$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

キャリコン向けブリーフセラピー研修(基礎編)6「リフレーミング」

PPi, LLC
November 24, 2022

 キャリコン向けブリーフセラピー研修(基礎編)6「リフレーミング」

キャリアコンサルタント向けブリーフセラピー研修(基礎編)全7回シリーズの第6回「リフレーミング」の資料
YouTube: https://youtu.be/s6gHqLO30MY
*************************
<広告>
あなたに合った働き方を見つけるためのキャリア相談サービスFit(フィット) https://ppi.tokyo/career-fit/
入会金無料、テキスト相談 980円~
Slackで無料相談実施中👉 https://bit.ly/35Xi0a4

PPi, LLC

November 24, 2022
Tweet

More Decks by PPi, LLC

Other Decks in Business

Transcript

  1. ブリーフセラピーで キャリコンの支援力アップ! (基礎編) 第6回 リフレーミング 講師 元木 敬太 合同会社実践サイコロジー研究所 代表

    医学博士、キャリアコンサルタント、公認心理師 since20160907@ppi.tokyo
  2. 2 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 全7回の基礎コース 第1回

    MRI(悪循環)モデル 悪循環モデルの紹介と コミュニケーションの拘束 第2回 解決志向モデル 解決志向アプローチの概要と 核となるポイント 第3回 歴史と基礎理論 (システム論と社会構成主義) ブリーフセラピーの歴史と、システム論、 社会構成主義の考え方の解説 第4回 ミラクルクエスチョン ミラクル・クエッチョンの効果機序とコツ 第5回 逆説的介入 逆説的介入の効果機序とコツ 第6回 リフレーミング リフレーミングの解説とコツ 第7回 実践応用 ブリーフセラピーの実事例への応用
  3. 3 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 自己紹介 元木敬太

    • 合同会社実践サイコロジー研究所・代表 • 修士(心理学)・博士(医学) • キャリアコンサルタント、公認心理師、臨床心理士 • 2010年より心理職として心理カウンセリングの実践を行っており、 2017年にキャリアコンサルタントを取得。学校や産業領域で、 メンタルヘルス、コーチング、キャリア開発に関連した実践と研究を行っている。 • 解決志向アプローチ、認知行動コーチングが専門 • 共著書・訳書: コーチング心理学概論(ナカニシヤ出版) ポジティブ心理学コーチングの実践(金剛出版)
  4. 4 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 次回:実践応用 •

    ケースの話を中心にします。 • クライアント役(自分の話でもOK)のできる人を3人募集→小グループに分かれて50分 の面接を1組実施(1人カウンセラー役、ブレイクも入れてチームで対応) • 全体での振り返りと総合的な質疑応答
  5. 5 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 本日の内容 1.

    リフレーミング 2. リフレーミングのコツ 3. 外在化 4. 演習:リフレーミングを意識して
  6. 6 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo リフレーミング クライアントの物事に対する意味づけや認識の枠組み(フレーム)を変える手法

    • 変化の妨げになっているフレームを、変化の助けになる方向に変える 上司を説得しないといけない→試しに、一度上司の言うとおりにやってみるのはどう? 私は何をやってもダメ→うまくいっていないときには、そう思って当然です。 面倒な同僚→もしかして寂しいんですかね。寂しいとしたらどんな関りができそうですか? 取り返しがつかない→最悪の場合は?可能性は?→「取り返しがつかない」というのは ~してしまう可能性が×%あるということですね 失敗してしまった→これまでのお話を伺うと、確かに、~という面では良くなかったかもしれませんが、 ~という面を今後に役立てることができる気がしますが、どうですか? • 基本的には自然な対話の中で使用する。課題へのつなぎになることもある 逆接的介入 ノーマライズ
  7. 7 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo リフレーミングのコツ •

    Clを否定する代わりを考える。Clが間違っているからリフレーミングするのでは「ない」 「そんなの考えすぎですよ!」ではなく→「失敗したくないという思いが強いですか?」→ 「もしかすると、逆にあまり考えない方が失敗しないような気もしますがどうですか?」 • 控えめに確認する 「もしかすると…」 / 「~という部分もありそうですか?」 / 「~という見方もできそうですか?」 ダメな例:「絶対~」 / 「全部~」 / 「~と見るのが正しいです」 • 押し付けない。採否を決めるのはCl • 様々なバリエーションを利用する 言い換え:私には~と思います/~とも言えますか?/~のようですね 比喩やことわざを用いる:~のようですね。転んでもただでは起きないという言葉もありますしね 嫌なところほど褒める:これまでは沢山考えるというコーピングをうまく使ってきたわけですね
  8. 8 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 外在化 問題をクライアント内部のモノから、外部のモノへ、リフレーミング

    • ナラティブセラピー(White &Epston, 1990)の文脈で開発された • 手順 対象:自己違和的な問題(やりたくないのにやってしまうこと) - 例)食べ過ぎ、飲みすぎ、タバコ等の嗜癖、「私はダメだ」という考え 文脈づくり:自分では止められない、自分の中の何かにさせられていると考えてみることはできますか? 提案:あなたに「XX(例:食べ過ぎ)」をさせる何かについて、話し合ってみましょうか? 情報収集:どんなときに起きますか?最近の例は?どんな考えや気分がわき、行動をしましたか? イメージする:あなたにそんな考えや気分をわかせ、行動をさせる何かの形をイメージしてみましょう。 - どんな形ですか?いろは?質感は?動きは?重さは?表情は?他にどんな見てわかる特徴? 絵を描き、名前を付ける ※名前は短く、説明的でなく、強そうではないもの。実在する名前はダメ。(例:もぐもぐ君) 調査する:もぐもぐ君が元気になるのはどんな時?おとなしくなるのは?他にわかる生態は? 対策を練る:引き続きもぐもぐ君について調査/もぐもぐ君を元気にさせないためには?/今度もぐもぐ君が出たら?
  9. 9 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo MRI寄りのセッションの流れ •

    「何で困っていて、どうなりたいか」の確認 • 解決努力を確認し、悪循環を探索する これまでどんな対処をしてきましたか?他には? それはうまくいっていますか? 何か、思い当たる悪循環はありませんか? • ブレイク システムを外から眺める 観察チームやコ・セラピストとの話し合い • ブリッジ&タスク:課題設定とその根拠の説明 逆説的介入(これまでやってきたのとは正反対の方向の対処法を試そうとする) メタ・コミュニケーションの促進(コミュニケーションや関係性についての話し合いを勧める) Do more 課題(今できていることを意識的に続ける)、観察課題(変わりたい方向に関連する何かを観察、予測) 第3回
  10. 10 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 演習:3人組の簡易カウンセリング【80~95分間】 •

    面接順と役割を決める【5分】 役割:クライアント、カウンセラー、観察者 ロールプレイよりは、実際の困りごとの相談が望ましい • 簡易カウンセリング【60~75分】 1組15~20分間の面接、5分の振り返り 「MRI寄りのセッションの流れ」に沿って ※ブレイクも入れて、リフレーミングを出してみましょう! 振り返り: カウンセラー、クライアント、観察者の順 良かった点を中心に、悪循環、課題、解決志向の視点(例外、解決像、コンプリメント)など • 研修全体の振り返り【15分】
  11. 11 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 振り返りメモ(1) •

    外在化に入る流れ 何に困っていて、どうなりたいかを聞いた後 問題が自己違和的なものであった場合 • MRIの面接でも、コンプリメントを忘れずに • リフレーミングのポイントを探さない方が良い 通常の面接をしていて、認識が問題と感じたらリフレーミング • リフレーミングで現状を肯定してもらえると、課題の提案に乗っていいと思える • 決断の問題 関係性や相互作用の問題として扱う 広く同様の場面でこれまでどのように決断してきたか
  12. 12 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 振り返りメモ(2) •

    リフレーミングは後から効いてくることも
  13. 13 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo テイクホームメッセージ う

    02 コツ クライアントを 尊重しつつ、 謙虚に、別の 視点を提供する。 問題点こそ ポジティブに リフレーミング 03 前提 クライアントには 強みがあり、 すでに最善の 振る舞いをして いて、すでに 望む未来に向け て動いている 04 Clは自分の専門家 リフレーミングを 受け入れるかど うかを決めるの はクライアント。 コンサルタントは 新しい視点を 提示するだけ 01 リフレーミング 「技法」というよ りは、 「対話スキル」 の1つ。クライア ントの意味づけ や、認識の枠組 みを変える
  14. 14 Practical Psychology Institute, LLC ® 2022 since20160907@ppi.tokyo 引用文献 •

    White, M., Wijaya, M., & Epston, D. (1990). Narrative means to therapeutic ends. WW Norton & Company. [小森(訳) (2017). 物語としての家 族. 金剛出版.]
  15. お疲れさまでした!次回もお楽しみに!