Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

220420_PdM、UXデザイナーが全部話します!atama plus流「プロダクトマネジメントのすべて」(5周年記念イベント)/All of Product Management by Atama plus

220420_PdM、UXデザイナーが全部話します!atama plus流「プロダクトマネジメントのすべて」(5周年記念イベント)/All of Product Management by Atama plus

atama plus創業5周年記念イベント・第3夜「PdM、UXデザイナーが全部話します!atama plus流「プロダクトマネジメントのすべて」」にて使用した資料です。
ぜひご覧ください。

▼イベント当日の動画はこちら
https://atamaplus-5th.studio.site/3-2

******
atama plusでは、新しい教育を創り、社会を変えていく仲間を募集しています。
ご興味もっていただいた方はぜひご応募ください!

▼採用サイト
https://recruiting.atama.plus/

▼募集職種一覧
https://herp.careers/v1/atamaplus

F0a8d07597a19192791bf663504d2a17?s=128

atama plus

April 20, 2022
Tweet

More Decks by atama plus

Other Decks in Programming

Transcript

  1. None
  2. ⓒ 2022 atama plus Inc. 本⽇の内容 2 atama plus流プロダクトマネジメントのすべて •

    登壇者紹介 • パネルディスカッション • 疑問∕質問にお答えします #アタマプラス5周年
  3. ⓒ 2022 atama plus Inc. 3 ご質問は随時、ZoomのQ&Aにご投稿ください。 SNSでの感想のシェア、応援は⼤歓迎です。 #アタマプラス5周年

  4. ⓒ 2022 atama plus Inc. 登壇者紹介 atama plus オンラインイベント 税所

    亮 (さっしー) 河⼝ 康平 (かわきん) 前職:フォルシア ⼊社:2018年7⽉ 仕事:スクラムマスター 前職:ミクシィ ⼊社:2018年12⽉ 仕事:UXデザイナー 4 福⽥ 葉⼀ (よっち) 前職:ベネッセ ⼊社:2020年4⽉ 仕事:プロダクトオーナー 糟野 貴史 (かっすー) 前職:The Boston Consulting Group等 ⼊社:2019年5⽉ 仕事:プロダクトオーナー #アタマプラス5周年
  5. atama plusってどんな会社?

  6. 教育に、⼈に、社会に、 次の可能性を。 教育を新しくすること。それは、社会のまんなかを新しくする こと。私たちは学びのあり⽅を進化させます。 学習を⼀⼈ひとり最適化し、「基礎学⼒」を最短で⾝につける。 そのぶん増える時間で、「社会でいきる⼒」を伸ばす。 それが私たちの⽬指すもの。⾃分の⼈⽣を⽣きる⼈を増やし、 これからの社会をつくっていきます。 M i

    s s i o n atama plus株式会社
  7. AI先⽣「atama+」を 全国の塾・予備校にSaaSモデルで提供しています。 atama+は、⼀⼈ひとりの得意、苦⼿、伸び、 つまずき、忘却度などの情報を収集・分析して、 ⼀⼈ひとりに合った「⾃分専⽤カリキュラム」を提供します。 学習をPersonalize「atama+」

  8. ⓒ 2022 atama plus Inc. Our values 8 atama plus株式会社

    #アタマプラス5周年
  9. パネルディスカッション

  10. 1 atama plusの プロダクトと開発体制について

  11. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusの ビジネスモデルとプロダクトは? #アタマプラス5周年

  12. ⓒ 2022 atama plus Inc. 塾・予備校の⽅々とタッグを組みながら、⽣徒に最適な学習体験を提供する 12 テーマ1 atama plusのプロダクトと開発体制について

    ⽣徒 atama plusのビジネスモデル(BtoBtoC) 塾・予備校 #アタマプラス5周年
  13. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusの提供プロダクト概要 13 テーマ1 atama

    plusのプロダクトと開発体制について ⽣徒の理解度に合わせた 教材を作成。 ⽣徒の学習状況を可視化。 最適なコーチングが可能に。 各種設定やレポート出⼒など 授業外の教室運営をサポート ⽣徒に 先⽣に 教室⻑に #アタマプラス5周年
  14. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama+プロダクトを活⽤した授業⾵景 14 テーマ1 atama plusのプロダクトと開発体制について

    先⽣ #アタマプラス5周年 Coaching Teaching 不正解時に解説をきちんと⾒て いない可能性があります ジュンジ君 不定詞の問題に標準の2倍以上の 時間がかかっています マコさん ジュンジ君 解説読むの ⾯倒くさい! 「2次⽅程式」 合格しそう! シンイチ君 2次⽅程式の合格間近です! 褒める準備をしましょう! シンイチ君 マコさん 眠く なってきた…
  15. ⓒ 2022 atama plus Inc. 15 テーマ1 atama plusのプロダクトと開発体制について atama+学習の特徴

    #アタマプラス5周年 学⼒が伸びるメカニズムに沿った 学習体験 • 教科の特徴を捉え、学⼒が伸びる メカニズムを科学する • atama+で学ぶ⽣徒がそのメカニズ ムを⾃然と追随できる学習体験を提 供する ⼈とテクノロジーの ベストミックス • ⽣徒のモチベートなど、テクノロ ジーより⼈が⻑けている領域もある • そういったコミュニケーションが⽣ まれやすいようにプロダクトで後押 ししつつ、最後は⼈と⼈の関わりを ⼤切にしている
  16. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusの開発体制は? #アタマプラス5周年

  17. ⓒ 2022 atama plus Inc. プロダクト開発に関わるチーム 18 テーマ1 atama plusのプロダクトと開発体制について

    コンテンツチーム atama+で学習する教材の中⾝(講義動画、演習問題とその解説など)を作成、学習データをモニタリングしながら改善 アルゴリズムチーム ⽣徒の学習上の課題を洗い出し、 アルゴリズムによる解決策を考え実装 基盤作りやプロダクト開発を効率化 SREチーム 開発基盤チーム 開発者体験の向上を実現 #アタマプラス5周年 アプリチーム ⽣徒の学習体験の向上を図る機能、リアルタイムコーチングシステム、塾の先⽣向けポータルサイトなどのプロダクト機能改善∕新機能開発 24名 11名 4名 6名 38名
  18. ⓒ 2022 atama plus Inc. アプリチームの構成∕職種 19 テーマ1 atama plusのプロダクトと開発体制について

    スクラムマスター デザイナー エンジニア QA プロダクト オーナー #アタマプラス5周年
  19. 2 atama plusの プロダクトマネジメントの流れ

  20. ⓒ 2022 atama plus Inc. プロダクト戦略の⽴案〜 ソリューション作りの流れはどうしているの? #アタマプラス5周年

  21. ⓒ 2022 atama plus Inc. 事業体制 テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ アプリチーム

    アプリチーム ビジネス チーム プロダクトオーナー プロダクトオーナー リーダー 事業責任者 … コンテンツ チーム ビジネス チーム リーダー SRE チーム アルゴ リズム チーム #アタマプラス5周年
  22. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusのプロダクトマネジメントの全体像 テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ

    プロダクトの世界観 企業への貢献 ミッション ビジョン 事業戦略 「誰」を「どんな状態にしたいか」 ターゲットユーザー ペインとゲイン なぜ⾃社がするのか 市場分析 競合分析 ユーザー体験 メンタルモデル カスタマー ジャーニー ビジネスモデル コスト構造 収益モデル ロードマップ 指標 マイル ストーン ビジネスモデル ユーザーインターフェース 設計と実装 Go To Market How What Why Core Fit & Refine Fit & Refine Fit & Refine プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで (Japanese Edition) (Kindle の位置No.891). Kindle 版. #アタマプラス5周年
  23. ⓒ 2022 atama plus Inc. 開発機能:単元の合格状況を講師にリアルタイム表⽰ ※イメージ テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ

    #アタマプラス5周年
  24. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusのプロダクト開発 ※イメージ Core •

    事業の状況/ユーザーの状況を踏まえて今何にフォーカスすべきか? • 事業責任者・ビジネス・プロダクト担当間で議論・認識合わせ • 中学⽣の数学成績向上の実績創出にフォーカス • 成績向上に必要な学習時間を確保しきれない⽣徒がいる テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ Core Why What How #アタマプラス5周年
  25. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusのプロダクト開発 ※イメージ Why •

    誰のどんな課題を解決する?(⽣徒・先⽣・本部の⽅…etc.) • 現場訪問等で⽣徒/先⽣ヒアリング、教育的知⾒もキャッチアップ • ⽣徒が、先⽣の家庭学習の促しにより学習時間を確保できる • 声かけに必要な家庭学習の状況把握が今までは困難だった テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ Core Why What How #アタマプラス5周年
  26. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusのプロダクト開発 ※イメージ What •

    課題の解決に繋がるユーザー体験は? • プロトタイプを作り、先⽣に実際に使ってもらう&ヒアリング • 「先⽣が⽣徒の単元の合格状況が⼀⽬でわかる画⾯」があれば、先⽣は⽣徒に 家庭学習の褒め・促しを⾏うことができる テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ Core Why What How #アタマプラス5周年
  27. ⓒ 2022 atama plus Inc. atama plusのプロダクト開発 ※イメージ How •

    課題解決に必要なユーザー体験の実現に向けたUI/UXは? • エンジニア、QA(Quality Assurance)と 機能の何のためにどう作るかから議論 • *実際にはWhatフェーズから⾏っています! • 実際の画⾯ (カラムの項⽬、ソートの仕⽅、活⽤促進に向けた導線作り) テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ Core Why What How #アタマプラス5周年
  28. ⓒ 2022 atama plus Inc. テーマ2 atama plusのプロダクトマネジメントの流れ 開発機能:単元の合格状況を講師にリアルタイム表⽰ ※イメージ

    #アタマプラス5周年
  29. 3 これからの atama plusのプロダクトマネジメント

  30. ⓒ 2022 atama plus Inc. プロダクト に関する課題・伸びしろは? #アタマプラス5周年

  31. ⓒ 2022 atama plus Inc. プロダクトマネジメント に関する課題・伸びしろは? #アタマプラス5周年

  32. ⓒ 2022 atama plus Inc. 皆が思う atama plusに合いそうな⼈は? #アタマプラス5周年

  33. ⓒ 2022 atama plus Inc. 34 \なんでもお答えします!∕ Q&A

  34. 登壇メンバーに追加で質問しませんか? イベントでは、いただいたご質問にお答えしきれなかったことから、 登壇メンバーへのオンライン個別質問会を開催します。 税所 亮 (さっしー) 河⼝ 康平 (かわきん) 福⽥

    葉⼀ (よっち) 糟野 貴史 (かっすー)
  35. ともに “ Wow students. ”を届ける仲間を募集しています! 「atamaplus 採⽤」 @atamaplus

  36. AIで、⼀⼈ひとりに、最短で「わかる!」を。