Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

探索アルゴリズムと派生文法について

7f4b04d4f609255390ad84a1b6bceac2?s=47 Ayumu
January 17, 2019

 探索アルゴリズムと派生文法について

長岡技術科学大学
自然言語処理研究室
学部3年 守谷歩

7f4b04d4f609255390ad84a1b6bceac2?s=128

Ayumu

January 17, 2019
Tweet

Transcript

  1. 派生文法と 探索アルゴリズム 2019/01/17 長岡技術科学大学 自然言語処理研究室 学部3年 守谷 歩 派生文法とは/「深さ優先探索、幅優先探索、 ビームサーチ、グリーディサーチ」

  2. 派生文法とは 動詞の語形変化について

  3. 派生文法とは 日本語は活用していないといった考えの文法。 ひらがなやカタカナを文字単位でなく音素単位で日本語の変化を考える。 学校文法では動詞の「書く」の語幹は「書」としているが、派生文法では「kak」 を語幹として見て、未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形にして いる。 学校文法 派生文法 未然形 書か・ない

    Kak-(a)na-I 連用形 書き・ます Kak-imas-u 終止形 書く Kak-(r)u 連体形 書く Kak-(r)u 仮定形 書け・ば Kak-eba 命令形 書け Kak-e
  4. Kak:書k (r)are:受動・可能・尊厳 (r)u:非完了態 語幹 派生接尾辞 終止形、連体形の統語接尾辞 派生文法での動詞の形状変化 Tabe:食べ (i)mas:丁寧 (i)ta:完了態

  5. 探索アルゴリズム 探索アルゴリズムの基礎と言語処理への展開

  6. 幅優先探索 ノードの深さが同じものを優先的に探索する探索手法 1 3 2 5 4 9 10 6

    7 8
  7. ビームサーチ B個の仮説からなるビームを使った探索方法 ビタビアルゴリズムを行うが格ノードでB個の仮説しか展開しない Bがすべての仮説を包括するばあい幅優先探索と同じになる。

  8. ビームサーチ 例 「彼 だけ が 走った 」で考える B=2の場合 <S> 名詞

    動詞 前置詞 彼 だけ が 走った 後置詞 ・ ・ ・ 名詞 動詞 前置詞 後置詞 ・ ・ ・ 名詞 動詞 前置詞 後置詞 ・ ・ ・ 名詞 動詞 前置詞 後置詞 ・ ・ ・ </S>
  9. ビームサーチ 例 「彼 だけ が 走った 」で考える B=2の場合 <S> 名詞

    動詞 前置詞 彼 後置詞 ・ ・ ・ 1文字目が彼である点数 Score[“1 名詞”] =−(名詞|<S>)+ -logP(彼|名詞) Score[“1 動詞”] =−(動詞|<S>)+ -logP(彼|動詞) Score[“1 前置詞”] =−(名詞|<S>)+ -logP(彼|前置詞) Score[“1 後置詞”] =−(名詞|<S>)+ -logP(彼|後置詞) この2つのスコア がいいっぽい
  10. ビームサーチ 例 「彼 だけ が 走った 」で考える B=2の場合 名詞 動詞

    前置詞 彼 後置詞 ・ ・ ・ 2文字目が「だけ」である点数 Score[“2 名詞”] = min( Score[“1 名詞”] + -logP(名詞|名詞) + -log P(だけ|名詞), Score[“1 動詞”] + -logP(名詞|動詞) + -log P(だけ|名詞), Score[“1 前置詞”] + -logP(名詞|前置詞) + -log P(だけ|名詞), Score[“1 後置詞”] + -logP(名詞|後置詞) + -log P(だけ|名詞), ・・・ ) Score[“2 動詞”] =min( ・・・ 名詞 動詞 前置詞 だけ 後置詞 ・ ・ ・
  11. 深さ優先探索 ノードを進める深さまで進み、最大の深さになったら1つ戻りまた探 索を始める手法 1 8 2 6 3 5 7

    9 10 4
  12. グリーディサーチ あるノードの深さでの点数が一番大きい仮説だけを選択していく 手法 ノード深さを考えずに点数が大きい仮説を探索することで深さ優先 探索と同じような処理を行うことができる。

  13. グリーディサーチ 例 「彼 だけ が 走った 」で考える <S> 名詞 動詞

    前置詞 彼 だけ が 走った 後置詞 ・ ・ ・ 名詞 動詞 前置詞 後置詞 ・ ・ ・ 名詞 動詞 前置詞 後置詞 ・ ・ ・ 名詞 動詞 前置詞 後置詞 ・ ・ ・ </S>
  14. グリーディサーチ 例 「彼 だけ が 走った 」で考える <S> 名詞 動詞

    前置詞 彼 後置詞 ・ ・ ・ 1文字目が彼である点数 Score[“1 名詞”] =−(名詞|<S>)+ -logP(彼|名詞) Score[“1 動詞”] =−(動詞|<S>)+ -logP(彼|動詞) Score[“1 前置詞”] =−(名詞|<S>)+ -logP(彼|前置詞) Score[“1 後置詞”] =−(名詞|<S>)+ -logP(彼|後置詞) このスコアが いいっぽい
  15. グリーディサーチ 例 「彼 だけ が 走った 」で考える 名詞 動詞 前置詞

    彼 後置詞 ・ ・ ・ 2文字目が「だけ」である点数 Score[“2 名詞”] = Score[“1 名詞”] + -logP(名詞|名詞) + -log P(だけ|名詞) 名詞 動詞 前置詞 だけ 後置詞 ・ ・ ・ Score[“2 動詞”] = Score[“1 動詞”] + -logP(動詞|名詞) + -log P(だけ|動詞) Score[“2前置詞”] = Score[“1 前置詞”] + -logP(前置詞|名詞) + -log P(だけ|前置詞) Score[“2 後置詞”] = Score[“1後置詞”] + -logP(後置詞|名詞) + -log P(だけ|後置詞) このスコアが いいっぽい