Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Backlog きっかけでプロジェクトマネジメントを共に学びましょう/pmstudy_jbug

Backlog きっかけでプロジェクトマネジメントを共に学びましょう/pmstudy_jbug

PMなら押さえておきたいクラウドサービス勉強会
登壇スライド「Backlog きっかけでプロジェクトマネジメントを共に学びましょう」
ハッシュタグ :#pmstudy
https://qualityforward.connpass.com/event/165013/

Cbc9561ae10a196ca473048980db31d0?s=128

Ichiro Nishiuma

February 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. 西馬 一郎 @beppu01 #JBUG(Japan Backlog User Group) 2020年2月25日 PMなら押さえておきたいクラウドサービス勉強会 Backlog

    きっかけでプロジェクト マネジメントを共に学びましょう #JBUG
  2. JBUGコミュニティから来ました(西馬 一郎) 西からきた馬ヅラの男 Backlog World 2020 運営委員長 日経電子のバーーンの 中の人 DevRel、技術広報

    エンジニア採用、サウナ @beppu01 #JBUG
  3. きょうお話したいこと プロジェクトマネジメントとPM 押さえておきたいBacklogの秀逸な機能、ポイント プロジェクトマネジメントを学ぶJBUGコミュニティ #JBUG

  4. 1. プロジェクトマネジメントとPM 2. Backlogコラボレーションを促進する秀逸の機能 3. プロジェクトマネジメントについて学ぶJBUG 目次 #JBUG

  5. 1. 複数のメンバーで目標を期日までに達成する 2. チームで物事を進めていく 小難しく感じますが、仕事をうまく回すための手法 この旗を立てるのがPM(プロジェクトマネージャー) プロジェクトマネジメント #JBUG

  6. 1. 期日までに目的を果たすのが仕事 1. プロジェクトマネジメントはプロマネだけのモノではない 2. メンバー1人1人にもPM仕事の進め方知っておいてもらう 2. 立ち上げは一人、孤独 準備が必要 プロジェクトマネージャーにとってプロジェクト

    #JBUG
  7. 1. プロジェクトマネジメント 2. プロジェクト憲章 3. 進捗管理 4. ドキュメント管理 5. タスク管理

    6. スケジュール管理 7. スコープ管理 8. リスク管理 とは言え小難しい #JBUG
  8. 1. タスクの見える化 誰が、何をいつまでに担当するのか明確化 2. 複数人で仕事を進めるため分担する 3. 仕事を円滑に進めるため、効率良い働き方を実現するため Backlog、Trello、Redmine、Jira、Asana、Wrikeなど多数 なんならSlackと通知だけでも短期なら可能 Backlogはプロジェクト成功を導くためのツール

    #JBUG
  9. 1. プロジェクトマネジメントとPM 2. Backlogコラボレーションを促進する秀逸の機能 3. プロジェクトマネジメントについて学ぶJBUG 目次 #JBUG

  10. 1. シンプルなUI 2. インテグレーションで外部連携 3. スター 4. テンプレート 5. 通知

    6. 親子課題 7. wiki コラボレーションツールBacklogのステキな点 #JBUG
  11. 1. 課題(タスク)のタイトル (体言止めはやめる) 2. 課題の詳細 3. 期限と担当 1.BacklogのシンプルなUI #JBUG

  12. S-1 サイトで使用するイメージについて S-2 イベント概要の文書の件 S-3 会場_下調べ_料金確認 ↓ S-1サイトで使用するイメージを決める S-2 イベント概要の文書を作成する

    S-3 会場_下調べ_料金の確認をする 課題タイトルのポイント(イベント実施プロジェクト例) #JBUG
  13. 外部連携機能 インテグレーション機能 2.Backlogの連携 #JBUG

  14. もらえると嬉しい 心理的安全性を高める効果あり スター連打機能あり 3.Backlogのスター機能 #JBUG

  15. 複数人で書き方のブレがなくなる 抜け漏れが防げる 効率的 4.Backlogのテンプレート機能 #JBUG

  16. 4.Backlogのテンプレート機能の具体的な例 #JBUG

  17. チームメンバーからのお知らせ受け取れる 課題やコメントでお知らせ設定 5.Backlogの通知機能 #JBUG

  18. Backlogの「最近見た課題」がスマホとブラウザで同期されない 移動中 Backlog通知のお知らせ受け取ってスマホで閲覧した課題 オフィスの机についてパソコンで閲覧しようとすると探しづらい 5.Backlogの通知機能で要望 #JBUG

  19. 1. タスク一覧 2. 担当と進捗 6. Backlogのステキな点 親子課題 #JBUG

  20. 1. プロジェクトの概要を記載する 1. 目的 2. スケジュール、マイルストーン 3. ルール 4. コミュニケーションプラン(会議体、承認フロー)

    5. 体制、予算 6. ツール 2. PMがプロジェクト立ち上げ前に行う重要な事前の段取り 7. Backlogのステキな点 wiki #JBUG
  21. プロジェクトをととのえる #JBUG

  22. 1. プロジェクトマネジメントとPM 2. Backlogコラボレーションを促進する秀逸の機能 3. プロジェクトマネジメントについて学ぶJBUG 目次 #JBUG

  23. 1. プロジェクトマネジメントの民主化、身近なものにする 2. 実体験から学んだ知見やノウハウのシェアを通じ、 より「働くを楽しくする」を実現したい 職場や会社、日本全体の生産性向上 JBUG(Japan Backlog User Group)

    コミュニティのビジョン #JBUG
  24. 1. 「プロジェクトマネジメントの民主化」ビジョンを実現するために JBUGをやっている 2. 全国12拠点で活動 3. 幅広いテーマ 1. チームビルディング 2.

    組織のマネジメント 3. ファシリテーション 4. Backlog JBUGの活動と展開 #JBUG
  25. イベントに対する想い 第1歩を踏み出す、 1から立て直す、 ひとつになる 2/29は中止となりましが、 なんらかの形で開催したいです Backlog World 2020のテーマ #JBUG

  26. 業種 IT系が8割 職種 エンジニア 5割 PMやディレクター 3割 JBUGの参加者の属性 #JBUG

  27. JBUGで学ぶこと、ソフトスキルに焦点 #JBUG スキルレベル5 ~ スキルレベル1 聞いたことがある、 内容を理解~ 十分に使いこなす コ ミ

    ュ ニ ケ ー シ ョ ン マ ネ ジ メ ン ト フ ァ シ リ テ ー シ ョ ン フ ロ ン ト エ ン ド 開 発 バ ッ ク エ ン ド 開 発 デ ー タ ー ベ ー ス イ ン フ ラ ネ ッ ト ワ ー ク セ キ ュ リ テ ィ iOS Android ソフトスキル
  28. 1. エンジニアのキャリアパスでもソフトスキル(非技術領域)は必要 1. テックリード 2. エンジニアリングマネージャー 3. プロダクトマネージャー 2. リモートワークなど多様な働き方

    キャリアパスと働き方の変化、多様性 #JBUG
  29. 2019年にLTスピーカーのテーマを分析 Backlog以外の話 5割 1. PMの仕事術 2. 組織・チームマネジメント・開発組織のカルチャービルディング Backlogの話 5割 1.

    組織に導入した事例 2. うまく活用して業務を円滑に進める事例 JBUGで扱うテーマの多様性 #JBUG
  30. JBUGコミュニティ、 参加よろしくお願いします #JBUG JBUGコミュニティ https://jbug.info/ https://jbug.connpass.com/ @JBUG.Official @jbugofficial