Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

政治と規制をハックする - プロダクトの社会実装のために

政治と規制をハックする - プロダクトの社会実装のために

デジタル技術を使った製品やサービスの社会実装における、政治と規制の重要性とそれらとの向き合い方について解説した入門用スライドです。

Product Manager Conference 2021 での発表資料です。

Takaaki Umada / 馬田隆明

November 01, 2021
Tweet

More Decks by Takaaki Umada / 馬田隆明

Other Decks in Business

Transcript

  1. Takaaki Umada | 馬田隆明
    Product Manager Conference 2021 | https://2021.pmconf.jp/
    政治と規制を”ハック”する
    プロダクトの社会実装のために

    View full-size slide

  2. 自己紹介: 馬田 隆明
    馬田隆明 (東京大学 FoundX ディレクター)
    University of Toronto 卒業後、日本マイクロソフトでの Visual
    Studio のプロダクトマネージャーを経て、テクニカルエバンジェリス
    トとしてスタートアップ支援を行う。スタートアップ向けのスライド、
    ブログなどの情報提供を行う。
    サイト: https://takaumada.com/
    スタートアップの
    方法論の基礎
    Amazon
    (2017年3月)
    起業環境の重要性と
    アクセラレーター
    の設計方法
    Amazon
    (2019年4月)
    スタートアップの
    公共や規制との
    付き合い方
    Amazon
    (2021年1月)
    スタートアップに
    ついてのスライド
    Slideshare
    SpeakerDeck

    View full-size slide

  3. FoundX とは
    3
    FoundX は起業志望者向けのプログラムです。
    投資は行いませんが、無償での個室貸与やプログラムの提
    供、起業家コミュニティへの参加を支援します。
    規制領域に挑むスタートアップも積極的に募集中です。
    🔥
    興味
    情熱
    Fellows (9 か月) Founders (9 か月)
    👨‍👩‍👧
    ‍👦
    共同創業者
    の説得
    💰
    有利な
    資金調達
    🤝
    フル
    コミット
    🏆
    ビジネス
    実績
    📝
    初契約
    初売上
    💻🤖
    製品開発
    と改善
    💲
    助成金や
    コンテス

    賞金の獲

    学習資料

    試行
    錯誤
    🌱
    アイデア
    の種
    💡
    検証された
    アイデア
    📚
    起業家の
    基礎知識
    &スキル
    🔨
    プロト
    タイプ
    🙎
    顧客イン
    タビュー

    View full-size slide

  4. プロダクトマネージャーカンファレンス 2021 ~非連続な環境、非連続な変化、非連続なプロダクト~ 4
    Product Manager Conference
    2021 での講演資料です

    View full-size slide

  5. Q.
    5
    なぜ政治と規制の話題が
    Product Manager に
    とって重要なのか?

    View full-size slide

  6. A.
    6
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  7. A.
    7
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  8. 8
    プロダクトでの
    最高のユーザー体験を
    実現するために
    政治と規制に向き合うことが
    必要なときがある

    View full-size slide

  9. 規制の変化が新しい体験を可能にした例
    法規制が変わることで、新しいユーザー体験やサービスが可能
    になることがある。
    9
    eKYC
    従来の本人確認は運転免許証の物理コピー
    の郵送などで行われていた。
    → スマホを使った本人確認で金融機関の口
    座開設ができるように。
    (※ eKYC で十分な本人確認性がある場合は口座開設などに
    限られます。すべての本人確認に eKYC の仕組みが使えるわ
    けではありません)

    View full-size slide

  10. 10
    (例)eKYC が変えた
    ユーザー体験

    View full-size slide

  11. 紙での本人確認 (KYC) の体験は時間がかかっていた
    11
    紙の記入と
    本人確認
    書類の準備
    書類の受取
    と整理
    サービス
    開始
    書類の発送
    書類の確認
    と審査
    来店もしく
    は書類請求
    ユーザー側 金融機関側
    紙での
    KYC
    もし不備があった場合は
    再度書類の準備
    基本的にはサービス開始までに数日かかる

    View full-size slide

  12. 正規プロセスにプラスして数日かかることも…
    12
    紙の記入と
    本人確認
    書類の準備
    書類の受取
    と整理
    サービス
    開始
    書類の発送
    書類の確認
    と審査
    来店もしく
    は書類請求
    ユーザー側 金融機関側
    紙での
    KYC
    来店が面倒 or
    郵送申請が面倒
    免許証のコピー
    などが面倒
    郵送を
    忘れる
    書類不備だと郵送で
    通知 & 待ちが発生
    この途中の手続きの煩雑さで
    ユーザーがサービス開始を諦めることも 😢

    View full-size slide

  13. eKYC が法的に許可されて、サービス開始まで時間短縮
    13
    紙の記入と
    本人確認
    書類の準備
    書類の受取
    と整理
    サービス
    開始
    書類の発送
    書類の確認
    と審査
    来店もしく
    は書類請求
    ユーザー側 金融機関側
    紙での
    KYC
    eKYC
    申請からサービス開始までの時間 ⌚ が短縮
    記入と本人
    確認書類の
    撮影など
    書類の受取
    確認, 審査
    アプリや
    Webから
    すぐ申請
    サービス
    開始

    View full-size slide

  14. 時間短縮以外にも、様々なユーザー体験が良くなる
    14
    紙の記入と
    本人確認
    書類の準備
    書類の受取
    と整理
    サービス
    開始
    書類の発送
    書類の確認
    と審査
    来店もしく
    は書類請求
    ユーザー側 金融機関側
    紙での
    KYC
    記入と本人
    確認書類の
    撮影など
    サービス
    開始
    書類の受取
    確認, 審査
    アプリや
    Webから
    すぐ申請
    eKYC
    すぐにできる
    物理コピーは
    不要な場合も
    ある程度自動
    化可能

    View full-size slide

  15. 体感時間はぐっと短くなる
    15
    紙の記入と
    本人確認
    書類の準備
    書類の受取
    と整理
    サービス
    開始
    書類の発送
    書類の確認
    と審査
    来店もしく
    は書類請求
    ユーザー側 金融機関側
    紙での
    KYC
    記入と本
    人確認書
    類の撮影
    など
    サービス
    開始
    書類の受
    取確認,
    審査
    アプリや
    Webか

    すぐ申請
    eKYC
    ※ eKYC で十分な本人確認性がある場合は一部の口座開設などに限られます。すべての本人確認に eKYC の仕組みが使え
    るわけではありません。ユーザー体験が良くなることと、技術・社会的に十分な本人確認性を有することは両方を考える
    べきであり、両方を満たせる場合にのみ使える手法として eKYC を使うことを紹介しているとお考え下さい。

    View full-size slide

  16. 規制の変化が新しいサービスを可能にした例
    法規制が変わることで、新しいユーザー体験やサービスが可能
    になることがある。
    タクシーに「相乗りサービス」導入へ 運賃は距離に応じて案分 | IT・ネット | NHKニュース 16
    eKYC
    従来の本人確認は運転免許証の物理コピー
    の郵送などで行われていた。
    → スマホを使った本人確認で金融機関の口
    座開設ができるように。
    (※すべての本人確認に eKYC の仕組みが使えるわけではあ
    りませんし、十分な本人確認性を有しているとは言えません)
    タクシーの相乗り
    道路運送法でタクシーの相乗りは NG とさ
    れ、Uber Pool のようなサービスが日本で
    展開できなかった。
    → 通達により 2021 年 11 月からサービ
    ス実施が可能に。相乗りでユーザーは割安
    にタクシーを使えるようになる。
    規制の変化で
    新しいサービスと
    ユーザー体験が
    可能になる

    View full-size slide

  17. 17
    ルールに則る

    View full-size slide

  18. 18
    ルールに則る
    優れたユーザー体験
    の実現のために
    (可能であれば)
    ルールを
    アップデートする
    これは当然として…

    View full-size slide

  19. 19
    “ルールのアップデート”って
    言われれても馴染みがない…

    View full-size slide

  20. 20
    実は私たちは日常的に
    ルールの変更をしている

    View full-size slide

  21. 21
    遊びを面白くするために
    鬼ごっこの
    ローカルルールを作る
    プレゼントを渡す勝者を
    早く決めるために
    「あいこ」をナシにして
    じゃんけんをする
    日常で行っている
    ルールの変更の例

    View full-size slide

  22. 22
    ルールや制度は
    特定の目的を達成するための道具
    (ゲームを面白くするため、社会をうまく回すため、など)
    この変更を社会規模で行うのが
    既存の制度や規制の見直し

    View full-size slide

  23. 23
    ただしこうした変化を社会で起こすには
    リスク管理や利害調整などを含めて
    が必要になる

    View full-size slide

  24. 24
    優れたユーザー体験を
    実現するために
    政治や規制
    と向き合う必要がある

    View full-size slide

  25. A.
    25
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  26. A.
    26
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  27. 27
    テクノロジの社会実装は
    技術を良くするだけでは
    達成できない

    View full-size slide

  28. 28
    DX 💻
    (Digital Transformation)
    の前に起こった変化
    EX
    (Electric Transformation)
    を振り返る

    View full-size slide

  29. 29
    DX 💻
    (Digital Transformation)
    の前に起こった変化
    EX
    (Electric Transformation)
    を振り返る

    View full-size slide

  30. 30
    DX 💻
    (Digital Transformation)
    の前に起こった変化
    EX ⚡
    (Electric Transformation)
    から示唆を得る

    View full-size slide

  31. 当時 (1900 年前後) 必要だった変化
    31
    蒸気 電気

    View full-size slide

  32. 32
    エジソンの電球の発明は 1879 年
    テスラの電気モーターは 1888 年

    View full-size slide

  33. 電気が生産性向上に寄与するまでにかかった時間は?
    33
    蒸気 電気

    View full-size slide

  34. 蒸気から電気への転換で当初想定されていた”必要な変化”
    動力源を蒸気機関から電気モーターに置き換え、電気モーター
    の性能を上げることで生産性が向上すると期待された。
    File:Rotterdam Ahoy Europort 2011 (14).JPG - Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)
    File:JamesWattEngine.jpg - Wikimedia Commons (Public Domain)
    35
    交換

    View full-size slide

  35. でも実はそれだけでは生産性向上につながらなかった
    File:Rotterdam Ahoy Europort 2011 (14).JPG - Wikimedia Commons (CC BY-SA 3.0)
    File:JamesWattEngine.jpg - Wikimedia Commons (Public Domain)
    36
    交換

    View full-size slide

  36. 実際に効果があったのは「工場や社会の在り方」の変化
    必要だったのは単なる交換ではなく、電気の特徴に合わせた
    「仕組み全体の変化」だった。
    File:Bild Maschinenhalle Escher Wyss 1875.jpg - Wikimedia Commons
    File:LongBeachFord.jpg - Wikimedia Commons
    37
    工場の
    “転換”

    View full-size slide

  37. 蒸気機関の構造
    1. 中央の大型エンジンで動力
    が発生
    2. エンジンで生まれた力は
    ベルトで機械に伝わる
    38

    View full-size slide

  38. 蒸気機関の構造
    1. 中央の大型エンジンで動力
    が発生
    2. エンジンで生まれた力は
    ベルトで機械に伝わる
    → ベルトの摩擦で力のロスが
    発生するため、エンジンの近く
    に工作機械を設置する必要
    → 作業順に機械を置けない。
    次の作業場に運搬する必要が
    あった
    39
    蒸気機関の構造

    View full-size slide

  39. 電気のメリット
    電気モーターは小型化可能 &
    ロスを少なく送電可能
    40

    View full-size slide

  40. 電気のメリット
    電気モーターは小型化可能 &
    ロスを少なく送電可能
    → 動力源をどこでも置けるよ
    うになる
    → 機械の配置が自由🔌に
    → 電化⚡によって
    作業順に機械を置ける
    41

    View full-size slide

  41. https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ford_1921.jpg CC 1.0 Public Domain 42
    機械を作業順
    に置くことが
    できるように
    なり、作業の
    効率が 2 倍に
    なった
    Henry Ford

    View full-size slide

  42. その他の電気のメリット
    • 山奥などの中央発電所で発電し、
    遠方の工場に送電⚡が可能に
    • ベルトの摩擦の制約がなくなり、
    工場拡大が容易 🏭 に
    • ベルトに巻き込まれることがな
    くなり、安全 🦺 に
    • 電灯がついて、暗い場所でも作
    業が可能 🔦 に
    43

    View full-size slide

  43. 44
    電気を活用するには
    工場の仕組みの変化が
    必要だった

    社会の仕組みの変化も
    必要だった

    View full-size slide

  44. 45
    電気を活用するには
    工場の仕組みの変化が
    必要だった

    社会の仕組みの変化も
    必要だった

    View full-size slide

  45. US の「高校卒業率」の変遷
    電気を使った高度な機械を扱うためにスキル要件が増した。
    あわせて事務職や仕入れなど、高度な認知スキルを必要とする
    職種が増えて、教育への需要が高まり、公教育への投資も行わ
    れたため、教育を受ける人が増えた。
    『テクノロジーの世界経済史』(p. 326) 46
    1910 年
    9% 1935 年
    40%

    View full-size slide

  46. 私たちは技術的イノベーションだけではなく…
    私たちが普段思い浮かべるイノベーションは技術的なイノベー
    ションが中心だけれど…
    47
    (技術的)
    イノベー
    ション

    View full-size slide

  47. 補完的イノベーションを起こす必要がある
    技術を活かすには制度や組織、仕事のやり方の刷新などの補完
    的イノベーションが必要。特に汎用技術の場合。
    エリック・ブリニョルフソンら『ザ・セカンド・マシン・エイジ』などから 48
    (技術的)
    イノベー
    ション
    補完的
    イノベー
    ション

    View full-size slide

  48. 49
    技術やサービス面での

    View full-size slide

  49. 50
    技術やサービス面での 社会や制度の

    View full-size slide

  50. 51
    技術やサービス面での 社会や制度の
    両方の DX がないとテクノロジーの進歩を活かせない

    View full-size slide

  51. 52
    テクノロジーで社会を変える

    社会を変えてテクノロジーを
    受容する

    View full-size slide

  52. 53
    テクノロジーで社会を変える

    社会を変えて
    テクノロジーを活かす

    View full-size slide

  53. 54
    社会実装のためには
    テクノロジーと社会の
    両方を変える必要がある

    View full-size slide

  54. 55
    社会をうまく動かすために
    規制や制度がある
    社会を変えるのであれば
    規制や制度とその周辺の政治と
    向き合う必要がある

    View full-size slide

  55. A.
    56
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  56. A.
    57
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  57. Photo by JD Lasica (CC Attribution 2.0 Generic)
    File:Marc Andreessen-9.jpg - Wikimedia Commons
    58
    Software is
    Eating the
    World.
    Marc Andreessen
    2011 年 WSJ の記事

    View full-size slide

  58. ソフトウェアが世界を飲み込みつつある
    59
    ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む

    View full-size slide

  59. “xTech” - デジタル技術 × 業界が次々に生まれる
    60
    ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む
    FinTech
    ConTech
    RealEstateTech
    EdTech MedTech
    HealthCareTech
    MaaS
    AgriTech
    FoodTech
    GovTech
    RaaS

    View full-size slide

  60. xTech の多くに規制がある
    61
    ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む
    FinTech
    ConTech
    RealEstateTech
    EdTech MedTech
    HealthCareTech
    MaaS
    AgriTech
    FoodTech
    GovTech
    RaaS
    その多くが被規制領域

    View full-size slide

  61. 62
    規制がある

    社会に対する影響が大きい

    大きなビジネスになりうる

    View full-size slide

  62. 63
    規制がある

    社会に対する影響が大きい

    大きなビジネスになりうる

    View full-size slide

  63. 64
    規制がある

    社会に対する影響が大きい

    大きなビジネスになりうる

    View full-size slide

  64. 65
    (例)
    MaaS 関連の
    新しいサービスを作るときに
    チェックするべき法令

    View full-size slide

  65. MaaS サービスの実施には多くの法令が関連する
    日高ほか『Beyond MaaS』を参考にした 66
    1. 道路運送法(許認可)
    バスやタクシーなどの許認可。自家用車を
    使った配車サービスなどに関係。
    2. 貨物自動車運送事業法
    タクシーでの宅急便を配送実現のためには
    貨物を取り扱うため認可が必要
    3. 道路運送車両法
    規定要件を満たさない車両での事業が認め
    られない
    4. 道路交通法
    免許制度。新しい車両やサービスの免許を
    どうするか
    5. 鉄道事業法
    事業認可、保安基準など。
    6. 鉄道営業法
    運送拒絶の禁止や払い戻しに関する条項
    7. 車庫法
    乗り捨て型のカーシェアなどができない理

    8. 自動車運転代行業の業務の適性
    化に関する法律
    運転代行サービスなど
    9. 旅行業法
    交通事業者からの手数料の上乗せのため
    には旅行業者としての登録が必要

    View full-size slide

  66. 67
    ※規制は単に
    ビジネスを邪魔している
    のではない

    View full-size slide

  67. 68
    1950 年代、タクシーは危険だった
    当時は事業タクシーと個人タクシーの境目がなく、個
    人タクシーを中心に、粗暴運転や乗車拒否、不当な運
    賃の請求や日常茶飯事だった。速度超過をするタク
    シーは「神風タクシー」とも呼ばれていた。
    1958 年に東京大学の赤門前で神風タクシーが東大
    サッカー部主将の青年を跳ねて即死。
    神風タクシーを抑制する目的で個人タクシー制度が生
    まれ、事前認可制となった。
    つまり、利用者や市民の安全性を守るために認可制度
    が生まれた。

    View full-size slide

  68. 69
    1950 年代、タクシーは危険だった
    当時は事業タクシーと個人タクシーの境目がなく、個
    人タクシーを中心に、粗暴運転や乗車拒否、不当な運
    賃の請求や日常茶飯事だった。速度超過をするタク
    シーは「神風タクシー」とも呼ばれていた。
    1958 年に東京大学の赤門前で神風タクシーが東大
    サッカー部主将の青年を跳ねて即死。
    神風タクシーを抑制する目的で個人タクシー制度が生
    まれ、事前認可制となった。
    つまり、利用者や市民の安全性を守るために認可制度
    が生まれた。
    悲しい思いをする人を少なくしたり
    適性な競争を生み出すために規制は作られている
    「規制は全て緩和すれば良い」というものではないし
    変えるときにも既存の仕組みに敬意を払う必要もある

    View full-size slide

  69. より大きなビジネスを求めてソフトウェアは規制領域へ
    70
    ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む
    ソフト
    ウェアが
    規制領域
    に挑む

    View full-size slide

  70. ソフトウェアが規制を受ける
    71
    ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む
    ソフト
    ウェアが
    規制を
    受ける
    ソフト
    ウェアが
    規制領域
    に挑む
    ソフトウェアが影響力を持ったことにより
    規制はソフトウェアにも及びつつある

    View full-size slide

  71. https://www.ben-evans.com/presentations 72
    次の “Big Thing” は規制と政策
    by 元 Andreessen Horowitz の Ben Evans

    View full-size slide

  72. 昨今のデジタルプラットフォーム企業への規制の流れ
    デジタルプラットフォーム企業
    の社会への影響が増したため、
    規制がかかり始める。
    例)
    • Apple/Google の手数料問題
    • Facebook の民主主義への影響と道義的
    責任
    • ターゲティング広告の在り方
    • グルメサイトの評価システムへの独占禁
    止法違反(優越的地位の乱用)の恐れ
    特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律 | e-Gov法令検索
    グルメサイトで評価急落、独禁法違反の恐れも 公取見解
    73

    View full-size slide

  73. ソフトウェアが世界を飲み込みつつある
    74
    ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む

    View full-size slide

  74. ソフト
    ウェアが
    世界を
    飲み込む
    ソフトウェアが世界を飲み込むことの二つの影響
    75
    ソフト
    ウェアが
    規制を
    受ける
    ソフト
    ウェアが
    規制領域
    に挑む
    2020 年代はデジタルビジネスへの規制(←)と
    デジタル技術の規制領域への進出(→)が
    相互作用しながら同時進行する

    View full-size slide

  75. Image by djedj from Pixabay 76
    ソフトウェアが
    世界を変える

    View full-size slide

  76. Image by djedj from Pixabay 77
    ソフトウェアが
    世界を変える
    大いなる力には
    大いなる責任
    が伴う

    View full-size slide

  77. 78
    影響力があるなら
    社会的責任を果たすことが
    求められる
    (相応の責任を果たさなければ多くの批判を受ける)

    View full-size slide

  78. 79
    社会的責任を果たせないと
    ビジネスにも悪影響が出る

    View full-size slide

  79. 例)ソーシャルゲームの「ガチャ」の問題
    • 2011 年前後にガチャでの消費者センターへの相談やメディ
    アからの批判が増加
    • 2012 年 5 月に消費者庁が景品表示法違反である可能性を示

    • ソーシャルゲーム会社の株価が暴落
    (業界として自主規制の準備をしていたものの間に合わず)
    80

    View full-size slide

  80. A.
    81
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  81. Q.
    82
    なぜ政治と規制の話題が
    Product Manager に
    とって重要なのか?

    View full-size slide

  82. A.
    83
    (1) ユーザー体験を良くする
    (2) テクノロジを社会実装する
    (3) 社会に対する責任を果たす
    ために必要だから

    View full-size slide

  83. 84
    スタートアップも
    政治や規制と
    関わり続けてきた

    View full-size slide

  84. Photo by Stock Catalog (CC-BY 2.0)
    Facing regulatory roadblocks, Uber ramps up its lobbying in California - Los Angeles Times (latimes.com)
    85
    Uber
    アメリカの各州でロビイングを
    して法的な認可を得る。
    2015 年のある時点でリムジン業界
    の 10 倍、タクシー業界の 4 倍の
    金額をロビイストに支払っていた。
    ※ 日本ではロビイングはうまくいかず

    View full-size slide

  85. 86
    Airbnb
    日本の初期の営業許可をホスト任
    せ。民泊は本来、自治体の許可が
    必要という規制があった。
    2018 年に民泊新法が公布され、
    申請が簡単になり、個人ホストが
    Airbnb を実施しやすくなった。
    規制の変更だけではなく、Airbnb
    は各市町村で自治体と折衝し、ホ
    スト向けの勉強会や行政書士との
    相談会なども実施した。
    InstagramFOTOGRAFINによるPixabayからの画像

    View full-size slide

  86. BlomstによるPixabayからの画像 87
    Tesla
    クリーンテックや EV という国策を
    うまく使い国からの研究開発助成
    で数千億円以上の助成を獲得する
    ほか、低金利のローンなども獲得。
    助成金は政治と密接に関わっており
    多くの研究開発スタートアップは
    そうした流れの中にいる。

    View full-size slide

  87. 88
    大企業だと社会全体の政治に加えて
    社内政治もしなければならないので
    スタートアップのほうが
    政治とは向き合いやすいのかも 😅

    View full-size slide

  88. 89
    規制の変化が
    新たな機会を生むことも

    View full-size slide

  89. Photo by Tony Webster (CC-BY 2.0) 90
    Zenefits
    2014 年のオバマケアの開始とともに 50 人以上の従業員を持つ事業者は
    従業員に医療保険を提供することが実質義務化
    Zenefits は人事関連業務の効率化サービス+医療保険の販売代行で
    一気にユニコーン企業に(ただしその後はスキャンダル等で低迷)

    View full-size slide

  90. 91
    日本でも…

    View full-size slide

  91. 昨今起こった規制の変化
    スタートアップなどが中心に政治と規制と向き合って変化を起
    こしてきた。
    国・地方公共団体ともクラウドサイン可能に—グレーゾーン解消制度による電子署名法・契約事務取扱規則の適法性確認 92
    銀行 API
    2017 年の銀行法の改正で
    銀行 API が努力義務に。
    詳細は以下の本に詳しい。
    電動キックボード
    実証実験を積み重ねたり、
    業界団体を作りながら進め
    てきた。
    (個人的には自転車も含めてヘルメット着用義
    務化の方が望ましいと思っています)
    クラウド型電子契約
    クラウド型の電子契約が国
    との契約書等においても適
    法に利用できるように。
    「クラウド型電子署名サー
    ビス協議会」なども設立。

    View full-size slide

  92. 93
    プロダクトマネージャーや
    スタートアップは
    より良いプロダクトのために
    社会と向き合う必要がある

    View full-size slide

  93. 94
    社会を変えるために必要な
    ハック
    の手法を知る

    View full-size slide

  94. 95
    ハック

    ずる

    View full-size slide

  95. 96
    ハック

    ずる

    View full-size slide

  96. 97
    ハック

    高い技術力でシステムの
    解析・改造・構築を行う

    View full-size slide

  97. 98
    政治と規制の”ハック”

    政治家とのコネを作って
    自社に便宜を図ってもらう

    View full-size slide

  98. 99
    政治と規制の”ハック”

    政治家とのコネを作って
    自社に便宜を図ってもらう

    View full-size slide

  99. 100
    政治と規制の”ハック”

    政治と規制への高い技術力で
    “社会” というシステムの
    解析・改造・構築を行う

    View full-size slide

  100. 101
    政治と規制の”ハック”

    政治と規制への高い技術力で
    “社会” というシステムの
    解析・改造・構築を行う

    View full-size slide

  101. 102
    政治と規制の”ハック”

    政治と規制への高い技術力で
    “社会” というシステムの
    解析・改造・構築を行う
    社会を良くするために
    社会システムのハック
    が必要なときがある

    View full-size slide

  102. 103
    プロダクトマネージャーが
    政治と規制に向き合うための
    Tips を紹介する内容です

    View full-size slide

  103. どうやって規制や政治を
    変えるのか
    104

    View full-size slide

  104. Q.
    105
    そもそも規制って何?

    View full-size slide

  105. A.
    106
    おおよそ
    2 つの規制
    があります

    View full-size slide

  106. 2種類の規制: ハードローとソフトロー
    法にはハードローとソフトローがあると言われています。
    生貝『情報社会と共同規制』、中山『政府規制とソフトロー』など 107
    “ハードロー” としての規制
    法律として定められている規制。国が後ろ
    盾となるため、強力に規律できるものの、
    定められてしまうと時代遅れになっても変
    えづらい。
    例)
    • 〇〇法全般
    • 先ほどの例だと道路交通法など
    “ソフトロー” としての規制
    法的な強制力がないものの、人々の行動を
    規定している規制。規律の強さはまちまち
    で、実効性がないものもある。関係者の同
    意さえあれば変えやすい。
    例)
    • 業界の自主規制(映画のレーティングを
    行う「映倫」など)
    • マンションの管理組合のルール
    • コーポレートガバナンスコード

    View full-size slide

  107. まずはハードローの話から
    生貝『情報社会と共同規制』、中山『政府規制とソフトロー』など 108
    “ハードロー” としての規制
    法律として定められている規制。国が後ろ
    盾となるため、強力に規律できるものの、
    定められてしまうと時代遅れになっても変
    えづらい。
    例)
    • 〇〇法全般
    • 先ほどの例だと道路交通法など
    “ソフトロー” としての規制
    法的な強制力がないものの、人々の行動を
    規定している規制。規律の強さはまちまち
    で、実効性がないものもある。関係者の同
    意さえあれば変えやすい。
    例)
    • 業界の自主規制(映画のレーティングを
    行う「映倫」など)
    • マンションの管理組合のルール
    • コーポレートガバナンスコード
    ハードローのほう
    から始める

    View full-size slide

  108. 法律と法の違い
    法律と法は違うものであり、今回は法律が中心です。
    109
    法律 法
    国会の審議を経て交付されたもの
    (憲法59条)。
    一般的には法律よりも広い。国会以
    外が定める規則や、社会的な慣習・
    規範も含んで用いられることが多い。

    View full-size slide

  109. 日常的には「法律」という言葉で一緒くたにしますが

    • 憲法 – 国の原理原則であり最高法規
    • 法律 – 国会が制定
    • 政令 (施行令) – 内閣が制定
    • 省令 (施行規則) – 大臣が制定
    • 告示 – 大臣が制定
    • 通達・通知 – 法令の解釈
    自治体
    • 条例 – 法律の範囲内で制定できる
    110
    法律

    View full-size slide

  110. 「法律」はほんの一部を示す言葉

    • 憲法 – 国の原理原則であり最高法規
    • 法律 – 国会が制定
    • 政令 (施行令) – 内閣が制定
    • 省令 (施行規則) – 大臣が制定
    • 告示 – 大臣が制定
    • 通達・通知 – 法令の解釈
    自治体
    • 条例 – 法律の範囲内で制定できる
    111
    憲法
    法律
    政令
    省令
    通達・通知


    告示
    法令
    (法律、政令、省令
    をまとめて呼ぶ)

    View full-size slide

  111. 「法律」の構成
    法律は「本則」と「附則」の二つに分かれ、本則はさらに以下
    の四つの構成要素がある。附則は主に施行期日などを記す。
    112
    総則的規定
    目的や理念、基本事
    項や前提を定める。
    実体的規定
    指針や基準、制限や
    促進など、法律の中
    核となる政策手段。
    罰則的規定
    違反に対する刑罰も
    しくは行政罰の規定。
    罰則規定がないもの
    もある。
    雑則的規定
    技術的事項や手続的
    事項など、法制度に
    関連するものの、基
    本的事項とは言えな
    い細かな事項の規定。

    View full-size slide

  112. 113
    法律だけでは
    政策を実施できない

    View full-size slide

  113. 政令・省令・告示・通達・通知
    政策を実施するために、より細かなものが定められる。
    114
    政令
    施行令とも呼ばれる。
    憲法・法律を実施す
    るためのルールを定
    めるもの。
    省令
    施行規則とも呼ばれ
    る。
    担当府省が定めるも
    のであり、要件や具
    体的な基準を示す。
    告示
    行政機関の意思や事
    実を国民に示すもの。
    通達・通知
    行政内の上位機関か
    ら下位機関に出す命
    令であり、運用を統
    一的に実施するため
    に出される。
    理論的には国民に対
    して効力を持つもの
    ではないが、実質は
    国民や企業を拘束す
    ることも多い。

    View full-size slide

  114. 115
    Code
    (Code の訳語は法でもあり、コードでもある)

    View full-size slide

  115. 116
    法律を読むことは
    自然言語で書かれた
    他人のコードを読み解く作業
    (結構キツい😇)

    View full-size slide

  116. 高橋文彦『関数表現としての法的ルール「AB」』などを参考にした 117
    コードと法律は似てる?
    戻値 = 関数 (引数 a, 引数 b)
    効果 = 法律 (事実 a, 事実 b)
    とはいえ事実認定が大変ですが…

    View full-size slide

  117. Q.
    118
    法律を変えるというのは
    どうすればよいでしょう?

    View full-size slide

  118. A.
    119
    立法か法改正を行う
    (もしくは廃止を行うこともある)

    View full-size slide

  119. 立法の 2 つのパターン
    120
    内閣立法
    • 官僚主導
    • 着実な改善に向いている
    • ほぼ成立する
    議員立法
    • 議員主導
    • 大きな変化に向いている
    • 廃案になりやすい
    ※成立しても政令の内容次第で運用が変わ
    るので完了の重要性は変わらない

    View full-size slide

  120. 121
    残りの細かいところは弁護士の先生に任せて…
    以後はビジネス的に
    押さえておきたいところを解説

    View full-size slide

  121. 122
    (1) 法律には
    社会はこうあってほしいという
    「思い」や「願い」
    (立法趣旨)
    がある

    View full-size slide

  122. 123
    1950 年代、タクシーは危険だった
    当時は事業タクシーと個人タクシーの境目がなく、個
    人タクシーを中心に、粗暴運転や乗車拒否、不当な運
    賃の請求や日常茶飯事だった。
    速度超過をする「神風タクシー」とも呼ばれていた。
    1958 年に東京大学の赤門前で神風タクシーが東大
    サッカー部主将の青年を跳ねて即死。社会問題化。
    神風タクシーを抑制する目的で個人タクシー制度が生
    まれ、事前認可制となった。
    つまり、利用者や市民の安全性を守るために認可制度
    が生まれた。

    View full-size slide

  123. 法を変えるときの基本スタンス
    124
    1) 立法趣旨の理解
    何かしらの課題や意図が
    あって既存の規制は制定さ
    れている。
    もし規制を変えたいのであ
    れば、規制そのものを否定
    するのではなく、その規制
    や法の歴史を調べ、本来の
    趣旨である「思い」と「願
    い」に立ち返る。

    View full-size slide

  124. 125
    (2) 「理屈」が必要

    View full-size slide

  125. 126
    個人情報を何の制約もなく
    ビジネスに使わせてほしい

    View full-size slide

  126. 127
    個人情報を何の制約もなく
    ビジネスに使わせてほしい

    View full-size slide

  127. 法を変えるときの基本スタンス
    128
    1) 立法趣旨の理解
    何かしらの課題や意図が
    あって既存の規制は制定さ
    れている。
    もし規制を変えたいのであ
    れば、規制そのものを否定
    するのではなく、その規制
    や法の歴史を調べ、本来の
    趣旨である「思い」と「願
    い」に立ち返る。
    2) 理屈の構築
    思いだけでは法は動かない。
    立法の背景となる理屈や理
    論を作る。
    過去と現在は何が違ってい
    るかを明確にしながら、グ
    ローバルな議論との整合性
    を取り、人権や倫理に気を
    払いながら、立法趣旨に即
    した新しいやり方や考え方
    を提示する。

    View full-size slide

  128. 129
    (3) 「実績」が必要

    View full-size slide

  129. 法を変えるときの基本スタンス
    130
    1) 立法趣旨の理解
    何かしらの課題や意図が
    あって既存の規制は制定さ
    れている。
    もし規制を変えたいのであ
    れば、規制そのものを否定
    するのではなく、その規制
    や法の歴史を調べ、本来の
    趣旨である「思い」と「願
    い」に立ち返る。
    2) 理屈の構築
    思いだけでは法は動かない。
    立法の背景となる理屈や理
    論を作る。
    過去と現在は何が違ってい
    るかを明確にしながら、グ
    ローバルな議論との整合性
    を取り、人権や倫理に気を
    払いながら、立法趣旨に即
    した新しいやり方や考え方
    を提示する。
    3) 実績や証拠作り
    理屈のベースとなる実績や
    証拠を作る。
    既存の枠組みの中で実績を
    作り、それをエビデンスに
    してルールの変更を行う。
    実績がない中で規制の変化
    を訴えても説得力がないし、
    予想に基づく事前変化は間
    違いがち。ルールは現象の
    後追いになることが多い。

    View full-size slide

  130. Q.
    131
    法律で止められているのに
    どうやって実績を作るのか?

    View full-size slide

  131. A.
    132
    工夫します

    View full-size slide

  132. 工夫の例
    例えば以下のような形で実績を積むこともできます。
    133
    法の範囲内でやってみる
    法の範囲内で類似のことをしてみる。
    例)私道で行う
    特定の乗り物や自動運転車が公道で走れな
    いときは、 大学のキャンパス内などの私道
    で走らせてみて実績を積んでみる。
    例)無償で行う
    自家用車を使って有償の旅客運送サービス
    をするのが NG であれば、まずは無償で提
    供してユーザーを集めて需要を見てみる。
    実証実験をする
    自治体や国の特区の仕組みを使って実証実
    験をする。

    View full-size slide

  133. 134
    “法律”を変えなくても
    できることはたくさんある

    View full-size slide

  134. 代表的な四つの手法
    法律を変えずとも現行の制度内でできることもたくさんある。
    (※ その前に弁護士に相談するのがお勧め)
    135
    ノーアクション
    レター制度
    グレーゾーン
    解消制度
    新事業特例制度
    規制のサンド
    ボックス制度

    View full-size slide

  135. (1) ノーアクションレター制度
    事業活動を行う前に、その具体的な行為の適法性を確認する手

    136
    詳細
    照会する法令を特定したうえで、照会書に
    必要事項を記入して、照会窓口に提出する
    ことで回答を得られる。
    注意点
    • 事業活動「前」に聞くこと。営業や販売
    を行うと、要件を満たさない。
    • 監督省庁が担当のため、厳しめの判断が
    出がち。
    • 「法令に抵触する」となった場合、そこ
    から先に進めなくなる可能性がある。
    • いきなり申請ではなく、事前に相談して
    おくと良い。

    View full-size slide

  136. (2) グレーゾーン解消制度
    新しく開始する事業において、規制の解釈や適用の有無を確認
    するための制度。
    137
    詳細
    ノーアクションレター制度は規制の担当省
    庁が対応、グレーゾーン解消制度では事業
    の担当省庁が対応する。
    またノーアクションレター制度よりも紹介
    できる法令は広い。
    既に 200 件近い実績がある。
    注意点
    • 事業活動「前」に聞くこと。営業や販売
    を行うと、要件を満たさない。
    • 事業の担当省庁が対応するため、協力し
    てくれやすい。
    • 法令適用の解釈でしかないため、法に抵
    触するという判断が下る可能性もある。
    • いきなり申請ではなく、事前に相談して
    おくと良い。

    View full-size slide

  137. (3) 新事業特例制度
    安全性等の確保を条件として、企業単位で規制の特例措置を例
    外として認めてもらう制度。
    138
    詳細
    新たな規制の特例措置の整備に関わる要望
    書を提出し、省庁間での検討を求める。
    もし要望が認められたら、事業者は新事業
    活動計画で安全性等の確保についての対応
    策を提出し、認定が受けられれば活動計画
    に沿って事業を展開できる。
    その後、年に一度の定期的な報告が必要。
    現状で 10 件以上の認定/回答がある。
    注意
    • 安全性の証明や規制緩和案を企業側で考
    えなければならないのでコスト高になり
    がち

    View full-size slide

  138. (4) 規制のサンドボックス
    新たな技術の実用化や新ビジネスモデルの実施が現行の規制上難しい
    とき、特定の範囲でそのビジネスを可能とするような取り組み
    139
    特徴
    基本的には法令適合性を確認しながら、実
    証実験を工夫して実施する。
    実証実験の結果をもって規制や通達の改正
    を行うことを目標にしている。
    イギリスの規制のサンドボックスは金融だ
    け。日本は他の領域も OK となっている。
    すでに 10 件以上の実績がある。
    注意点
    • 原則として法令を変える措置はしない
    (現在は P2P 保険のケースのみ?)
    • 法改正を伴わないため、規模を拡大しづ
    らい(スケールを狙うなら最終的に法改
    正が必要になるケースも多い)

    View full-size slide

  139. 言及した「法律」の区分

    • 憲法 – 国の原理原則であり最高法規
    • 法律 – 国会が制定
    • 政令 (施行令) – 内閣が制定
    • 省令 (施行規則) – 大臣が制定
    • 告示 – 大臣が制定
    • 通達・通知 – 法令の解釈
    自治体
    • 条例 – 法律の範囲内で制定できる
    140
    憲法
    法律
    政令
    省令
    通達・通知


    告示
    法令

    View full-size slide

  140. 法を “ハック” する – 規制のサンドボックス

    • 憲法 – 国の原理原則であり最高法規
    • 法律 – 国会が制定
    • 政令 (施行令) – 内閣が制定
    • 省令 (施行規則) – 大臣が制定
    • 告示 – 大臣が制定
    • 通達・通知 – 法令の解釈
    自治体
    • 条例 – 法律の範囲内で制定できる
    141
    憲法
    法律
    政令
    省令
    通達・通知
    告示
    法令
    大臣決裁で変更可能
    通達の変更で可能


    View full-size slide

  141. 142
    政治と規制のハック

    “社会” というシステムの
    解析・改造・構築を行う

    View full-size slide

  142. 143
    社会の仕組みを知っておくと
    ハックしやすくなる
    😉

    View full-size slide

  143. 法を変えるときの基本スタンス
    144
    1) 立法趣旨の理解
    何かしらの課題や意図が
    あって既存の規制は制定さ
    れている。
    もし規制を変えたいのであ
    れば、規制そのものを否定
    するのではなく、その規制
    や法の歴史を調べ、本来の
    趣旨である「思い」と「願
    い」に立ち返る。
    2) 理屈の構築
    思いだけでは法は動かない。
    立法の背景となる理屈や理
    論を作る。
    過去の規制の状況と現在は
    何が違っているかを明確に
    し、グローバルな議論との
    整合性を取りながら、趣旨
    に即したまま新しいやり方
    や考え方を提示する。
    3) 実績や証拠作り
    理屈のベースとなる実績や
    証拠を作る。
    既存の枠組みの中で実績を
    作り、それをエビデンスに
    してルールの変更を行う。
    ルールの変更は基本的に
    「後追い」になる。

    View full-size slide

  144. Q.
    145
    政治家や官僚に任せておけば
    いいのでは?

    View full-size slide

  145. A.
    146
    政治家や官僚の力だけでは
    物事は動かなくなっている
    企業や市民側が
    動く必要性が増している

    View full-size slide

  146. 147
    ガバメント ガバナンス
    多くの人が関わる
    制度だけではなく社会規範なども関係
    政府中心
    制度中心
    この 30 年の大きな変化の一つ

    View full-size slide

  147. 「ガバメント」が相対的に力を失い、民間の力が増した
    ガバナンスの主たる担い手がガバメント(政府)から企業や市
    民に移ってきたのがこの 30 年。
    https://www.amazon.co.jp/dp/4106108852/ 148
    グローバル
    グローバリゼーションが進
    み、単一の国家政府 (ガバ
    メント) だけでは決められ
    ない問題が増えた。
    また国家同士がつながるこ
    とによりシステミックリス
    クが増して、不確実性が高
    まった。
    小さな政府
    新自由主義による小さな政
    府化、それによる政府(ガ
    バメント)の弱体化が起
    こったため、ガバナンスの
    パワーがその他に移った。
    特に日本はOECD諸国の中
    でも最も官僚が少ない、市
    民を雇わない国となった。
    霞が関のブラック企業化
    が進み、担い手が減少。
    民間 & 市民参加
    日本的な新自由主義によっ
    て民間企業や民間有識者の
    政策への影響力が増した。
    また NPO や個人の市民参
    加が政治的にも重要視され
    るようになり、ガバナンス
    の担い手が増えた。

    View full-size slide

  148. 149
    権力が徐々に政治家や官僚から
    民間企業や市民に移行していった
    その分社会的責任は大きくなり
    自分たちがやらなければ
    社会は変わらなくなった

    View full-size slide

  149. 150
    権力が徐々に政治家や官僚から
    民間企業や市民に移行していった
    その分社会的責任は大きくなり
    企業や市民がやらなければ
    社会は変わらなくなっている

    View full-size slide

  150. 151
    盲目的に
    上から振ってくる
    ルールに従えば
    良かった
    時代
    (誰かがやってくれた時代)
    (私たちが望んだ社会)

    View full-size slide

  151. 152
    盲目的に
    上から振ってくる
    ルールに従えば
    良かった
    時代
    (誰かがやってくれた時代)
    必要性に合わせて
    自分たちで考え
    ルールを
    アップデートする
    時代
    (私たちが望んだ社会)

    View full-size slide

  152. 153
    従来の規制ではない
    新しい規制の在り方が
    議論されつつある

    View full-size slide

  153. 最新の政治と規制のトレンド (1)
    ガバナンスイノベーション
    154

    View full-size slide

  154. ガバナンスイノベーションの潮流
    デジタル技術とガバナンスの新たな関係
    Governance for Innovation
    イノベーションのためにガバナンスを変える
    Governance of Innovation
    イノベーションをガバナンスする
    Governance by Innovation
    イノベーションによってガバナンスを変える
    155

    View full-size slide

  155. Governance for/of/by Innovation の問い
    156
    FOR innovation
    Q. イノベーションのために
    変えるべき現状のガバナン
    スは何か? 規制やルール
    が新しい技術を阻害しない
    ようにするにはどうすれば
    良いか?
    例)
    • シェアリングエコノミー

    View full-size slide

  156. Governance for/of/by Innovation の問い
    157
    FOR innovation
    Q. イノベーションのために
    変えるべき現状のガバナン
    スは何か? 規制やルール
    が新しい技術を阻害しない
    ようにするにはどうすれば
    良いか?
    例)
    • シェアリングエコノミー
    OF innovation
    Q. イノベーションを適切に
    統治するために、新たに作
    るべき規制やルールなどの
    ガバナンスは何か?なぜそ
    うするべきと言えるのか?
    例)
    • プラットフォーム規制
    • ギグワーカー労働規制

    View full-size slide

  157. Governance for/of/by Innovation の問い
    158
    FOR innovation
    Q. イノベーションのために
    変えるべき現状のガバナン
    スは何か? 規制やルール
    が新しい技術を阻害しない
    ようにするにはどうすれば
    良いか?
    例)
    • シェアリングエコノミー
    OF innovation
    Q. イノベーションを適切に
    統治するために、新たに作
    るべき規制やルールなどの
    ガバナンスは何か?なぜそ
    うするべきと言えるのか?
    例)
    • プラットフォーム規制
    • ギグワーカー労働規制
    BY innovation
    Q. イノベーションを使って、
    立法趣旨に即したまま新た
    な方法でガバナンスを実現
    できないか?
    例)
    • eKYC による本人確認
    • ソフトウェアによるモニ
    タリング
    • 契約のリデザイン

    View full-size slide

  158. Governance for/of/by Innovation の問い
    159
    FOR innovation
    Q. イノベーションのために
    変えるべき現状のガバナン
    スは何か? 規制やルール
    が新しい技術を阻害しない
    ようにするにはどうすれば
    良いか?
    例)
    • シェアリングエコノミー
    OF innovation
    Q. イノベーションを適切に
    統治するために、新たに作
    るべき規制やルールなどの
    ガバナンスは何か?なぜそ
    うするべきと言えるのか?
    例)
    • プラットフォーム規制
    • ギグワーカー労働規制
    BY innovation
    Q. イノベーションを使って、
    立法趣旨に即したまま新た
    な方法でガバナンスを実現
    できないか?
    例)
    • eKYC による本人確認
    • ソフトウェアによるモニ
    タリング
    • 契約のリデザイン

    View full-size slide

  159. 160
    テクノロジーによって
    新たなガバナンスが
    可能になりつつある

    View full-size slide

  160. テクノロジの発展
    161
    センサー アクチュエータ
    計算

    View full-size slide

  161. テクノロジの発展
    162
    センサー アクチュエータ
    帰納的推論の
    性能向上
    台数は年 10%
    で増加 計算
    徐々に普及
    (倉庫、ルンバなど)

    View full-size slide

  162. 規制の構成
    規制は主にルールの作成とルールの運用に分かれる。
    増島雅和 Governance innovation ‐ How to design real time monitoring norm? を参照 163
    規制
    ルール作成
    義務付け
    禁止
    ルール運用
    (プロセス)
    モニタリング
    エンフォースメ
    ント
    「しなくてはならない」
    「してはいけない」
    ルール遵守の監視
    ルール違反時の法執行

    View full-size slide

  163. 規制の構成
    さらに細かく分けると以下のようになる。
    増島雅和 Governance innovation ‐ How to design real time monitoring norm? を参照 164
    規制
    ルール作成
    義務付け
    禁止
    ルール運用
    (プロセス)
    モニタリング
    エンフォースメ
    ント
    実効性の
    担保
    「しなくてはならない」
    「してはいけない」
    ルール遵守の監視
    ルール違反時の法執行

    View full-size slide

  164. 規制の構成
    デジタル技術によって、運用におけるモニタリングやエン
    フォースメントが効率化されたり、別の手段で実施できる。
    増島雅和 Governance innovation ‐ How to design real time monitoring norm? を参照 165
    規制
    ルール作成
    義務付け
    禁止
    ルール運用
    (プロセス)
    モニタリング
    エンフォースメ
    ント
    実効性の
    担保
    「しなくてはならない」
    「してはいけない」
    データでリアルタイムに
    監視を行う
    エンフォースメントを
    自動的に実施する

    View full-size slide

  165. デジタルを前提にするとルールの作り方も変わる
    そうするとルールの作り方自体も変えうることができる。
    増島雅和 Governance innovation ‐ How to design real time monitoring norm? を参照 166
    規制
    ルール作成
    義務付け
    禁止
    ルール運用
    (プロセス)
    モニタリング
    エンフォースメ
    ント
    ルールの
    作り方が
    変わる
    「しなくてはならない」
    「してはいけない」
    エンフォースメントを
    自動的に実施する
    データでリアルタイムに
    監視を行う

    View full-size slide

  166. 例)できるかもしれないこと
    • 車検はデータを常に集めていれば適切なタイミングの検査だけで OK?
    • 車の速度制限が特定エリアで自動的に適用されると速度オーバーがなくなる?
    • 工場の二酸化炭素排出量を常にモニタリングして自動的に罰則を与えれば、工場の調
    査(のための工場停止)が不要になる?
    増島雅和 Governance innovation ‐ How to design real time monitoring norm? を参照 167
    規制
    ルール作成
    義務付け
    禁止
    ルール運用
    (プロセス)
    モニタリング
    エンフォースメ
    ント
    ルールの
    作り方が
    変わる
    「しなくてはならない」
    「してはいけない」
    エンフォースメントを
    自動的に実施する
    データでリアルタイムに
    監視を行う

    View full-size slide

  167. 168
    IT を前提にして
    ルールを再構築できる
    タイミング

    View full-size slide

  168. 最新の政治と規制のトレンド (2)
    アジャイルガバナンス
    169

    View full-size slide

  169. アジャイルガバナンスとは
    アジャイルガバナンスとは
    政府、企業、個人・コミュニ
    ティといった様々なステークホ
    ルダーが、自らの置かれた社会
    的状況を継続的に分析し、目指
    すゴールを設定した上で、それ
    を実現するためのシステムや法
    規制、市場、インフラといった
    様々なガバナンスシステムをデ
    ザインし、その結果を対話に基
    づき継続的に評価し改善してい
    くモデル
    「GOVERNANCE INNOVATION Ver.2: アジャイル・ガバナンスのデザインと実装に向けて」報告書を取りまとめました
    Agile Governance | 世界経済フォーラム (weforum.org)
    170

    View full-size slide

  170. 基本的な考え方
    「GOVERNANCE INNOVATION Ver.2: アジャイル・ガバナンスのデザインと実装に向けて」報告書を取りまとめました 171

    View full-size slide

  171. ハードローとソフトローは前述
    アジャイルガバナンスのより具体的な例
    アジャイルガバナンスの世界では民間企業側も規制に対して大
    きな影響力を持つようになる。
    シェアリングエコノミー認証制度について
    生貝『イノベーションと共同規制』 ikegai.jp/Innovation_and_coregulation.pdf
    172
    規制のサンドボックス
    前述した「規制のサンドボックス」制度が
    WEF のレポートの中で取り上げられている。
    サンドボックスを作って敏捷性高く新しい
    制度を実験し、成功したら広げていく。
    共同規制
    国と企業が協力し、国側は法律やガイドン
    ライン等のハードローによる縛りを少なく
    しながら、企業や業界団体がソフトローに
    よる自主規制を行い、柔軟性を担保する。
    日本でもシェアリングエコノミーなどでの
    実績がある。

    View full-size slide

  172. 173
    そうして法規制が
    どんどん変わっていくと…

    View full-size slide

  173. 174
    テクノロジを使わなければ
    最新の法令を遵守できない

    View full-size slide

  174. Cost Of Compliance 2020: New Decade, New Challenges | Thomson Reuters Regulatory Intelligence and Compliance Learning - JDSupra
    175
    2019 年の法規制の変更は全世界で
    56,624 件

    View full-size slide

  175. テクノロジーによる法令遵守の達成(の可能性)
    例えば API さえつないでおけば、最新の金融規制をテクノロ
    ジーによって自動的に満たすようなことも可能になる?
    176

    View full-size slide

  176. 177
    Governance by Code
    Governance as Code
    法/コード
    自然言語/プログラミング言語

    View full-size slide

  177. 178
    Governance by Code
    Governance as Code
    Infrastructure
    法/コード
    自然言語/プログラミング言語

    View full-size slide

  178. 179
    DevOps → GovOps
    Kharnagy 氏によるものを翻訳ならび変更 / CC BY-SA 4.0 179

    View full-size slide

  179. 180
    DevOps → GovOps
    Kharnagy 氏によるものを翻訳ならび変更 / CC BY-SA 4.0 180
    GOV

    View full-size slide

  180. 181
    社会が今
    IT で変わろうとしている
    IT が活きる社会にするためにも
    IT を知る人たちが
    ガバナンスに貢献する必要がある

    View full-size slide

  181. ステークホルダーとの関係性を
    ハックする
    182

    View full-size slide

  182. 183
    最後は

    です

    View full-size slide

  183. 三権分立のうち主に立法と行政
    司法の判断も多いに影響するものの、今回は立法府と行政府を
    中心に解説。
    184
    立法
    行政
    司法

    View full-size slide

  184. 三つの領域
    185
    国 広域自治体 基礎自治体
    国全体の方針 市町村単位では難しい業務
    (治水、道路、産業振興、
    教育の一部)
    地域住民の行政サービス
    (住民票発行やゴミ、
    上下水道、教育など)

    View full-size slide

  185. 立法と行政に関わる人たち
    186
    国会議員
    国の立法に関わる議員
    • 衆議院議員
    • 参議院議員
    地方議員(広域)
    広域自治に関わる議員
    • 都道府県議会議員
    地方議員(基礎)
    基礎自治体に関わる議員
    • 区議会議員
    • 市町村議会議員
    官僚
    国の行政に関わる職員
    • 各省庁職員
    地方公務員(広域)
    広域自治体に関わる職員
    • 都道府県庁職員
    地方公務員(基礎)
    基礎自治体に関わる職員
    • 区役場職員
    • 市町村役場職員
    立法
    行政

    View full-size slide

  186. 特に国が関わる法律はこの二つ
    187
    国会議員
    国の立法に関わる議員
    • 衆議院議員
    • 参議院議員
    地方議員(広域)
    広域自治に関わる議員
    • 都道府県議会議員
    地方議員(基礎)
    基礎自治体に関わる議員
    • 区議会議員
    • 市町村議会議員
    官僚
    国の行政に関わる職員
    • 各省庁職員
    地方公務員(広域)
    広域自治体に関わる職員
    • 都道府県庁職員
    地方公務員(基礎)
    基礎自治体に関わる職員
    • 区役場職員
    • 市町村役場職員
    議員
    立法
    内閣
    立法

    View full-size slide

  187. 188
    ステークホルダーに
    声を届けるためには

    View full-size slide

  188. 189
    (選挙に行くだけが政治参加の方法ではないけれど)
    選挙に行って存在と意思を示す
    &
    様々なツールを使う

    View full-size slide

  189. (1) 声を届けるための一般的な手法
    190
    パブリックコメント
    政令や省令を定めるときに
    は基本的にパブリックコメ
    ントの期間が設けられるの
    で、そのタイミングでコメ
    ントする。
    パブコメは少なくとも読ま
    れる。
    GR/ロビイング
    Government Relations (議
    員や官僚へのアプローチの
    総称) を行う。
    議員ごとに専門性もあるが、
    地元の議員が心ある人であ
    れば適切な人を紹介してく
    れる。
    省庁の委員会などへの参加
    も一手法。
    PR
    マスメディアを通したア
    ピールをはじめ、イベント
    の開催などを通してパブ
    リックに対して情報発信を
    する。
    マスメディアは特にアジェ
    ンダ設定には有効。

    View full-size slide

  190. (2) 団体を作り、意見を集める
    191
    業界団体・連盟
    業界団体を作る。日本では
    有効な一手段。自社だけで
    GR するのは官僚側も嫌がり
    がちなので業界の総意とし
    て持っていく。
    スタートアップだと
    「FinTech 協会」「シェア
    リングエコノミー協会」や
    「日本医療ベンチャー協
    会」など。
    議員連盟(議連)
    イシューを設定して議員連
    盟の設立を支援する。議員
    以外は参加できないが、議
    連の行事は一般開放される
    ことも多い。
    ユーザー会
    ユーザーのコミュニティを
    作り、サービスを愛してく
    れる人達を集めて、場合に
    よっては協力してもらう。
    Airbnb はユーザーを巻き込
    んで自治体と交渉するモバ
    イライゼーション(動員)
    を行う役職もある。

    View full-size slide

  191. (3) 他の手法
    明石『誰でもできるロビイング入門~社会を変える技術』などを参照 192
    オウンドメディア
    オウンドメディアや SNS な
    どによる自分たちの思いの
    共有や情報共有、世論形成
    などを行う。
    民間白書
    自分たちでデータを取り、
    白書の形でまとめる。
    政府機関による白書は既に
    顕在化している問題などを
    取り上げることが多いので、
    民間側でデータを収集して
    白書として出すことで、世
    論を動かせることがある。
    言葉や概念を作る
    FinTech や「パワハラ」な
    どの言葉を作り、流通させ
    る。そうするとアジェンダ
    になりやすくなる。

    View full-size slide

  192. 193
    泥臭いこと
    (スケールしないこと)
    を繰り返し行う

    View full-size slide

  193. 194
    もしスタートアップなら…

    View full-size slide

  194. 195
    スタートアップは
    野党
    です

    View full-size slide

  195. 野党の意義と手法(一般論)
    一般的に野党には以下のような機能があります。
    吉田『「野党」論 ──何のためにあるのか』などを参照 196
    異議申し立て
    与党の間違っている点を指
    摘する。権力者である与党
    の権力の使用状況のチェッ
    クや抑制に有効。
    争点の明確化
    政策の目的が正しいのか、
    別の方法で目的を達成する
    ことができないかなどの争
    点を上げて、政治的な争点
    を可視化すること。
    少数意見を拾う
    主流派が無視しがちな少数
    派の意見を拾い、政策に反
    映させる。

    View full-size slide

  196. 197
    与党に対抗するには
    野党なりの戦略が必要

    View full-size slide

  197. 例: FIN (Financial Innovation Now)
    IT 系企業(野党)が金融業界(与党)に対抗し、法制度の変革
    を促すために、連立を組む。野党共闘に近い。
    Financial Innovation Now 198

    View full-size slide

  198. 199
    ただしここまでの話は
    あくまでちょっとした
    “Tips”

    View full-size slide

  199. 200
    公益性のある
    社会的インパクト
    から始めなければ
    どんなに Tips がうまくても
    人も政治も動かない

    View full-size slide

  200. 201
    政治と規制の”ハック”

    政治と規制への高い技術力で
    “社会” というシステムの
    解析・改造・構築を行う

    View full-size slide

  201. 202
    政治と規制の”ハック”

    政治と規制への高い技術力で
    “社会” というシステムの
    解析・改造・構築を行う
    「〇〇のために」行う
    という
    「目的」が必要

    View full-size slide

  202. 203
    技術もルールもハックも
    「良い社会を作る」ための
    ツール
    でしかない

    View full-size slide

  203. 204
    政治や規制と向き合うには
    あるべき社会像(ゴール)を
    考えられている必要がある

    View full-size slide

  204. System Error: Where Big Tech Went Wrong and How We Can Reboot 205
    ハックや最適化の前に
    良い未来を描くこと

    View full-size slide

  205. 最後に
    206

    View full-size slide

  206. 207
    2010 年代の
    ビジネスの方法論の
    振り返り

    View full-size slide

  207. 0 -> 1 はリーンスタートアップのやり方で
    208
    0 1
    リーンスタートアップ
    & Y Combinator
    的な方法論

    View full-size slide

  208. 最初期の拡大もスタートアップ的な方法論で
    209
    0 1 10
    初期のスタートアップの
    拡大の方法論

    View full-size slide

  209. 次の拡大はどうすれば?
    210
    0 1 10 100

    View full-size slide

  210. これまでなら何にもまして「規模拡大」
    グレーゾーンを踏み抜くようなことも辞さないやり方が、暗黙
    的に是とされた時代もあったかもしれない。
    211
    0 1 10 100
    「物事を壊して早く動く」
    (Move fast and break things)
    のが正解?

    View full-size slide

  211. Mike Deerkoski from San Francisco, U.S.A. 212
    かつてのモットー「素早く動いて破壊せよ」

    View full-size slide

  212. Mike Deerkoski from San Francisco, U.S.A. 213
    少し時代遅れになっているのではないか

    View full-size slide

  213. 214
    2020 年代は違うのでは?

    View full-size slide

  214. 社会との対話をしていくやり方のほうが良いのでは
    215
    0 1 10 100
    インパクトの提示と
    社会の巻き込み
    社会との対話

    View full-size slide

  215. 216
    これまでとは異なる
    新しい社会実装の方法論が
    企業に必要に?

    View full-size slide

  216. そのための手法の一部を紹介しました
    • 法律の仕組み
    • 規制のサンドボックスなどの仕組み
    • アジャイルガバナンス / ガバナンスイノベーション
    • ステークホルダーを巻き込むためのツール
    217

    View full-size slide

  217. 218
    社会への実装

    View full-size slide

  218. 219
    社会への実装
    製品や技術を
    社会に押し付けるのではなく…

    View full-size slide

  219. 220
    社会への実装
    社会との実装

    View full-size slide

  220. 221
    社会の仕組みを理解し
    組織や政治に向き合って
    社会と共に技術を実装する
    そうすることで技術がより活用され
    多くの人が幸せになるような
    そんな未来を作っていく

    View full-size slide

  221. 政治と規制をハックするために
    今からできること
    222

    View full-size slide

  222. 223
    政治家 (議員) になろう
    (でも IT 系議員は少ないので増えてほしい)

    View full-size slide

  223. 224
    政治家 (議員) になろう
    (でも IT 系議員は少ないので増えてほしい)

    View full-size slide

  224. (1) 業界やユーザーの最先端の情報を発信する
    パブリックアフェアーズに連なる活動として以下のような活動
    がある。
    225
    業界の最新動向
    • 自社業界の動向や未来の趨勢の発信は注
    目されやすく、それをきっかけに勉強会
    やヒアリングに呼ばれることもある。
    • 特に海外も踏まえた動向は官僚も情報を
    探していることが多い。
    ユーザーの声
    • 「ユーザーの声」は事業者しか知らない
    貴重な情報であり、市民の声でもある
    • ユーザー(市民)が困っていたり、より
    良い生活を提供できるなら、政治に訴え
    ることで変えられるかも

    View full-size slide

  225. 例)業界の発信をしている会社の例
    様々なスタートアップが業界改善 & 透明性のための発信を開始
    226
    FinTech 研究所
    マネーフォワードが 2015
    年から開始。
    建設 DX 研究所
    ANDPAD が 2021 年から開
    始。
    メルポリ
    メルカリの政策企画担当者
    の皆さんのブログ。

    View full-size slide

  226. (2) 官僚や自治体職員と話してみる
    政策や条例は官僚や公務員が作る。彼ら彼女らと話すことは非
    常に有益。公務員も民間の意見を欲しがっていることが多い。
    227
    官僚の場合
    業法など法律を変える場合は官僚へのイン
    プットやアクセスが大事。
    例)
    • Public Meets Innovation
    • PEP (Policy Entrepreneur’s Platform)
    • 霞が関ラボ
    自治体職員の場合
    地域の行政サービスを良くしたいときは自
    治体職員の皆さんにアクセスする。
    例)
    • 東京都 TOKYO UPGRADE SQUARE
    • 富山市 未来スケッチラボ
    • Smart City Institute

    View full-size slide

  227. 228
    コミュニティに参加してみる
    (勉強会などもある)

    View full-size slide

  228. (3) 議員と話してみる: 政治家も一人の「人」
    • 話してみるまで「縁遠い」けれど、話
    してみると印象が変わる人も多い
    • 街頭演説(辻立ち)しているときに隙
    を見つけたら少し話しみるなど
    (普段無視されているので喜ぶ人も多い)
    • 普通に会ってくれる人もいます
    229
    街頭演説の写真

    View full-size slide

  229. (4) パブリックコメントにコメントする
    パブリックコメントは読まれています。
    ダメな方向に行きそうなら「批判を理路立
    てて言う」、良いと思ったものは「褒め
    る」など。
    https://public-comment.e-gov.go.jp
    230

    View full-size slide

  230. 231
    製品の感想をもらうと嬉しい

    政策の感想をもらうと嬉しい

    View full-size slide

  231. 232
    製品の感想をもらうと嬉しい

    政策の感想をもらうと嬉しい
    😃

    View full-size slide

  232. (5) 今のユーザーを幸せにして、大切にする
    • 「ユーザーの声」が何より強い社会を動かす原動力
    • ユーザーに満足してもらえれば社会を動かすときにも協力し
    てもらえる。
    233

    View full-size slide

  233. (6) あるべき未来を考える
    • 法のベースは「思い」や「願い」
    • どんな未来や社会にしたいのかで、規制も政治も変わる
    • 良い未来を描くことで、人は協力してくれる
    ⇒ みんなでもっと未来を考えましょう
    (私も未来を語る Podcast とかをしようかなと…)
    234

    View full-size slide

  234. できることのまとめ
    政治と規制と向き合うために:
    1. 業界の最先端の情報発信をしよう
    2. 官僚や自治体職員と話してみよう
    3. 議員と話してみよう
    4. パブリックコメントをしよう
    5. 今のユーザーを幸せにして、大切にしよう
    6. あるべき未来を考えよう
    235

    View full-size slide

  235. できることのまとめ
    政治と規制と向き合うために:
    1. 業界の最先端の情報発信をしよう
    2. 官僚や自治体職員と話してみよう
    3. 議員と話してみよう
    4. パブリックコメントをしよう
    5. 今のユーザーを幸せにして、大切にしよう
    6. あるべき未来を考えよう
    236
    小さい活動に見えるけれど
    こうした動きの積み重ねが社会を変える

    View full-size slide

  236. そうして両輪のイノベーションを起こしていく
    237
    (技術的)
    イノベー
    ション
    補完的
    イノベー
    ション
    両輪

    View full-size slide

  237. 238
    2020 年代に良いプロダクトを生んで社会を良くするためにも
    技術的なイノベーションを起こし
    政治や規制をアップデートして
    補完的イノベーションも起こす

    View full-size slide

  238. 239
    1 年で 2% 変えていければ
    10 年で物凄く変わります
    一緒に頑張りましょう!!

    View full-size slide

  239. 参考
    もしご興味があれば以下などを参考にすると良いかもしれませ
    ん。私も勉強中です。
    240
    書籍
    • 未来を実装する
    • Regulatory Hacking
    • ルールメイキングの戦略
    と実務
    • 世界市場で勝つルールメ
    イキング戦略
    • 議員立法の実際
    • 社会はこうやって変える!
    レポート & ブログ
    • ガバナンスイノベーショ
    ン (ver 1, 2)
    • Agile Governance
    • 世界経済フォーラム 第四
    次産業革命日本センター
    の note
    • メルポリ
    団体・コミュニティ
    • Policy Entrepreneur’s
    Platform
    • Public Meets
    Innovation
    • Pnika
    • World Economic Forum
    • 東京大学未来ビジョン研
    究センター
    • 大阪大学 ELSI センター

    View full-size slide