Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Microsoft Build 2020 COM173

Microsoft Build 2020 COM173

#MSBuild
#PowerPlatform
#PowerApps
#PowerAutomate
#PowerBI
#PowerVirtualAgents
#JPPUG
#COVID19ENGR

932329c79bc511fdfed22abbd5ec92d2?s=128

Ryota Nakamura

May 21, 2020
Tweet

Transcript

  1. None
  2. Community introduction // Japan Power Platform User Group Ryota Nakamura

    / Sentreseau Inc. CTO
  3. 自己紹介 • もともとインフラ上がりのエンジニアです。 • Power Appsでゲーム作ったり、IoTと組み合わせたりとかしてます • 会社では、Power Platform や

    Dynamics 365、Microsoft 365の 導入提案や支援、教育などを行っています。 • 自社事例を元にリターンシップを求める方に、Power Platformを 学んでもらい、キャリアアップ(市民開発者の創出)といった ことを行っています。 株式会社ソントレーゾ / Sentreseau Inc. 取締役 最高技術責任者(CTO / Co-Founder) DX推進事業部 (DX OverDrive Business Dept.) 事業部長 ▪主催 Office 365 User Group 福岡支部 / IoT365 User Group ▪運営 コロナ対策エンジニア JAPAN Power Apps User Group JAPAN Power Virtual Agents User Group りなたむ || 中村亮太(Ryota Nakamura) Microsoft MVP for Business Applications ( 2020.2 〜 ) Power Apps / Power Automate
  4. Agenda • Power Platform User Group のご紹介

  5. 日本のユーザーグループ Japan Power Apps User Group LogicFlow-ja Japan Power Virtual

    Agents User Group Japan Power BI User Group Japan Power Platform User Group #MSBuild #COM173
  6. Power Platform Day 年に2回執り行われる Power Platform Only なお祭り

  7. Power Platform の MVP に登壇頂いています BizApps MVP (Power Apps) Microsoft

    Azure MVP (Logic Apps) Microsoft Azure MVP (Logic Apps) Data Platform MVP (Power BI) #MSBuild #COM173
  8. Power Platform 以外のMVPにもご登壇頂いています Office 365 MVP Office 365 MVP Office

    365 MVP BizApps MVP (Dynamics 365) #MSBuild #COM173
  9. MVP 以外の方も積極的に登壇頂いています Engineer Citizen Developer Project Manager #MSBuild #COM173

  10. Power Platform Medic Room (相談室) 参加者のお悩みを、登壇者が個別に解決する場を設けています。 #MSBuild #COM173

  11. 東京だけでなく各地で勉強会を行っています Osaka #MSBuild #COM173

  12. 東京だけでなく各地で勉強会を行っています Fukuoka Hiroshima Nagoya Sapporo #MSBuild #COM173

  13. Pay it Forward ~ 恩送り ~

  14. Virtual Community Event due to the impact of COVID-19 Ryota

    Nakamura / Sentreseau Inc. CTO
  15. Agenda • オフラインイベントができない! • オンラインイベント方法の模索 • コロナ対策エンジニア • COVID-19終息後の勉強会

  16. オフラインイベントができない

  17. むかしはえがった・・・ #MSBuild #COM173

  18. COVID-19

  19. 勉強会もオフラインは完全にNGに・・・ https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/ statement/2020/0229kaiken.html #MSBuild #COM173

  20. 某所の30階・31階が使えない・・・ #MSBuild #COM173

  21. 緊急事態宣言発出により、外出自粛(3密の回避) #MSBuild #COM173

  22. オンラインイベント方法の 模索

  23. JPPUG の参加者層 開発者 50% ユーザー 50% #MSBuild #COM173 #JPPUG

  24. 勉強会の種類 登壇 ハンズオン ハッカソン #MSBuild #COM173 #JPPUG

  25. オンライン勉強会で当初使用したツール Microsoft Teams Zoom #MSBuild #COM173 #JPPUG

  26. オンライン勉強会の主な構成 Microsoft Teams Zoom 登壇者 登壇者 #MSBuild #COM173 #JPPUG

  27. コミュニケーションツールを使用した場合の問題点 ツールや テクニック 参加側のマイクなどの 誤操作 参加数や開催時間の 上限 質疑応答の統制 参加者も運営も負担増 #MSBuild

    #COM173 #JPPUG
  28. オンラインイベントでのハンズオンの問題点 環境が整っていない 問題箇所を確認しづらい 対応中は待ち 満足なサポートを行うことが難しい #MSBuild #COM173 #JPPUG

  29. ハッカソン・・・ #MSBuild #COM173 #JPPUG

  30. 勉強会は人がいてこそ オフラインと同等の 気軽さで参加して もらうには・・・ 可能な限り 全ての質問に 回答して あげられるように するには・・・ #MSBuild

    #COM173 #JPPUG
  31. 誰もが容易に参加できるようにするには・・・ 原則は登壇形式 YouTube Liveを使う 質問はチャットやTwitterなどで募集 #MSBuild #COM173 #JPPUG

  32. オンライン配信構成 #MSBuild #COM173 #JPPUG

  33. コロナ対策エンジニア

  34. コロナ対策エンジニアのミッション 日本全国でお困りの組織・団体に対し エンジニアとして誇りを持ってご支援し 見返りを求めずにCOVID-19対策に貢献する To contribute to resisting against COVID-19

    without seeking return, and help those in need nationally as a proud engineer. #COVID19ENGR #MSBuild #COM173
  35. エンジニアの定義 「ITで貢献したい全ての人」 #COVID19ENGR #MSBuild #COM173

  36. コロナ対策エンジニアでの「エンジニア」の定義 プロの開発者・IT担当者 市民開発者 学生開発者 普段から業務で開発や運用を行って いる 業務の中で業務効率化を行っている これから活躍していくIT好きな学生 どの種類のエンジニアでもITで貢献することは可能 #COVID19ENGR

    #MSBuild #COM173
  37. これまで行われてきたセッション • Microsoft Teams • Slack • Zoom • Power

    Apps • Power Automate • LINE • Chatwork • Asana • Amazon Connect • Twilio • Amazon WorkSpaces • Call for Code • オンライン面談のいろは • CovidRader19 • SIGNATE COVID-19 • ポートフォリオの重要性と 便利なサービス • 子育て中のテレワーク • オンライン配信のやり方 製品を使ったセッション 取り組み・ノウハウなど 全18セッション #COVID19ENGR #MSBuild #COM173
  38. 非常に多くの方に視聴頂き、高評価を得ています #COVID19ENGR #MSBuild #COM173

  39. COVID-19終息後の勉強会

  40. オンライン化することのメリット • 自宅から登壇・参加できる • 都会と地方の勉強会格差がなくなる • 会場手配の手間がなくなる • 懇親会も自宅から参加できる •

    追っかけ再生や後日振り返り再生することができる #MSBuild #COM173
  41. オンライン・オフラインのハイブリッド オンライン化により、地方からでも有意義な勉強会 に参加・登壇することも可能なので オフラインの勉強会を行いつつ オンライン枠も作ることで 更なるコミュニティの発展に 寄与していきたいと思います

  42. © Copyright Microsoft Corporation. All rights reserved.