Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Presentation

 Presentation

プレゼンテーション資料のつくり方

50fd4166b01bdf6a7ae0564fe2364d4a?s=128

Takumi Kato

April 15, 2022
Tweet

More Decks by Takumi Kato

Other Decks in Business

Transcript

  1. プレゼンテーション資料のつくり⽅ 明治⼤学 商学部 加藤拓⺒

  2. プレゼンテーションの3要素 「聞き⼿」の⼼情を理解し,情景を再⽣できるように伝える • その内容に対する知識・経験・興味はどの程度か︖ • 1⽇に何回のプレゼンテーションを聴いているか︖ • せっかちか︖数字と消費者の⽣の声,どちらが好きか︖ 話し⼿ 資料

    聞き⼿
  3. 資料の役割 • 直感的に理解できる,視覚に訴えかける材料であること Ø 視覚的に受け⼊れ難いものでは,資料の意味が乏しい Ø 「資料に書いてある」という⾔い訳をしてはいけない • ⼀⼈歩きさせ,読んだだけでわかるようにすること Ø

    後で資料を⾒ただけでわからないものは,意味が乏しい Ø 聞き⼿が共有したくなるような資料にすべき
  4. 1枚のスライドに情報を詰め込まず,タイトルと結論だけで内容が伝わるように 資料作成の前提 One Slide, One Message

  5. 資料作成の要点 1⾏で書き切れるまで考え抜く (最⼤でも2⾏) • 複数⾏に汚くまたがる⽂章では,相⼿に伝わらない • 考え抜いた⽂章は,余計な装飾をしない 1枚のスライドに図表は1つ (最⼤でも2つ) •

    ⼀⽬で何が⾔いたいかわかならい図表は載せない • 2つの場合は,Before vs After, ⾃社 vs 競合など 最⼤の武器である余⽩を利⽤する • 余⽩こそ,メッセージを際⽴たせる最⼤の武器 • 余⽩のない資料は,相⼿に伝える気がない
  6. その他資料作成のポイント ⾊ テーマ⾊とベース⾊の2⾊に統⼀ 1 ⽂字の⼤きさ 20ポイント以上を使⽤ (詳細記述の場合でも16ポイントが限界) 2 フォント メイリオ(Meiryo)に統⼀

    3 概念図 重要な概念は理解しやすいよう簡潔に図⽰ 5 スライドの枚数 時間は3分-15分が基本で,分量は1分1枚 8 左右対称 美しく左右対称 7 グラフ・表 主張が⼀⽬でわかるようにシンプルに表現 6 装飾 アニメーションや影などの余計な装飾は使⽤NG 4 内容 ⾃分の知識量 <<< プレゼンテーションの内容量 (例. 100︓1) 9 興味 ⾃分⾃⾝が⾯⽩いと感じる点を明確化 10
  7. 資料の流れ

  8. 資料の流れ 背景 対象の業界・企業には,どんな社会変化・技術進化があるのか︖ 問題 どのような問題が存在し,消費者はどのように・どの程度困っているのか︖ 解決策と 検証結果 その問題をどのように解決できるのか︖その根拠は何か︖ 今後の展望 今後どのようなことが期待できるのか︖さらなる課題は何か︖

  9. 図表のつくり⽅

  10. 円グラフ ­ Before 最も⼤きい箇所を判断できない(3D)円グラフは決して使ってはならない Brand 1 Brand 2 Brand 3

    Brand 4 Brand 5 Brand 6 Brand 7 NG
  11. 3D円グラフ­ After 1つのテーマカラーを⽤いた,ムダな線のないシンプルな棒グラフ Good 22% 0% 5% 10% 15% 20%

    25% Brand 1 Brand 2 Brand 3 Brand 7 Brand 4 Brand 6 Brand 5 シェア
  12. 表 ­ Before 線が多く,⾏間が狭い,ごちゃごちゃした表は読みにくい NG

  13. 表 ­ After 線は横線のみで,⾏間が広く,シンプルな表 Good

  14. 悪しき図表の特徴 デザイン的視点 客観的視点 ⼀眼でわからない 悪しきグラフ • 視覚的に歪む3D・⽴体化 • 0から始まらない軸 •

    軸名称の⽋如 • 不揃いな⼩数点の桁数 • カンマのない数字 • 恣意的な項⽬分類 • 図表中の略語の未説明 • ⾒苦しい多すぎる線 • ⾒苦しい太すぎる線 • ⽬に悪い多⾊展開 • パッと結びつかない凡例 • 複雑な⼆軸グラフ • 細かすぎる項⽬分類 • ⼿抜きのExcel標準出⼒
  15. ⼝を動かす(資料作成の前に)前に,まず⼿を動かす(調査・分析・考察する) ただし... • 中⾝がないにもかかわらず,⾒栄えだけ良くても意味がない • まずは価値を⽣むために,⼿を動かす⽅を優先する • 資料作成は ”最後の最後に” 効率的に⾏う

    資料作成 ≠ 価値を⽣む時間 (= 価値を伝えるための準備時間)
  16. END