Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

いまさら仕事術#3丨2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割を仕上げる

 いまさら仕事術#3丨2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割を仕上げる

「いまさら仕事術」とは

社会人になると「仕事のやり方」を当たり前のように知っていることになっています。

しかし、実際には教わることも・学ぶ機会も無く、なんとなく手探りでやっていることが少なくありません。

その中でも特に「暗黙知」的な仕事術をピックアップし、連載形式で紹介していきます。

今回のテーマは、「2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割を仕上げる」です。

のぶさん|BizOpsの人

November 09, 2022
Tweet

More Decks by のぶさん|BizOpsの人

Other Decks in Business

Transcript

  1. いまさら仕事術#3
    2割の時間で8割のたたき台をつく
    り、8割の時間で2割を仕上げる
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 1

    View full-size slide

  2. 「いまさら仕事術」とは
    社会人になると「仕事のやり方」を当たり前のように知っていることになっていま
    す。
    しかし、実際には教わることも・学ぶ機会も無く、なんとなく手探りでやっているこ
    とが少なくありません。
    その中でも特に「暗黙知」的な仕事術をピックアップし、連載形式で紹介していきま
    す。
    今回のテーマは、「2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割を仕上げ
    る」です。
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 2

    View full-size slide

  3. 丨もくじ:2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割
    を仕上げる
    80:20の法則
    やり直しの無い仕事はなく、上司は100%の正解を求めていない
    だから、2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割を仕上げる
    2割の時間で8割のたたき台をつくる
    8割の時間で2割を仕上げる
    ◯◯の80:20
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 3

    View full-size slide

  4. 80:20の法則
    パレートの法則:QCD7つ道具の1つのパレート図は、この法則にもとづくもの)
    参考:https://www.youtube.com/watch?v=vJxc0wxrSmI
    経済において、「結果の80%は、たった20%の原因から生み出されている」
    という考え方
    売上げの8割は、全体の2割の顧客で占めている
    Webサイトは、2割のページにサイト全体の8割のアクセスが集中する
    勤務時間の2割で、その日のアウトプットの8割を実現している など
    自分の身近なところにも、80:20に当てはまるものは山ほどある
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 4

    View full-size slide

  5. やり直しの無い仕事はなく、上司は100%の正解を求めていない
    仕事を割り振る上長であっても、全部見えているわけではない(「何やればいい
    ですか?」は社会人として・・・)
    専門家にだって分からないことはあるのだから、いちマネージャーならなお
    さら
    仕事は、「絶対の正解は無い」を前提に、「いかに確率を上げる仕組みをつ
    くるか」の繰り返し ←マーケティングなんかはまさにコレ
    確率を上げる=リスクを予測する/成功パターンをみつける
    だから、早く・速く・粗く・全体像をつくる(将棋や囲碁のプロの頭は、これの
    超高速版)
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 5

    View full-size slide

  6. だから、2割の時間で8割のたたき台をつくり、8割の時間で2割を
    仕上げる
    2割の時間で8割のたたき台(=全体を構成する要素と、その構造を洗い出す)を
    つくる
    残りの8割の時間で、2割を仕上げる
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 6

    View full-size slide

  7. 2割の時間で8割のたたき台をつくる=全体を構成する要素と、その構造を洗い
    出す
    ここで有効なのが、いわゆるフレームワーク
    パズルを組むイメージ
    足りない要素と、構造の矛盾の有無が分かればOK
    粗くても8割の全体像が見えることで、上司も判断が可能となる
    結果、やり方も決まれば、納期や、そもそもの目的すら変わる(軌道修正)
    場合もある
    つまり、QCDの優先順位とバランスが決まる
    反対に、2割の時間で8割のたたき台をつくれなければ、その仕事は失敗リスクが
    高い
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 7

    View full-size slide

  8. 8割の時間で2割を仕上げる
    足りない要素(人と情報)を集めたり、構造をシンプルにする
    最終成果物にまとめる
    2割の仕上げに8割の時間を使う前提がないと、リカバリーも出来ない
    つまり、期間に対して等分にタスクを割り振っていたら、その時点ですでにアウ
    ト(アウトにならなかったとしても、それは偶然)
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 8

    View full-size slide

  9. 今年の80:20、当四半期の80:20、今月の80:20、今週の80:
    20、今日の80:20
    先のことはやってみないと分からない
    だから、フォーカスすべき2割を選択する

    ⇒「8割をつくる2割」を常に問いかける
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 9

    View full-size slide

  10. より深く知りたい人への推
    薦図書
    『なぜ、あなたの仕事は終わらない
    のか スピードは最強の武器である』
    前述のスライド内容は私自身のトラ
    イ&エラーから培ってきたものです
    が、こちらの本にはより多くの経験
    からの実践方法が体系的にまとめら
    れています。

    もっと早くに出会いたかった本の1
    冊です。
    いまさら仕事術#3
    ©2022 NobuhisaObara 10

    View full-size slide