Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

【ユーザー登壇勉強会】どう進める?中小企業のDX!LINE WORKSで始める業務効率化!

944a10f2c7ba844b2bfc7b7f624b204c?s=47 LWUG
July 27, 2021

【ユーザー登壇勉強会】どう進める?中小企業のDX!LINE WORKSで始める業務効率化!

LINE WORKSを実際に使う方が登場し、リアルな活用・運用方法を発表する会です。
中特ホールディングスにおけるLINE WORKSを活用した業務効率化の事例をお伝えします。
導入に向けた社内説得から、活用促進のための方法、実際の活用方法にいたるまで幅広くご紹介します。社内の情報共有や業務効率化に悩んでいる中小企業のみなさまへのヒントが盛り沢山です。

イベントページはこちら
https://lwug.connpass.com/event/218863/

944a10f2c7ba844b2bfc7b7f624b204c?s=128

LWUG

July 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. 1 【ユーザー登壇勉強会】 どう進める︖中⼩企業のDX︕LINE WORKSで始める 業務効率化︕

  2. 2 タイムテーブル 時間 内容 スピーカー 12:10〜12:15 前説 LWUG事務局 12:15〜12:45 「どう進める︖中⼩企業のDX!

    LINE WORKSで始める業務効率化︕」 中特ホールディングス 吉本さん・⼭本さん 12:45〜12:55 Q&Aタイム 中特ホールディングス 吉本さん・⼭本さん 12:55〜13:00 クロージング LWUG事務局
  3. 勉強会を企画・運営するLWUGについて 組織におけるコミュニケーションや、 働き⽅、経営・管理などの課題を LINE WORKSを使って解決するための 運⽤ノウハウ共有の場 LWUG = LINE WORKS

    USER GROUP LINE WORKSユーザーコミュニティ ※LWTTという技術系コミュニティもあります
  4. ⾏っていること • LINE WORKSの勉強会、実際に使ってる⽅の活⽤ノウハウ発表会 • たまに情報交換会やワークショップ 参加者は︖ • 基本LINE WORKSユーザーの皆さん

    (発表、司会、企画をWMJ×ユーザーさんで⾏うことも) 参加するとこんな良いことが︖ • 他のユーザーさんとノウハウや悩みを共有できる • さまざまな業界・業態の⽅のリアルな活⽤話が聞ける ※ LWUG参加者のLINE WORKSに参加するといつでも情報交換できる LWUGとは︖(もう少し詳しく)
  5. どう進める︖中⼩企業のDX︕ LINE WORKSで始める業務効率化︕

  6. 6 今⽇お話しする内容 LINE WORKSを実際に使う⽅が登場し、リアルな活⽤・運⽤⽅法を発表する 会です。 中特ホールディングス様におけるLINE WORKSを活⽤した業務効率化の事例を お伝えします。 導⼊に向けた社内説得から、活⽤促進のための⽅法、実際の活⽤⽅法にいた るまで幅広くご紹介します。社内の情報共有や業務効率化に悩んでいる中⼩

    企業のみなさまへのヒントが盛り沢⼭です。
  7. 登壇者紹介 IT戦略グループ リーダー ⼭本 勉 業務内容と⾃⼰紹介 ・社内のIT全般と研究開発を担当。ダチョウの⼈。 ・社内にLINE WORKSを提案した張本⼈ 中特グループ

    ㈱中特ホールディングス 未来創造室 室⻑ 吉本⿓太郎 ・3代⽬アトツギ ・外資系損害保険会社▶東京2020みんなのメダルプロジェクト⽴ち上げ▶現職 ・ビジネスとしての遺品整理を⽴ち上げ中!
  8. 中特グループ紹介 • 事業紹介:産業廃棄物処理 • ⽣活インフラ全般:排⽔、浄化槽、下⽔ • ワンストップサービス: 例:遺品整理(建物内)〜解体(建物)〜廃棄物処理(運搬処分) • ⾯⽩ポイント

    ⼯場にダチョウがいる ⇒⿊糖のど飴?
  9. LINE WORKS導⼊後の効果 • 社内連絡の基本ツール →電話・メール・⼝頭連絡が⼀本化されつつある。記録が残る PC スマホ

  10. LINE WORKS導⼊後の効果 • 全社員のプラットフォーム化 • 全社員LINE WORKSアカウント付与 ※私⽤スマホ利⽤者へは通信費補助を⽀給 • 掲⽰板を活⽤した社内連絡とコミュニケーション

    通信補助
  11. LINE WORKS導⼊後の効果 • 社外ともLINE WORKS連携、LINE連携で繋がる • ポリシー設定で不正(外部へのファイル送信)検知

  12. LINE WORKS導⼊前の課題 • 社内情報共有…連絡ミス、スピード感が無い • 電話でのやり取り • 連絡ノート • 社内メール

    • シャドーITによるさまざまなリスク • 個⼈LINEで社員メンバー同⼠が繋がり、 ハラスメントリスク • 個⼈LINEで社外の⼈と連絡し、情報漏洩リスク → 会社が把握できない所でのリスク 複数の連絡経路 ⾒たかどうかも分からない たらい回し:受付→現場上⻑→担当者・・・・
  13. LINE WORKS導⼊を決めた理由 • 利⽤者にとっての使いやすさ(全社への浸透させやすさ) → LINEを使ったことがある⼈はほとんど同じ操作性 ※「業務⽤のLINE」の説明でほとんど理解できる • 外部との連携(拡張性) •

    シャドーIT防⽌の有効性 → 上記2つをカバー出来る ⇒LINE WORKSは、これらの課題に対して、 解決する事が出来た。
  14. 実際の社内提案書

  15. 導⼊時の課題と解決策 • テスト導⼊は部分的に実施するか、全社で導⼊するか? →部署ごとの細かな違いを考えると⼀⻫導⼊が望ましい • BYOD(個⼈端末での利⽤)を容認するか? →経営上リスクを⼀通り想定(社⻑の気持ちになって) • ⽀援体制(使いこなせない⼈へのフォロー) →取り残される部署が出ない様に・・・

    30⽇間無料トライアルで具体的な検証を提案 ※有料契約をしなければ、トライアル期間終了と同時にサービス終了 導⼊時は フリープランがなかった ⇒会社にとっては「ノーリスクチャレンジ」
  16. 中特アカデミー(社員向け勉強会)

  17. 中特アカデミー(社員向け勉強会)の構成 ①LINE WORKS導⼊前と導⼊後のイメージ:LINE WORKSで仕事がどう変わるかの説明 ②具体的なLINE WORKSの操作⽅法(最低限の基本編) ③グループ内活⽤事例:社内事例紹介で横展開を図る

  18. 現在のLINE WORKSの使い⽅ • 連絡ノートの置き換え • ⾒積等の資料共有 • 共有フォルダ・電話・Zoom・YouTube等との併⽤ →ショートカットリンクの添付、直リンク •

    掲⽰板整備:報連相の場+社内コミュニケーションの場 • ふくみちゃんねる • 新⼊社員紹介 • 資格取得
  19. 連絡ノートの置き換え 地図添付 詳細な 顧客情報 連絡ノート(チームごとに1冊) LINE WORKSグループ(チームごとに1グループ)

  20. ⾒積等の資料共有 営業から⾒積積算依頼 現場から質問 完了報告 情報のやり取りはLINE WORKS上で ファイル⾃体は サーバー上で管理 ファイルのやり取りは共有サーバー上で LINE

    WORKSと共有フォルダの 使い分け ⇒ファイルの管理⽅法⾃体は変更せずに運⽤
  21. 社内コミュニケーション 社内報(年2回)…記事に対する反響が分からない 掲⽰板の整備 コメントによる コミュニケーション ⇒更新頻度が⾼くなり部署間の業務の理解の機会が増えた ⇒コメント欄での双⽅向コミュニケーションで反響の⾒える化

  22. LINE WORKSと他のツール連携 KING OF TIMEとの連携 ・bot連携による出退勤打刻 ⇒新たなシステムを検討するときの指標に 「LINE WORKSと連携出来るか?」が追加 ・指紋認証で反応しない⼈のフォロー

    ・休⽇出勤時の打刻 →修正申請が削減
  23. 最後に 〜提案から導⼊までの間で意識したこと〜 ユーザーファースト ・ツールを⼊れることが⽬的にならない。 →「働き⽅を変える」上で使うツールがLINE WORKS ※⾃社での活⽤イメージ(仕事が楽になる、質が上がる)を強く持つ ・現場が⼀番使うものでなければ意味がない →現場の困りごとを直接ヒアリング ※各現場の旗振り役(仲間)を作る

    ・導⼊する際は使えない⼈(IT弱者)へのフォローを重視 →結果的に全体へ浸透しやすく、分かりやすい資料が出来る。 ※全員が使える環境作り(マニュアル作成、勉強会) +社⻑(経営者)に対しては、費⽤対効果(コストを含めた導⼊メリット)と ITリスクと対策案をセットで説明
  24. None