Chatwork vs slack

Chatwork vs slack

日本のビジネスチャットの2大勢力であるChatworkとslack。
Chatworkは純国産のツールらしく、TOが自動で「◯◯さん」になるなどのきめ細かい配慮が行き届いたチャットツールで、当初のターゲットであった「社内メールからの置き換え」には一定程度成功したと思う。
しかし、slackが登場し、こちらもきめ細かい日本ローカライズを実施した結果、チャットツールとしては非常に高い完成度をもって、IT系を中心に日本企業でのシェアも広がっている。
士業事務所などではまだメールが多く、slackへの切り替えはハードルが高いように思われるが、思想を理解すればそこまで難しいツールでもなく、むしろ今後の発展や連携できるシステムの数を考えるとチャットでは正直slack一択の状況だ。

Bbec635fa9c3d69a98e50cdfaff188e3?s=128

Shunsuke Takeuchi

December 11, 2019
Tweet

Transcript

  1. 2019/12/11 @マジカチmeetup北海道#05

  2. 代表プロフィール ©2019 Libero Consulting LLC. 1 ⾦融のシステム企画部⾨、会計事務所、ベンチャーのバックオフィスを経て、独⽴。 現在の業務やシステムの使⽤⽅法を徹底的にヒアリングしながら、最適な業務フローとシス テムの構成を設計し、業務からシステムまでの再構築を⼀気通貫して提供している。 得意領域は、顧客管理DBの構築と会計システムへの連携。

    リベロ・コンサルティング代表 業務設計⼠、税理⼠ 武内 俊介 TAKEUCHI SHUNSUKE @Libero_shunsuke
  3. 弊社のサービス ©2019 Libero Consulting LLC. 2 業務とシステムの設計 ・業務設計のパッケージ化 ・運⽤リソースの提供

  4. Agenda ©2019 Libero Consulting LLC. 3 1. メールとチャット 2. Chatwork

    3. slack 4. まとめ
  5. 1.メールとチャット ©2019 Libero Consulting LLC. 4

  6. ©2019 Libero Consulting LLC. 5 l メールは郵便(⼿紙)の電⼦化 l メアドさえ分かれば誰でもいつでも送れる (メアドは共通のIDの役割を果たす)

    l オープンであることによるセキュリティの問題 メール アドレス(住所)に送れば届くことが最⼤の価値
  7. ©2019 Libero Consulting LLC. 6 l 双⽅向で会話のキャッチボールができる l クローズドな中でのコミュニケーション l

    スマホでもパパッと送れる l アカウントを最初に作成する必要がある チャット チャットの価値はスピード(簡潔性)
  8. ©2019 Libero Consulting LLC. 7 コミュニケーションのスピードが ビジネスのスピードに直結 lメールでは遅すぎる lチャットでサクサクと進めて⾏く必要がある l個⼈間でもLINEなどのチャットが主流になった

  9. ©2019 Libero Consulting LLC. 8 Ϗδωενϟοτ ͕ͳ͚Ε͹ઓ͑ͳ͍ 中⼩企業や⼠業でも それが常識になる

  10. ©2019 Libero Consulting LLC. 9 ⽇本でのビジネスチャット2⼤勢⼒ 同じように⾒えるがコンセプトは全然違う それぞれの特徴から紐解いていきたい

  11. Chatwork ©2019 Libero Consulting LLC. 10

  12. ©2019 Libero Consulting LLC. 11 Chatwork slack 1⼈1アカウントを 前提とした設計

  13. ©2019 Libero Consulting LLC. 12 slack Chatwork l すでにアカウントがあれば簡単に繋がれる(メールと似ている) Chatwork

    slack アカウント 1⼈=1アカウント(メアド)前提 アカウント Aユーザー アドレス アカウント Bユーザー アドレス
  14. ©2019 Libero Consulting LLC. 13 slack Chatwork l メールからのリプレイスがベース l

    ITリテラシーがなくても 馴染みやすいような⼯夫がある l 純国産ツールとしての ⽇本⼈らしい気遣いがある TO機能・返信機能・敬称が⾃動でつく仕様(〇〇さん) Chatwork slack UI/UX アカウントが各グループに紐付く Aグループ Bグループ ファイル タスク ファイル タスク ひとつの アカウント
  15. ©2019 Libero Consulting LLC. 14 slack Chatwork Chatwork slack タスク機能

    △ グループに依存する上にUIも悪く、 ⼈数が増えてくるとすぐに機能しなくなる リマインド機能 × タスクの期⽇に対してリマインド機能がない アカウントの利便性 △ スマホアプリでアカウントが切り替えられない 複数アカウント保有すると不便 効率性 △ ショートカットが弱い(@でメンション出来ない) 拡張性 △ 連携ツールは徐々に増えてきているが、Chatwork内で は別ツールの業務を完結できない 機能⾯
  16. ©2019 Libero Consulting LLC. 15 slack Chatwork Chatwork slack Chatworkのコンセプト

    ファイル管理 タスク管理 チャット ビデオ会議 仕事の全てがチャットワーク上で解決 誰にでも便利に使える(統合された)ビジネスツール l 仕事で必要なツールや業務をChatworkに集約・⼀元管理 l ワークスタイルの効率化 l 初期のコンセプトとしては「メールの置き換え」
  17. slack ©2019 Libero Consulting LLC. 16

  18. ©2019 Libero Consulting LLC. 17 Chatwork slack プロジェクトを中⼼とした設計

  19. ©2019 Libero Consulting LLC. 18 slack chatwork Chatwork slack アカウント

    ワークスペースごとにアカウントがある (ひとり複数アカウント前提) ワークスペースA Bユーザー アカウント ワークスペースB アカウント アカウント アカウント Cユーザー Aユーザー
  20. slack chatwork Chatwork slack UI/UX ワークスペース>チャンネル>スレッドという構造 l ビジネスコラボレーションのための ソフトウェアというコンセプト l

    ツール内で業務上必要な全ての 機能集約は⽬的としていない (拡張は他ツールとの連携) l プロジェクト毎に必要な情報・⼈な どが管理され、業務フローを円滑に 回すための構造設計 • アプリ上でワークスペースの切り 替えが容易 • リマインド機能 • 他のツール連携での拡張性 ワークスペース チャネル チャネル スレッド スレッド スレッド スレッド
  21. ©2019 Libero Consulting LLC. 20 slack chatwork Chatwork slack タスク機能

    × slack内にタスク機能を持つというコンセプトがない リマインド機能 〇 スヌーズ機能やステータスも管理できる アカウントの利便性 〇 アプリ上でのワークスペースの切り替えが容易 1⼈が複数のプロジェクトにかかわる前提 効率性 〇 ショートカット機能が充実している 拡張性 〇 様々な連携アプリの設定が⾮常に簡単で、 slack内で承認や投稿などの業務を完結させることも可能 機能
  22. ©2019 Libero Consulting LLC. 21 Chatwork slack slackのコンセプト 仕事を効率化するコラボレーションハブ l

    ただのチャットではなくあらゆる業務の⼊り⼝(起点)になる l あらゆる通知を集約できる l slack上で円滑なワークフローが回せる
  23. まとめ ©2019 Libero Consulting LLC. 22

  24. 結論 ©2019 Libero Consulting LLC. 23 では仕事の仕⽅を変えられない メールからのリプレイス マルチデバイス対応 アカウント

    概ね成功 スマホでの UXが低い 1⼈1アカウントは 時流にアンマッチ
  25. 結論 ©2019 Libero Consulting LLC. 24 はもうチャットだけのアプリではない ⽇本語対応 も⾮常に丁寧 slack上での

    操作で完結 WSごとのアカウント は時流にマッチ ローカライズ ハブ機能としての役割 アカウント ABC・・・ あいう・・・
  26. 内製思考のChatwork 外部連携のslack ©2019 Libero Consulting LLC. 25 内 製 思

    考 外 部 連 携
  27. ©2019 Libero Consulting LLC. 26 ⽇本のビジネスチャットの2⼤勢⼒ 同じように⾒えるがコンセプトは全然違う 機能の充実度や他ツールとの連携も⼤差がついた ビジネスのスピードを求めるなら の圧勝と⾔わざるを得ない

  28. Brownies Worksの slack活⽤ ©2019 Libero Consulting LLC. 27

  29. © Libero Consulting LLC. 28 28 バックオフィス系SaaSを駆使して 経理・労務などを丸っと運⽤します

  30. © Libero Consulting LLC. 29 業務設計のパッケージ化 最適な運⽤を回せるリソースの提供 バックオフィスの 豊富な経験 ⾼いITリテラシー

    運⽤や使⽤ツールともに すべてパッケージ化 (カスタマイズ不可)
  31. © Libero Consulting LLC. 30 基本サービスの全体図 財務会計 給与計算 銀⾏ 受発注管理

    明細データ 振込データ 売上データ 従業員データ 領収書 クレジット カード ECサイト 請求書 ⾒積書/発注書 スキャンして 取り込み
  32. slack活⽤の背景 ©2019 Libero Consulting LLC. 31 チャンネル スレッド スレッド スタッフ

    コミュニケーション ビジネスフロー リモートワーク かつダブルワーカー 階層管理がしやすい 外部システムとの 連携が豊富
  33. Brownies Worksのコミュニケーションツール ©2019 Libero Consulting LLC. 32 ⽇常的なやり取り、共有メールの転 送先、各種通知の集約 →⼀過性の情報

    ⽇報、議事録、コンセプトメモなど →後で読むもの、蓄積・検索したいもの →投稿通知はslackに流す オンラインミーティング →ちょっとしたことでも使う
  34. slack活⽤ルール ©2019 Libero Consulting LLC. 33 l 議論をしない l ⻑⽂投稿をしない

    l 即レスを期待しない l 丁寧な⾔葉遣いを⼼がける 業務フローを円滑に回すことを⽬的とした、 ⾮同期コミュニケーションであることを理解する テキストで⻑々とラリーするよりも 会話したほうが早い チャットは情報を貯めることは向いていない ⻑⽂はesaに書いてそれを共有 受け⼿に主導権がある リアクションでライトに反応OK
  35. © Libero Consulting LLC. 34 現在、プロトタイプとして提供中です 個別にお⾒積もりをさせていただきます。 お気軽にお問い合わせください。