Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

自律するチームとそれを支えるマネジメント / Management that supports self-management team

自律するチームとそれを支えるマネジメント / Management that supports self-management team

TOPPERSカンファレンス2021で用いた講演資料です。
https://www.toppers.jp/conference2021.html

7a37d60769f6f3004adee19a8ff2c219?s=128

Yuichi Tsunematsu

June 04, 2021
Tweet

Transcript

  1. 自律するチームとそれを支えるマネジメント
 Retty株式会社
 常松祐一
 2021/06/04


  2. 自己紹介
 • 常松祐一 (つねまつ ゆういち) 
 ◦ Engineering Manager 


    ◦ Software Engineering Coach 
 ◦ Agile Development
 • SNSアカウント
 ◦ tunepolo : 
 ◦ tune : 
 
 • 顧客にとって価値のあるプロダクトを、チーム一丸 となって協力し、短期間にリリースする開発体制の あり方を模索しています。 

  3. 自身のマネジメント/プロジェクト経験
 メーカー 海外子会社 メーカー 新規事業 【マネージャー/電子辞書開発】 電子辞書の開発を2年半 開発プロセスはウォーターフォール 組織上の職位はマネージャー 【非マネージャー/監視カメラおよびソリューション

    開発】 新規事業開発を3年 開発プロセスはスクラム 組織上の職位は主任研究員 (=課長代理) 【マネージャー / toC Webサービス開発】 Webサービスの開発を2年 開発プロセスはスクラム 組織上の職位はマネージャー
  4. 今日のお話
 自律したチームの育み方
 それを促すマネジメントのコツ
 Photo by Hannah Busing on Unsplash

  5. この発表を聞く皆さんへの期待
 「自分と別業界の話」ではなく
 自分の持ち場から少しずつ変えて欲しい
 Photo by Zoltan Tasi on Unsplash

  6. こんなマネジメントがしたい


  7. 理想はみなずれていないはず・・・
 マネージャーがいなくても仕事が回る
 1. チームで協力する。
 2. チームで判断し前に進む
 3. 特定の個人に依存していない。
 Photo by

    Jamie Street on Unsplash
  8. 自律するチームとマネージャーの関わり方


  9. アンチパターン - チームに入り込んではならない
 1. 方針を決める役(PO)とマネージャーを兼ねる → 意見しにくい
 2. チームのまとめ役(SM)とマネージャーを兼ねる
 →

    意見しにくい & プレイングマネージャー化
 3. チームのまとめ役(SM)をマイクロマネジメント → 自律性が損なわれる
 PO&Mgr SM Engineer PO SM&Mgr Engineer PO SM Engineer Mgr パターン1 パターン2 パターン3
  10. おすすめ - 外からチームを支援する
 • ステークホルダーの1人として、開発チームとコミュニケーションをとる。
 • 開発チームと外部組織とのハブになる。
 → 開発チームの自律性を引き出す働きかけをする。
 PO

    SM Engineer Mgr PO SM Engineer Other Dept. Sales, Marketing, Backoffice etc
  11. チームの自律性を引き出すコツ


  12. チームの自律を引き出す具体的なコミュニケーション
 Photo by Markus Spiske on Unsplash チームとして扱い、チームとコミュニケーションを取る
 ◦ 業務へのアサイン


    ◦ 業務指示の出し方
 ◦ 定期的な進捗の把握
 ◦ 実装方針の決定
 ◦ 新しい取り組みの導入

  13. 業務へのアサイン
 • プロダクトにチームをアサインす る。
 • チームメンバーは頻繁に入れ替 えない。
 プロダクト = 期限なし


    • プロジェクトにメンバーをアサイン する。
 • プロジェクトが終わったらメンバー を異動させる。
 プロジェクト = 期限あり

  14. 業務指示の出し方
 • 優先順位を整理し、開発チームに 上から着手してもらう。
 • 開発の進め方はチームに委ね る。協力して進めることを勧める。
 • 作業順序はマネージャーが決め る。


    • 個別に指示を出す。
 • 開発は個人で行う。

  15. 定期的な進捗の把握
 • チームから報告をもらう
 ◦ 見える化(カンバン)
 ◦ 朝会・定期的なデモ
 • 定例会議を開く。
 •

    個別に日報を書いてもらう。

  16. 実装方針の決定
 • チームに決定を委ねる
 
 ※ステークホルダーとして決定に不満 を表明することはある。
 • マネージャーが決める / テックリードと相談して決め

    て伝える。

  17. 新しい取り組みの導入
 • 「最近何か実験している?」とチー ムに投げかける。
 • 一時的にパフォーマンスが落ちて も、より改善する可能性があれば チームを信じて任せる。
 • トップダウンでとにかくやらせる。


    • 失敗したらメンバーのせい

  18. チームの姿はマネージャーの行動の合わせ鏡
 自律できないチームのマネジメントを担当 したのではない。
 マネジメントの結果、自律できないチーム になった。
 Photo by Михаил Секацкий on

    Unsplash
  19. 自己管理型チームを目指す


  20. 自己組織化
 自己組織化チームとは何か? https://www.infoq.com/jp/articles/what-are-self-organising-teams/

  21. まとめ


  22. まとめ
 Photo by Hannah Busing on Unsplash • 自律したチームを育むために
 ◦

    チームの外からチームを支援する
 ◦ チームに対してコミュニケーションを取る
 • 自己管理型チームを目指してもらう
 
 • メンバーの行動はマネージャーの行動の合わせ鏡である