クラウドの新しい潮流Dockerとは

Ecd0c945f6911dbf75358a8addee15f7?s=47 takipone
October 05, 2014

 クラウドの新しい潮流Dockerとは

2014/10/05開催の第14回八子クラウド座談会のプレゼンスライドです。

Ecd0c945f6911dbf75358a8addee15f7?s=128

takipone

October 05, 2014
Tweet

Transcript

  1. クラウドの新しい潮流流 Dockerとは 第14回⼋八⼦子クラウド座談会 classmethod.jp 1 2014/10/05 クラスメソッド株式会社 ⼤大瀧隆太

  2. classmethod.jp 2 ⾃自⼰己紹介 •  ⽒氏名  :  ⼤大瀧隆太      

                 @takipone •  ポジション  :      AWSコンサル部    エンジニア  /  研修講師 •  得意分野  :      ネットワーク  /      デプロイツール •  好きなAWSサービス      Amazon  Route  53 classmethod.jp 2
  3. classmethod.jp 3 会社の紹介 クラスメソッドは AWSとiPhoneアプリのブログを 社員総出でやってます。 http://dev.classmethod.jp/

  4. classmethod.jp 4 コレ、書きました。

  5. classmethod.jp 5 アジェンダ •  Dockerとは •  なぜDockerが流流⾏行行っているのか •  Dockerとクラウド • 

    最近のDocker •  で、Docker必要?
  6. classmethod.jp 6 Dockerとは •  どんなアプリでも、どこでもビルド、 デプロイ、実⾏行行する •  開発者とシステム管理理向け分散アプリケー ションのオープンプラットフォーム (公式Webトップページの意訳)

  7. classmethod.jp 7 Dockerとは •  Docker  Inc(旧dotCloud)が開発 •  Linuxのコンテナ仮想化OSS(Open  Source  

    Software)のひとつ。 同種のソフトウェアとして以下がある。 –  OpenVZ –  Linux  Container(LXC)
  8. classmethod.jp 8 Dockerとは •  Dockerの機能 – コンテナ仮想化        

         (Docker  Engine) – イメージ管理理と共有  (Docker  Hub)
  9. classmethod.jp 9 コンテナ仮想化 ハイパーバイザー 仮想マシン(VM) OS ミドルウェア アプリケーション コンテナ管理理ソフトウェア コンテナ

    ミドルウェア および依存ライブラリ アプリケーション OS ハイパーバイザー型の仮想化 コンテナ型の仮想化
  10. classmethod.jp 10 コンテナ仮想化 ハイパーバイザー 仮想マシン(VM) OS ミドルウェア アプリケーション Docker  Engine

    Dockerコンテナ ミドルウェア および依存ライブラリ アプリケーション Linux ハイパーバイザー型の仮想化 コンテナ型の仮想化
  11. classmethod.jp 11 イメージ管理理と共有 PC サーバー クラウド 開発者A 開発者B CIツール (Continuous

     Integration) Docker Hub
  12. classmethod.jp 12 なぜDockerが流流⾏行行っているのか •  デベロッパ寄りの思想でキャッチーな作り – コンテナのポータビリティ 開発環境から本番環境でのスムーズなデプロイ – ソーシャルコーディング イメージ管理理、イメージ共有はGitHubなどソー シャルコーディングの影響を受けている

    – Infrastructure  as  Code  / Immutable  Infrastructure •  実装は素朴 – 操作はCLIが基本
  13. classmethod.jp 13 Dockerとクラウド •  IaaSとPaaSに関連 – IaaSの仮想マシン(VM)でDockerを実⾏行行 – PaaSのアプリ実⾏行行基盤としてDockerを使⽤用

  14. classmethod.jp 14 Dockerとクラウド •  IaaSでは、DockerプリインストールのVMイ メージが登場 – Amazon  Elastic  Beanstalk – Google

     Compute  Engine Container  Optimized  Instance(Open  Preview)
  15. classmethod.jp 15 Dockerとクラウド •  PaaSの次世代スタンダードになるかも? – Red  Hat  Openshiftの次期スタック – Pivotal  Cloud

     Foundry – Google  App  Engine  Managed  VM •  開発中やプレビュー版など、まだ各社準備中
  16. classmethod.jp 16 最近のDocker •  コンテナ機能⾃自体の開発はちょっと落落ち着い た気配 – 複数ホスト構成でのクラスタ管理理 •  CoreOS  (Dockerに特化したディストリビューション)

    •  Kubernetes  (Dockerクラスタ管理理ソフトウェア) – 連携のためのライブラリ整備 •  libswarm •  libchan •  Kubernetesに各ベンダーが群がってて⾯面⽩白い です。(⼀一時期のOpenStackみたい)
  17. classmethod.jp 17 で、Docker必要? •  サービサーのあなたは... –  PaaSやってるなら様⼦子をウォッチするべき –  本番向けサービスのためには、まだ管理理・運⽤用部分の デファクトが無く、試⾏行行錯誤しながらの開発が必要

    •  ユーザーのあなたは... –  気になる場合は、@ITの連載を読んでみてください。 PCが1台あれば試せます –  個⼈人ブログで運⽤用中。ローカルの開発環境と本番環境 との同期が楽で気に⼊入ってます •  流流⾏行行り出したら⼀一気に広まりそうなので、 引き続き注視しましょう!
  18. classmethod.jp 18 •  時間があればデモ

  19. まとめ •  Dockerは開発者発のキャッチーな作り •  IaaS、PaaSでのDocker対応が進んでいる •  本番向けサービス提供にはまだ時間がかかる •  引き続き注視するべき classmethod.jp

    19
  20. classmethod.jp 20 •  ありがとうございました!