チームづくりから組織づくりへ事業成⻑に立ち向かうEMの戦略と戦術 / Strategy and tactics of an engineering manager

13d936e697fe0f4fa96f926d0a712f6c?s=47 Sansan
October 23, 2019

チームづくりから組織づくりへ事業成⻑に立ち向かうEMの戦略と戦術 / Strategy and tactics of an engineering manager

■イベント
Sansan Builders Box 2019
https://jp.corp-sansan.com/sbb2019/

■登壇概要
タイトル:チームづくりから組織づくりへ事業成⻑に立ち向かうEMの戦略と戦術

登壇者:
プロダクト開発部 組織デザイングループ 兼 人事部 社内コーチ
谷内真裕

▼Sansan Builders Box
https://buildersbox.corp-sansan.com/

13d936e697fe0f4fa96f926d0a712f6c?s=128

Sansan

October 23, 2019
Tweet

Transcript

  1. チームづくりから組織づくりへ 事業成⻑に⽴ち向かうEMの戦略と戦術

  2. ⾕内 真裕(Masahiro Taniuchi) 2015年 8⽉ Sansan株式会社 ⼊社 2017年 3⽉ Team

    Leader(Web) 2018年 6⽉ Team Leader(Mobile) 2018年 9⽉ Engineering Manager(Web/Mobile) 2019年 3⽉ Product Manager(Mobile) 2019年 6⽉ 組織デザイングループ 評価・育成・採⽤ 2019年 10⽉ ⼈事部兼務 社内コーチ プロダクト開発部 組織デザイングループ ⼈事部 社内コーチ @tany3_
  3. 今⽇お話すること

  4. Sansan Builders Box - 背景 - Sansan開発組織のいままで - Sansan開発組織のこれから -

    事業と組織の成⻑に⽴ち向かうために 今⽇お話すること
  5. 背景

  6. Sansan Builders Box Sansan株式会社が展開する2つの事業 法⼈向けクラウド名刺管理サービス 個⼈向け名刺アプリ

  7. Sansan Builders Box 組織構成 Sansan事業部 Eight事業部 DSOC (Data Strategy &

    Operation Center ) ブランドコミュニケーション部 新規事業開発室 ⼈事部 グローバル戦略統括部 CSIRT CTO室 CPO室 経営管理部 ITインフラ デザイングループ
  8. Sansan Builders Box 従業員数 2007 2008 2009 2010 2011 2012

    2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019.8 5名 約 100名 約 550名以上 直近3年間で 約 350名以上の ⼈員拡⼤ 今後も 採⽤拡⼤! 約 200名 約 50名 ※2019年8⽉末時点での従業員数:593名
  9. Sansan Builders Box 職種 13% 2019年3⽉末時点 対象:正社員・契約社員 コーポレート カスタマーサクセス バックオフィス、サポート

    24% 9% 8% 6% 29% 4% 5% 2% マーケティング Global、ビジネス開発 デザイナー ディレクター エンジニア セールス
  10. 法⼈向けクラウド名刺管理サービス

  11. もう⼤体、できてるんでしょう? よく⾔われる エンハンスだけじゃないのとか

  12. いえいえ、むしろこれからです! よく⾔う いまは想像以上に挑戦的なフェーズです 新機能も作ってます

  13. Sansan Builders Box - スタートアップ - 開発部とPMチーム - PMチームがプロダクト部に -

    プロダクト開発部の誕⽣ - 事業拡⼤がはじまる ←ここと - 創造的な破壊 ←この辺のお話をします Sansan開発組織の歴史
  14. Sansan開発組織のいままで

  15. いままでやった取り組みを 少しご紹介します

  16. Sansan Builders Box 機能ドメイン別チーム体制 ・機能ドメインの知識理解を深める ・機能ドメイン担当を明確化 ・Scrum導⼊ ・ 7名前後で1チーム ・Product

    Manager as a Product Owner ・機能ドメインに対してオーナーシップを持つ ・チームごとのバックログ ・要求分析→設計→開発→運⽤→分析→改善 Product Manager Designer Team Leader Engineers 開発チーム
  17. Sansan Builders Box 機能ドメイン別チーム体制の課題 事業拡⼤のスピードに追いつけない ・全体の優先度順に開発できない ・顧客ニーズ、事業欲求が特定チームに偏る ・リソース効率はいい、フロー効率は… ・サイロ化 ・全体に影響する技術的な意思決定が困難

    ・チーム再構成コストが⾼まる Photo by Jordan Whitfield on Unsplash
  18. Sansan Builders Box ⽬的別チーム体制 ・プロダクトの更なる進化を⽬指して ・データで意思決定をする ・解約率と利⽤率の相関仮説→利⽤率を追う ・機能ドメインに関わらず数値を追う ・Engineering Manager

    がUnitをマネージする ・分析→仮説→設計→開発→検証→運⽤→改善 ・機能ドメイン別チームと平⾏して開発 Unit Teams KPI Unit KGI KPI
  19. Sansan Builders Box ⽬的別チーム体制の課題 想像以上に複雑で強⼤なものと戦うことに ・利⽤率の分解が困難で⼿応えを感じらず ・BtoB SaaSの難しさと⾯⽩さを知る ・会社と契約でラップされている ・顧客の担当者を巻き込む戦いと⾔える

    ・ Engineer Manager ってなんだろう? ・多すぎる変数(技術・組織・⼈) ・雲をつかむような⽇々 Photo by Vanessa on Unsplash
  20. 事業は拡⼤し続けるが 課題を解消できない⽇々が続く…

  21. Sansan開発組織のこれから

  22. Photo by HENCE THE BOOM on Unsplash これから⽬指していること

  23. Sansan Builders Box 慣れ親しんだやり⽅を捨て、変化を恐れず挑戦していく - 体制の再構築 - プロダクトマネジメント - プロジェクトマネジメント

    - 組織マネジメント - 数字に向き合う 10倍にスケールする組織へ
  24. Sansan Builders Box 体制の再構築 Product Managers & PMO Designers ・・・

    開発チーム 開発グループ ・開発グループ = 主にプロダクトの粒度 ・開発チーム ・エンジニアだけで構成 ・Lead Engineer を中⼼とする3名 ・Product Managers & Designers ・開発グループをまたいで連携 ・開発チームには所属しない ・PMOがプロダクト開発に流れをもたらす ・他にインシデント、QAなどもグループ化
  25. Sansan Builders Box 開発プロセスの再構築 バックログ追加 優先度決定 担当PdM決定 ソリューション 検討者決定 ソリューション

    検討 ソリューション レビュー スケジュール 検討 スケジュール レビュー 実装 テスト リリース 開発チーム内 イベント 主にPdM/Designer の仕事 PdM/Designer & Lead Engineer で協⼒ PdMの仕事 向こう3ヶ⽉分⽤意する 開発チームの仕事 検証
  26. Sansan Builders Box プロダクトマネジメント - プロダクトバックログ⼀本化 - プロダクト・事業として優先度が⾼いものからリリースする - 短期・中期・⻑期⽬線でプロダクトを育てる

    - プロダクト開発部とCPO室で棲み分け - バックログアイテムをシャープにする - 「なぜやるのか」「なにをやるのか」「期待する効果」 - ソリューションレビューを通ってから開発着⼿ - Product Managerはプロダクトに与える価値に責任を持つ
  27. Sansan Builders Box プロジェクトマネジメント - プロジェクトマネジメントの対象となるルールを決める - ⼩さなプロジェクトや機能改善はマネジメントしない - Product

    Managerはプロジェクトマネジメントもする - Lead EngineerはQCDに責任を持つ - Quality, Cost, Delivery - Member の進捗管理
  28. Sansan Builders Box 組織マネジメント 組織デザイングループを⽴ち上げる - 組織戦略を⽴て、戦術の実⾏と調整を⾏う部⾨内⼈事 - 組織の糊としての役割 -

    部内の育成・評価・環境・採⽤ - 関連部署との連携 - ⼈事部・CTO室・他事業部…etc
  29. Sansan Builders Box 評価・育成 キャリアマネージャー制度 ・キャリアマネージャー(育成する側) ・カウンセリー(育成を受ける側) ・チーム横断で担当がつく ・育成の主担当を明確化 ・1on1

    ・評価制度への理解を深める ・部としての育成像をつくる Senior Career Manager Career Manager Member
  30. Sansan Builders Box 数字に向き合う - プロダクト - APM(アプリケーション性能管理) - NPS®

    - データ分析基盤…etc - 組織 - 部で育成・評価制度をつくり、数字での運⽤を試みる - 部で採⽤計画を⽴て、⼈事部と密に連携する - エンゲージメントを測り、部から部内に働きかける
  31. 壮⼤なTryをしている 最中です Photo by Tommy Lisbin on Unsplash

  32. 事業と組織の成⻑に⽴ち向かうために

  33. Sansan Builders Box リーダーとメンバーの⼼理的柔軟性 wikipedia commons Unlearn(学びほぐし) ・慣れたことをやめるのは難しく、痛みが伴う ・学び直して変化する(成⻑する) ⼼理的柔軟性がチームの成果を後押しする

    ・思考と感情を分けて、受け⼊れる ・いまにフォーカスし善悪を判断せず観察する ・⾃分らしさを知り、⾏動にコミットする
  34. Sansan Builders Box この組織、故障かな?と思ったら 群盲象を評す ・責任が異なるので⾒え⽅と関⼼が違うだけ ・分からないことがあるときは、聞きに⾏こう ・知ろうとする⾏動⾃体が、組織を良くする ハンロンの剃⼑ ・意図せず伝わっていないことがほとんど

    ・意図して隠していることはまず無い ・伝達が出来ていないことを伝えよう wikipedia commons
  35. Sansan Builders Box 学んだこと - ⾃分をよく知り、⾃分とうまく付き合う - 相⼿を変えるのではなく、⾃分が変わる - 対話の姿勢を忘れない

    - 最⼤の関⼼事は、⼈それぞれ - 急がない、焦らない、機は熟す - 組織は⼀⼈ひとりの⼈からできており、悪い⼈はいない - ひとりで頑張ってはいけない、粘り強く、諦めないこと
  36. 結びに

  37. Sansan Builders Box お話したこと - 背景 - Sansan開発組織のいままで - Sansan開発組織のこれから

    - 事業と組織の成⻑に⽴ち向かうために
  38. チームや組織を良くしようとしている 皆さんの参考になれば幸いです!

  39. None