Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Accelerate your Ray Tracer

yumcyawiz
September 07, 2018

Accelerate your Ray Tracer

yumcyawiz

September 07, 2018
Tweet

More Decks by yumcyawiz

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ACCELERATE YOUR RAY TRACER 効率の良い衝突計算の方法

  2. 衝突計算の効率化 • 現在の実装は全ての物体と衝突するかを一つ一つ調べている(線形探索)

  3. 線形探索 このような場合でも物体一つ一つと衝突計算が行われる

  4. 衝突計算の効率化 • 現在の実装は全ての物体と衝突するかを一つ一つ調べている(線形探索) 圧倒的に無駄が多い

  5. 衝突計算の効率化 • 現在の実装は全ての物体と衝突するかを一つ一つ調べている(線形探索) 大量のポリゴンに対応することができない

  6. 効率化手法 • Bounding Volume Hierarchy(BVH) • Kd-Tree

  7. BVH • 物体をBounding Volumeと呼ばれる枠で囲む • 衝突計算を行うときは、まず枠と衝突するか試す

  8. BVH 枠と衝突しないので中の物体は見ない

  9. BVH • 物体をBounding Volumeと呼ばれる枠で囲む • 衝突計算を行うときは、まず枠と衝突するか試す • さらにBounding VolumeをBounding Volumeで囲んで木構造にする

  10. BVH まず全体の枠と衝突計算をする

  11. BVH 中の枠と衝突計算をする

  12. BVH 最終的に枠の中で線形探索して衝突物体を得る

  13. BVHの木構造

  14. 枠の生成方法 • Axis Aligned Bounding Box(AABB)と呼ばれる長方形を枠として使うことが一 般的 • AABBとは各軸に平行な長方形のこと •

    中の物体の合計の大きさに合わせるようにする
  15. AABB

  16. BVHによる衝突計算の流れ 1. 物体集合からBVHを生成 2. まず全体の枠と衝突計算 3. 当たったら中の要素を衝突計算 4. 当たったらさらに中の要素を衝突計算 …

    5. 最終的な衝突物体を得る 再帰的な処理
  17. BVHの生成方法 • 中央分割法(Median Split) • 等数分割法(Equal Size Split) • Surface

    Area Heuristics(SAH) いずれも全体の枠の長さが最大となる軸を分割軸として選ぶ
  18. Median Split 中央値の位置で分割する

  19. 左右で物体の数が等しくなるところで分割する Equal Size Split

  20. SAHのコストが最も低くなるところで分割する SAH 50 10 40 30 45

  21. SAHコストの計算方法 = + + : 木の走査のコスト : 親の枠の表面積 , :

    子の枠の表面積 , : 子の枠に入っている物体数 :物体との衝突計算のコスト このコストが最小となる分割位置を選ぶ
  22. 比較 Equal Size Median SAH SAHが最も優れたBVHを生成できる