楽天の多国籍部署における異文化研修と人材育成

87fc3bdce2d159ffd880d37e4e631b9f?s=47 あやなる
November 19, 2020

 楽天の多国籍部署における異文化研修と人材育成

20201119 HR Conference

87fc3bdce2d159ffd880d37e4e631b9f?s=128

あやなる

November 19, 2020
Tweet

Transcript

  1. 楽天の多国籍部署における 異⽂化研修と⼈材育成 Nov 19th, 2020 Ayana Chandler CTO Office, Global

    Technology Supervisory Department Rakuten, Inc.
  2. 2 ⾃⼰紹介 研修を作ったり、ミートアップを開いたり。 エンジニアの成⻑を⼿助けしたい⼈。 現在は、⾃部署の社員育成と ⾃部署のプロダクトのユーザーサポートを担当。 (研修、広報、コミュニティ運営など) 企画運営した研修歴 n 語学研修︓TOEIC対策、英会話、⽇本語研修

    n 新⼈研修︓新卒向け n 異⽂化研修︓マネジメント、コミュニケーション n 技術研修︓クラウド、セキュリティー、開発プロセスなど 楽天最⼤の技術カンファレンスのリードーオーガナイザーも やってました。 チャンドラー彩奈 あやなる (twitter@rtechconf_ayana)
  3. 3 楽天Tech Divisionの社員構成 ▪多国籍チーム ▪英語が公⽤語 Tech Division 外国籍の割合 海外拠点数 約60%

    世界7か国 10地域 コロナ以前から ▪リモート会議 ▪リモートマネジメント
  4. 多国籍チームでの仕事 https://unsplash.com/

  5. 5 ⾔語の壁 相⼿の⾔っていることがわからない ⾃分の⾔いたいことが伝わらない どんなに鍛えたとしても ⺟国語のように流暢にはならない https://unsplash.com/

  6. 6 ⽂化の壁 ⾔動が意味する背景が異なる 他⼈の「あたりまえ」が理解できない ⾃分の「あたりまえ」が通⽤しない https://unsplash.com/

  7. 7 壁を乗り越えると ⽂化を知ることが⼤事だとわかる 1⼈1⼈を知ることはもっと⼤事 だとわかる https://unsplash.com/

  8. ⼈事にできること https://unsplash.com/

  9. 9 研修で異⽂化理解をサポート 国による違いを知る(図式化) 対応⽅法を知る(事例) 1⼈1⼈を知ることが⼤事だと知る https://unsplash.com/

  10. 10 (例)カルチャーマップ “The Cultural Map” by Erin Meyer

  11. 11 ヒアリングで現場を知る 1対1で話をする機会を設け、 要望や困っていることなどを聞き出す いろんな⽴場や視点で、 それぞれの状況や考えが⾒えてくる https://unsplash.com/

  12. 12 (例)⽇本⽂化研修 WizWe様の⽇本語研修で ⽇本⽂化やビジネス⽇本語を学習 チーム制により部署内の関係性も向上 https://unsplash.com/

  13. もうワンランク上へ https://unsplash.com/

  14. 14 アジャイル ニーズ変化に迅速に対応し、 現場に最⼤価値を届ける n ⼩さく始める n 素早くフィードバック n くり返し改善

    https://unsplash.com/
  15. 15 コラボレーション ⾃部署にとどまらず、他部署や他社を 巻き込んで研修やイベントを開催する n 流⾏がわかる n 事例が増える n 質が上がる

    https://unsplash.com/
  16. 16 まとめ 多国籍︓ ⾔語の壁+⽂化の壁 ↓ 異⽂化研修︓ ⽂化を知る+個⼈を知る キーワード︓ v ヒアリング

    v アジャイル v コラボレーション あやなる@rtechconf_ayana https://unsplash.com/
  17. None