Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

2019825FOSS4GTokai2019

 2019825FOSS4GTokai2019

* FOSS4G Tokai 2019 地域課題解決におけるオープンの役割:アーバンデータチャレンジへようこそ

E19e33bd30954fc1846f3d64863b7846?s=128

Toshikazu SETO

August 24, 2019
Tweet

Transcript

  1. 地域課題解決におけるオープンの役割︓ アーバンデータチャレンジへようこそ 瀬⼾ 寿⼀ @tosseto 東京⼤学空間情報科学研究センター・特任講師 (併: ⽣産技術研究所・関本研究室/地域未来社会連携研究機構) OSGeo・JP運営委員 (OSGeo

    Foundation Charter Member) アーバンデータチャレンジ実⾏委員会・事務局 urbandata-challenge.jp 2019/08/24 FOSS4G TOKAI 2019 INSIGHT
  2. 2 FOSS4G Tokaiとわたし • 2009年9⽉〜 OSGeo・JP運営委員 (OSGeo Foundation Charter Member)

    • 毎年呼んでいただきありがとうございます • 登壇⽤のお題が出るのがTOKAI -> 今年は「コミュニティ」 • 最近は,GIS教材開発,OSM-Notes60万点のデータ分析, Mapbox, robosat …
  3. FOSS4Gはどのシーンでも使える余地が!? ➔ 地域課題に地域情報が果たす役割 3 FOSS4G ECOSYSTEM Source: Rafael Moreno

  4. アーバンデータチャレンジとは︖ 4 1. 合⾔葉は「データの⼒を、まちの⼒に」 2. 全国の都道府県単位で「地域拠点」を認定、年間を通し た各種イベント開催を実施し、多様な主体による持続的 なコミュニティの形成・成⻑・横展開が⽬的です︕ =「誰でも・いつでも」地域拠点の活動に参加できます ※地域拠点は、公募による活動計画書の提出を経て各都道府県1箇所認定し、活動経

    費として、⺠間企業等からの協賛により年間合計10万円(2回以上の活動が条件) を⽀援しています 3. 地域課題の解決を⽬的に、地⽅⾃治体・企業・⼤学・市⺠ 活動組織等が、データを活⽤してチャレンジする「コミュ ニティ形成型・コンテスト」です︕ = 「誰でも」コンテストに作品を応募できます 賞⾦総額200万円 ※2014-2018年までの実績
  5. UDCのもう⼀つのコンセプト︓活動を拡げ&最⼤限「愉しむ」︕ 地域情報やオープンデータの「新しい」使い⽅にチャレンジ

  6. UDC Tokyo+全国展開 6年間のあゆみ = アジャイル的に試⾏錯誤 6 2013 ⾸都圏で実施(UDCT) 2014 全国展開・拠点ブロック開始

    コーディネータ公募 2015 ブロックメンター導⼊ データスポンサー導⼊ 学⽣奨励賞導⼊ 2016 メンター研修実施 アクティビティ導⼊ ベスト地域拠点賞導⼊ 10拠点・56作品応募 20拠点・158作品応募 75作品応募 30拠点・198作品応募 2017 中間シンポ地域拠点で初実施(⾦沢) 本応募作品を対象にファイナル前⽇にデモ・デー開催 40拠点・232作品応募 2018 中間シンポを地域拠点で実施(⻑野) 共通のロゴマーク(CC-BY4.0)・スタッフTシャツ製作 49拠点 200作品応募 2018は延べ132回 イベント開催 約3,200名の参加者
  7. UDC2018作品応募の概要 • 本応募作品総数︓200(前年︓232)/ 応募率74.6% • 概要エントリー総数︓268(前年度︓296) • 地域拠点開催イベントからの応募︓135(67.5%) (愛知:12,三重:12,沖縄・静岡:8,岡⼭・新潟:7 …)

    【本作品の応募内訳】 • アプリケーション︓70作品 ここから • データ︓30作品 最終審査に残るのは • アイデア︓69作品 わずか25作品程度… • アクティビティ︓31作品 (採択率:10-15%) 7
  8. UDC2017最終審査会から前夜祭としてDemo Day開催 ➔ 出展作品から「情熱枠」として最終審査会に復活も 8

  9. アプリケーション部⾨・銀賞 神エクセル解決アプリ「Excel→CSV」 単 なる変換に⾮ず。オープンデータを促進し 業務⾰新に誘う導⽕線ツール(⻑野) データ部⾨・⾦賞 これからの「まびケア」に向けた避難所 周辺施設情報(岡⼭) アクティビティ部⾨・⾦賞 安来市のオープンデータを活⽤して地域課

    題を研究する⾼校⽣の取り組み(島根) アイデア部⾨・⾦賞 トータル⾦⿂ナビゲーション 「Kingyo AI Navi」(奈良) 最終審査に残った作品資料と受賞作品の講評は (まとめて)Webサイトを通じて公開 https://urbandata-challenge.jp/
  10. 10 UDC2018全200作品の頻出キーワード (5回以上使⽤されたもの︓名詞の語句を集計) 作品概要 使⽤したデータセット オープンなデータ/仕組み を如何に駆使して作品にするか︖

  11. 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

        2016 2017 2018 0 2 4 6 8 10 12 14     2016 2017 2018 東海4ブロックx過去3年間のUDC参加状況 ※三重ブロック2018年度より参加 主催イベント回数 作品応募数 • 2016年度︓岐⾩ブロック(ベスト地域拠点新⼈賞) 「⼟地スカウター」(アプリケーション部⾨・銅賞) • 2018年度︓愛知ブロック(ベスト地域拠点賞) 三重ブロック(ベスト地域拠点新⼈賞) 「防災啓発アプリ〜オープンデータで⾃助の意識を⾼めよう」 (アクティビティ部⾨・銀賞) 11
  12. 2018年度ベスト地域拠点賞〜愛知〜 → 2019年11⽉1⽇はUDC中間全体シンポジウム@名古屋︕ 12 今年度の活動予定 キックオフミーティング 開催日時:2019年8月上旬 概要:年度計画の周知と取り組み開始の宣言 ハッカソン for

    チャレンジド 開催日時:2019年11月下旬 概要:障碍者支援を目的としたサービスの開発 公共交通オープンデータハッカソン 開催日時:2019年12月中旬 概要:GTFSなどを利用したアプリ・サービスの開発 自治体オープンデータ活用のためのワークショップ 開催日時:2019年10月上旬 概要:オープンデータを理解し, 活用するための講演・ハンズオン 中間シンポジウム 開催日時:2019年11月1日(金),2日(土) 会場:愛知県 みんなこやー!(名古屋弁) みんなおいでん!(三河弁) 受賞とその後(1/3) 愛知ブロック 活動報告 4 2018年度に ベスト地域拠点賞を受賞 なぜか泣いている!? イベント開催:6回 本応募数:12件 データ部門・入賞 「赤ちゃん駅Babyほっ♡ 赤ちゃん 連れのおでかけも,これで安心」 アクティビティ部門・銀賞 「防災啓発アプリ オープンデータ で自助の意識を高めよう」 受賞とその後(2/3) 愛知ブロック 活動報告 5 愛知県 大村秀章知事を表敬訪問 知事公館にて表敬訪問 知事公館の庭にて記念撮影 晝田さんハートつえぇ!!
  13. 13 UDC 2nd Stage 5 YEARS(2019〜2023) Start︕

  14. 2019年度、地域拠点は41へ︕ 地域拠点2回⽬ 地域拠点3回⽬ 地域拠点4回⽬ 地域拠点5回⽬ 地域拠点6回⽬ 未応募(フォローアップ拠点) 地域拠点賞受賞地域 Maped by

    CARTO & MIERUNE ▪地域拠点コーディネーター(代表者) 南北海道 川⼝陽海(室蘭市企画財政部ICT推進課) ⻘森 ⼩塚裕(⻘森県企画政策部情報システム課) 岩⼿ 渡邉博幸(⼀関市まちづくり推進部) 秋⽥ 柿崎知洋(秋⽥市企画財政部情報統計課) ⼭形 脇克志(⼭形⼤学データサイエンス教育研究推進セ ンター) 福島 藤井淳(会津若松市企画政策部情報統計課) 茨城 ⽥中陽祐(⽔⼾市情報政策課) 群⾺ ⿓野正孝(株式会社ブレインファーム/NPO法⼈ブ レインファーム、コードフォーグンマ) 千葉 ⾓張洋平(チーム千葉県) ⻄東京 沖啓介(Code for Hachioji) 東東京 榎本真美 神奈川 伊藤侑果(横須賀市産業振興財団IoT導⼊推進コー ディネーター/Code for Yokosuka) 新潟 ⼭﨑達也(⼤学連携新潟協議会ビッグデータ・オー プンデータ活⽤研究会) 富⼭ 冨成敬之(アーバンデータチャレンジ2019富⼭県 ブロック実⾏委員会[仮]) ⽯川 福島健⼀郎(コード・フォー・カナザワ) ▪地域拠点コーディネーター(代表者) 福井 吉⽥佳奈代(福井県) ⼭梨 塩島諒輔(Code for Yamanashi) ⻑野 諸⽥和幸(⻑野県伊那市 WikipediaTOWN in INA Valley) 岐⾩ ⽯井哲治(CODE for GIFU) 静岡 伊藤允彦(しずおかオープンデータ推進協議会⾃治体 会) 愛知 向直⼈ (椙⼭⼥学園⼤学⽂化情報学部) 三重 斎藤直正(UDC三重実⾏委員会) 滋賀 中⻄雅幸(CodeForKusatsu) 京都 ⻘⽊和⼈(あおき地理情報システム研究所) ⼤阪 古崎晃司(LODチャレンジ関⻄⽀部/⼤阪電気通信⼤ 学) 奈良 本多健⼀(Code for Yamatokoriyama) 和歌⼭ ⼤池洋史(和歌⼭県企画部企画政策局情報政策課) 島根 野⽥哲夫(島根⼤学) 岡⼭ 守屋涼⼦(⼀般社団法⼈データクレイドル) ⼭⼝ 井本健(吉南株式会社) ▪地域拠点コーディネーター(代表者) ⾹川 英誠⼀朗(Code for Sanuki) 愛媛 兼久信次郎(Code for DOGO) ⾼知 神原咲⼦(⾼知県⽴⼤学) 福岡 安河内公洋(システムラボラトリー株式会社/Code for Kurume) 佐賀 ⽜島清豪(株式会社ローカルメディアラボ/Code for Saga) ⻑崎 横⼭正⼈(株式会社九州地域情報化研究所/Code for NAGASAKI) 熊本 境章(熊本学園⼤学/Code for Kumamoto) ⼤分 ⾜⽴郁(公益財団法⼈ハイパーネットワーク社会研究所) 宮崎 ⻄本謙⼀郎(宮崎県情報政策課) ⿅児島 久永忠範(NPO⿅児島インファーメーション) 沖縄 ⽯川晃久(⼀般社団法⼈沖縄オープンラボラトリ) ★ ★ ★ ★ ★
  15. 【1st stageからの⼤きな変更点】応募部⾨を 分野別に毎年重点分野を設定し学会等と連携 • 10の応募部⾨(分野別)を設置予定 – 「道路・交通」「河川・港湾・上下⽔道」「住宅・⼟地・ 公園・公共施設」「まちづくり・都市計画」「農業・林 業・漁業」「産業・観光」 「医療・健康」「⽣活・⽂化・地域アーカイブ」「教育・

    政治」「防犯・防災」 • 分野や業界との連携について – 概ね2年ごとに重点分野を変えつつ連携を深める予定 • 2019年度︓ 「道路・交通」・「⽣活・⽂化・地域アーカイブ」 (連携団体︓⼟⽊学会、国⽴国会図書館など) • インフラデータチャレンジ2019とも共同でコンテスト運営︕ 15
  16. ⽣活・⽂化・地域アーカイブの取組 • UDC初!?のウェビナー型による話題提供 ▶ 作品制作のヒントに – 次回は9/6(⾦) 19:00-20:00 テーマ︓Wikipedia TOWN

    • ⽇時やURLは,UDCのFacebookページ ▶ グループでお知らせ︕ • 公開可能な話題提供資料は,整理の上で公開予定です 16 使ってみよう&育ててみようデジタルアーカイブ 国立国会図書館のデータベースとジャパンサーチ Urban Data Challenge Web Seminar 2019.7.19 by Tomoko Okuda, National Diet Library ジ ャ パ ン サ ー チ を 使ってデジタルアー カイブを我が手に! 阿児雄之(あこたかゆき) 東京国立博物館 Urban Data Challenge 2019 「生活・文化・地域アーカイブ」Webinar 2019年8月2日 歌川国芳筆「金魚づくし・玉や玉や」東京国立博物館蔵 出典:国立博物館所蔵品統合検索システム (https://colbase.nich.go.jp/collectionItems/view/12f08f3c06a62af80737925634848303/26826) BY ta_niiyan 2019/08/22 UDC2019「生活・文化・地域アーカイブ」Webミーティング #4 三次元点群データを活用した生活・文化・地域アーカイブ ~UDC・IDC作品応募に向けてのブレスト~ アーバンデータチャレンジ実行委員 土木学会 インフラデータ・サービス共創研究小委員会 委員 インディゴ株式会社 高橋 陽一
  17. 17 道路・交通(インフラデータ)の取組 2019/4/25 3 時間とともに水が低い方に移動 収束していく様子を観察できます インフラデータチャレンジ 最優秀賞 「洪⽔・浸⽔シミュレータ」

  18. インフラデータチャレンジ2019は…︖ • アーバンデータチャレンジと共同運営決定︕ • コンテスト応募のために利⽤可能なデータは、UDCのWeb ページおよび「G空間情報センター」を通じて提供予定 • ⼟⽊・インフラ分野での普及については、⼟⽊学会⼟⽊情 報学委員会「インフラデータ・サービス共創研究⼩委員 会」を⽴ち上げ、UDCと連携してイベント等を実施予定

    18
  19. 19 アーバンデータチャレンジ2019 今年も作品募集予定です︕ 作品概要︓10⽉頃〜2019年12⽉下旬予定 作品本体締切︓2020年 1⽉下旬予定 キックオフ︓2019年7⽉1⽇@東京⼤学駒場リサーチキャンパス 中間シンポ︓2019年11⽉1⽇(⾦)ウインクあいち 最終審査会︓2020年3⽉13-14⽇ 東京⼤学駒場リサーチキャンパス

    アプリケーション データ アイデア アクティビティ ⾦賞 50万円 20万円 10万円 20万円 銀賞 30万円 10万円 5万円 10万円 銅賞 10万円 5万円 --- 5万円 特別賞 オープンガバメント推進協議会賞、⾃治体特別賞(⾦沢市特別賞、⽇野市賞)、 学⽣奨励賞 ※各賞該当なしの場合もあります 2019年度の応募区分・各部⾨の賞⾦額は 鋭意検討中です︕
  20. 「データの⼒を、まちの⼒に」 地域でオープンに愉しく︕ udc-office@aigid.jp urbandata-challenge.jp https://www.facebook.com/urbandatachallenge 20