Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Hypothesis on Product Backlog

Hypothesis on Product Backlog

妄想を練り上げてないでさっさと作ってフィードバックもらおうねという話をしました

Miho Nagase

June 15, 2021
Tweet

More Decks by Miho Nagase

Other Decks in Technology

Transcript

  1. プロダクトバックログは妄想の塊

    View full-size slide

  2. 永瀬美穂 / Nagase Miho
    2
    受託開発の現場でWebアプリケーションエンジニア、プロジェクトマ
    ネージャーとしての経験を重ね、2009年頃より所属組織でのアジャイ
    ルの導入と実践を通じ組織マネジメントを行う。現在は顧客へのアジャ
    イル導入支援、教育研修、コーチングをしながら、大学教育にも力を入
    れている。産業技術大学院大学客員教授。

    View full-size slide

  3. プロダクトバックログは妄想の塊
    ✤ あったら嬉しい(はず)


    ✤ あったら便利(なはず)


    ✤ ユーザーはこれを欲しがっている(はず)
    3

    View full-size slide

  4. 妄想というとカッコ悪いので


    "仮説"というとそれっぽくなる
    4

    View full-size slide

  5. 仮説(妄想)の扱い
    ✤ 仮説(妄想)を検証する


    ✤ 仮説(妄想)が実証できる:「〜なはず」が当たった


    ✤ 仮説(妄想)が棄却される:「〜なはず」が当たらなかった


    ✤ スプリントレビューでは「どんな仮説(妄想)を検証するのか?」が重要


    ✤ 仮説(妄想)が実証または棄却できるデモになっているとなおよい

    → プロダクトバックログアイテムの粒度や定義に関わる


    ✤ 「ふーん」「すごい」「よさそう(棒読み)」はクソリプ


    ✤ デモできないのは論外
    5

    View full-size slide

  6. 実装にはコストがかかる


    妄想のまま実装するのはリスク
    6

    View full-size slide

  7. 妄想を膨らませる前にさっさと確認する
    7

    View full-size slide

  8. 「建物の外に出よ」


    "Get out of the building" - Steve Blank
    8

    View full-size slide

  9. 手早くさっさとフィードバックをもらう方法
    ✤ インタビュー


    ✤ ペーパープロトタイピング


    ✤ モックアップ


    ✤ etc...
    9

    View full-size slide

  10. 顧客はあなたのソリューションに興味はない。

    興味があるのは、顧客自信の課題だ。


    デイブ・マクルーア、500 Startup社
    10 10

    View full-size slide

  11. ソリューションではなく課題に注目する
    ✤ ソリューションは仮説(妄想)


    ✤ 課題は妄想度合いは低そう(≒事実⚠)


    ✤ 他人の課題


    ✤ 自分の課題←圧倒的当事者

    ⚠ 事実であるかどうかを確認するためには検証が必要
    11

    View full-size slide

  12. 基本に立ち戻れ
    ✤ 「ソフトウェアの分野で最も協力で、最も長続きしている
    ムーブメント」


    ✤ 「小さなソフトウェアチームが小さなプロジェクトをマネジ
    メントするための小さな規律である」
    12

    View full-size slide

  13. さっさと確認したらさっさと作って見せて検証する
    13

    View full-size slide

  14. 留意すること
    ✤ 棄却されるのは仮説(妄想)であって、あなた自身が否定されるのではない


    ✤ 完璧主義をこじらせない


    ✤ かけた時間とアイデアの素晴らしさは比例しない


    ✤ 研修は安全に失敗できる場である


    ✤ 今後の人生で最高のプロダクトを作るための練習


    ✤ 今回の研修で完璧なものを作ることを期待しない(だったら起業してるやろ💰)


    ✤ とはいえ与えられた環境で最高の結果を出そう(最高とは🤔)
    14

    View full-size slide