Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

市場を創るためのルールメイキング

 市場を創るためのルールメイキング

ルールメイキングがなぜ今、スタートアップやビジネスにとって重要なのかについてです。
2022年3月23日に実施した「新しい市場創出のためのルールメイキングセミナー 」での講演資料の抜粋版です。
https://webdesk.jsa.or.jp/common/W10K0500/index/dev/market

74e775bf3904dfeca8ee5a49388cc756?s=128

Takaaki Umada / 馬田隆明
PRO

April 04, 2022
Tweet

More Decks by Takaaki Umada / 馬田隆明

Other Decks in Business

Transcript

  1. Takaaki Umada | 馬田隆明 東京大学 FoundX 市場を創るための ルールメイキング

  2. 自己紹介: 馬田 隆明 馬田隆明 (東京大学 FoundX ディレクター) University of Toronto

    卒業後、日本マイクロソフトでの Visual Studio のプロダクトマネージャーを経て、テクニカルエバンジェリス トとしてスタートアップ支援を行う。スタートアップ向けのスライド、 ブログなどの情報提供を行う。 サイト: https://takaumada.com/ スタートアップの 方法論の基礎 Amazon (2017年3月) 起業環境の重要性と アクセラレーター の設計方法 Amazon (2019年4月) スタートアップの 公共や規制との 付き合い方 Amazon (2021年1月) スタートアップに ついてのスライド Slideshare SpeakerDeck
  3. 東京大学 FoundX とは 3 FoundX は起業志望者向けのプログラムです。 投資は行いませんが、無償での個室貸与やプログラムの提 供、起業家コミュニティへの参加を支援します。 規制領域に挑むスタートアップも積極的に募集中です。 🔥

    興味 情熱 Fellows (9 か月) Founders (9 か月) 👨‍👩 ‍👧 ‍👦 共同創業者 の説得 💰 有利な 資金調達 🤝 フル コミット 🏆 ビジネス 実績 📝 初契約 初売上 💻🤖 製品開発 と改善 💲 助成金や コンテス ト 賞金の獲 得 学習資料 ➰ 試行 錯誤 🌱 アイデア の種 💡 検証された アイデア 📚 起業家の 基礎知識 &スキル 🔨 プロト タイプ 🙎 顧客イン タビュー
  4. 4 スタートアップの支援が 仕事です

  5. Q. 5 なぜスタートアップでも ルールメイキングが重要に?

  6. A. 6 イノベーションの 社会実装のために 必要だから

  7. 7 現代のスタートアップは ルールや規制と 関わり続けてきた

  8. Photo by Stock Catalog (CC-BY 2.0) Facing regulatory roadblocks, Uber

    ramps up its lobbying in California - Los Angeles Times (latimes.com) 8 Uber アメリカの各州でロビイングを して法的な認可を得る。 2015 年のある時点でリムジン業界 の 10 倍、タクシー業界の 4 倍の 金額をロビイストに支払っていた。 ※ 日本ではロビイングはうまくいかず
  9. 9 Airbnb 日本の初期の営業許可をホスト任 せ。民泊は本来、自治体の許可が 必要という規制があった。 2018 年に民泊新法が公布され、 申請が簡単になり、個人ホストが Airbnb を実施しやすくなった。

    規制の変更だけではなく、Airbnb は各市町村で自治体と折衝し、ホ スト向けの勉強会や行政書士との 相談会なども実施した。 InstagramFOTOGRAFINによるPixabayからの画像
  10. 10 Tesla クリーンテックや EV という国策を うまく使い国からの研究開発助成 で数千億円以上の助成を獲得する ほか、低金利のローンなども獲得。 助成金は政治と密接に関わっており 多くの研究開発スタートアップは

    そうした流れの中にいる。 BlomstによるPixabayからの画像
  11. 11 Zenefits 2014 年のオバマケアの開始とともに 50 人以上の従業員を持つ事業者は 従業員に医療保険を提供することが実質義務化 Zenefits は人事関連業務の効率化サービス+医療保険の販売代行で 一気にユニコーン企業に(ただしその後はスキャンダル等で低迷)

    Photo by Tony Webster (CC-BY 2.0)
  12. 12 日本でも…

  13. 昨今起こった規制の変化 スタートアップなどが中心に政治と規制と向き合って変化を起 こしてきた。 国・地方公共団体ともクラウドサイン可能に—グレーゾーン解消制度による電子署名法・契約事務取扱規則の適法性確認 13 銀行 API 2017 年の銀行法の改正で 銀行

    API が努力義務に。 詳細は以下の本に詳しい。 電動キックボード 実証実験を積み重ねたり、 業界団体を作りながら進め てきた。 (個人的には自転車も含めてヘルメット着用義 務化の方が望ましいと思っています) クラウド型電子契約 クラウド型の電子契約が国 との契約書等においても適 法に利用できるように。 「クラウド型電子署名サー ビス協議会」なども設立。
  14. ルールメイキング系の本も続々 昨今ルールメイキング系の本も多数出版され始めている。 14

  15. 15 スタートアップが 急拡大する市場を狙う上でも 急拡大する市場を創る上でも ルールと向き合う必要がある

  16. 16 スタートアップが 急拡大する市場を狙う上でも 急拡大する市場を創る上でも ルールと向き合う必要がある

  17. Q. 17 なぜスタートアップは ルールと向き合うのか?

  18. A. 18 テクノロジの社会実装は 技術を良くするだけでは 達成できないから

  19. 19 かつての技術もそうだった

  20. 20 DX 💻 (Digital Transformation) の前に起こった変化 EX (Electric Transformation) を振り返る

  21. 21 DX 💻 (Digital Transformation) の前に起こった変化 EX (Electric Transformation) を振り返る

  22. 22 DX 💻 (Digital Transformation) の前に起こった変化 EX ⚡ (Electric Transformation)

    から示唆を得る
  23. 当時 (1900 年前後) 必要だった変化 23 蒸気 電気 ⚡

  24. 24 エジソンの電球の発明は 1879 年 テスラの電気モーターは 1888 年

  25. 電気が生産性向上に寄与するまでにかかった時間は? 25 蒸気 電気

  26. 26

  27. 蒸気から電気への転換で当初想定されていた”必要な変化” 動力源を蒸気機関から電気モーターに置き換え、電気モーター の性能を上げることで生産性が向上すると期待された。 File:Rotterdam Ahoy Europort 2011 (14).JPG - Wikimedia

    Commons (CC BY-SA 3.0) File:JamesWattEngine.jpg - Wikimedia Commons (Public Domain) 27 交換
  28. でも実はそれだけでは生産性向上につながらなかった File:Rotterdam Ahoy Europort 2011 (14).JPG - Wikimedia Commons (CC

    BY-SA 3.0) File:JamesWattEngine.jpg - Wikimedia Commons (Public Domain) 28 交換
  29. 実際に効果があったのは「工場や社会の在り方」の変化 必要だったのは単なる交換ではなく、電気の特徴に合わせた 「仕組み全体の変化」だった。 File:Bild Maschinenhalle Escher Wyss 1875.jpg - Wikimedia

    Commons File:LongBeachFord.jpg - Wikimedia Commons 29 工場の “転換”
  30. 蒸気機関の構造 1. 中央の大型エンジンで動力 が発生 2. エンジンで生まれた力は ベルトで機械に伝わる 30 File:Bild Maschinenhalle

    Escher Wyss 1875.jpg - Wikimedia Commons
  31. 蒸気機関の構造 1. 中央の大型エンジンで動力 が発生 2. エンジンで生まれた力は ベルトで機械に伝わる → ベルトの摩擦で力のロスが 発生するため、エンジンの近く

    に工作機械を設置する必要 → 作業順に機械を置けない。 次の作業場に運搬する必要が あった 31 蒸気機関の構造 File:Bild Maschinenhalle Escher Wyss 1875.jpg - Wikimedia Commons
  32. 電気のメリット 電気モーターは小型化可能 & ロスを少なく送電可能 File:LongBeachFord.jpg - Wikimedia Commons 32

  33. 電気のメリット 電気モーターは小型化可能 & ロスを少なく送電可能 → 動力源をどこでも置けるよ うになる → 機械の配置が自由🔌に →

    電化⚡によって 作業順に機械を置ける File:LongBeachFord.jpg - Wikimedia Commons 33
  34. https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ford_1921.jpg CC 1.0 Public Domain 34 機械を作業順 に置くことが できるように なり、作業の

    効率が 2 倍に なった Henry Ford
  35. その他の電気のメリット • 山奥などの中央発電所で発電し、 遠方の工場に送電⚡が可能に • ベルトの摩擦の制約がなくなり、 工場拡大が容易 🏭 に •

    ベルトに巻き込まれることがな くなり、安全 🦺 に • 電灯がついて、暗い場所でも作 業が可能 🔦 に 35
  36. 36 電気を活用するには 工場の仕組みの変化が 必要だった + 社会の仕組みの変化も 必要だった

  37. 37 電気を活用するには 工場の仕組みの変化が 必要だった + 社会の仕組みの変化も 必要だった

  38. US の「高校卒業率」の変遷 電気を使った高度な機械を扱うためにスキル要件が増した。 あわせて事務職や仕入れなど、高度な認知スキルを必要とする 職種が増えて、教育への需要が高まり、公教育への投資も行わ れたため、教育を受ける人が増えた。 『テクノロジーの世界経済史』(p. 326) 38 1910

    年 9% 1935 年 40%
  39. 私たちは技術的イノベーションだけではなく… 私たちが普段思い浮かべるイノベーションは技術的なイノベー ションが中心だけれど… 39 (技術的) イノベー ション

  40. 補完的イノベーションを起こす必要がある 技術を活かすには制度や組織、仕事のやり方の刷新などの補完 的イノベーションが必要。特に汎用技術の場合。 エリック・ブリニョルフソンら『ザ・セカンド・マシン・エイジ』などから 40 (技術的) イノベー ション 補完的 イノベー

    ション
  41. 41 技術やサービス面での

  42. 42 技術やサービス面での 社会や制度の

  43. 43 技術やサービス面での 社会や制度の 両方の DX がないとテクノロジーの進歩を活かせない

  44. 44 テクノロジーで社会を変える + 社会を変えてテクノロジーを 受容する

  45. 45 テクノロジーで社会を変える + 社会を変えて テクノロジーを活かす

  46. 46 社会実装のためには テクノロジーと社会の 両方を変える必要がある

  47. 47 社会をうまく動かすために ルールがある 技術で社会を変えるのであれば ルールのアップデートが必要

  48. 48 さらに市場を創るためにも ルールと向き合う必要がある

  49. ルールが市場に与える影響 49

  50. ルールが市場に与える 3 つの影響 拡大、加速、安定化の三つの観点でルールは市場に大きく影響 を与えます(※それぞれ独立ではなく、被りがあります) 50 (1) 拡大 ルールを変更することで、 市場規模

    (TAM) を拡大する ことができる。 (2) 加速 標準化などによるコストダ ウンや非競争領域の定めに よって、市場の拡大を加速 できる。 (3) 安定化 新しい市場には様々なリス クがあり、不安定なため、 制御しなければ崩壊するこ ともある。 旧市場
  51. (1) 拡大:ルールが市場に与える 3 つの影響 拡大、加速、安定化の三つの観点でルールは市場に大きく影響 を与えます(※それぞれ独立ではなく、被りがあります) 51 (1) 拡大 ルールを変更することで、

    市場規模 (TAM) を拡大する ことができる。 (2) 加速 標準化などによるコストダ ウンや非競争領域の定めに よって、市場の拡大を加速 できる。 (3) 安定化 新しい市場には様々なリス クがあり、不安定なため、 制御しなければ崩壊するこ ともある。 旧市場
  52. (1) 市場の拡大のためのルールメイキング 市場拡大のためのルールメイキングの代表例として、規制緩和 とものさしの変更があります。 52 ① 規制緩和や新しい規制 従来の規制を緩和することで、これまで禁 止されていたことが新たにできるようにな り、新しい市場が生まれる。

    また新しい規制に対応するために、新たな サービスが必要になり市場が生まれること もある。 ② ものさしの変更 製品やサービスの価値の「測り方のルー ル」を変更することで、これまで価値のな かったものに価値付けがなされて、新しい 市場が生まれる。
  53. (1) 市場の拡大のためのルールメイキング 市場拡大のためのルールメイキングの代表例として、規制緩和 とものさしの変更があります。 53 ① 規制緩和や新しい規制 従来の規制を緩和することで、これまで禁 止されていたことが新たにできるようにな り、新しい市場が生まれる。

    また新しい規制に対応するために、新たな サービスが必要になり市場が生まれること もある。 ② ものさしの変更 製品やサービスの価値の「測り方のルー ル」を変更することで、これまで価値のな かったものに価値付けがなされて、新しい 市場が生まれる。
  54. 54 ① 規制緩和や新しい規制

  55. Zenefits 2014 年のオバマケアの開始とともに 50 人以上の従業員を持つ事業者は 従業員に医療保険を提供することが実質義務化 Zenefits は人事関連業務の効率化サービス+医療保険の販売代行で 一気にユニコーン企業に(ただしその後はスキャンダル等で低迷) Photo

    by Tony Webster (CC-BY 2.0) 55
  56. 例)相乗りタクシー 道路運送法では、タクシーの相乗りは NG とされ、Uber Pool のような相乗りサービスは日本で展開できなかった。 → 通達により 2021 年

    11 月からサービス実施が可能に。相乗 りでユーザーは割安にタクシーを使えるようになるとともに、 タクシー業界は市場の拡大が可能に(新規参入の可能性も) 56
  57. 57 ※規制は ビジネスを邪魔している わけではないので 単に緩和すれば良いという ものでもない

  58. 58 1950 年代、タクシーは危険だった 当時は事業タクシーと個人タクシーの境目がなく、個 人タクシーを中心に、粗暴運転や乗車拒否、不当な運 賃の請求や日常茶飯事だった。速度超過をするタク シーは「神風タクシー」とも呼ばれていた。 1958 年に東京大学の赤門前で神風タクシーが東大 サッカー部主将の青年を跳ねて即死。

    神風タクシーを抑制する目的で個人タクシー制度が生 まれ、事前認可制となった。 つまり、利用者や市民の安全性を守るために認可制度 が生まれた。
  59. 59 1950 年代、タクシーは危険だった 当時は事業タクシーと個人タクシーの境目がなく、個 人タクシーを中心に、粗暴運転や乗車拒否、不当な運 賃の請求や日常茶飯事だった。速度超過をするタク シーは「神風タクシー」とも呼ばれていた。 1958 年に東京大学の赤門前で神風タクシーが東大 サッカー部主将の青年を跳ねて即死。

    神風タクシーを抑制する目的で個人タクシー制度が生 まれ、事前認可制となった。 つまり、利用者や市民の安全性を守るために認可制度 が生まれた。 悲しい思いをする人を少なくしたり 適性な競争を生み出すために規制は作られている 「規制は全て緩和すれば良い」というものではないし 変えるときにも既存の仕組みに敬意を払う必要もある
  60. 60 規制が古くなるときもある & 新しい技術や仕組みで 既存の規制の主旨を守りつつ うまく変えられるかも

  61. 61 (例)eKYC が変えた 新しいユーザー体験と 市場拡大

  62. eKYC の前後で変わったこと eKYC が可能になることで、スマホを使った本人確認ができるよ うになった。 62 Before 従来の本人確認は運転免許証の物理コピー の郵送などで行われていた。 After

    (eKYC) スマホを使った本人確認で金融サービスの 口座開設ができるようになった。 (※ eKYC で十分な本人確認性がある場合は口座開設 などに限られます。すべての本人確認に eKYC の仕組 みが使えるわけではありません)
  63. 紙での本人確認 (KYC) の体験は時間がかかっていた 63 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス

    開始 書類の発送 書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC もし不備があった場合は 再度書類の準備
  64. 正規プロセスにプラスして数日かかることも… 64 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始 書類の発送

    書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC 来店が面倒 or 郵送申請が面倒 免許証のコピー などが面倒 郵送を 忘れる 書類不備だと郵送で 通知 & 待ちが発生 この途中の手続きの煩雑さで ユーザーがサービス開始を諦めることも 😢
  65. 体感時間はもっと長い 😇 65 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始

    書類の発送 書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC もし不備があった場合は 再度書類の準備 基本的にはサービス開始までに数日かかる
  66. eKYC が法的に許可されて、サービス開始まで時間短縮 66 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始

    書類の発送 書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC eKYC 記入と本人 確認書類の 撮影など 書類の受取 確認, 審査 アプリや Webから すぐ申請 サービス 開始
  67. 時間短縮以外にも、様々なユーザー体験が良くなる 67 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始 書類の発送

    書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC 記入と本人 確認書類の 撮影など サービス 開始 書類の受取 確認, 審査 アプリや Webから すぐ申請 eKYC すぐにできる 物理コピーは 不要な場合も ある程度自動 化可能
  68. eKYC が法的に許可されて、サービス開始まで時間短縮 68 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始

    書類の発送 書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC eKYC 申請からサービス開始までの時間 ⌚ が短縮 記入と本人 確認書類の 撮影など 書類の受取 確認, 審査 アプリや Webから すぐ申請 サービス 開始
  69. 体感時間はぐっと短くなる 69 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始 書類の発送

    書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 ユーザー側 金融機関側 紙での KYC 記入と本 人確認書 類の撮影 など サービス 開始 書類の受 取確認, 審査 アプリや Webか ら すぐ申請 eKYC ※ eKYC で十分な本人確認性がある場合は一部の口座開設などに限られます。すべての本人確認に eKYC の仕組みが使え るわけではありません。ユーザー体験が良くなることと、技術・社会的に十分な本人確認性を有することは両方を考える べきであり、両方を満たせる場合にのみ使える手法として eKYC を使うことを紹介しているとお考え下さい。 体感ではもっと短縮
  70. 体験がよくなるとユーザーが増えやすくなる=市場拡大 70 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始 書類の発送

    書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 紙での KYC 記入と本 人確認書 類の撮影 など サービス 開始 書類の受 取確認, 審査 アプリや Webか ら すぐ申請 eKYC
  71. eKYC 専門のサービスが生まれて新しい市場が生まれる 71 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始

    書類の発送 書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 紙での KYC 記入と本 人確認書 類の撮影 など サービス 開始 書類の受 取確認, 審査 アプリや Webか ら すぐ申請 eKYC eKYC を専門とする サービスが生まれる
  72. eKYC の仕組みがさらに広がり、市場が拡大する 72 紙の記入と 本人確認 書類の準備 書類の受取 と整理 サービス 開始

    書類の発送 書類の確認 と審査 来店もしく は書類請求 紙での KYC 記入と本 人確認書 類の撮影 など サービス 開始 書類の受 取確認, 審査 アプリや Webか ら すぐ申請 eKYC eKYC を専門とする サービスが生まれる 金融以外の他の領域でも eKYC が使いやすくなり 新しい市場が拡大する (例: C2C などでの eKYC の導入)
  73. 73 規制をより良いものにして 新しい市場を創る

  74. 74 ② ものさし(価値付け) としてのルールを変える

  75. (1) 市場の拡大のためのルールメイキング 市場拡大のためのルールメイキングの代表例として、規制緩和 とものさしの変更があります。 75 ① 規制緩和や新しい規制 従来の規制を緩和することで、これまで禁 止されていたことが新たにできるようにな り、新しい市場が生まれる。

    また新しい規制に対応するために、新たな サービスが必要になり市場が生まれること もある。 ② ものさしの変更 製品やサービスの価値の「測り方のルー ル」を変更することで、これまで価値のな かったものに価値付けがなされて、新しい 市場が生まれる。
  76. 76 どの「ものさし」を使うかで 価値は変わってくる

  77. 77 ゴールに入れたら 1 点

  78. 78 ゴールに入れたら 1 点 ボールに触れたら 1 点 ルールが違えば全然違うゲームになる

  79. ② ものさしとしてのルールを変える ルールは物事の価値を決める「ものさし」としての側面もあり ます。代表的な例としては以下のようなものです。 79 価格への間接的ものさし 補完的なものさしを導入し、インセンティ ブを加える。 例)分類:EU Taxonomy

    分類された発電方法をグリーンと見做し、 それ以外は認めないとする。 例)情報開示:TCFD 気候関連財務情報の開示を促すことで、企 業や投資家の行動を変えるように促す 価格への直接的ものさし 価値を測る新しいものさしを導入し、直接 的に値付けを行う。税金、助成金なども。 例)カーボンプライシング 炭素に対して値付けを行い、税金徴収や取 引を可能にする。 例)SIB / PFS 社会的価値を測り、達成度に応じた貸付や 支払いを行う。
  80. 例)SDGs という “ルール” による価値付け • SDGs は EU 主導の価値観 とルール

    • SDGs スコアのトップ 20 のうち、ほとんどは EU の 国々 80
  81. 81 市場の外にあったものを 市場に取り込むための 価値付け競争が始まっている 例)環境、社会的インパクト

  82. 市場経済は社会全体の一部しか捉えていなかった これまでの市場は主に金銭的資本のみが扱われています。 82 非市場経済 (環境的価値、社会的価値、人的価値などなど) 市場経済 (主に財務諸表に記載)

  83. 非財務情報 (統合報告書、気候関連情報) 非財務情報の導入による評価の拡張 金融のアプローチとして非財務情報を考慮に入れて投資をする という仕組みに変わりつつあります。 83 非市場経済 (環境的価値、社会的価値、人的価値などなど) 市場経済 (主に財務諸表に記載)

  84. 84 これまで価格がなかったため 過小評価されていた 「社会的に有用なもの」に対して 価格を付けて流通させるルールや アカウンティング手法の台頭 (炭素、Well-being に紐づく SIB、PSF など)

  85. 市場化することで企業への直接的インセンティブを生む 炭素を皮切りに「これまで価値のついていないかったもの」へ の価値付けを行うルールメイキングが台頭しつつあります。 85 新たに市場化されつつある経済 (CO2、人権、社会的価値、ステークホルダー) +これらのためのルールメイキングが本流に 非市場経済 (環境的価値、社会的価値、人的価値などなど) 市場経済

    (主に財務諸表に記載) 例 • 炭素税 • 炭素排出量取引 • Well-being 指標 • 交通アクセス • 医療アクセス • 歩行者数 などなど。 ※これまでは不動産価格などに 反映されていたものも多数ある
  86. 「新しい資本主義」のためのルール作り競争? 新しい資本主義やステークホルダー資本主義などと関連した、 新しいルール作りの競争が始まりつつある? 86 新たに市場化されつつある経済 (CO2、人権、社会的価値、ステークホルダー) +これらのためのルールメイキングが本流に 非市場経済 (環境的価値、社会的価値、人的価値などなど) 市場経済

    (主に財務諸表に記載) 新しい 資本主義?
  87. 87 より良い社会の実現のために どのように資本主義のルールを 変えていくかは 今後の社会・ビジネスの論点 = ルールメイキングの重要性が増す

  88. 88 より良い社会の実現のために どのように資本主義のルールを 変えていくかは 今後の社会・ビジネスの論点 = ルールメイキングの重要性が増す

  89. (2) 加速:ルールが市場に与える 3 つの影響 拡大、加速、安定化の三つの観点でルールは市場に大きく影響 を与えます(※それぞれ独立ではなく、被りがあります) 89 (1) 拡大 ルールを変更することで、

    市場規模 (TAM) を拡大する ことができる。 (2) 加速 標準化などによるコストダ ウンや非競争領域の定めに よって、市場の拡大を加速 できる。 (3) 安定化 新しい市場には様々なリス クがあり、不安定なため、 制御しなければ崩壊するこ ともある。
  90. 例)コンテナの標準化による市場拡大 • コンテナで輸送効率と輸送量は一気 に上昇 Bernhofen, D. M., El-Sahli, Z., &

    Kneller, R. (2016). Estimating the effects of the container revolution on world trade. Journal of International Economics, 98, 36–50. doi: 10.1016/j.jinteco.2015.09.001 90
  91. 拡大加速のためのルールのメリット 企画や標準を定めることで、コストダウンや研究開発投資の効 率化が行え、市場拡大を加速させることができます。 「標準化ビジネス戦略大全」などを参考にした 91 コストダウン 標準化によってコストダウ ンを行い、より多くの顧客 に製品やサービスを届ける ことができる。

    研究開発の促進 標準化された部分は非競争 領域として、各社は競争領 域への投資を行えるように なる。 新市場への接続 インターフェイスの整備な どにより、製品がこれまで 利用されていなかった市場 で利用されるようになる。
  92. 今回は規格化・標準化等についてはカバーしない 既に類書がたくさんある & 日本規格協会の皆様向けのプレゼン なので、今回はカバーしません。 92

  93. (3) 安定化:ルールが市場に与える 3 つの影響 拡大、加速、安定化の三つの観点でルールは市場に大きく影響 を与えます(※それぞれ独立ではなく、被りがあります) 93 (1) 拡大 ルールを変更することで、

    市場規模 (TAM) を拡大する ことができる。 (2) 加速 標準化などによるコストダ ウンや非競争領域の定めに よって、市場の拡大を加速 できる。 (3) 安定化 新しい市場には様々なリス クがあり、不安定なため、 制御しなければ崩壊するこ ともある。
  94. 94 電動キックボードの例

  95. 例)電動キックボードの市場の例 同じキックスクーターでも、拡大した市場がなくなった国とそ うでない国があります。 95 失敗例:シンガポール • 2017 年に全面解禁。免許なども不要。 • 💀

    事故や乗り捨てが多発、粗悪なバッ テリーによる火災なども… • 2019 年に広く禁止(安全証明がないも のは政府が買い取りなど) 電動キックスクーターと その周辺の市場が壊滅
  96. 例)電動キックボードの市場の例 同じキックスクーターでも、拡大した市場がなくなった国とそ うでない国があります。 96 失敗例:シンガポール • 2017 年に全面解禁。免許なども不要。 • 💀

    事故や乗り捨てが多発、粗悪なバッ テリーによる火災なども… • 2019 年に広く禁止(安全証明がないも のは政府が買い取りなど) その他の国(市場の安定化) • ヘルメットの義務付けなどで安全へ配慮 • 自転車道路のみでの通行を許可(歩道は NG にして事故を減らす) 電動キックスクーターと その周辺の市場が壊滅 電動キックスクーターは 社会と共存
  97. 97 社会的責任を果たせないと ビジネスにも悪影響が出る

  98. 例)ソーシャルゲームの「ガチャ」の問題 • 2011 年前後にガチャでの消費者センターへの相談やメディ アからの批判が増加 • 2012 年 5 月に消費者庁が景品表示法違反である可能性を示

    唆 • ソーシャルゲーム会社の株価が暴落 (業界として自主規制の準備をしていたものの間に合わず) 98
  99. 市場安定化のためのルール 急拡大した市場は不安定なので、適切に守るための措置が必要。 99 顧客のリスクの低減 顧客を守るための適切な ルールを設定することで、 顧客を新たなリスクから守 ることができる。 市場のリスクの低減 市場に適切なルールを設定

    することで、社会からの圧 力で市場がしぼむことを予 め防ぐことができる。 安心の向上 品質認証や安全基準などを 定めることで、消費者に安 心を提供できる。
  100. ルールが市場に与える 3 つの影響 拡大、加速、安定化の三つの観点でルールは市場に大きく影響 を与えます(※それぞれ独立ではなく、被りがあります) 100 (1) 拡大 ルールを変更することで、 市場規模

    (TAM) を拡大する ことができる。 (2) 加速 標準化などによるコストダ ウンや非競争領域の定めに よって、市場の拡大を加速 できる。 (3) 安定化 新しい市場には様々なリス クがあり、不安定なため、 制御しなければ崩壊するこ ともある。 旧市場
  101. つまり、「守り」と「攻め」のルールメイキングがある 市場という観点からは「守り」と「攻め」のルールメイキング があり、両方を意識する必要があります。 101 守りのルールメイキング • ダウンサイドを防ぐ • 市場の安定化 •

    諸外国に負けない 攻めのルールメイキング • 市場を拡大する • 市場の拡大を加速する • 諸外国に勝つ
  102. どちらも「あるべき社会」を実現するためのルール 102 守りのルールメイキング • ダウンサイドを防ぐ • 市場の安定化 • 諸外国に負けない 攻めのルールメイキング

    • 市場を拡大する • 市場の拡大を加速する • 諸外国に勝つ あるべき社会に近づけるためのルールと ルール作りの活動への参画が 企業にとってもより重要になってきている
  103. 103 デジタル 💻 グリーン 🌲 特にこの二つの領域では あるべき社会を作るためのルールメイキングが これまで以上に重要に

  104. 104 デジタル 💻

  105. デジタルで起こりつつある ルールの変化 105

  106. Photo by JD Lasica (CC Attribution 2.0 Generic) File:Marc Andreessen-9.jpg

    - Wikimedia Commons 106 Software is Eating the World. Marc Andreessen 2011 年 WSJ の記事
  107. ソフトウェアが世界を飲み込みつつある 108 ソフト ウェアが 世界を 飲み込む

  108. “xTech” - デジタル技術 × 業界が次々に生まれる 109 ソフト ウェアが 世界を 飲み込む

    FinTech ConTech RealEstateTech EdTech MedTech HealthCareTech MaaS AgriTech FoodTech GovTech RaaS
  109. xTech の多くに規制がある 110 ソフト ウェアが 世界を 飲み込む FinTech ConTech RealEstateTech

    EdTech MedTech HealthCareTech MaaS AgriTech FoodTech GovTech RaaS その多くが被規制領域
  110. 111 規制がある = 社会に対する影響が大きい = 大きなビジネスになりうる

  111. 112 規制がある = 社会に対する影響が大きい = 大きなビジネスになりうる

  112. 113 規制がある = 社会に対する影響が大きい = 大きなビジネスになりうる

  113. より大きなビジネスを求めてソフトウェアは規制領域へ 114 ソフト ウェアが 世界を 飲み込む ソフト ウェアが 規制領域 に挑む

  114. ソフトウェアが規制を受ける 115 ソフト ウェアが 世界を 飲み込む ソフト ウェアが 規制を 受ける

    ソフト ウェアが 規制領域 に挑む ソフトウェアが影響力を持ったことにより 規制はソフトウェアにも及びつつある
  115. https://www.ben-evans.com/presentations 116 次の “Big Thing” は規制と政策 by 元 Andreessen Horowitz

    の Ben Evans
  116. 昨今のデジタルプラットフォーム企業への規制の流れ デジタルプラットフォーム企業 の社会への影響が増したため、 規制がかかり始める。 例) • Apple/Google の手数料問題 • Facebook

    の民主主義への影響と道義的 責任 • ターゲティング広告の在り方 • グルメサイトの評価システムへの独占禁 止法違反(優越的地位の乱用)の恐れ 特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律 | e-Gov法令検索 グルメサイトで評価急落、独禁法違反の恐れも 公取見解 117
  117. ソフトウェアが世界を飲み込みつつある 118 ソフト ウェアが 世界を 飲み込む

  118. ソフト ウェアが 世界を 飲み込む ソフトウェアが世界を飲み込むことの二つの影響 119 ソフト ウェアが 規制を 受ける

    ソフト ウェアが 規制領域 に挑む 2020 年代はデジタルビジネスへの規制(←)と デジタル技術の規制領域への進出(→)が 相互作用しながら同時進行する
  119. Image by djedj from Pixabay 120 ソフトウェアが 世界を変える

  120. Image by djedj from Pixabay 121 ソフトウェアが 世界を変える 大いなる力には 大いなる責任

    が伴う
  121. 123 大きな力を持ったがゆえに 大きな責任を背負い 新たなルールが要請される (相応の責任を果たさなければ多くの批判を受ける)

  122. 124 グリーン 🌲

  123. グリーンで起こりつつある ルールの変化 125

  124. 126 グリーンな社会にしていくために 様々なルールが策定されつつある

  125. 127 カーボンプライシング、タクソノミー、助成金、etc… 今まさに国際ルールの 策定競争が始まっている

  126. 128 技術やサービス面での 社会や制度の 両方の DX がないとテクノロジーの進歩を活かせない

  127. 129 を考えるうえでも…

  128. 130 技術やサービス面での

  129. 131 技術やサービス面での 社会や制度の

  130. 132 技術やサービス面での 社会や制度の 両方の GX がないとテクノロジーの進歩を活かせない

  131. A. 133 デジタル 💻 グリーン 🌲 デジタル企業への 税金を高くして グリーン成長戦略 の財源として活用

    デジタルを使って グリーン化の促進
  132. 134 来るべき社会のために 自分たちの手で ルールをアップデートする

  133. 135 “ルールのアップデート”って 言われれても馴染みがない…

  134. 136 実は私たちは日常的に ルールの変更をしている

  135. 137 遊びを面白くするために 鬼ごっこの ローカルルールを作る プレゼントを渡す勝者を 早く決めるために 「あいこ」をナシにして じゃんけんをする 日常で行っている ルールの変更の例

  136. 138 ルールや制度は 特定の目的を達成するための道具 (ゲームを面白くするため、社会をうまく回すため、など) この変更を社会規模で行うのが 既存の制度や規制の見直し

  137. 139 ルールは人が作ったもの

  138. 140 ルールは人が作ったもの ↓ ルールを変えるのも人

  139. 141 ただしこうした変化を社会で起こすには リスク管理や利害調整などを含めて が必要になる

  140. 142 ※“これまでと異なる政治” が必要になってきている

  141. 143 業界内 での 政治

  142. 144 業界内 での 政治 開かれた社会 での 政治

  143. 従来と現在の違い 従来は比較的小規模な集団でのルールメイキングが中心でした。 145 従来 業界内に閉じた集団 標準や認証などは、主に業界内で折衝す ればよかった。 国内 国内の市場が十分大きかったため、国内 のコミュニケーションで十分だった。

    官僚や政治家 ロビイングで監督省庁の担当者や政治家 と話せばよかった。
  144. 従来と現在の違い 現在のルールメイキングは、業界内に留まるものではなく、国 際社会とどうコミュニケーションしていくかがより重要に。 146 従来 業界内に閉じた集団 標準や認証などは、主に業界内で折衝す ればよかった。 国内 国内の市場が十分大きかったため、国内

    のコミュニケーションで十分だった。 官僚や政治家 ロビイングで監督省庁の担当者や政治家 と話せばよかった。 現在 業界外も含んだ社会 価値付けや規制は、業界の外にある社会 との折衝が必要になってくる。 国際社会 グローバル経済の発展で国際的なルール メイキングがより重要に。 ステークホルダー全員 官僚以外の多種類のステークホルダーと も話し合わなければ前に進まない時代に。
  145. 147 ロビイング パブリック アフェアーズ

  146. 148 スタートアップでも ルールに影響を与えようと Public Affairs チームを 持つところが増えている

  147. 149 社会への実装

  148. 150 社会への実装 製品や技術を 社会に押し付けるのではなく…

  149. 151 社会への実装 社会との実装

  150. 152 その方法は?

  151. 153

  152. 156 (書籍の内容は割愛)

  153. 最後に 255

  154. 256 2010 年代の ビジネスの方法論の 振り返り

  155. 0 -> 1 はリーンスタートアップのやり方で 257 0 1 リーンスタートアップ & Y

    Combinator 的な方法論
  156. 最初期の拡大もスタートアップ的な方法論で 258 0 1 10 初期のスタートアップの 拡大の方法論

  157. 次の拡大はどうすれば? 259 0 1 10 100 ❓

  158. これまでなら何にもまして「規模拡大」 グレーゾーンを踏み抜くようなことも辞さないやり方が、暗黙 的に是とされた時代もあったかもしれない。 260 0 1 10 100 「物事を壊して早く動く」 (Move

    fast and break things) のが正解?
  159. Mike Deerkoski from San Francisco, U.S.A. 261 かつてのモットー「素早く動いて破壊せよ」

  160. Mike Deerkoski from San Francisco, U.S.A. 262 少し時代遅れになっているのではないか

  161. 263 2020 年代は違うのでは?

  162. 社会との対話をしていくやり方のほうが良いのでは 264 0 1 10 100 インパクトの提示と 社会の巻き込み 社会との対話

  163. 265 これまでとは異なる 新しい社会実装の方法論が 企業に必要に?

  164. 266 国はルールを変更したくない

  165. 267 国はルールを変更したくない より良い社会を作るためなら ルールを変更していきたい

  166. そうして両輪のイノベーションを起こしていく 275 (技術的) イノベー ション 補完的 イノベー ション 両輪

  167. 276 2020 年代に良いビジネスを生んで社会を良くするためにも 技術的なイノベーションを起こし ルールをアップデートして 補完的イノベーションも起こす