Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Timeeさん LeSS講演 「LeSSを始めてから軌道に乗せるまで」 / How to start LeSS

Timeeさん LeSS講演 「LeSSを始めてから軌道に乗せるまで」 / How to start LeSS

Timeeさんの社内勉強会でLeSSの基本的な考え方・ハマりポイントについて講演した際の資料です。

Yuichi Tsunematsu

April 27, 2022
Tweet

More Decks by Yuichi Tsunematsu

Other Decks in Business

Transcript

  1. Timeeさん LeSS講演

    LeSSを始めてから軌道に乗せるまで

    常松祐一

    2022/4/27


    View full-size slide

  2. 自己紹介

    ● 常松祐一 (つねまつ ゆういち) 

    ● SNSアカウント

    ○ tunepolo : 

    ○ tune : 


    ● Retty シニアマネージャー 

    ● アジャイルの取り組みは6年目、LeSS導入の取り
    組みは5年目

    ● LeSS導入は2社目

    ● Certified LeSS Practitioner(多分失効) 


    View full-size slide

  3. LeSSとは?


    View full-size slide

  4. 1チームスクラム

    プロダクトバッ
    クログ
    (=取り組むこと)
    プロダクト
    オーナー
    (=意思決定者)
    スクラム
    マスター
    開発
    チーム
    ステーク
    ホルダー
    スクラムチーム

    View full-size slide

  5. 複数チームスクラム

    プロダクトが部品に別れてしまう。
    チーム間での調整が困難

    View full-size slide

  6. 1チームスクラムで開発人数が増えた

    プロダクトバッ
    クログ
    (=取り組むこと)
    プロダクト
    オーナー
    (=意思決定者)
    スクラム
    マスター
    開発
    チーム
    ステーク
    ホルダー
    スクラムチーム

    View full-size slide

  7. LeSSの一番シンプルな形

    プロダクトバッ
    クログ
    (=取り組むこと)
    プロダクト
    オーナー
    (=意思決定者)
    スクラムマスター
    & 開発チーム
    ステーク
    ホルダー
    スクラムチーム
    スクラムマスター
    & 開発チーム

    View full-size slide

  8. LeSS

    1つの大きなプロダクトを想定し、 1
    つのスクラムチームが開発すると考
    える。
    その上でボトルネックとなる箇所を
    スケールさせる。

    View full-size slide

  9. LeSSの原理原則


    View full-size slide

  10. プロダクト全体思考

    https://less.works/jp/less/principles/whole-product-focus.html

    View full-size slide

  11. システム思考

    https://speakerdeck.com/tunepolo/system-thinking-introduction

    View full-size slide

  12. LeSS導入時に注意すること


    View full-size slide

  13. 1チームスクラムがうまくいってから

    ● 「1チームスクラムがうまくできてから」2チーム体制にする。

    ● 上手くできた状態がわかっていないと、「1チーム内でスクラム
    が上手くできてないのか」「2チームでのスクラムが上手くでき
    てないのか」の区別がつけられない。


    View full-size slide

  14. 徐々に広げていく

    ● チームが関与するサービス・プロダクトの範囲が広がるため、
    習熟の期間が必要である。

    ○ 新しい領域を学ぶため、パフォーマンスが落ちる。

    ○ 2〜3ヶ月ぐらいは普通にかかると思った方が良い。

    ● RettyでもtoC Webの立ち上げに3ヶ月、スマホアプリチームを
    入れて3ヶ月、toB Webの立ち上げはさらに3ヶ月の期間を置い
    た。


    View full-size slide

  15. 開発の優先順位をきちんと議論して決める

    ● 「全体として1つのスクラムを回す」意識を持つことが大事。

    ● 2〜3の開発項目を並行して作る誘惑が起きやすいので、ス
    テークホルダー含めて認識を揃えていく必要がある。

    ● この議論が自然にできるのがLeSSの長所とも言える。

    ○ SpotifyモデルやScrum@Scaleはチームの裁量という名目
    で誤魔化しやすいのではないか?


    View full-size slide

  16. Retty導入時に苦労したこと


    View full-size slide

  17. 想定していた難しさ、想定外だった難しさ

    ● 想定していた難しさ

    ○ かつてのエンジニアリソースを持っていたマネージャー(PO)、営業、エンジニ
    アの反発 小さく導入したチームの成果を見せながら、徐々に話しながら解決
    していきました。

    ● 想定外の難しさ/現在直面している課題

    ○ エンジニア-PMのコミュニケーションやリファインメントの質の向上

    ○ よりアウトカムを上げるために、エンジニアとPMでいかにユーザーストーリーを
    ブラッシュアップしていくか

    https://engineer.retty.me/entry/RSGT2021

    View full-size slide

  18. まとめ


    View full-size slide

  19. まとめ

    ● LeSSは一番シンプルなスクラムのスケーリングフレームワー
    クです。

    ● LeSSで特に意識すべきポイント

    ○ プロダクト全体思考

    ○ システム思考

    ● うまくいけば成果が2〜3ヶ月で感じられ始めますが、長期で取
    り組む必要があります。


    View full-size slide

  20. LeSS以外のスケーリングフレームワーク


    View full-size slide

  21. Spotifyモデル

    プロダクトを独立してデリバリーでき
    る単位で区切り、裁量を持たせる。
    【Good】
    チームごとの高い自律性
    【Bad】
    アジャイルの深い理解がないと
    実践が難しい。

    View full-size slide

  22. Scrum@Scale

    スクラムチームの代表者でスクラムを
    実施し、同期を取る。
    【Good】
    チーム間の繋がりが緩やか
    【Bad】
    “スクラムをやっている感 ”になりやすい
    のでは?

    View full-size slide

  23. SAFe

    経営層からのトップダウンによるアジャ
    イル。
    【Good】
    超大企業でも導入できる。
    【Bad】
    これはアジャイルなのか ?

    View full-size slide

  24. おまけ


    View full-size slide

  25. Less.works
    https://less.works/

    View full-size slide

  26. LeSS (大規模ス
    クラム)概要〜図

    https://youtu.be/1BZf_
    Oa7W94

    View full-size slide

  27. 認定LeSS実践者研修
    https://training.odd-e.jp/course-detail/16

    View full-size slide

  28. 書籍
    大規模スクラム Large-Scale Scrum(LeSS) ア
    ジャイルとスクラムを大規模に実装する方法
    榎本 明仁 (監修, 翻訳), 木村 卓央 (翻訳), 高江
    洲 睦 (翻訳), 荒瀬 中人 (翻訳), 水野 正隆 (翻
    訳), 守田 憲司 (翻訳)
    出版社: 丸善出版 (2019/1/30)

    View full-size slide