Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

バクラクビジネスカード 記者発表会資料(2022/7/26開催)

バクラクビジネスカード 記者発表会資料(2022/7/26開催)

2022/7/26に開催した、次世代の法人カード「バクラクビジネスカード」の記者発表会で使用した資料です。

LayerX
PRO

July 26, 2022
Tweet

More Decks by LayerX

Other Decks in Business

Transcript

  1. © 2022 LayerX Inc. 1 「バクラクシリーズの法人カード展開について」 2022/07/26 記者発表会資料

  2. © 2022 LayerX Inc. 2 本日のサマリ • 次世代法人カード「バクラクビジネスカード」を8月よりリリース • 法人カードによりバクラクは法人支出管理(BSM)としてのポジションを強化

    • バクラクビジネスカードはカード利用の”前後”の業務課題を解決する ※ BSM: Business Spend Managementの略
  3. © 2022 LayerX Inc. 3 バクラクの歩み

  4. © 2022 LayerX Inc. 4 日本に法人支出管理(BSM)という新しいカテゴリを創出 Customer Relationship Management (Sales)

    会計ソフト (BS, PL) セールスフォースの出現により デジタル化が大きく進展 Business Spend Management (Spend) バクラクの出現により大きく変わる! New
  5. © 2022 LayerX Inc. 5 バクラクシリーズの歩み 「製品リリースの歴史」 2021年1月 2021年4月 2021年12月

    2022年5月 2022年8月 バクラクビジネスカード 請求書SaaSからはじまり、法人支出管理(BSM)SaaSへと進化 バクラク請求書 バクラク申請 バクラク経費精算 バクラク 電子帳簿保存 Invoice Workflow Strage Expense Card
  6. © 2022 LayerX Inc. 6 バクラクの歩み 「お客様のニーズにこたえて急成長」 TPV(Total Payment Volume)は年間換算で約7000億円に

    バクラクシリーズ累計で2000社以上導入 YonYで13倍成長
  7. © 2022 LayerX Inc. 7 バクラクの歩み 「経費精算の強烈な立ち上がり」 • バクラク請求書と比較して約7倍, バクラク申請と比較して約34倍の成長速度(リリースから同時期のARRを比較)

    • 法人支出管理(BSM)という一体型でのサービス提供に強烈なニーズがあると確信 バクラク請求書の7倍 バクラク申請の34倍
  8. © 2022 LayerX Inc. 8 バクラクの未来 バクラク1.0 バクラク2.0 バクラク3.0 Business

    Spend SaaS (SaaS) One-stop Financial Solution (Payment / Finance) Business Purchase Automation (Negotiation as a Service) • 請求書管理 / ワークフロー / 経費 精算など企業の支出管理にまつわ る紙・ハンコ・手作業をなくす • 業務に深く入り込んだ、最高の体験 を提供する • 法人カード / 請求書後払いで支 払い周りの負の体験を解消 • あらゆるB2B取引のデータを集めて、 無駄な支出を自動的に削減。 (例) 旅費交通費でもっと安い航空 券を自動でサジェスト • OTAやマーケットプレイスの体験を 取り込んでいく Saving Time Saving Money
  9. © 2022 LayerX Inc. 9 なぜバクラクが法人カードなのか

  10. © 2022 LayerX Inc. 10 そもそも法人支出にはどんなタイプ / フローがあるか 請求書 経費精算

    法人カード 購買申請 承認 支払依頼 証憑回収 データ入力 仕訳 支払 証憑回収 データ入力 仕訳 立替 精算 証憑 保管 証憑 保管 購買申請 承認 決済 (カード入力) 明細確認 証憑回収 データ入力 仕訳 証憑 保管 口座 引落 法人支出には「請求書」「経費精算」「法人カード」の3パターンが存在 事前申請 承認 立替払 経費精算
  11. © 2022 LayerX Inc. 11 バクラクがカバーできていたのは「請求書」「経費精算」のみ 請求書 経費精算 法人カード 請求書・経費精算のみだと片手落ち

    → バクラクが法人カードを出す理由 購買申請 承認 支払依頼 証憑回収 データ入力 仕訳 支払 証憑回収 データ入力 仕訳 立替 精算 証憑 保管 証憑 保管 購買申請 承認 決済 (カード入力) 明細確認 証憑回収 データ入力 仕訳 証憑 保管 口座 引落 事前申請 承認 立替払 経費精算
  12. © 2022 LayerX Inc. 12 法人カードをなぜ使いたいのか? 皆様は普段どんなときにクレジットカードを使いますか? 「ワンクリックで買う」 「物が数日で届く」 「購買意思決定」

    「請求書が1ヶ月後届く」 「支払いは都度」 Amazon 企業間取引 「ボタン一つで購買完了」 「支払いは自動で引落」
  13. © 2022 LayerX Inc. 13 法人カードをなぜ使いたいのか? 支払業務が楽だから (振込業務はミスが許されず、かつ数も多いと非常に大変) 請求書 経費精算

    法人カード 口座引落なので、振込業務が発生しない 購買申請 承認 支払依頼 証憑回収 データ入力 仕訳 支払 証憑回収 データ入力 仕訳 立替 精算 証憑 保管 証憑 保管 購買申請 承認 決済 (カード入力) 明細確認 証憑回収 データ入力 仕訳 証憑 保管 口座 引落 事前申請 承認 立替払 経費精算
  14. © 2022 LayerX Inc. 14 法人カードの課題は? 請求書 経費精算 法人カード カードを利用するための申請・統制

    カード利用後の会計処理・証憑回収 カード決済「前後」の業務に課題 購買申請 承認 支払依頼 証憑回収 データ入力 仕訳 支払 証憑回収 データ入力 仕訳 立替 精算 証憑 保管 証憑 保管 購買申請 承認 決済 (カード入力) 明細確認 証憑回収 データ入力 仕訳 証憑 保管 口座 引落 事前申請 承認 立替払 経費精算
  15. © 2022 LayerX Inc. 15 法人支出管理をなぜ一つにまとめたいのか? 請求書 経費精算 法人カード 使っているワークフローがばらばらだと従業員は混乱

    (請求書は〇〇で、経費は〇〇で、カードは〇〇で申請してください) ツールがバラバラだと、従業員は混乱。結果管 理コスト、可視化コスト、統制コストが上がる 購買申請 承認 支払依頼 証憑回収 データ入力 仕訳 支払 証憑回収 データ入力 仕訳 立替 精算 証憑 保管 証憑 保管 購買申請 承認 決済 (カード入力) 明細確認 証憑回収 データ入力 仕訳 証憑 保管 口座 引落 事前申請 承認 立替払 経費精算
  16. © 2022 LayerX Inc. 16 法人支出管理をなぜ一つにまとめたいのか? 請求書 経費精算 法人カード 使っているシステムがばらばらだと、経理も大変(請求書はここで管理して、経費はここで、カードはここで...)

    ツールがバラバラだと、経理は大変。結果管理 コスト、可視化コスト、統制コストが上がる 購買申請 承認 支払依頼 証憑回収 データ入力 仕訳 支払 証憑回収 データ入力 仕訳 立替 精算 証憑 保管 証憑 保管 購買申請 承認 決済 (カード入力) 明細確認 証憑回収 データ入力 仕訳 証憑 保管 口座 引落 事前申請 承認 立替払 経費精算
  17. © 2022 LayerX Inc. 17 法人支出管理が先行する米国では、支出管理SaaSと法人カードが統合 BSMの老舗上場企業。 請求書SaaSからはじま り、昨年度法人カード Divvyを買収

    経費精算の老舗上場企業。 経費精算SaaSを提供して いたが、法人カードを提供 し始め成長が加速 法人カードの雄。直近で はSMB向けの法人カー ドを撤退し、サブスク型 (法人支出SaaS)への転 換を宣言 法人カードの雄。現在は法人カ ード+支出管理SaaSをセット で提供しているSaaS企業。史 上最速でARR100Mを突破し た企業 BSMの第3世代。Brexや Rampのリワード合戦を見て、サ ステイナブルではないという考 えから当初より、支出管理 SaaS+法人カードという一体型 のSaaSを提供し急成長 請求書SaaS 法人カードを買収 経費精算SaaS 法人カードで急成長 法人カード 支出管理SaaSへ転換 (SMBではカード撤退) 法人カード 法人カードと支出管理 SaaSの一体型で当初より 提供。結果急成長を実現 支出管理SaaSへ展開 BSM第1世代 (支出管理SaaSから法人カードへ) BSM第2世代 (法人カードから支出管理SaaSへ) BSM第3世代 (初めから一体型)
  18. © 2022 LayerX Inc. 18 バクラクは法人支出管理(BSM)として普及を目指す 目標① 目標② 2023年3月期末にバクラクシリーズ導入3,000社超 (※

    2021年12月公表) リリース後1年以内(2023年8月末)にバクラクビジネスカード導入1,000社超 New!!
  19. © 2022 LayerX Inc. 19 まとめ: なぜバクラクが法人カードを提供するのか • 請求書・経費精算だけでは片手落ち。バクラク上で法人カードのワークフロー・経理処理 も完結したいというお客様の強い要望に応えるため

    • 法人支出の業務プロセスにおいて、前工程の業務と振込/精算の業務は明確に分断があ り、体験が悪い。体験のみならずミスが出やすいストレスの大きい業務である。法人カー ドを提供することでそのペインを緩和できるため。 • 法人支出管理で先行する米国では、法人支出管理SaaS(請求書, 経費精算)と法人カー ドが統合する流れ。日本ではまだまだ統合は先であろうが、バクラクは未来を先回りし て一体型の体験を提供するため。
  20. © 2022 LayerX Inc. 20 「バクラクビジネスカードプロダクト発表会」 〜プロダクトご紹介〜

  21. © 2022 LayerX Inc. 21 法人カードの普及率は非常に低い 出典: 「中小企業の事業間決済におけるキャッシュレス化・デジタル化推進」

  22. © 2022 LayerX Inc. 22 お客様の声 「カード利用“前後”の業務に大きな課題」 カード利用“前後”の業務が課題に 出典: 「バクラク利用企業へのアンケート:

    弊社実施」(アンケート対象: 70社) Q.法人カード利用時に特に面倒なポイント・不満なポイントはなんですか?(複数回答可)
  23. © 2022 LayerX Inc. 23 (仮説) なぜ法人カードの利用率は低いのか

  24. © 2022 LayerX Inc. 24 カードの持つ性質 1 カード番号を知っていれば(誰でも) 決済が可能 2

    振込が不要 (決済は後払い、資金の清算は口座引落で行われる) 3 一度カード情報を登録すると、ワンクリックで決済が可能 (サブスク, ECサイト)
  25. © 2022 LayerX Inc. 25 個人と法人の違い • 「買う」のは自分だけ • 何かを買うために承認を得る必要

    はない • 「買う」のは複数人・複数部署が実施 • 何かを買うためには申請/承認のプロセス が必要 法人の場合 個人の場合
  26. © 2022 LayerX Inc. 26 (仮説) なぜ法人カードの利用率は低いのか 相性が悪い → 「カードの利便性」と「法人取引の性質」の相性が悪く、使いこなすハードルが高いため

    カードの利便性 法人取引の性質
  27. © 2022 LayerX Inc. 27 法人カード VS 請求書 カードで決済 申請

    / 承認 申請 / 承認 請求書 支払依頼 振込 口座引落 請求書の取引フロー 法人カードの取引フロー
  28. © 2022 LayerX Inc. 28 法人カード VS 請求書 カードで決済 申請

    / 承認 申請 / 承認 請求書 支払依頼 振込 口座引落 法人カードの取引フロー カードの番号を知っていると決済 できてしまうため統制が効かない 請求書の場合は管理部長が 承認しないと振込できない 請求書の取引フロー
  29. © 2022 LayerX Inc. 29 法人カード VS 経費精算 カードで決済(立替なし) 申請

    / 承認 申請 / 承認 立替払 経費の申請 経費精算 口座引落(精算なし/振込なし) 法人カードの取引フロー 経費精算の取引フロー
  30. © 2022 LayerX Inc. 30 法人カード VS 経費精算 カードで決済(立替なし) 申請

    / 承認 申請 / 承認 立替払 経費の申請 経費精算 口座引落(精算なし/振込なし) 法人カードの取引フロー 経費精算がなくなることは 嬉しいが... カードの番号を知っていると決済 できてしまうため統制が効かない 経費精算の取引フロー
  31. © 2022 LayerX Inc. 31 お客様の声 当社で、30社超の会社様に法人カードのヒアリングを実施(実際の声を抜粋) 振込が面倒なので、カード払いできるものは請求書からカード払いに寄せたいと 考えていた。実際よせてみると、事前申請が漏れる、サブスク系のものが勝手に更 新されてしまう、(カード1枚を共有してるので)

    だれが何のために買ったものかわ からない等課題が発生。 結果工数が増えてしまったので、今はカード払いをやめて、 すべて請求書払いに戻している。 立替精算をなくすために従業員にカードを配った。 配ったはいいが、事前に申請をちゃんと上げてくれなかったり、 本来経費精算できないものを決済してしまったケースが発生。 結局、カードを回収してしまった。
  32. © 2022 LayerX Inc. 32 バクラクビジネスカードの特徴

  33. © 2022 LayerX Inc. 33 典型的な法人カードの利用シーン 購買申請/承認 出社してカード利用の 稟議書を作成・提出 経理が金庫から

    カードを取り出す 担当者の横に付き カード番号を入力 カード番号を PCから削除 利用までの稟議が面倒 決済するためにわざわざ出社 従業員にカード番号を教えたくない (教えてしまうと何にでも決済できてしまう)
  34. © 2022 LayerX Inc. 34 バクラクビジネスカードはカード利用”前後”の課題を解決 購買申請/承認 担当者の横に付き カード番号を入力 カード番号を

    PCから削除 デジタルで完結 / AIが補助 何枚でも発行 / 付与 稟議の情報が自動反映 ※年内対応予定 決済したら利用をストップ (再度稟議が上がったら有効に) ※年内対応予定 利用コントロールが可能 出社してカード利用の 稟議書を作成・提出 経理が金庫から カードを取り出す
  35. © 2022 LayerX Inc. 35 バクラクビジネスカード概要 2022年8月に先行ユーザー様に提供開始。2022年9月以降に一般提供を開始予定 カード名称: ブランド: カードタイプ:

    発行形態 : カード発行枚数: 利用限度額(1回あたり): 利用限度額(1ヶ月あたり): 年会費・月額費: 海外決済事務手数料: 支払い方法: バクラクビジネスカード Visa クレジットカード(通常のクレジットカード加盟店で利用可能) バーチャルカード(3Dセキュア2.0対応) リアルカードは年内対応予定 無制限 最大749,999USD 最大1億円 無料 2.2% 与信による後払い(審査あり) / 保証金による利用枠拡大 [カード基本スペック]
  36. © 2022 LayerX Inc. 36 バクラクビジネスカード概要 バクラクビジネスカードで解決できる5つの課題 与信枠が限定的で 高額決済ができない... 最大1億円の利用枠、

    1回数千万円の決済も可能 柔軟な与信枠、カード発行数無制限、内部統制や証憑管理も効率化する「次世代の法人カード」 カードの枚数が 限られている... 利用者ごとの柔軟な 設定ができない... 枚数無制限。何枚でも発行可能 * リアルカードも年内対応予定 カード毎の金額上限など柔軟な設定 事前申請・承認機能で統制を強化 * 年内対応予定 プリペイドだと一部の 加盟店で使えない... クレジットカードだから加盟店の制限なし 世界中のVisa加盟店で利用可能 利用した瞬間に明細を連携。 領収書等の証憑回収機能で経理をラクに ※証憑回収機能:年内対応予定 利用明細の連携が遅く、 会計処理が面倒... よくある法人カード バクラクビジネスカードなら! 1 2 3 4 5
  37. © 2022 LayerX Inc. 37 プロダクトデモ

  38. © 2022 LayerX Inc. 38 http://www.youtube.com/watch?v=HH1PDl0Etd0

  39. © 2022 LayerX Inc. 39 使い方例① 「SaaSや広告費などの支払い・管理」 サービス別にカードを発行。稟議や会社予算にあわせ、きめ細かく上限を設定。 (slack用) (zoom用)

    (AWS用) (Google用) (Facebook用) (Yahoo用) サービス毎 / 事業部毎などのカードを作成 稟議の内容に合わせて カードの利用限度額を設定 費用を簡単に把握 統制も強化
  40. © 2022 LayerX Inc. 40 使い方例② 「従業員の福利厚生の精算をなくす」 毎月5,000円/人の図書補助費を法人カードで実現 利用限度額5,000円のカードを従業員全員に発行 決済内容は即時確認可能

    経費精算・立替精算 は不要
  41. © 2022 LayerX Inc. 41 使い方例③ 「出張の多い会社の立替精算をなくす」 出張が多い社員用にリアルカード(※) を発行。小口現金をなくす (※)

    リアルカードは年内対応予定です 利用限度額0円の出張用カードを発行 出張申請にあわせてカードの利用限度を設定 出張先でカードを紛失しても即時停止可能 小口現金廃止 立替・経費精算が不要に
  42. © 2022 LayerX Inc. 42 バクラクビジネスカードの今後のスケジュール 7月 8月 9月以降 プロダクト発表会

    先行利用開始 利用の順次拡大(正式リリース) <年内追加対応予定機能> ・リアルカード発行 ・稟議情報からのカードコントロール ・証憑回収機能
  43. © 2022 LayerX Inc. 43 Appendix

  44. © 2022 LayerX Inc. 44 Q あなたがお勤めの会社において、役員・従業員等に配布している法人カードの枚数を教えて下さい。 ※経営者への配布を除いてお答えください。 調査手法:インターネット調査(2022年7月実施) /

    調査対象:法人カードを導入している企業の経理担当者 有効回答数:380名(そのうち月間100万円以上カード決済する124名を対象)、 / 調査主体:株式会社LayerX
  45. © 2022 LayerX Inc. 45 Q お勤めの会社における法人カード利用に関する運用ルールとして、当てはまるものをすべてお答えください。 調査手法:インターネット調査(2022年7月実施) / 調査対象:法人カードを導入している企業の経理担当者

    有効回答数:380名(そのうち月間100万円以上カード決済する124名を対象)、 / 調査主体:株式会社LayerX
  46. © 2022 LayerX Inc. 46 Q あなたがお勤めの会社において、本来法人カードを利用した方が支払いがスムーズだと思うが、各種経理手続 きの都合で請求書払いにしている支払いはありますか? 調査手法:インターネット調査(2022年7月実施) /

    調査対象:法人カードを導入している企業の経理担当者 有効回答数:380名(そのうち月間100万円以上カード決済する124名を対象)、 / 調査主体:株式会社LayerX
  47. © 2022 LayerX Inc. 47 Q あなたがお勤めの会社の法人カードにおける経理業務において、不便だと感じていることを教えて下さい。当て はまるものをすべてお答えください。 調査手法:インターネット調査(2022年7月実施) /

    調査対象:法人カードを導入している企業の経理担当者 有効回答数:380名(そのうち月間100万円以上カード決済する124名を対象)、 / 調査主体:株式会社LayerX
  48. © 2022 LayerX Inc. 48 Q あなたがお勤めの会社の経理業務において、法人カードに関する経理業務で特に時間がかかる業務の上位3つ を教えて下さい。 調査手法:インターネット調査(2022年7月実施) /

    調査対象:法人カードを導入している企業の経理担当者 有効回答数:380名(そのうち月間100万円以上カード決済する124名を対象)、 / 調査主体:株式会社LayerX