブランディングで行ったこと • コンセプトの刷新 • ロゴの刷新 • Webとイベントの連動

  14. リブランディングで行ったこと • コンセプトの刷新 • ロゴの刷新 • Webとイベントの連動

  15. CodeZineの新コンセプト • 旧コンセプト: 開発者のための実装系Webマガジン • 新コンセプト: デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア

  16. リブランディングの背景 • 視座が上がっていた私は、 2020年6月のCodeZine 15周年に向けて コンセプトやロゴの変更を行いたいと提案 • 2020年1月末、編集部と広告営業メンバーで 「CodeZineはどんなプラットフォームでどんな社会的 責任があるのか」というテーマで検討会議を開催した

  17. 話し合ったこと • いま開発者を取り巻く状況にはどんな課題があるか • CodeZineによって誰のどんな課題を解決したいか

  18. ミーティングの様子 開発者を取り巻く課題について CodeZineが解決しうることについて

  19. 出てきたトピックとそれに対してできそうなこと(一部) • 開発者向けの情報が多すぎる – 現場視点の解説記事 – メルマガ • キャリアに悩みがある –

    若手向けキャリアインタビュー – ロールモデルとなりそうな方の紹介 • 技術と他分野の掛け合わせが広がっている – 開発とビジネスがうまく連携している事例の紹介 • アウトプットを高めたい – アウトプットのコンサルティング
  20. ミーティングで前編集長が言ったこと 15年前は「技術が主役」、今は「開発者が主役」

  21. 15年前は「技術が主役」、今は「開発者が主役」 • CodeZine発刊当初は今より個人の発信が多くなく 技術情報を発信するだけで貴重だった? • 現在、多様な手段で技術情報が得られるなか、 開発者を主役に据えた情報発信をしていきたい →開発者の成長(キャリア)と現場の課題解決に焦点

  22. 早い段階でプレスリリースを作成 • Amazonの開発スタイル を参考に、コンセプトを 考えたらまず プレスリリースを作った • 折々で修正しながら 完成形に持っていく https://codezine.jp/article/detail/12344

  23. リブランディングで行ったこと • コンセプトの刷新 • ロゴの刷新 • Webとイベントの連動

  24. 新旧ロゴ比較 旧ロゴ 新ロゴ

  25. なぜロゴを変更したかったか • 旧ロゴは一昔まえの印象があり、今風にしたかった • 翔泳社が持っている開発者向けプロダクトの ブランド統一ができていなかった

  26. 各種プロダクトの旧ロゴ

  27. ロゴ発注の際にお伝えしたこと • 開発者に新しい印象を与えたい • フォントウェイトは細すぎず太すぎず – 参考となるロゴもいくつか提示 • 関連プロダクトが統一感あるようなデザイン •

    デブサミ/デブストは大きく印象が変わらないように • ロゴタイプの前に•型のアイコンがあるとよさそう? • プレスリリースの草案も共有
  28. 最終的に完成したロゴ

  29. 実際のプレスリリース文面より(ロゴについて) Developers Summitが、デベロッパー としての頂点を目指し高め合う「山」の ような存在だとしたら、CodeZineは、 デベロッパーを取り巻く不確実性の高い 環境を「海」とたとえ、デベロッパーが その大海原を進んでいくためのガイドで ありたい。そう考え、CodeZineの新し いシンボルとして「コンパス」のマーク

    を採用しています。 カラーリングやモチーフは当初から意図したものではないが、 考えるなかで、イメージがつながっていく感覚があった
  30. リブランディングで行ったこと • コンセプトの刷新 • ロゴの刷新 • Webとイベントの連動

  31. Webとイベントの連動 • デブサミとCodeZine、それぞれブランドがあるが、 同一企業・チームで運営されていることが あまり知られていない • Webとイベントのシナジーを強めることで、 開発者のアウトプットが最大化され、学びが深くなり ブランドもより強固になると考えられる

  32. 行っていること(まだ道半ば) • ロゴに統一感をもたせる(既出) • デブサミの特設コーナー(Developers Online)の設置 • 「開発者の成長ジャーニー」を考え、社内に共有

  33. CodeZine内にDevelopers Onlineの設置 • デブサミ/デブストの レポートなどの 関連コンテンツを紹介する 特設コーナーを設置 • イベントの発信をストック し、発信の価値を最大化す

    るために拡充していきたい https://codezine.jp/devonline/
  34. 翔泳社プロダクトと開発者の成長ジャーニー(例) CodeZineやデブサミ に触れた方が 組織やコミュニティで 前向きな行動を起こし CodeZineの著者や デブサミ登壇者になり CodeZine Academy の講師になる

    各プロダクトが開発者の成長にどう関わっているか 社内にイメージを伝える
  35. リブランディングで学んだこと

  36. リブランディングの効果 • プロダクトへのオーナーシップを持てるようになった • デブサミの「ミッション」を言語化に役立った

  37. プロダクトのオーナーシップを持てるようになった • 「借りてきた言葉」を使っていた感覚から 「CodeZineは私達のプロダクトである」と思えた • 孤独なリモートワークでの自分の支えになったし、 きっと他のメンバーの指針にもなったと思う

  38. デブサミの「ミッション」を言語化に役立った • オンライン開催となるデブサミ2021で、 これまで通りの価値が提供できるか不安 – 雅叙園という空間も、対面の交流もない…… • だからこそ、社内外の方にはたらきかけるにあたって 「世の中に価値を届けるために協力してほしい!」と 伝えるため、ミッションを考えた

    – CodeZineで一度考えていたので、スムーズに考えられた
  39. デブサミの「ミッション」 デベロッパーをスターにし、世の中をアップデートを加速する • スピーカーをスターにするのはもちろん、参加者の前向きなアクションの きっかけとなり、組織や社会、身の回りの方々から尊敬・尊重され、デベ ロッパー全員がスターになることを目指しています • 輝けるデベロッパーが増えた結果、価値提供が進み、世の中がより速く アップデートされると信じています

  40. 実は翔泳社やCodeZineのミッションと対応している コンテンツで人と社会の可能性を拡げる デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア デベロッパーをスターにし、世の中をアップデートを加速する

  41. デブサミのミッションの活用 • 考えたミッションを社内外に伝える – 社外開発者による「コンテンツ委員会」お誘いの際に – 苦しいときを乗り切れるように社内メンバーにも • 講演依頼の際や参加者の方に向けても伝えていく予定

  42. リブランディングで学んだこと • 引き継いだものを自分の言葉で語ることの大切さ – プロダクトへのオーナーシップ – 折れそうな心の支え • プロジェクトの「社会的責任」を伝えることの大切さ –

    自分が「何のために?」と迷わないため – 社内外に協力いただき、ミッションの実現に近づくため
  43. おわりに

  44. 新型コロナの影響で、私の生活は一変した • 勉強会にフットワーク軽く参加できない • 登壇したり、同人誌を書いたりして楽しめない • 雑談できず、孤独にリモートワークをする日々 • ……

  45. でも辛いからこそ、考え続けた • この状況のなかで開発者に貢献できることとは? • そのためにどんなメッセージを発していけばいいか? • 心が折れないように、前に進み続けるには? • 楽しく働くには? 仕事を頑張れるには?

    • ……
  46. 自分を省みて、世の中へと接続する • 自分の取り組みにどんな社会的責任があるか考える • それを自分の言葉にする • まわりに伝え、実現のため協力してもらう • 世の中が良くなることに接続していると信じる

  47. 自分の取り組みが 世の中につながっていると信じて ともにがんばりましょう!