Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Go To Eatキャンペーン立ち上げを支えたプロジェクトマネジメント / The project management behind the launch of the Go To Eat campaign

Go To Eatキャンペーン立ち上げを支えたプロジェクトマネジメント / The project management behind the launch of the Go To Eat campaign

YUMEMI.pm #1 〜プロジェクトマネージャーによる8つのLT〜 で使用した登壇資料です。

Go To Eatキャンペーン立ち上げを支えたプロジェクトマネジメント
https://yumemi.connpass.com/event/193295/

7a37d60769f6f3004adee19a8ff2c219?s=128

Yuichi Tsunematsu

December 10, 2020
Tweet

Transcript

  1. Go To Eatキャンペーン立ち上げを支えたプロ ジェクトマネジメント
 常松祐一
 2020/12/10 


  2. ※農水省キャンペーンページより転載 https://gotoeat.maff.go.jp/ Go To Eatキャンペーン


  3. プロジェクト規模
 • 携わったエンジニア数 : 26名
 • 開発期間 : 3〜4ヶ月
 •

    開発項目
 ◦ [toC]キャンペーンページの用意
 ◦ [toC]キャンペーンの仕組みに合わせたネット予約の改修
 ◦ [toB]ポイントの管理・発行・消化
 ◦ [toB]お店からのキャンペーン申し込み画面
 ◦ [toB]お店側がみる管理画面の修正。来店確認・支払管理など
 ・・・とにかく”たくさん”

  4. プロジェクトの難しさと対応方針
 • スケジュール最優先
 • 要件が日々変わりうる
 • 全社が関係、営業・経理・CS・・・
 →全員が自律して動ける仕組みづくり
 Photo by

    Quino Al on Unsplash
  5. 自律して動ける仕組みづくりのために
 Photo by Hannah Busing on Unsplash 1. 情報を一箇所に集めオープンにする
 2.

    頻度をあげてミーティングする
 3. チームに委ねる
 4. スコープを絞り、進捗はシンプルに共有

  6. 情報を一箇所に集めオープンにする
 • Slackのチャンネルは1つ。
 • 議事録はGoogle Docで追記。
 • 設計資料はGoogle Spreadsheetにま とめる。


    • 会議(Google Meet)はROM専OK、気 になる人は参加できる。

  7. 頻度をあげてミーティングする
 • 最初は毎日1時間、少しずつ間隔を空け時間も短くする
 • 半日・1日でまとめてやるより、十分考え直す時間を設けた方 が見落としが減ると考えた。


  8. チームに委ねる
 • 設計・決定に必要な情報は十分共有・話せている(はず)。
 • 開発チーム・実装担当者に委ねる。
 • 決められないものはエスカレーションしてもらう。


  9. スコープを絞り、進捗はシンプルに共有
 縦軸は 開発工数 横軸は期間 ゴール(青)と 実績(オレンジ)を 折れ線で表現

  10. まとめ
 Photo by Hannah Busing on Unsplash 自律して動ける仕組みづくり
 1. 情報を一箇所に集めオープンにする


    2. 頻度をあげてミーティングする
 3. チームに委ねる
 4. スコープを絞り、進捗はシンプルに共有