Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

蝶でも分かるVRMアバターをプロシージャルに作る方法

 蝶でも分かるVRMアバターをプロシージャルに作る方法

D4d418d0fdeb82807ee1d343f41c0280?s=128

AKILUX

June 21, 2021
Tweet

Transcript

  1. 蝶でも分かるVRMアバターをプロシージャルに作 る方法(初心者編)

  2. 「AKILUXマルチメディア研究所の」AKILUXです。 VR(&AR、&MR)で頑張って ます、Blender、Unity、 3DCoat、UnityC#、を頑張っ て勉強してる蝶々です! 来週手術を控えて、 かなり、ブルってます・・・

  3. http://fairyvolost.starfree.jp/wp/home.html/study/ 私のサイトもオープンしました! VR妖精郷開拓計画

  4. VR妖精郷作ってます(VRChat) 「Vivid Radiant Fairy Township」 鮮やかに光り輝く妖精たちの郷

  5. 「Cluster」公式イベントで、 「VR妖精郷Cluster支局」を使って頂きました! https://cluster.mu/e/fab25804-8e47-441d-9422-cc45be009a46

  6. https://cluster.mu/w/6a2c2547-5c4a-4543-9edc-2c6c856bcff5 VR妖精郷Cluster支局 公式イベントでも採用された、 Clusterはスマホからでも見れます!

  7. ~ 今日のマニフェスト ~ 先々月に引き続き、 「VRM」アバターの紹介シリーズ です、今回は プロシージャルにVRMアバターを 作ってみます

  8. 「VRM」とは何か?是非ここをご覧ください! http://fairyvolost.starfree.jp/wp/home.html/2021/06/11/653/

  9. 本当は今日はプロシージャルアバターな「VRMアバ ター」を作成できる、VRoid Studioの解説をして、お手 軽にオリジナルアバターを作る方法を解説します 表現力を活かしてキャラクターを簡単に作れる3Dキャラメイカー https://vroid.com/studio VRoid Studio

  10. ~ はじめてみよう!

  11. ~ サンプルモデル&作りかけのモデルが表示されます 今日は新規作成から新しく作ってみます

  12. ~ 新規作成から、モデルを選択(女 or 男)

  13. ~ 顔を調整してみよう!

  14. ~ 体格を調整してみよう!

  15. ~ 衣装を調整してみよう!

  16. ~ 表情を確認してみよう!

  17. ~ 髪の毛を作ってみよう!

  18. ~ 「VRM」ファイルをエクスポートしよう!

  19. 作りかけ状態のモデルは保存できます。 VRMアバターにしてしまったら編集できないので、 VRMエクスポートとは別に 作りかけのモデルをこまめに保存しましょう。

  20. ~ VRoid Studioアバターの長所! ①3DCG触った事のない人でもそれなりの見た目のアバターを作れる ②衣装テクスチャのUVなどは統一されているのでVroid Studio専用の衣装をを描 いている人が居る、販売サイトでテクスチャ素材を買えば着せ替えができる。 ③絵を覚えれば自分でもテクスチャを描ける(要望があれば、この内容でLTしたいで す)

  21. ~ VRoid Studioアバターの短所 ①服装のメッシュのパターンや表情のパターン等から、その道の人からは、  「VRoid Studio」製である事が分かりやすい   ②プロシージャルであるがゆえアバターオーナーの個性は出しにくい、  またモンスター娘のような亜人間や動物、ハート様のような特殊体系は対応 して ないので、やはり自分で作るしかない

  22. 「Vroid Studio」風のアバターはClusterでは多い印象、VRCの方は最近はモンス ター娘や異形頭、常にチューブから酒を補給してるキャラ等、外連味あふれるアバ ターが増えているせいか、最近は見かけなくなってきた。 すごく良いツールだと思いますが、やはりここは、 「3DCGコンテンツ交流会」この会の参加者方には、是非自力で個性的なアバターを フルスタックで作ってみてほしいのが本音です(笑) ~ 雑感

  23. オリジナルVRMアバター、作成の手順 1. モデリング(素体、衣装、髪、口内、光彩、まつ毛、眉毛・・・ etc) 2. UV展開(モデリングした物全部色が塗りやすいようにアジの開きを作る) 3. テクスチャ作成(メッシュ表面の色塗り) 4. 顔の表情作り(喜び、怒り、落胆、喋り、ウィンク、悲しみ、驚き・・・

    etc) 5. ボーン入れ(全身、髪の毛、目、指、スカートのひらひら等させる骨を入れる) 6. スキンウェイト(ボーンに対してポリゴン頂点がどう動くか) 7. FBX形式でモデルをエクスポート 8. FBXモデルをUnityにインポート 9. Unity上でモデルリグを「Humanoid」に変更 10. FBXモデルをUnity上で専用SDKを使用して、 VRM形式に変換(かなり手間なので本日割愛) 11. エクスポート
  24. 7月か8月に「第二回VRC体験&交流会」を開催しよう と思ってます! 会場:純喫茶「Fairy Tree House」 (来週手術なので、術後の体調しだいで日程変動します)

  25. 要望があれば、Cluster交流会もやってみたいかも ・・・?? (第二妖精郷制作中)

  26. ご清聴ありがとうございました!