Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【ARI】品質よもやま話_#2(関係の質を上げる)

 【ARI】品質よもやま話_#2(関係の質を上げる)

ARアドバンストテクノロジ株式会社(ARI)で毎月行っている全社朝会(通称”LOVE会”)での、全社員に向けたスピーチ資料です(社内向けスライドは割愛しています)

第2回目は、情報発信や学び続ける組織になっていくために育みたいカルチャーについてお話しました。

ARアドバンストテクノロジ株式会社(ARI)
https://ari-jp.com/

657ac87f75c375156e5f79cdadebed4d?s=128

中野康雄(ARI)
PRO

August 23, 2021
Tweet

Transcript

  1. 品質よもやま話 #2:関係の質を上げる LOVE会スピーチ 2018年12月20日 中野康雄

  2. 本日のアジェンダ  取り組み状況の共有  新施策のお知らせ  業務品質向上へのヒント  関係の質を上げる

  3. プロジェクトの 異常検知を最優先

  4. プロジェクトモニタリング 請負で粗利低下PJを全ユニット長で共有・確認

  5. 新たな施策

  6. 社員の皆さんから プロジェクト評価を 月次で収集

  7. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. 勤怠月次申請時にPJ評価を入力 7 勤怠申請時に 各PJの評価を 登録

    評価 4 問題なし 3 問題ないと思う 2 やや問題あり 1 問題あり
  8. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. PMや上長には 直接情報は 渡りません

  9. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. 内容を踏まえ 全社PMOチームが 各PJをヒアリング

  10. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. 12月末の 勤怠申請時から (予定)

  11. Copyright ©A.R.I. All Rights reserved. 本日のアジェンダ  取り組み状況の共有  新施策のお知らせ

     業務品質向上へのヒント  関係の質を上げる
  12. 各部会などに 参加して 改めて思った

  13. 技術交流会 次世代リーダーMTG テーマ発表会 Techブログ 部会で読んだ本の紹介 ロジシン実践講座 AWS勉強会 ・・・などなど

  14. 各組織で 様々な取組みを 行っている!

  15. 情報発信の活性化 学び続ける姿勢 社員の意志を尊重

  16. ARIの企業文化 にしたい

  17. 他社事例:クラスメソッド社

  18. 他社事例:クラスメソッド社 引用: » 全エンジニアDevRelな組織におけるソーシャル活用方法 - Speaker Deck https://speakerdeck.com/hamadakoji/quan-enziniadevrelnazu-zhi-niokerusosiyaruhuo-yong-fang-fa?slide=24

  19. 他社事例:クラスメソッド社 引用: » 全エンジニアDevRelな組織におけるソーシャル活用方法 - Speaker Deck https://speakerdeck.com/hamadakoji/quan-enziniadevrelnazu-zhi-niokerusosiyaruhuo-yong-fang-fa?slide=24

  20. 実際にARIでも 技術ブログ 社内自主勉強会 社内の技術フォーラム などを望む声

  21. ARIでも できることから はじめていきたい!

  22. ただ 「全社的な」取り組み とした瞬間に 面倒くさくなるのでは?

  23. それは避けたい

  24. みんなの主体性を大切に 成長と挑戦への意欲を 応援できる仕組みを

  25. 最低限の 取り決めを用意し 近日アナウンス

  26. 併せて共有したいニュース

  27. 技術ユニットからの 新規サービス企画の発案

  28. 実現したい ビジネスアイデアや ソリューション案 随時募集!

  29. 壁がなくオープン 学び続けることが当たり前 挑戦できるカルチャー

  30. 自分だけなんじゃ・・・ という不安を打ち消したい

  31. 31

  32. ARIなりの 「成功の循環」モデルを 皆で構築していきたい

  33. 成果の質を上げるために 関係の質を上げる

  34. マイナスを防ぐだけでなく プラスを作り出す準備も 合わせて 「品質」への取り組み

  35. 早く行きたいなら、一人で行け 遠くまでいきたいなら、みんなで行け by アフリカのことわざ

  36. 品質よもやま話 #2:関係の質を上げる <完> LOVE会スピーチ 2018年12月20日 中野康雄