どれが自分にあっているWEBサービスか。Zoom vs hangouts vs appear.in

F5448d42cb0f54ccead95cd70ba976e2?s=47 RyoOhtaki
September 04, 2019

どれが自分にあっているWEBサービスか。Zoom vs hangouts vs appear.in

F5448d42cb0f54ccead95cd70ba976e2?s=128

RyoOhtaki

September 04, 2019
Tweet

Transcript

  1. 3rdコンサルティング システム戦略家 大瀧 龍 第五回 ふくおかクラウドcafe VS VS Web会議システムを使ってみよう! どれが自分にあっているサービスなの?

  2. はじめに 本日の資料は営利目的のための資料ではなく、 クラウドツールやITツールを認知するきっかけを 目的とした資料となります。 発言は所属組織としての見解ではございません。 2 ©2019 Ryo Ohtaki

  3. 3 ©2019 Ryo Ohtaki 大瀧 龍(Ryo Ohtaki) OhtakiRyo RyoOhtaki0809 現職

    某クラウド会計ソフト 副業 3rdコンサルティング(個人事業主) 【理念】 ITは経営を左右するツールであり、第三の参謀役として 以下の3つのrdをコンサル・サポートする。 ・redesign 再設計する ・redefine 再定義する ・rebuild 再構築する 【事業内容】 ・システム導入コンサル ・戦略コンサル ・営業コンサル RyoOhtaki
  4. Web会議システムだけでも結構種類がある 今日の発表対象 4 ©2019 Ryo Ohtaki

  5. WEB会議メリットって? 場所を選ばない Ex)自宅、喫茶店、公園 移動しなくていい ⇒移動費用+移動時間 5 ©2019 Ryo Ohtaki

  6. 非利用者の心配事 使ったことないから・・・ 会ってなんぼやろ! Web会議ってなんか 信用できないな。 とりあえず使おうぜ! 6 ©2019 Ryo Ohtaki

  7. 働き方改革 〜飲み会もWEB参加できるよ〜 7 ©2019 Ryo Ohtaki

  8. ウェブスナック まさちゃん こんな感じ 8 ©2019 Ryo Ohtaki

  9. WEB会議に不向きなコト ブレーンストーミング ホワイトボードを使った ディスカッション 超アナログな人 9 ©2019 Ryo Ohtaki

  10. 大瀧の使い方 初回 打合せ 報告& 提案前まで 提案 (価格提示) キック オフ 実作業

    対面 WEB会議 対面 対面 WEB会議 + + WEB会議後の議事録や 宿題事項は即日共有 10 ©2019 Ryo Ohtaki WEB会議
  11. VS VS 11 ©2019 Ryo Ohtaki

  12. 無料アカウントの場合 12 ©2019 Ryo Ohtaki

  13. 総合評価 ◦ △ ◦ 参加者利便性 (アカウント取得) ◎ 管理者のみ必要 △ googleアカウントが必要

    ◎ 管理者のみ必要 通話品質 ◎ 快適 ◦ 品質が悪いときもある ◎ 快適 3人以上でのMTG △ 40分で終了 ◎ 問題なし ◦ 4人までOK 録音・録画機能 ◦ 無料プランでローカル保存 △ 機能なし △ 有料プランから ロック ◎ 可能 △ 機能なし ◎ 可能 コメント 2人までの利用を限定すると 無料でOK 複数人のMTGで GoogleユーザならOK 日本語未対応だが 使い勝手はOK 無料プランでの利用の場合 13 ©2019 Ryo Ohtaki ※大瀧個人としての見解であり、 所属組織としての見解ではございません
  14. 有料アカウントの場合 14 ©2019 Ryo Ohtaki

  15. 有料プランでの利用の場合 3人以上での 利用 40分機能制限 解除 クラウド レコーディング 月額2,000円〜 月額600円〜 月額9.99ドル〜

    20人まで利用 可能 月額5ドルで 録音可能 15 ©2019 Ryo Ohtaki ※大瀧個人としての見解であり、 所属組織としての見解ではございません
  16. まとめ 〜結局どれがいいの〜 16 ©2019 Ryo Ohtaki

  17. 移動コスト (移動費用と移動時間) 気にならない。 それよりも訪問に 重きを置く 大事だよね。 なるべく作業時間を 確保したい 無料プラン 有料プラン

    17 ©2019 Ryo Ohtaki
  18. おすすめユーザー層 営業 社内でのクライアント 作業実施者 (システムエンジニア) 社内会議 18 ©2019 Ryo Ohtaki

    ※大瀧個人としての見解であり、 所属組織としての見解ではございません
  19. 19 ©2019 Ryo Ohtaki まずはどうして必要なのかを明確にする。 そして、ご自身の利用用途によって一番最適なITツールを。 3rdコンサルティング システム戦略家 大瀧 龍